かわいいちゃこ

2008年2月21日 (木)

ちゃこをよぶこえ。

朝ごはんの時間に私の横にぽちょんと座り、何かを待つちゃこです。

Img_5050

「ゆうおねいさん、今日はスープだけ…。チーズは?」

Img_5054

乳製品のことで頭がいっぱいのちゃこ、「あぁ…あぁ…。」とたまに鳴きながらごはんを食べる私のよこで私の手の動きばかり見ています。

早朝は散々走り回り、雄叫びをあげ、みんなを順繰りに起こすので「じゃぁもう起きちゃいなさい!」とストーブをつけてあげました。

Img_4774

暖かいはずなのにちゃこベッドに入ってさらにあたたまるちゃこ、まっすぐに私を見つめるちゃこの視線がとても熱いのですが何せ朝の5時・・・寝かせて…。

Img_4778

そして今度は私がちゃこの寝顔に熱い視線を投げかける番です。

Img_5061

「かわいい…こんなにかわいいと…合いの手を入れたくなる…。」

Img_5062

「よっ!ちゃこ屋!!」

「はい!!ちゃこ起きました!ご用ですか?!ご用なのですか?!」

Img_5063

「ほぉ!!かわいい!!」突然のかけ声にキョトンとしているちゃこに愛情大爆発してしまった私です。

Img_5066

「あんなに大きなお声で呼んだのに、ご用事がないなんてどういうことかしら?それともちゃこは夢を見たのかしら?ゆうおねいさんがちゃこを大声で呼ぶ夢を…。」

Img_5068

しばらく考え込みましたがしばらくすると…。

「ちゃこ夢のなか。」

Img_4771

「ゆうおねいさん、ご用の時はやさしくちゃこをお呼びくださいませ。」…たまにこれ以上不可能!というくらいに優しい声でちゃこの名前を呼びますが、ちゃこもこれ以上不可能!というくらい甘い声でお返事してくれます。

Img_5047

↓ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ Banner2_3

グーグーだって猫である サバの夏が来た (白泉社文庫)

| | コメント (20)

2008年2月17日 (日)

いちばんすきなかお。

居間のストーブにあたりながら夕ごはんを待っているちゃこを見たら、なんだかとっても幸せそうなお顔をしていました。

Img_4859

「あぁ…これは私が最も好きなちゃこの表情…。」と、うっとり眺めていました。

Img_4858

「あぁ…だんだんお魚の香りがしてきましたぁ…。」

Img_4863

ちゃこと私でそれぞれ一番好きなもののことで頭がいっぱいなようです。

Img_4864

「今日はアジかしらさんまかしら、カレイかしら肉かしら。」

Img_4862

「アジでした。」

Img_4732_2

「さんまよりお高めなんですよね。おいしゅうございます。」

Img_4734

おいしいごはんを食べ、雄叫びとともに私の部屋に駆けて行ったちゃこですが5分後にはもう熟睡です。しかもあんよ枕です。

Img_4886

お気楽な寝顔を眺めながら、グループ魂の「中村屋 結婚式のスピーチ」を聞いていました。三度のめしより阿部サダヲが好きな私は最近これをよく聞いています。このふざけたスピーチを大音量で聞いていたら「なにそれ!はじめから!」と命令口調で母が入ってきました。座布団の上でおひざして2回も聞きました。合計8分間笑いながら聴いているその姿はまるで落語を聞きにきた客です。合いの手を入れたくなったようでちゃこに「よっ!ちゃこ屋!」などと言ってちゃこをからかっていました。それにしても歌舞伎の合いの手が難しいからとはいえ、合いの手でこんなにふざけるとは…途中で合いの手につい返事をしてしまったことからどんどんクイズ化していってしまうあたりで笑い転げ、軽くカタルシスすら感じました。

参考資料↓グループ魂。中村屋。

http://www.youtube.com/watch?v=wImfMsRPl24&feature=related

「ゆうおねいさん、母上さまが急にちゃこを威勢良く呼ぶのですがご用はないみたいなのですよ。」…合いの手ですからご用はないのですよ…よっ!ちゃこ屋!

