高級ホテル

2018年7月 7日 (土)

ぐらんどはいあっと!

「すっかり夏ですねぇ~!ふうちゃんはあちあちのサンルームで毎日遊んでいます!」

Dsc_0317

サンルームなんて我が家にはありませんが、洗濯物などを干す広縁がまるでサンルームのような暑さ、

Dsc_0318

そしてここで日がないちにち遊んでるふうちゃんです。

Dsc_0330

暑くて近づきたくない私です。

Dsc_0331

「クーラー嫌い、寒いの嫌いです~!」

Dsc_0347

毛布はしまわないでおこうと思います。

クーラーをかけると寒がるふうちゃんみいちゃんです。

寒がりのふうちゃんのカゴを狙うみいちゃん。この後、みいちゃんがカゴに入りました。

Dsc_0300

さて、毎年恒例のグランドハイアットスイートルーム宿泊です!WIth 優之介♀です!

いつものようにクラブフロアのラウンジで美味しい紅茶をいただきながらのチェックインです。

Dsc_0351

チェックインの際に「お部屋をアップグレードしておきました」と言われて、もともとグレードをスイートにあげていた私は「?」となりましたが、「お部屋までご案内いたします」と案内のお姉さんとエレベーターに乗り込み、そしてエレベーターを降りたらお姉さんがすぐそこのドアを開けたのですが…。

「あっ!!!ここは私の好きなお部屋ではないです。このワンランク下のお部屋なんです。」ときっぱり言い切るわたくし。

「スイートにアップグレードしました」と言うお姉さんのお言葉の意味も理解したのでした。そうでした、そうでした、スイートには5つほどのランクがあるのでした。下から2番目でよいのです。

私が「エグゼクティブスイートを予約したんです…ここはディプロマットスイートですよね?」と言うと、慌てて「ただいま調整してまいります」と出て行くお姉さんを見送りつつ、お部屋のものには何も触りませんから、とぽちょんと座る私と優之介♀。

Dsc_0366

ちゃっかりディプロマットスイートの写真は撮るわたしたち。

Dsc_03792

窓の向こうには東京タワー、お部屋は少し暗めでシックな雰囲気、きっとビジネスマンの男性とかには受けると思うのです。

Dsc_0372

でもこの革張りソファーとかじゃないねん!と言う感じ。

Dsc_03632

しばらくするとお姉さんが「エグゼクティブスイートのご準備ができました」と戻ってこられました。

そしてお目当てのお部屋に入ると、

Dsc_0398

そうそう、この感じ!

Dsc_0399

明るくてアットホームでまるで六本木の我が家のようなこの雰囲気です!


窓も二面なのでとても明るいお部屋です。

Dsc_0384

「あぁ!満足!すでに大満足です!ありがとうございます!」とお姉さんに大きな声で元気よく言いました。

まだ部屋がきれいなうちにあちこち写真を撮ります。

Dsc_0422

ベッドルームの奥に見える洗面所が素敵。

Dsc_0430

「大きな鏡、美人に見える鏡」とかブツブツ言いながら撮影です。


Dsc_0436

お風呂はレインシャワー付き、

Dsc_0565

雨の日の子供のように頭を洗うのが楽しみです。

Dsc_0567

ワインや、

Dsc_0418

果物もお部屋に付いていて、夜は長いよ~。

Dsc_0369

「さぁ!プールだ!」と水着持参でスパを楽しみにしていた優之介♀とスパNAGOMIへ向かいます。

Dsc_0453


ラベンダーのような香りに満ちた癒しの空間です。

Dsc_0445

ロッカーも沢山あって、

Dsc_0447

いつ来ても結構混み合ってるお風呂ですが、

Dsc_0449

お部屋のお風呂を使う私はちらっとプールを見学し、

Dsc_0469

素敵なジャグジーでくつろぐ優之介♀を見送ってから、リラクゼーションルームへ。

Dsc_0462

マッサージチェアーに横たわることに…。

Dsc_0461

腕から足からがんじがらめにしてぎゅうぎゅうぎゅうぎゅうともんでくれてます。「ひとが入ってんのかしら…」と思うくらいぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう。はめた足の裏もごりごりと足つぼマッサージ。悶絶。痛くて抜いちゃいましたけども。プッシュープッシューと空気を入れたり抜いたりしてもみほぐしを再現してるようです。この道25年の技くらいはあるのかも。


ふとテレビを観るとそこには紀州のドンファンの妻のインタビューが。

Dsc_0460

全身もみほぐされながら「私は殺していない」と主張するドンファンの妻の言葉に「致死量の覚せい剤を経口投与するほどバカではない」と付け足してあげました。本当なら雑すぎる方法である意味びっくりです。


もみほぐしのあとは優之介♀と合流、またラウンジにてお酒をいただく予定なのでした。

まだ明るいうちのシャンパンです。「ルイロデレールを!」とすかさずオーダー、おつまみをあれこれと選んで、ゆっくりじっくりシャンパンタイムです。

Dsc_0481

夜景になるまでゆっくりいただくなか、

Dsc_0489

牛肉が無限に入る私の胃袋に驚いてしまいました。

Dsc_0492

久しぶりに美味しい牛肉を食べた気がします。


海鮮もひたすらルイロデレールで流します。

Dsc_0493

すっかり夜景になった頃、

Dsc_0498_2

お部屋に帰れば赤ワイン、

Dsc_0554

ニース風サラダや果物をつまみに飲み足しです。

Dsc_0543

ここのニース風サラダのツナはマグロをさっと炙ったもので、それはそれは美味しいニース風サラダなのです。

パジャマに着替えて、ちゃんと酔い覚ましのコーヒーまで用意して、

Dsc_0559

喋ったり歌ったりしながら、夜は更けて行くのでした。

Dsc_0573

ちなみにリビング側は新宿の夜景が見え、ベッドルーム側はけやき坂方面の夜景が見えます。(←だからなんだ?)

Dsc_0535

アマゾンファイアースティックを持参していたのでYOUTUBEでBUCK-TICKを観たり、

Dsc_0529

最初はソファに座っていたのにフカフカ絨毯にクッションを並べて寝そべったりして完全に六本木の我が家状態でした。

Dsc_0576

ベッドルームにも大きなテレビがありますが、これはあまり点ける機会はありませんでした。

Dsc_0593

そして朝はこれまた楽しみなラウンジでの朝ごはん。


ホテルの朝ごはんでは美味しい果物が一番の楽しみです。

Dsc_0602

クロワッサンやカリカリベーコンも必ずいただきます。パンと一緒にいただくのは美味しいアールグレイです。

Dsc_0608

部屋でゆっくりとルームサービスのモーニングコーヒー。

Dsc_0623

今回のブーケも素晴らしい仕上がりでうっとり見惚れてしまいます。

チェックアウトではもうカフェインはやめてハーブティーと、飲み忘れていた美味しいオレンジジュースとクッキーを…満喫しすぎですね。

Dsc_0638

楽しい日々が過ぎてしまった~とか言ってる一泊二日のわたしたち。ちょっとした旅行気分になった盛りだくさんの時間でした。

「ふうちゃんもガラスばりのお風呂見たかったな~!」…ふうちゃんがホテルにいたら完璧ですね!

