バイオリン

2018年10月 7日 (日)

ひさしぶりのばいおりん。

毎日ふうちゃんの心を躍らせるさんま。今日は74円でした。

「ふうちゃんのもあるぅ~♪」

Dsc_4806

みいちゃんはとうとう飽きて知らんぷりになってしまいました。

ふうちゃん、飽きる気配が全くなし、焼いてるときもくるくると回ってさんまが焼ける喜びをアピールしていました。

Dsc_4812

ふうちゃんは昔々、小さいころは私の弾くヴァイオリンがまぁまぁ好きでした。

成長するにつれてなぜかヴァイオリンと距離を置くようになってしまい、大変淋しかったのですが…

そうこうしてるうちに私までヴァイオリンに距離を置くようになってしまい、我ながら残念でありました。

大人になってから10年も習っていたというのに。

しかし、最近またヴァイオリン復活です。

楽譜も引っ張り出してヴィヴァルディを練習、この音を聞いてふうちゃんも部屋を覗くかも、と私はふうちゃんの登場を待ちながら練習をしていました。

Dsc_4794

「来た来た!…でもすごい距離感…音が嫌なのかしら…」と、

Dsc_4792

「ヴァイオリン、なぜか部屋に落ちてた」を演出。

Dsc_4800

「落し物…」

Dsc_4799

「ふうちゃんとの比較でチェロみたい」を演出。

Dsc_4805

カザルスが好きでチェロもやりたかった私です。

そして、その置き場所は…ありがたきアドバイス通り、出しっぱです。

Dsc_4836

長いことケースに収納してすっかり音が狂ってしまい、調弦にだいぶ時間がかかってしまいました。ちょこちょこと生活の中にヴァイオリンを入れていきたいと思っております。

今日行った、羅布乃瑠紗羅英慕で、ヴァイオリンが大音量でかかっていて、素晴らしい音響でしたが、いつになく大音量!と思ったら、スピーカーが頭の上にありました。

Dsc_4856

今日はキリマンジャロにしました。

Dsc_4844

すっきりした苦味のキリマンジャロを飲みながら、ふと横に目をやると、巨大ろうそくが…

Dsc_4840

何日くらい燃えるんでしょうかね。

Dsc_4852

それぞれの席に色んな装飾品があります。

Dsc_4855

素晴らしいヴァイオリンの音がピアノに変わった頃、おかわり。100円プラスで違うコーヒーも味わえるので、モカを追加しました。やっぱりどのコーヒー店よりもここのコーヒーが一番美味しいです。

家に帰ると、玄関先で毎度お決まりのふうちゃんのスカートの中での喜びの時間。

Dsc_4860

3分ほど続きます。会社から帰って来たときも必ずやってくれます。

ふうちゃんの喉のゴロゴロを感じながら私の幸せタイムです。ムチムチとしたふうちゃんのかわいい体をぎゅうぎゅう抱きながら、その愛しさに私の喉も鳴りそう。

Dsc_4862

「おかえりなさいの時間は全力で喉を鳴らします!」

Dsc_4645

鳴るものなら私の喉も鳴らしたい!です。

2018年9月29日 (土)

ばいおりんとせいがく。

ふうちゃんがタワーにあるハウスで何かを見つけてシッポをピーン!と立てています。

Dsc_4531


そうでした、私が稲を一本入れておいたのでした。

Dsc_4533


ねこじゃらしは散らかるので稲にしたのです。

みっちみちになって遊んでいます。

Dsc_4530

みいちゃんがその様子を見て現場検証にやってきましたが、むしゃむしゃと食べ始めたので取り上げてしまいました。

Dsc_4536

すっかり寒くなって、なんとなく畳も冷たい気がして、ふうちゃんみいちゃんのためにホットカーペットを入れてしまいました。

集うふたり。

Dsc_4501

みいちゃんは舌も出しっぱなしでリラックスです。

Dsc_4500


ふてぶてしいお顔がかわいいみいちゃんです。

Dsc_4497

台風が来るというので家におこもりしていますが、街はハロウィン、会社のロビーの飾りつけもハロウィンとなりました。

Dsc_44632

いつの間にかハロウィンがこんなに定着しちゃって…そのうちイースターも来る予感でいっぱいです。

今、これを書いているうしろではアルフレッド・クラウスの「真珠とり」が流れております。

だいぶ前にこのブログで貼ったアルフレッドの歌声や、バイオリンを習うきっかけともなったフィドラーの動画などを探していたら、あぁ、月日が経てばなぜかそれらは見つからなくなってしまうのか!ということがままありまして…。