Img_4767

↓ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (22)

2008年1月26日 (土)

さむいあさのしあわせじかん。

がんばって定着させたい私のダイニングでの勉強タイムですが、必ずちゃこがやってきては甘えん坊の目線でおねだりをしてきます。

「こんな時間に何を召し上がるのですか?ちゃこにもくださ~い。」

Img_42631

「ちゃこにも下さ~い。」

Img_42641

「ではわたくしの熱いくちづけを…。」

「……。」

Img_42651

以前勤めていた会社のお友達からバースデープレゼントが届きました。最近は旦那さんの転勤で家がずいぶん遠くなってしまったのでなかなか会えないでいるのですが、お互いの誕生日は必ず連絡を取り合いプレゼント交換をしています。私は片桐はいりさんのエッセイ「わたしのマトカ」をリクエストしました。すると本の他にずっしりとしたものが…。

Img_42731

アフタヌーンティーのかわいい小物入れです。

Img_42771

何を入れようかしら…と迷いましたが、何も入ってなくてもそこにあるだけで嬉しくなるようなかわいい小物入れです。

Img_42761

さて、水曜日はかなり激しく雪が降り、家の中でも息が白くなるくらい寒くなりました。会社から早めに帰ってデロンギやストーブをフル活用してなんとか室温を20℃以上にあげました。

家のまわりは真っ白な世界です。

Img_43081

こんな寒い日はちゃこの横に寝転がって本を読む時間が最高に幸せです。ちゃこはなんとも思ってないようですが…。

Img_42941

そして寒いとなぜか食欲に火がついてしまう私です。せっかく正月太りも解消されたかに見えたこの頃なのに、食器棚の整理で見つかった開封済みのカッペリーニを茹で、シーフードスープに投入して全部平らげてしまいました。そうめんさながらの細さとはいえ食べ過ぎました。

Img_43251

そしてそんなランチの後にカレーを作ってしまいました。

Img_43271

最近は白いごはんではなくて雑穀米を食べているのですがカレーによく合います。もちろん、みそ汁つき。
ちょっと高価なバルサミコ酢とオリーブオイルでドレッシングは手作りしました。お腹がはちきれそう…食べすぎの後に必ずやってくる胃痛をうっすら感じました…。

Img_43281

「ゆうおねいさん、毎晩ちゃこの枕になってくれてお疲れさんです。しっかり食べて今夜も腕枕をお願いいたします。」…さすがにこの寒さでちゃこもちゃこベッドから抜け出していつの間にか私の右腕で熟睡です。朝起きると腕の中でゴロゴロ喉を鳴らしながらちゃこが私の顔をなめまわしています。寒い朝の幸せタイムです…。

Img_28691

↓ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (17)

2007年9月29日 (土)

ししゃもVSほっけ。

朝晩はすっかり肌寒くなってきました。ちゃこは一晩中毛布の上で寝ていましたが、私が起き出す頃にはダイニングテーブルの上で熟睡していました。

Img_00581

ちゃこの寝顔を見ながら朝ごはんをいただきました。

Img_00571

気配に気付いてやっと起きましたが寝ぼけ顔です。
「ゆうおねいさん、ごはんとおみそ汁とぶどうの朝ごはん?」

Img_00551

白いごはんをちまちまといただきつつ、ぶどう。ぶどうをつまみつつ白いごはん。

「ぶどうねぇ・・・。」

Img_00561

週に1回のバイオリンレッスンの日、私はいつもよりちょっとだけ多めに練習をしますが、最近はどうにもこうにも時間が取れません。練習不足のまま曲の仕上げに入ってしまいました。先生も「今日で仕上げなんだけど…」とあまり弾けていない私にOKを出そうかどうか迷っています。私は「プロになろうってんじゃないし、ま、いいではないですか、OKしてくださいな、ポンポン(肩を叩く)」と心の中だけで呟きました。先生にも伝わったのか「ま、いいですよね、また先にすすめば同じような練習も出てきますから。」とOKを出してくれました。仕事をしながら習い事って結構大変、と今更気付く三十路半ばの秋でした。

さてレッスンから帰って急いで夕ごはん作りです。ダイニングテーブルで散歩しはじめてしまう子がおりますので少々焦ります。

Img_98111

おかずは肉じゃがとほうれん草の和え物ともずくと、ししゃもとホッケです。

ちゃこにとって天国と…地獄まではいかないけど地上?くらいの差があるししゃもとホッケ、両方を焼くことになったのはホッケ大好きな父(ブラシ係)とししゃも大好きなちゃこのため、と母が買ってきたからです。それを私が焼くという見事な愛の連携プレイです。