Dsc_0006

2018年4月 1日 (日)

せんとりっくぎんざ。

すっかり春になりましたが、朝晩の気温がまだ低く、ふうちゃんはまだふかふか毛布にくるまっています。

Dsc_8683

「寒い日はあったかいお部屋できれいきれいするのが最高ですね!」

Dsc_8687

おうちは最高なのですが…ですが、出かけてしまう私です。

久しぶりに銀座へGO! まずはラデュレへ直行です。

Dsc_8855

相変わらず乙女度の高いラデュレで、

これまた乙女度の高いイスパハンと、

Dsc_8894

フレーズをいただきました。

Dsc_8895

このテーブルの風景だけで充分乙女を満喫できます。

Dsc_8888

お客さんは圧倒的に女性が多く、内装もマリーアントワネットの世界炸裂な感じです。

Dsc_8896

平日だというのに満員御礼、銀座自体がたいへん賑わっており、景気はいいんだな、と思った次第です。

途中なんとも気になるにゃんこの石像を見つけ、猫の耳の間って最高よね、なんてなでたら、 なんとこれ、恋のパワースポットだそうで…新恋人が欲しいひとはごろべえの頭をなでてね、ということらしいです。

Dsc_8899

それにしてもこんなコンクリートジャングルのなかでずいぶん素朴なにゃんこの石像を造ったもんですね。

そして私とお友達さんは銀座のど真ん中でお泊りをしました!

Dsc_8901

ハイアットセントリック銀座です。

Dsc_9026

お友達さんはお誕生日だったのでピンクのブーケを用意してもらいました。

Dsc_8906

窓の外にはシャネルが見えており、このホテルも1階はルイヴィトン、向かいはオメガです。そんなハイブランド揃いのなか、私たちが真っ先に窓辺でまじまじと見つめたのはオメガの隣の雑居ビルのオフィス。窓に背を向けた部長席の画面を一生懸命覗き込むわたしたち。部長は今日は定時でお帰りのようで、帰り支度をはじめたので「部長のハゲ頭帰りまーす」と大声で言い合う私たち。

お部屋は大胆な色使いの、外国人を意識した感じの和モダンテイストです。

Dsc_89662

洗面台はフタを開けると出現するタイプです。

Dsc_8996

必要最低限のアメニティーはあるようです。

Dsc_8997

バスルームも広々です。

Dsc_8999

普通のランクのお部屋にもネスプレッソがあるのですが、なんとここ、ルームサービスのコーヒーがないのです…ネスプレッソで対応してください、と…「あらあら、楽しみにしてたのに、朝の新聞もコーヒーもないの?」とびっくりしてお部屋係のお姉さんにも心のお声がもれてしまいましたが、お姉さんは「貴重なご意見ありがとうございます」と心優しい対応でした。

Dsc_8970

チェックイン後、私たちはタクシーを呼び、近所にある築地本願寺へ向かいました。

Dsc_8916

ここは小さい頃よく散歩していた思い出の場所なのでお友達さんを案内しました。

とても素敵なカフェができていてびっくりしました。

Dsc_8949

ほうじ茶と、

Dsc_8942

ちょっとずつ、つきだしのような小鉢がまとまったお膳を頼みました。

Dsc_8951

日が暮れてくると本願寺はライトアップされるのでさらに幻想的になります。

Dsc_8961

ホテルに戻る際、せっかくだから寿司を持ち帰ろう!ということで、市場の方に歩き出し、 途中、古い民家を見つけ、ビルの谷間で頑張って存在し続けているであろう金子さんちの玄関をこれまたまじまじと見つめるわたしたち。

Dsc_8936

金子さんち、これからもがんばってね、とエールを送りました。

ホテルに帰ると、もう一人のお友達が合流、女子三人で女子会です。

トリュフのグラタンや、

Dsc_9006

黒毛和牛のハンバーガーや、

Dsc_9001

三元豚のサンドイッチや、

Dsc_9009

築地の寿司で豪勢な感じの夕ご飯となりました。

Dsc_9003

ラデュレで買ってきたマカロンもいただいたり、

Dsc_9014

なんとなくハイレベルなのは銀座なせいでしょうか。 日付が変わるまで途切れることなくお喋り、楽しい夜となりました。

途中訪れた夜のロビーは素敵な雰囲気で、 親子ではないだろうし…一体…と謎な年齢差のきれいなお姉さんとお金持ちそうなおじさまがいるのが大変気になりましたが、ここは銀座、色々あるのでしょう…。

Dsc_9021

翌朝はホテルのレストランでビュッフェです。

Dsc_9039

ホテルの朝食で一番楽しみなのはフルーツです。

Dsc_9052

どれもこれも美味しく、なかでもメロンとみかんが最高でした。

Dsc_9051

ほとんどが外国人という感じで、ちょっと外国にいるみたいでした。

Dsc_90402

チェックアウトの際にロビーを見ると苔が…苔ってこんなにおしゃれでしたっけ?とびっくりしました。さすがですね。

Dsc_9061

素敵な思い出を胸に持って帰ってきたみかんをいただき、

Dsc_9067

ごめん寝するふうちゃんを眺め、

Dsc_9075

みいちゃんの喉のゴロゴロ音を聞きながら熟睡です。

Dsc_9073

「どこ行ってたの~?」

Dsc_9094

だいぶ慣れて来ちゃったのか1泊くらいだとあまり態度も変わらないふうちゃんです。

「まだまだホットカーペットの電源はオン!でお願いしま~す!」…一度消し忘れてふうちゃんみいちゃんが布団のなかで私の腕枕を求め、あぁこれも悪くない!と思った次第です。

Dsc_9070

2017年12月23日 (土)

ふゆってどーゆーこと?!

メリークリスマス!!

前回の更新で夏が来ないぞ、真夏らしくないぞ、と言っていたのにいつの間にやら早めの真冬が来てしまいました。毎日氷点下の朝ってどういうことなのでしょう?