無情にも予告もなく「削除されました」の冷たい一言で片づけられてしまっていたりします。

しかし、アルフレッド・クラウスは見つけましたよ!↓

https://www.youtube.com/watch?v=zJ_Nsm-Y7RU&list=PLDxJCKVoLDhElX3hx3iAtPapvuVsTvKky

1970年、30代後半のアルフレッド、テレビカメラに怯える、と、勝手に決めつけて何度もカメラ目線になってしまいながらも歌い上げたことを讃えたブログを昔書いたような…。この時代はもうカラーなんだね!と驚いたのも覚えています。

私は小学校は半分、中学校はほとんど病欠でしたので、音楽の授業というものをほぼ受けたことがありませんでした。

でも音楽は大好きでしたので、レコードもたくさん持っていましたし、クラシックにはどの同級生よりも詳しかったように思います。学校ではラフマニノフはやらないのか!と驚き、音楽室とやらでは一体何が行われているのだろう、と不思議でしたが、国語の教科書だって名作として載ってる作品って結構つまらないものも多かったですもんね。

子供のころ、ドラマチックで素敵、と思ったのでした。↓

https://www.youtube.com/watch?v=4TF2unP74tc&t=83s

10代の頃、私は三島由紀夫は「音楽」が一番好きでしたし、外国の作品ではジッドの「田園交響楽」やツルゲーネフの「はつ恋」などが好きでした。今なら「金閣寺」も好きなのですが…。学校に行っていないことで独学になり厳しいものがありましたが、自由といえば自由で内面世界はそれなりに豊かだったように思います。

ところで、私がバイオリンを習おうと思ったきっかけはクラシックではなく、アイルランド音楽でした。

https://www.youtube.com/watch?v=2P9SNCo9wZg&feature=share

なので、プラハに行ったときにお友達のお友達であるレイチェルちゃんに「あなたがなろうとしてるのはフィドラー、バイオリニストじゃないよ」と英語で言われ「バイオリニストにもフィドラーにもなる気はないよ」と返しつつ、バイオリンの先生にそれを言ってないのはどうしたもんか、と軽く悩んではいました。

コアーズのフィドルを聴いて、これ!これならできそう、と思ったのです。

0929203945

フィドルの先生なんて栃木にはいなさそうだし、フィドラーってスコッチひっかけてから弾くんでしょ?(←偏見?)クラシックのバイオリン弾けたらフィドルも行けるんでしょ?(←かさねがさね偏見)と思って、先生には言わずにいました。

929203954

Corrs MTV Unpluged live

https://www.youtube.com/watch?v=BWj034v0TvE

何も事情を知らない先生は私に一生懸命パガニーニとか弾かせようとするのです。超絶技巧はいらないのですよ。だんだん「のだめ」みたいな気持ちになってレッスンの時間が苦痛に…。先生、それよりスコッチを一杯、と言いたい気持ちをぐっとこらえました。先生がその後ご病気になられたり私も忙しくなったりでレッスンは辞めてしまいました。

音楽教室自体は声楽の先生が校長(女性)で、たまに校長先生が歌うオペラが聞こえるのですが、レッスン室の横を通る時、その声量のすごさに「先生!私の体が裂けちゃいそう!」と逃げるように通り過ぎていました。校長先生は「バイオリンを弾いたあとは声が出やすいからぜひ声楽も」と誘ってくださいましたが、私の体が裂けちゃうといけないのでご遠慮申し上げました。

ラフマニノフの影響か私はロシアが好きで、文学も音楽も映画もロシアのものが好きですが、実はプーチンも好きで、それを言うといろいろ誤解もあるみたいなので最小限に留めていますが近しい友達はプーチンのことなら私に聞けばいい、と思ってるみたいです。

「たまにフーチンと呼ばれます」

Dsc_4515

今日もさんま!