ところでちょっと実験。ちゃこは「ししゃもの香りをかぎながらホッケを与えられたら気付くのかな?」の巻。

Img_98131

「ちゃこちゃん、ごはんですよ~。」とまずはししゃもをあーん、です。

「ししゃも。」

Img_03351

そしてすかさずホッケを出すと。
「ホッケ。」

Img_03291

母も参加して・・・。

「ししゃも。」

Img_04341

すかさず私が…。

「ホッケ。」

Img_00861

ホッケのときだけ明らかにまずそうに食べている!でもどっちも食べる…楽しい…。

「ちゃこちゃんなぜにホッケをそんなに嫌がるの?」と、ししゃもの番なのにホッケを与えたら。

Img_00671

「ししゃも?ホッケ?」と、疑いのちゃこ、舌だけ出しました。

「ご、ごめんね、疲れちゃうよね。興奮と落胆のデットヒートだったね、ごめんごめん。」と平謝りな私でした。…でも楽しい…。

「ゆうおねいさん、ホッケだってちゃこは食べて見せますよ!」・・・・ホッケだと無理してる感が出るちゃこ、今後もししゃもやカレイをなるべく選びたいと思います。

Img_99011

| | コメント (16)

2007年9月26日 (水)

たべられないのにねぇ!

昨日は見事な秋晴れでした。ちゃこも出窓であちちあちち、となりながらも気持ち良さそうにねんこしていました。

Img_04171

うさこさんのコメントに触発されてドクターペッパーを久しぶりに購入、新しいデザインのエロさにびっくりしつつ、コンビニで「NANA」も購入です。「NANA」そろそろ結末の見当もついているのになかなか本題に入らず、今度こそは何か進展が!と思いつつ買いますがまたしても本題にあまり触れずに終了、そろそろ力尽きそうな私です。

「ゆうおねいさんこれは・・・一体・・・どちらなのですか?」

Img_03911

ちゃこが何やらお悩みのご様子です。

視線の先には・・・。

Img_03861

月曜日は自宅での英会話授業でした。

Img_03781

生徒さんでもあるお友達のあやちゃんが嬉しいお土産を持って来てくれました。

「お好み鯛焼き」です。

Img_03851

「ゆうおねいさん、ちゃこ、鯛焼きのあんこには興味津々ですが、これお好み焼きの香りがしますよ?お好み焼き?鯛焼き?」

Img_03921

このお好み鯛焼き、そのままずばり鯛焼き型のお好み焼きです。言われてみればなぜ今まで作らなかったんだろう!と思うくらいシンプルなアイデア作品です。
食べやすいうえに生地がふわふわでとてもおいしいのです。普通のお好み焼きよりもおいしいくらいでしたが、どうやら作っている人により生地の感じは違ってしまうそうです。このお店はとてもおいしい生地を作り上げています。

お好み焼きなら夕ごはんのおかずにもなるのではないかと食卓に並べてみたりしました。

ちゃこ、鯛焼きめがけてテーブル散歩です。

Img_03971

しかしその先に餃子を発見!

Img_03991_2

「ちゃこちゃん、そんなにズンズン行っちゃダメ!」と大きめの声を出したらびっくりして引き返し、なんだか恥ずかしい格好になってしまいました。

Img_04011

「ゆうおねいさん、ちゃこ餃子食べられないのにねぇ!なぜか吸い込まれるように餃子に向かってしまいました!餃子食べられないのにねぇ!」・・・ちゃこが餃子に興味を示したのは初めてです。ちゃこも自分でちょっとびっくりしたようです。全然食べられないのにねぇ。

Img_03791

| | コメント (14)

2007年9月15日 (土)

ねこむすめちゃこ。

今週はとても忙しくて寝不足、ちゃことの触れ合いも不足気味だったので、やっと土曜日が来てほっとひと安心です。

「触れ合い不足?それはないと思います。」

Img_97421

とちゃこが言うそのわけは。

普段は私が夕ごはんを作るのですが、今週はほとんど母にバトンタッチ、毎晩焼き魚とみそ汁と漬物、という感じでした。ちゃこには嬉しいおかずです。

「これはちゃこの分です。」・・・私のお魚だけを欲しがるちゃこです。一日留守にすると私にべったりと甘えて離れないちゃこです。

Img_97571

普段はきちんとお座りして目線だけが私の魚を狙ってますが、甘えん坊しているときはこうして積極的に奪いに来ます。私が「だめだめっ!」とか言いながらきゃっきゃと騒ぐのが嬉しいのかもしれません。