Dsc_7947
ふうちゃんとみいちゃんは毎日毛布にくるまって寝ています。
Dsc_8039

今年のクリスマスもリッツカールトン東京のツリーを観に行きました。
Dsc_8341

もちろんアフタヌーンティーでございます。優之介♀と恒例のアフタヌーンティーです。
Dsc_8263

フォアグラを丸くしてなにやらで包み込んだなにやらや、
Dsc_8276

なんとかなんとか、という野菜をあしらったセイボリーとスープ、
Dsc_8275

スコーンと、ぬが~っと甘いクリスマスクッキー、
Dsc_8281

なぜかいつも食べきれない小さなかわいいスイーツなどなど、
Dsc_8294_2

気付けば紅茶そっちのけで食べるわたしたち。優之介♀はきれいにたいらげていました。
昨年はピアノのみの演奏でしたが、今年は素敵なバイオリン奏者もいらっしゃいました。
1513029358312

やはりバイオリンって華やかです。
優之介はこの日、インスタなどで大人気の「お太りさまのぐっぴーちゃん」の飼い主さん主催のぐっぴー祭りに寄ってきました。飼い主さんとのツーショット写真やグッズの数々を手にリッツカールトンに現れたのです。紹介した私よりも先に祭りに参加する軽やかな優之介です。私は優之介に、かわいいぐっぴーちゃんの写真集をプレゼントしました。写真集も見ずにぐっぴー祭りに参加した勇気ある優之介♀です。
Dsc_8298
ぐっぴーちゃんがリッツカールトンにいるような絶妙なクオリティーの低い合成写真のようになりました。
段々暗くなり、雰囲気が良くなるロビー風景です。
Dsc_8311
すっかり夜景になったところで、
Dsc_8316

バーへ移動です。
なぜかボーイさんが英語でぺらぺらと軽口をききながらメニューを渡してくれたので、「We'll have a non-alcohol」とかお返事するわたし、えー、リクエストも英語かよっ!と思ったそのとき、忍者のように日本人のバーテンダーさんがプロっぽくやってきましたが、英語のボーイさんはことあるごとにコートを預かってくれたり、コートの中に忘れたスマホを取って来てくれたり、すべて英語でお世話してくれました。お隣のカップルがぺらぺらと日本語でオーダーしたら慌てる英語ボーイ。「日本語ができないもので」と飛んでくるプロバーテンダー。軽く混乱。
「赤でショートグラスで甘くないのをノンアルコールで」とプロバーテンダーにバリバリの日本語でオーダー。前はいちごをハートにしてくれたよ、とか聞こえるように言ってみたりもして。
希望通りのものが届きました。
Dsc_8356

ここは新宿方面の夜景が一望できる素敵な席です。わたしたち以外全員カップルでした。
優之介♀は柑橘系のカクテルです。素敵。優之介♀、お写真お上手。
1513029359739

お写真がお上手な優之介♀の撮った画像をラインで送ってもらうのが毎回楽しみです。
1513029359377
視点が素敵です。
1513029359331
今年も大満足のリッツカールトンのアフタヌーンティーでした。
Dsc_8342
クリスマスの六本木は華やかです。MOETのオブジェのまわりには人だかりができていました。ツアーがあるらしく「これが、インスタ映えのするオブジェです」と言いながらガイドさんが10人くらいを引き連れてきて、ますます人だかりができてしまいました。
Dsc_8376
「帰ってきて!早く帰って来て!」
Dsc_8403
ふうちゃんが私を呼んでる気がして、電車のなかでふうちゃんに会いたくて仕方なくなる私ですが、ふうちゃんはみいちゃんと仲良くねんこしていて、別にそれほど私を待っている様子はありませんでした。
Dsc_8394
明日はクリスマスイブ、美味しいヴーヴクリコが出番を待って冷蔵庫で寝ています。
みなさんも楽しいクリスマスをお過ごしください!!
Dsc_8424

2017年6月24日 (土)

しゃんぐり~ら。

大変お久しぶりの更新です。
梅雨に突入し、この大自然の小さなおうちではちらほらと色々な虫が登場してはふうちゃんみいちゃんを色めき立たせています…
Dsc_6988

ふうちゃんが獲物を私に自慢しに来ては私に悲鳴を上げられ、取り上げられるのが嫌で押入れにしまう、という現象なども発生し、今押し入れは開かずの間となっています。
Dsc_6976

そういえばちゃこもバッタやとんぼを捕る名人で、それを私の靴の中にぎゅうぎゅうにつめる、というのを毎朝やっておりました。ぎゅうぎゅうにつめている姿を想像するとかわいいのですが、詰められた靴をはく私にとって恐怖でした。
ふうちゃんはちゃこと違って捕獲率は低いのです。あまり男気を発揮しない日などもあり、虫をじーっと見つめている姿を、私もじーっと見つめては…殺虫剤は無理だしなぁ…と途方にくれることもしばしばあります。
Dsc_6935

さて、先月シャングリラ東京ホテルにアフタヌーンティーをしに行きました!
ダウントンアビーにはまっている私としては、イギリスっぽいホテルを味わいたいぞ、ということで、香港を経由してイギリスっぽい、ダウントンアビーっぽい、を満喫しました。
Dsc_7056_2

優之介(♀)とのアフタヌーンティー、花火付きで大変盛り上がるわたしたち。
Hanabi
優之介のお誕生日祝いということで、ネームプレートを付けてもらいました。漢字でお願いします、と言ってみたところ、アマン東京に続き、大変綺麗な出来です。
Dsc_7086

一番下のセイボリーの美味しさで、これはケーキも間違いない美味しさであることを確信しました。
とてもかわいらしいケーキに思わず見とれてしまいます。
Dsc_7104

小ぶりなのでお腹も苦しくならずいい感じで最後までいただけます。
Dsc_7118
スコーンもあたたかく、しっとりしてとても優しいお味でした。
Dsc_7110

優雅、と腹いっぱいで苦しい、はちょっと相容れないというか、腹いっぱいで苦しいって優雅じゃない…と同じようなことを2回言ってみましたが、今回は量が素晴らしくちょうどよかったです。
紅茶はスリランカのディルマがメインのようです。
Dsc_7067

ダウントンアビーのバイオレットおばあ様のお茶の時間っぽいです。知らない人にはなんのこっちゃ、という感じでしょうが…。
Dsc_7069

チェロとピアノの演奏も始まって非日常感が高まります。
Dsc_7078
夕陽がさしてとてもゆったりとした時間が流れていました。
Dsc_7130
アート作品なども豊富にあり、これらは毎回恒例、優之介カメラマンが素敵に撮影してくれました。
1497022331732

恒例のホテル探検、あちこちに素敵なアート作品がありますが、ロビーのイスなどもちょっと見たことのないデザインでしかもとゅるとゅる…つるつるではなく、とゅるとゅるしてます。
Dsc_7150