Img_88861

このちゃことのお魚の奪い合いは最高に楽しいのです。

Img_97641

仕事帰りの疲れた体には最高の癒しです。触れ合い過ぎなくらいです。

Img_97671

先週アマゾンにて購入した本もなかなか読む時間が取れず、週末が待ち遠しくてたまりませんでした。最近は雑誌も色んなものが出ていてネットでチェックすると意外なところからおもしろそうな雑誌が見つかったりします。

小林聡美主演の「めがね」がもうすぐ公開になるからか、「パピルス」という雑誌の表紙は小林聡美でした。チラリと見ると銀色夏生のエッセイや東野圭吾や島本理生の小説なども載っています。一見ロッキンオン系かと思いきや、幻冬舎から出ている雑誌でした。人脈をこれでもか、とばかりに使っている感じです。この分ならバックナンバーにはよしもとばななや山田詠美もいるに違いない、とバックナンバーを見てみると・・・いました。が、買いません。まずは目の前のこれを読んでしまわなくては・・・辰巳芳子さんの本もずいぶん前に買ったのに読めていません。時間が足りません。

Img_99191

夜、寝る前にちゃこの寝ているダイニングに行くとちゃこが凛々しいお顔でくつろいでいました。

Img_97861

「寝る気なっしんぐですね?」

Img_97871

「ゆういおねいさん、お口からお水下さい。」

Img_97891 

「早くお水下さいってば!」・・・かわいくて引き続き撮影、カメラを手放さない私です。

Img_97901

「早くしてにゃぁ!!」

Img_97881

猫娘みたいになったちゃこに笑いが止まらなかった私です。真夜中にちゃこと二人で騒ぎすぎてまた寝不足です・・・。

「ゆうおねいさん、ちゃことしたことがつい興奮して猫娘になってしまいました・・・妖怪の年表に書かれてしまいますね、ちゃこ恥ずかしいです。」・・・無事、お水をもらって満足げなちゃこでした。

Img_97851

| | コメント (13)

2007年8月11日 (土)

いろんなとこでのねんこ。

ダイニングテーブルでばかり寝ているちゃこですが、よく見ると家中のあらゆるところで寝ています。
出窓でのねんこも私の室温調整のおかげさまで快適なようです。

Img_78531

「ちょっと暑いですけどね、夕方などは最高ですよ。」

Img_78511

そしてなぜか一番多いのは父(ブラシ係)の部屋でのねんこです。

Img_75201

ブラシが目当てなのは分かっていてもなんとなくジェラシー、な私です。あれやこれやの手で私の部屋に誘うもシラーっとしていてまるで反応なしです。

Img_75221

「ちゃこ、ここでのねんこ結構気に入ってるんですよ。」

Img_75101

ところで、夜、今更ながらグーグルマップの航空写真でちゃこんちをチェックです。住所を入力してポンッ!なんと鮮明な!ちゃこんちの屋根がくっきりです。都会になればなるほど鮮明な気がするこの写真、なぜこんなに田舎にあるちゃこんちが鮮明に?と驚きです。この屋根の下にちゃこが寝てるのね、と不思議な気持ちになりました。友達の住所をいれてポンッ!外国に住んでる友達の家もポンッ!とても鮮明に写っています。なんだか不思議です。

そうしている間も父(ブラシ係)の部屋で寝ていたちゃこですが、父(ブラシ係)が「かわいい寝方してるぞ。」とひそひそ声で呼びに来たので見に行ってみると…。

ちゃこ応援中。

Img_76951

えいえいおー!と気合い充分です。

お顔を隠して寝ているこの姿もかわいくて見入ってしまいますが・・・。

Img_75041

やっぱりこんな風にあんよにお顔をのせているこんな寝顔をみたいというのが本音です。

Img_75501

「今日も色んなところでねんこしましたが今はダイニングが一番いいです。」・・・おいしいものをもらえるここが一番気に入っているちゃこです。

Img_78821

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (16)

2007年7月25日 (水)

ちゃことのゆうごはん。

ちゃこは最近夕ごはんの前にダイニングテーブルの私の席で寝ています。

Img_78751

「ちゃこちゃん、そろそろごはんですよ!」

Img_78761

「え?!ごはん?!」

Img_78781

「今日はお魚?お肉?」

Img_78831

「お魚?お肉?あら、何もないでございますよ。」優雅にテーブルの上をお散歩です。

ここで待つことにしたようですが、なかなかごはんが出てこないので。

Img_78901

ここで待つことにしてみました。おかずが出てきたので。

Img_78991 

やっぱり、ここで待つことにしてみました。

Img_79021_1

「ちゃこちゃん、いいこいいこ。」となでてあげましたが不服そう。

Img_79081

今日はチキンの照り焼きです。

Img_78961

ちゃこも大好きなチキンです。

張り切ってひなどりさんします。共食いみたいな言い方ですが。

Img_79131

「お久しぶりのチキ~ン!」

Img_79141

「あぁ~ん。」

Img_79151

「ちゃこちゃん、ちょっと舌で迎えに行ってみてはいかがですか?」

Img_79211

「ゆうおねいさん、グッドアイデア!」長い舌で器用にキャッチしています。

Img_79221

私も自分のごはんを食べ、ちょっと冷蔵庫に飲み物を取りに行ったら、おねだりのターゲットが母にかわってしまいました。

Img_79251

「ちゃこちゃん、そこ私の席ですが・・・。」全然私のことなど見えないようです。

Img_79281

母と私の間にちゃこ専用のイスを置いてあげました。

Img_79311

「ゆうおねいさん、テレビのセロに夢中で箸が止まってますよ。しっかりしてくださいませ!」・・・セロのマジックを観てぽかんと口が開いてしまう自分がとっても恥ずかしいです・・・。

Img_79121

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (11)

2007年7月 5日 (木)

くるんとねんこ。

ちゃこのくるんとひっくり返ってねんこしている姿を見かけるとついシャッターを押す回数が増えてしまいます。

Img_66511

「ゆうおねいさん、覗きすぎです。」

Img_67641 

おててを触ってみたりもします。

Img_67631

「いやんっ。」と引っ込める姿がまたかわいいのです。

Img_66521_1

夜ごはんの後、熟睡モードになっているちゃこの隣で「ひゃっこいひゃっこい!」と騒ぎながらアイスを食べていました。私は棒アイスを食べるのがめっぽう苦手です。食べるのが遅くてボトっと落としてしまいます。大人になったらできると思っていた棒アイスの完食、いまだ出来ず。

Img_70861

ちゃこがちょっと気付いてくれたようです。

Img_70881

「ちゃこちゃん、アイス食べるの手伝いますか?!」

「アイス?!」

Img_70891

「冷たい空気が・・・。」

Img_70911 

「フルーティーな香りが・・・。」

Img_70901_1

「いただきます。」

Img_70941

ぽちょんと座りましたが、ちゃこ、アイスは食べられません。舐めるわけでもなく下から上から右から左から眺めて舌なめずりをして終わりです。妄想でアイスをお召し上がりの様子でした。

「ゆうおねいさん、ちゃこは冷たいものはいただかない主義なのですよ。」・・・暑い部屋でも毛布の上で気持ち良さそうにくるんと寝ています。

Img_69871

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (14)

2007年6月26日 (火)

ぺろっぺろっ。

最近、朝ごはんを見せても日向ぼっこをやめず、微妙に遅れてやってくるちゃこです。
「ゆうおねいさん、一人で先に食べちゃったのですか?!」

Img_67831

あらあら、ひどいですねぇ、とでも言いたい様子のちゃこですが私も一応3分くらいはちゃこを待ちました。

Img_67821

いつも通りバターをペロペロと舐めてまた日向ぼっこに戻りました。

Img_67901_1 

仕事から帰ってもまだ明るい今日この頃ですが、車をバックでいれてふと出窓の方を見てみるとちゃこもこっちをじっと見ています。

Img_67301_1

「きゃぁ~、ちゃこちゃんお久しぶり~!」と一人きゃっきゃとちゃこに車の中から手を振ってもちゃこは「あんた誰?」というお顔で見ているだけです。お留守にした時間が短すぎたのかもしれません。別に誰のことも恋しくなる時間ではなかったようです。

夜、寝る前に私より先に私のふとんの上でちゃこがくつろいでいました。

Img_68171

ちゃこの首に腕をまわし、ちゅっちゅちゅっちゅしていました。

Img_68221

「幸せタイムでございますね、ペロっ。」

Img_68201

途中でカメラをささっと向けたりして撮っていたのですが、首をのばしてカメラにちゅうしてしまいそうな勢いです。

「まだまだ幸せタイム続行でございますよ。」

Img_68251

10分くらい不自然な体勢をして腰も痛くなってしまいました。この体勢でただただちゃこのお顔を眺めて10分、は結構大変です。

「ゆうおねいさん、今日もお守りありがとさんです。」・・・寝る前にこうして話しかけると延々とお顔をのばしてちゅうの催促が止まらないちゃこです。

Img_66801 

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (16)