なんとなくアジアっぽいのにちゃんとヨーロピアンの雰囲気もあります。
1497022331904

ディナーのあとにグランサム家の女性のみなさんが集まるサロンのよう…。
1497022331793
グランサム家の寝室のような一角もありました。
Dsc_7163

ダウントンアビーの世界は一旦置いて、ロビーの花やシャンデリアを見ながら腹ごなしです。
Dsc_7181
ホテル内のあちこちにシャンデリアがあります。
1497022323575

エレベーターの中にまであります。
Dsc_7164
高速エレベーターの中での撮影は酔ったりするので要注意です。
1497022324170

そして、スパもあるので、見学させてもらいたい旨を伝えると、快くどうぞどうぞと招き入れてくれました。好感度高し!見学なのにここまでウェルカムだったホテルはあまりありません。
薄いカーテンで仕切られたカウンセリングルーム。
Dsc_7200
そして、トリートメントの前に足を洗っていただくスペースが贅沢にもうけられています。
Dsc_7193

お風呂とシャワールーム付きのトリートメントルームは…&’%$’))…っていうお名前がついていました…お名前、忘れました…。
Dsc_7194

シャングリラホテルの名前の由来となった小説に出てくる村の名前だそうです。
シャワールームもあるのでこの部屋ひとつで全部が済ませられます。
Dsc_7197
隣にあるフィットネスも覗かせてもらいましたが、吸い込まれるようにプールへ!天空のプールへ!
Dsc_7211

泳げなくても、このプールは浸っているだけでも気持ちよさそうです。
Dsc_7206

泳いでもいないのにここで休みたいです。
Dsc_7207

ここのスパ最高。日帰りでもいいから来たい。もちろん泊まりで来たい。
スパを満喫して(見学を満喫?)再びラウンジへ戻る私たち。
Dsc_7050

トイレ探検も忘れずに。
Dsc_7052

そして夜景を楽しむべく、続いてはバーへ。バーもアフタヌーンティーをしたラウンジにあるので、さっき出て行ったばかりの人たちまた戻ってきた、という状況です。
Dsc_7245

毎回恒例の赤いカクテルお願いします、のお時間です。
Dsc_7231

今回はローズの香りのするカクテルです。ちゃんとバラも浮かんでいて気分も上がります。
Dsc_7240

バーテンダーさんの動きや他のお客さんを観察しながらのカクテルタイムです。
ホテルはなんと言っても夜の雰囲気が最高です。
Dsc_7270
ほぼ全ての席から夜景が観られるのもこのラウンジの良さかも知れません。

Dsc_7258

「早く帰ってくれば?」
Dsc_7030

意味もなく私の後ろをびっくり顔で見るふうちゃんです。
Dsc_7034

頭頂部ってかわいい…唐突にかわいい頭頂部に見とれたりして、
Dsc_6446
突然の癒しがふりそそぐ日常もまた素敵です。
Dsc_6368

「梅雨の晴れ間のお布団干し日和は気持ちいいですね~♪」
Dsc_6380

2017年5月20日 (土)

かげぼしあきな。

すっかり初夏らしくなりお庭の花たちも満開ですが、一番開いているのはみいちゃんです。
Dsc_6990
今年のゴールデンウィークは9連休でしたが、一切出かけなかった私…。
ヴーヴクリコや、
Dsc_6818
赤ワインを仕入れて、ちびちびと飲みながら、毎晩映画を2本くらい観ていました。
Dsc_6871

9連休もあったら、掃除くらいしかやることないわー、とせっせとクローゼットを片付けました。母の遺品を片付けようとしたところ、それは34年前に亡くなった姉の遺品でもあり、広げてみると…
中森明菜だらけ。
Dsc_6838

懐かしき中森明菜グッズを出してはきれいにしまって、の繰り返し。
Dsc_6839

小学生だった私たち姉妹の楽しみはひたすら中森明菜で、マルベル堂にブロマイドを買いに行くのも楽しみでした。
Dsc_6842

デビュー当時の明菜ちゃんを見て「おー!あまちゃんの有村架純にそっくりだ!」と思った次第ですが、この時代のアイドルに寄せているのだから当たり前といえば当たり前でしょうか。
Dsc_6843
片付けとか言いながら、眺めてはきれいにしまうの繰り返しで、どちらかと言うと陰干し的な作業になってしまいました。

そして、隙あらばアフタヌーンティー。唐突にアフタヌーンティー。
Dsc_6668
恵比寿のウェスティンホテルです。
Dsc_6723

1階のロビーラウンジでのお茶です。
Dsc_6683

やはり高層階の方が気持ちが華やぐというか、
どちらかというと22階のバーを楽しみにしておりました。
やたらと豪華なエレベーターホールから22階へGO!
Dsc_6687
バーはカウンターの後ろが窓になっているタイプで、夜景が楽しめます。
Dsc_6690_2

東京タワーも意外と近くてびっくりでした。
いつも通り、赤いカクテルをオーダー。
Dsc_6694

カウンターに女子三人並んでお喋りです。
目の前ではバーテンダーさんが次々とカクテルを作っており、高いお酒が目の前に現れては消えていくのでした…。
「山崎18年!やまやでも5万円はするぞ…」
Dsc_6708
ウォッカはフランスのグレーグース…ウォッカの中では高いほうだぞ、
と主にその値段に注目していた私ですが、カクテルを作るその手さばきに
たまに見とれてしまいました。途中、神宮球場で花火が上がったりと、東京の夜景は楽しいですね。
Dsc_6705

気付けばピアノの生演奏が始まって、
Dsc_6699
うしろを見れば金髪のカップル、左も右も妙齢のカップル、私たち以外は全員カップルでした…。
「おうちでもカップルがねんこ」
Dsc_6982

さて、時代の流れで、最近SNSでのアップで満足しつつあり、ブログの更新がままならない今日この頃です。
インスタです。
ちなみにFacebookも同じアカウント名です。
文章を書くのが好きなのでブログも続けますが、なんといってもピューン!というはやさでアップできちゃうSNSで夜コソコソアップしたりするのが手軽ですね。
「夜中にこそこそアップです!」
Dsc_6938_2

2017年1月28日 (土)

ちゃらおでこんにちは。

「今年はじめての更新でございます!」
Dsc_6050
ふうちゃん、ジャン・ポールエヴァンのネームプレートを首にかけ、チャラ男っぽく登場です!
Dsc_6013
みいちゃんは箱や袋を必ず覗きに来ますが、ふうちゃんがいち早く見つけたネームプレートに見向きもせず…。
Dsc_6054
お正月にも新聞基地で遊ぶふうちゃん、
Dsc_5653
みいちゃんが基地を覗くのを楽しみに待っていますが、みいちゃん、なかなか来ません。
Dsc_5630
後ろから奇襲を計画中のみいちゃん。
Dsc_5668
この後みいちゃんが新聞の上から攻撃開始、大騒ぎになったのは言うまでもありません…。
そして「ちょっと失礼しますよー。」と、ふうちゃんが去ったあとに入ってみるみいちゃんです。
Dsc_5654
最後はいつもみいちゃんに驚かされるふうちゃんです。
Dsc_5719

さて、会社のお友達さんとグランドハイアット東京にて今年さっそくのお泊りです!
ラウンジにてお茶をしながらのチェックイン。
Dsc_5767
今回はお友達さんのお誕生日なので、ホテル側にもお願いしてサプライズ的なお花なども用意してあり、チェックインの際も少しだけコソコソ打ち合わせです。
そしてハイアット系のクッキー、甘すぎずホロホロとして相変わらずとても美味しいです。
Dsc_5770_2
ヤクルト400もついつい飲んでしまいます。
Dsc_5774
今回はお誕生日祝いということで、スイートルームです!
Dsc_5782
お部屋にはあらかじめ、お祝いの品として、かわいいマカロンや、
Dsc_5790
高級チョコレートが置かれていました。
Dsc_5792
スイートルームに付いているあまおうと、
Dsc_5786
赤ワインなど。寝るのが惜しいくらいの滞在になる予感でいっぱいです。
Dsc_5794
お部屋は100平米あり、大きなソファーにあと2人は寝られそうです。
Dsc_5797
ベッドルームにはキングサイズのベッド、
Dsc_5833
大きなテレビもあります。
Dsc_5840
そしてぜひ家に持ち帰りたいバスルーム!90秒でお湯がたまるこのバスタブと、レインシャワーをぜひ我が家にも…もちろんお掃除する人も付けて持って帰りたいです。
Dsc_5779
素敵なデザインでバスタイムも優雅な気分でゆっくり過ごせます。
Dsc_5780
窓の外には六本木の街、まるでニューヨークのような…。
Dsc_5805
窓の外を楽しめるテーブルとリビングルーム用のテーブルがあるのが大変使い勝手がよかったです。
Dsc_5843
まずはラウンジにてシャンパンで乾杯です。大好きなルイ・ロデレール、大変おいしゅうございました。
Dsc_5870
料理も創作的なものが多く、自分では作れないねぇ~と言いながら次々と平らげました。
Dsc_5853
外国人が多いホテルなのであえて和を意識しているような感じでした。
Dsc_5857
たっぷりお喋りして食べて飲んでかれこれ2時間ほど…スマホに別のお友達さんから六本木駅に着いた!との連絡が入り、慌てて部屋に戻ります。
Dsc_5845
あわててるのになぜかラウンジのテラス席も見たい!とちゃっかり写真まで撮る私。ここ、夏なら東京タワーを観ながら飲むのもいいかもしれません。
Dsc_5875
そしてお部屋にて会社からホテルに向かったもう一人のお友達さんを迎えます。
ルームサービスも届き、怒涛のお喋りタイム開始。
Dsc_5886
ルームサービスと一緒にお誕生日のお花のプレゼントも届き、真っ赤なバラを必ず入れてください、のリクエスト通り、とても艶やかな真っ赤なブーケを手にご満悦のお友達さんでした。
Dsc_5992
大麦のリゾットや、
Dsc_5894
ニース風サラダ、
Dsc_5898
チーズの盛り合わせや、
Dsc_5889
クラブハウスサンドイッチなどなど、
Dsc_5899
赤ワインを飲みながらの大人の女子会です。
ニース風サラダのツナが本物のマグロのタタキ、びっくりな美味しさでした。
ワインもほどよく空いてきて、宴のあと感が漂っているテーブル、
Dsc_5917
アルフィーのポットにたっぷり入ったコーヒーを飲むと、とっても熱々で、
Dsc_5914
10時近いのかしらね?なんて言ってたら、なんと11時半を過ぎているという…会社から来たお友達さんは東京在住なので電車でお帰り、あぶなくシンデレラ状態です。
電車なかったらここに泊まればいいよ、などと言いながら、楽しくお見送りしました。
窓が二面にあるので新宿方面の夜景も見えて、
Dsc_5921
夜景マニアの私にはたまらない風景です。
Dsc_5955
部屋を真っ暗にするとそれはそれは宝石のような東京の夜景なのでした。
Dsc_5944
お友達さんがお風呂に入っている間に、アマゾンファイアTVスティックで「かもめ食堂」を鑑賞。大画面でも画質良好です。スティック一本で私のもっているすべての映画が観れるなんて技術の進歩ってすごいですね。
Dsc_5932
そして毎度のことながら3時頃までお喋り、朝は少し遅めに起きて、ラウンジで朝ごはんです。
Dsc_5959
パンも山盛り、
Dsc_5961
夜更かしの後の体に優しい和食もありましたが、
Dsc_5960
私はフルーツと野菜中心の朝ごはんです。
Dsc_5963
ホテルの果物ってどうしてこんなに美味しいのでしょう!
Dsc_5969
ちょっとだけ朝のスパはどんなだろう?と観に行くと、何かのイベントかしらと思うような混み合い。
更衣室のお風呂が他のお客さんと重なることのほうが珍しい五つ星ホテルが多いなか、新鮮な風景でした…利用しませんけども…。
Dsc_5980
こんなに混んでるスパ、はじめて見ました。たまたまだったのかわかりませんが…。
Dsc_5979
お部屋に戻ってこれまた恒例のルームサービスのコーヒーをいただきました。
Dsc_5984
お部屋にはネスプレッソもあるのですが、やはりせっかくなので、ルームサービスです。
Dsc_5816
こうして楽しい滞在で充実した一夜をすごしました。
家に帰るとかわいいふうちゃんがまったりとひなたぼっこ姿を見せてくれ、あぁおうちも最高!と思わず大声で言うわたくしです…。
Dsc_5996
「夜はみんな一緒にねんこしましょう!!」…ふうちゃんみいちゃんとの夜もまた楽しい!みんなでいい夢見ましょう~♪
Dsc_5743

2016年12月25日 (日)

りっつでくりすます!

「テーブルの下からメリークリスマス♪」

Dsc_5303

我が家にはかなりの頻度でアマゾンがやってきて、段ボールが山積みになってしまうのですが、開封するたびに中身チェックにやってくるふうちゃんみいちゃんです。

中身チェックというか、中に入ってるわけですけど。

Dsc_4717


ちょっと目をはなすといつの間にか中と外で入れ違ってるふうちゃんみいちゃんです。

Dsc_4719

さて、隙あらばアフタヌーンティーを絶賛続行中のわたくしは、再びの六本木へ。

ミッドタウンへGO!

Dsc_5312_2

お友達さんとリッツカールトン東京のアフタヌーンティーブッフェに行って来ました。

Dsc_5439

お席はピアノの真ん前、水のオブジェなどもある窓際でした。

Dsc_5334

窓の外には先日行ったアンダーズ東京が入っている虎の門ヒルズが見えます。

Dsc_5336

セイボリーとデザートのコーナーが分かれていて、最初はしょっぱいもの、とセイボリーのコーナーでウロウロ。

Dsc_5350

牛肉あり、鴨肉あり、どれも複雑なお味で感動いたしました。

Dsc_5355

こんな手のこんだものを大量に…ピンセットで盛り付けてるのかしら、と思うような繊細さでした。

Dsc_5357

サーモンや海老などは数回おかわりに行ってしまいました…。

Dsc_5356_2

そして甘いもののコーナーは意外にチョコレートがなく、

Dsc_5359

ビターチョコレート以外あまり甘いものを食べられない私としては甘さ控えめを推理してチョイス。ピスタチオとラズベリーのケーキがとっても美味しかったです。

Dsc_5361

1時間ほどするとスコーンがやってきました。

Dsc_5367

でもお腹いっぱいな私たち…。

大きなツリーも健在。入れかわり立ちかわりみなさんツリーの前で撮影されていました。

Dsc_5342

ふと気付くと窓の外が素晴らしい西日。テレサテンのつぐないも真っ青の西日でした。

Dsc_5373_2

次第に夜景に変わりつつある夕方、ツリーも美しくなってきました。

Dsc_5376

夜景と星空、同じくらい感動する私は窓の外を見てはうっとり。

Dsc_5386

東京タワーとツリーの風景も素敵です。

Dsc_5400

2時間たっぷり楽しんで、トイレタイム。素敵なトイレ、自宅に欲しいです…。

Dsc_5446

そしてバーに移動です。

Dsc_5434

バーカウンターにも結構人がいて、さすがクリスマスイヴイヴですね。

Dsc_5406

ショートグラスで赤を!青を!などとオーダーして
気付けば信号色になるカクテルたちです。

Dsc_5407

いちごをハート型にするなんて、アマン東京に続く胸キュンな演出。こちらの要望にも笑顔でエレガントに応えてくださってありがたい限りです。

Dsc_5421

バーには欧米系のお客さんが大勢いて、外国にいるような気分です。

Dsc_5427

ビバ!非日常!!

最後にツリーをじっくり眺めて帰宅の途へ。

Dsc_5441_2

東京タワーをあまり見られないリッツのラウンジですが、
帰りのタクシーから思う存分眺めて満足満足でした。

Dsc_5449

帰りは強風で寒くてたまりませんでしたが、おかげで我が家の庭できれいな星々をみることができました。夜景と星空どっちもいいわ~と六本木帰りで栃木の星空にも感動…。

温かい家に帰って温かいお風呂に入って、温かいお部屋でふうちゃんの幸せそうな寝顔を見てスキンケア。

Dsc_5454

寝る前の幸せタイムです。

「箱入り娘のみいちゃんです」…みいちゃんは寝床がコロコロかわって、今はベッドのお布団の中です。ベッドに座るのが怖いのでぜひ寝場所変えて欲しいです…。

Dsc_4720

今年の更新はこれが最後です。今年もブログを読んでいただきありがとうざいました!

来年もよろしくお願いいたします。

2016年12月10日 (土)

まりーのせかい。

すっかり寒くなって毎日ファンヒーターの風が当たるテーブル下でくつろいでいるふうちゃんです。
Dsc_4889
おててかわいいなぁ~♪なんてなでなでしようもんなら凄まじい猫パンチが飛んで来ます…。
Dsc_4887
みいちゃんはふかふか毛布の上でおっさん座りです。
Dsc_4904
みいちゃんのおてて、かわいいなぁ~♪となでなでしても、決して猫パンチにはなりません。みいちゃんはおててがふにゃふにゃで猫パンチができないようですが、ふうちゃん相手には猫パンチを炸裂させているのでTPOで使い分けしているのかもしれません。
Dsc_4910
さてさて、隙あらばアフタヌーンティー、絶賛開催中!
六本木のグランドハイアット東京でマリーアントワネットのアフタヌーンを楽しんできました!
Dsc_4950
ロビーはすっかりクリスマス。
Dsc_4952
今年はホワイトクリスマスです。
鹿のオブジェ!と大きな声で言ったあと、トナカイであることに気付きながらも、鹿、キレイ、鹿、かわいい、と言いながら撮影です。
Dsc_4961
マリーアントワネットと縁の深いNINA'S(ニナス)の紅茶で、幼き日にベルばら全巻を私に紹介したしのぶちゃんとアフタヌーンティーです。
Dsc_4969
ちなみに、コミックといえばドラえもん、という子供時代を過ごした私は結局ベルばら読破できず…知識は1巻分しかありません。
マリーをイメージしたお茶と言うことでローズの香りがしました。
Dsc_4970
そして、プレートは二段、ピンク色に仕上がっています。
Dsc_4978
そしてホテルのアフタヌーンティー、セイボリーにはずれなし。どれもとってもおいしかったです。
Dsc_4999
長身のハンサムな瞳の碧いウェイターさんが持ってきてくれたマリーアントワネットのケーキです。
Dsc_5001
私としてはそのきれいなお顔も撮影したかったわけですが、それは色々とアレかな、と思い、ケーキのみの撮影です。かわいいケーキを観た途端、世界がバラ色になった気がしました。
Dsc_5004
二時間たっぷり楽しんで、その後、隣の六本木ヒルズのマリーアントワネット展へ。
Dsc_5020
マリーのお部屋の一部や、絵画などが勢ぞろいです。
Dsc_5022
それほど混雑もなく、撮影可能な部屋でゆっくり撮影ができました。肖像画が続くとやはりついオスカルを探してしまいます。1巻しか読んでないくせに。アンドレとオスカルはいないのにフェルゼンはいるんだー、と浅い知識を披露しながら練り歩きました。
Dsc_5023
お土産売り場もラデュレのマカロンなど、ピンク色に統一されていてとっても素敵でした。
お土産売り場の先には夜景が広がっており、残念ながら東京タワー方面は見えませんでしたが、充分きれいな夜景でした。
Dsc_5036
そして六本木を満喫したいとなれば断然夜でしょう!ということで、グランドハイアット内のバー、マデュロへ。
Dsc_5051
ここは19時開店なので少し待つことに…よく見ると不思議な作り。何度も来てるのにいつも新たな発見。外なんだか中なんだか、中だとしても一体何の中なのか、よく分からない私なのでした。
Dsc_5053
一番乗りだったのでお店を隅々まで眺め、
Dsc_5061
カウンターへ。
Dsc_5065
20時から始まるジャズ演奏の準備、ウッドベースのチューニングなどをしており、
Dsc_5059
それを眺めながらの洒落た一杯。
Dsc_5075
外国人が多い六本木の中でもこのバーは特に外国人が多いそうです。
Dsc_5070
装飾も素敵です。
Dsc_5058
家の近所にあったらなぁ~と思わずにはいられない素敵さでした。
Dsc_5063
しっぽりと洒落た時間を過ごした私たちなのになんと腹ごしらえしようとまたロビーへ。
夜のホワイトクリスマスも素敵でした。
Dsc_5091
一旦外に出て東京タワーを眺め、予想外の寒さにふるえつつ、
Dsc_5104
再びグランドハイアットへ逃げ込む私たち。
Dsc_5111
ロビー横にあるイタリアン、フィオレンティーナへ。
Dsc_5126
寒さにふるえた体に優しいスープがしみました…。
Dsc_5136
ピザもチーズがとってもおいしくて、ホテル外れなしで安心だなぁ~としみじみ…。
Dsc_5141
目の前の風景もきれいだったので見惚れていたら、

Dsc_5133
その手前に、おひとり様推定アラフォーの女性が、タブレットを見ながら、ワインを飲んで何かを食べてまたワインを飲んで、を結構な勢いで繰り返しています…妄想炸裂。「きっとあなた、まだ仕事終わってませんね!これから打ち合わせとかに行くんですね!ワインを軽く飲んでほぐしてから打ち合わせですね!帰りも遅くなっちゃいそうですね!バッグ素敵ですね!この後も頑張ってくださいね!」と、心の中で応援しておきました。
そして家に帰ってから、お土産を開けてうっとり…。
Dsc_5157
このかわいい箱を使いたい!ということで、
ニナスのお茶を淹れて、じっくりと楽しんでから、
Dsc_5226

ドレッサー行きになったラデュレの箱たち。ここはプリンセスコーナーです。
Dsc_5279

たまにここにふうちゃんが座っちゃって、コンセプトがぶれますが、部屋の一角が素敵だと気分が上がります。
「ふうちゃんは座りにくくなったー」
Dsc_4869
ふうちゃんみいちゃんは毎晩モフモフ毛布の中で仲良くケンカしたりねんこしたり、冬はやっぱり家が最高ですね!…と、隙あらばアフタヌーンティー絶賛開催中の私でも思うのであります。
Dsc_4849_2

2016年10月29日 (土)

ぼく、とらのもん!

「ふうちゃんは怒ってるのです!」

Dsc_4356

温厚なふうちゃんですが、たま~にプンプンしていることがあります。

この時の原因は…

「みいちゃんです…ちょっとからかおうと思ってふうにいちゃんの首にぶら下がってみたんです…しばらくはご機嫌さんだったのですが…こわかった…あんなに怒るなんて…」

Dsc_4372

あれじゃ怒るよなぁ…歩いてるふうちゃんにまるっきりぶら下がってたもんなぁ、と見守っていた私ですが、みいちゃんが思いのほか反省していてかわいかったです。

Dsc_4375

「ぼく、トラのもん!」

Dsc_4450

虎の門ヒルズにて、トラのもんに会いに行きつつ、

アンダーズ東京ホテルでアフタヌーンティーです。

Dsc_4471

隙あらばアフタヌーンティー、を決行中です!

Dsc_4620

アフタヌーンティーをするカフェ、タヴァンは52階にあります。素敵な高速エレベーターに乗ってGに耐えながら一気に52階へ。

Dsc_4481

エレベーター内には和紙でできたオブジェがあり、

Dsc_4591

全種類見たくてエレベーターを開けたり乗ってみたりと、

Dsc_4617

エレベーターを満喫しました。

Dsc_4613

エレベーターのボタンまわりのオブジェにも素敵なうさぎさんです。

Dsc_4514

タヴァンはそれほど気取っていないカフェなので、カジュアルなお姿でもOKでしたが、

Dsc_4524

同じ階で結婚式もおこなわれており、ブライズメイドが根付いていないここ日本だというのに、ブライズメイドたちが素敵なドレスで撮影などしていて、危うく私の中のおっさんが降臨して、かわいいのぅ~かわいいのぅ~♪とおめめがハートになるところでした。

Dsc_4497

ここのアフタヌーンティーはおかわり自由なので、心置きなくハーブティーやダージリンなどをいただきました。

Dsc_4543

三段トレイではなく、二段トレイですが、どれもこれも一流のお味。紫色のグミのようなものが載ったケーキに手を出さなかった私たちですが、後に下の階のカフェでこれが300円近くもすることを知って手を出さなかったことを激しく後悔です…。

1476452017306

ホテルのアフタヌーンティーはセイボリーにもハズレなしなのが大変ありがたいところです。

Dsc_4535

スコーンまで食べてしまうとお腹いっぱいになってしまい、ケーキを全部食べられなかったりもします。

2時間たっぷり楽しんで、お次はバーに移動です。その前に恒例のトイレチェック。

1476446249167

木を使ったシックなトイレで、ホテルお決まりのタオルもたくさん用意されていて大満足でした。

Dsc_4564

そして53階のルーフトップバーへGO!

Dsc_4568

ドアを開けて中に入ると…予想外の風…。

53階の風は凄まじく、ウェイターさんに思わず「風が苦しい、中がいい、席移動していいですか?」ときっぱりお願いする私…ルーフトップバーなのに?

Dsc_4579

まわりのみなさんは普通に夜景を楽しみながらお酒を飲んでますが、本当に?こんな風の中で?

夜景はさすがにため息が出るほどきれいでしたが、東京タワーや新宿が好きな私としてはお台場方面の夜景にあまり興味もなく…バーカウンターへ移動して乾杯です。

Dsc_4576

同じ物を今年初夏にアマン東京でもオーダーしましたが、

Dsc_4573

断然アマン東京の勝ち!でした。バーテンダーさんのセンスが出るところなのでしょう、アマン東京はここ数年で断トツ一位でございました。同じようにオーダーしてもバーテンダーさんによってこんなに違うんだなぁ、と勉強になりました。

ちなみにこれがアマン東京のカクテルです↓

Dsc_3642

テーブルチェックのできないバーであったこともちょっと驚きでしたが、レジのお兄さんがとても明るく気さくなお兄さんで、夜景の説明を丁寧にしてくれました。お兄さん、まるで宙に浮いてるみたい…「高い!足元からガラスじゃないですか!怖い!」と思わず言うと、お兄さんも笑って「そうなんですよ~。冬は極寒ですしね!」と明るく笑顔で言い放ちました。

Dsc_4582

そうですよね、この季節にこの風と寒さ、冬は一体!と、やはりルーフトップバーはシンガポールとかマレーシアとかあったかい国でやったらいいよね、と思った私でした。

帰りにまた52階の東京タワーの見える窓にて夜景を堪能。やっぱり夜景は東京タワー方面がいいですね。

Dsc_4607

ホテルは東京タワーとお台場が両方見えるお部屋があるそうです。

内装は木をふんだんに使って落ち着いた雰囲気で、お客さんも外国人が多く、異国情緒たっぷりでした。気軽に非日常を楽しめました。

1476446260572

夜のトラのもんの頭のうえにちょこんと東京タワーが見えました。

Dsc_4627

「トラのもん?とらにゃんこなら家にかわいいのがいるのに…」

Dsc_4649

「みいちゃんはお留守番へっちゃら。ふうにいちゃんはソワソワして玄関で待っちゃったりするのです。でもみいちゃんはお留守番へっちゃら。」

Dsc_4651

「ふうちゃんは、お留守番したくないでーーす!」

Dsc_4704

寒くなってきてあたたかいお風呂のフタの上で寝るようになったふうちゃん、休日はトイレもお風呂も一緒、ふうちゃんにストーカーされると幸せ気分になる私です。

Dsc_4710

2016年6月25日 (土)

あまんのぶらっく。

梅雨の晴れ間に暑い暑い出窓で寝ているふうちゃんみいちゃんです。

Dsc_3396

暑いのがサイコーだもの~♪

Dsc_3397

まぶちぃけどサイコーだもの~♪

Dsc_3399

そしてこれまた梅雨の晴れ間にこそこそっとアフタヌーンティーに行く私…。

今年のテーマは「隙あらばアフタヌーンティー」です。

大手町タワーに入っているアマン東京のロビーラウンジでブラックアフタヌーンティーです。

Dsc_3520


大手町に10年かけて作ったという森の中にあるアマンカフェ、東京郊外に住む優之介(♀)と、栃木に住む私は…「森…わたしんちのまわりと同じかも…雑木林的な…うち、最近芝生敷いてバラとか咲かせちゃって竹林も梳いていい感じよ」

Dsc_3526

などと大手町の真ん中の森を軽くディスる私たち。はっ!となって「10年かけたんだよ!コンクリートジャングルの中に!素晴らしいよね!」と、突然我に返ってリスペクトし直しです。

カフェの前に大変素敵な人力車がありました。

Dsc_3513

アマンジャーニーと銘打って30分かけてビル街を駆け抜けるそうです。そのお値段9000円……10分ごとに「3千円…6千円…」などと浮かんで景色どころではない気がするうえ、人力車をひいてるお兄さんの肩甲骨あたりの筋肉を一番見ちゃいそう。30分9千円で延々お兄さんの筋肉に感心してる場合ではないのです。

Dsc_3514

この鮮やかな赤を保つのはなかなか難しそう…使用頻度が高い場合は。

1465663114722

いよいよ33階のロビーへGO!

6階分の吹き抜けには和紙が張ってあり、裏から照明が当てられています。

Dsc_3534

水が流れるオブジェが素敵です。

1465663119317

涼やかな琴の音色が…と、それは生演奏だったり…。

Dsc_3549

ラウンジのテーブルはほとんど着飾った若い女の子で占められており、そのかわいらしい光景にわくわくしはじめました。「いいねぇ~若くてかわいい女の子がかわいいケーキ食べてて、いいねぇ~」と私のなかにおっさん降臨。

Dsc_3604

きれいな女子たちに囲まれてなんだか幸せ雰囲気で「キャバクラ行くよね、これじゃ。」とか「堕天使ってたいてい地上の美人に惹かれて天使やめて人間の男になるんだよね」とか本当だか嘘だか分からない話で頭がいっぱいになってしまいました。

Dsc_3602

ホテル全体「和」で統一。

私たちの座った席は縁側をイメージしてるそうです。

Dsc_361

縁側にしつらえられるスコーン。

13428435_

紅茶も黒の急須で供され、

Dsc_3572

三段トレーももちろん黒で、まさにブラックアフタヌーンティーです。

13413559_

優之介(♀)はお誕生日だったのでネームプレートを付けてもらったのですが、和と言えば漢字よね、と漢字でオーダーしてみました。

Dsc_3609

セイボリーはどれもおいしく、特にラベンダーが上にのっている十勝牛などは初めての組み合わせ、頬張るとラベンダーの香りでいっぱいになり、お口の中が高級ホテルのスパになったではありませんか!

Dsc_3596

秋田のじゅんさいもさりげなく入っていたり、和の追求の仕方も渋いです。

チョコレートの帽子をかぶったゼリーや、

Dsc_3594

スコーンにつけるジャムやクロテッドクリームもとてもおいしくて驚きました。きっと宿泊の際の朝食などもとても美味しいのでしょうね~♪

Dsc_3593

2時間ほど楽しんで、トイレタイム、

Dsc_3625

高級ホテルのトイレ大好き。

来たときよりもだいぶ人が増えていました。

Dsc_3623

宿泊者だけ入れるライブラリーなどもちょっと覗いてみました。

1465663065568

そして、前回のパークハイアットでもバーに立ち寄りましたので、今回もバーへ。

Dsc_362

窓の向こうに新宿が見えるカウンターにて菅田将暉似のバーテンダーさん発見。迷いなく彼の前に座りました。車の運転があるのでノンアルコールですが、妥協許すまじ、「ノンアルで赤で甘くないので」と、オーダー。「ショートグラスでもいいですか?」と、ナイスな提案をしてくれた菅田鬼ちゃん。「もちろん!」と即答です。優之介が、「ベリーだめだから…」と言うと「柑橘系でいいですか?」とこれまたナイスな提案。その間一切笑顔なし。それが大変よろしい。自分の雰囲気をよくご存知です。

赤いカクテル登場。

Dsc_3639

薔薇の花といちごの演出に胸がきゅんとなったのは鬼ちゃんのクールな雰囲気のせいかもしれません。感動いたしました。甘すぎず何やら果肉も入っていて美味しかったです。

柑橘系は日向夏とゆず。

13427761_

あまりのおいしさに飲みあいっこするわたしたち。

夕日に染まる新宿を眺めながら…

Dsc_3635_2

すっかり暗くなるまでまったり過ごし、しめくくりとしました。

Dsc_3649

帰りにまた森のカフェを見てみると、ライトアップされてとても素敵な雰囲気でした。

Dsc_3660

実際の森であるところの我が家のまわりは真っ暗ですけど。

「今夜はお泊りですか~?」

Dsc_3467

お泊りしてみたいけど、今回は大人しく帰宅しました…ふうちゃんのいるベッドが一番ですしね。

「ふうちゃんは枕の横でねんこしてお帰りを待ってます!」…遠出したあとのふうちゃんはいつにもまして甘えん坊です…。

Dsc_3670