Dsc_4555

さんま祭りが続いてる我が家ですが、さんまは日に日に安くなってついに今日は88円でした。

2014年6月28日 (土)

れんしゅうやめて~!

平日は、なんとか時間を見つけて、30分だけバイオリンの練習をします。

Img07818

30分だけでもなかなか時間を取るのが難しく15分で終わってしまう日もあります。

こんなに短い時間でもふうちゃんは、

「演奏やめてー!ふうちゃんと遊んでー!」

Img07805

と、猛抗議です。

「こんなものは、こうしてくれましょう!」

Img07806

ちゃこと違ってバイオリンの音を怖がることがないのはよいのですが、まさかの猛抗議。

Img07809_2

「これで遊んでて。」と、譜面をおさえる棒で気をそらさせます。

Img07799

小さい頃は練習している私の膝の上で私を見上げて練習が終わるのを待っていたものですが、今は対面で、かなり大きな態度で待っています。

「早く終わるといいなぁ~。」

Img07817

「早く終わらないかなぁ~。」

Img07813

そして、逆に私がふうちゃんと遊びたいときというのがありますが、そんなとき、ふうちゃんは大抵かわいらしくねんこしています。

Img07834

あまりのかわいさに、じーーっと見つめたまま時間が過ぎていきます。

「じーーっと見つめられているこの時間って…」

Img07838

ちょっと困惑のふうちゃんです。

「あれ?!」

Img07846

みいちゃんが毛布にもぐって寝ていることを知らないふうちゃんはモコモコと動く毛布に驚いています。

「そこに何かいる!!」

Img07848

「何かいる!!」

Img07853

「動いてる!!」

Img07855

「黒い何かだ!!」

Img07858

「みいちゃんでした。」

Img07871

な~んだ、という感じで急激に興奮が冷めていったふうちゃんでした。

「秋でもないのに秋の味覚が~!!」

Img07757

秋でもないのにサンマを買ってきてふうちゃんをクネクネに喜ばせてみました。

私は赤ワインとつまみだけの夕ごはん。ふうちゃんとのこの時間が週末の楽しみです。

Img07763

いつも使っているアンティークのバカラは映画「バベットの晩餐会」で使われているものと同じで、この映画が好きな私が探しに探してやっと手に入れたものですが、普段使うにはやはり気が張ります。そこで、もっと手軽に使えるもの、ということで、リーデルのステム(脚)のないタイプを購入しました。日本人と違って外国のかたたちはたいていステムではなくボールの部分を持って飲んでますが、まさかのステム取っ払っちゃったタイプがあるとは…。ちなみにステムの部分を持つ傾向があるのはアジア圏の人とドイツ人だそうです。

「酔っ払いさんはゲームで勝てますか?」

Img07767

みいちゃんは人間の食べ物に一切興味ありませんが、ラミィゲームをやる時は食卓が気になるようです。多分母がいるせいだと思うのですが、こうしてゲームを見守ってくれています。

「そろそろ出窓も暑くなる季節ですね~。」…梅雨が明けたら暑い夏、冷夏ではなく猛暑になるとの予報に変わったようですので、今のうちに体力つけなくてはいけませんね!!

Img07672_2

2010年11月13日 (土)

ばいおりんのひ?

いよいよ来月で今年も終わりですが、だいぶ疲れもたまって肩こりや目の疲れが出てきました。が、凝ってしまった肩もふうちゃんみいちゃんの遊んでる姿を眺めてるだけでゆるゆるとリラックスしていくから不思議です。

Img_6684

ふたりが騒いでいるどさくさにまぎれて一緒に、うっきゃー!と遊ぶとさらに凝りがほぐれ、夜もぐっすりです。

Img_6685_2

リラックスと睡眠が一番の治療薬です。

Img_6696

こんなに寒くなってるのに窓にスイッチョがいました。

Img_6771

みいちゃんは何度も何度も窓にアタック、そのたびにゴツン!バン!と窓ガラスに弾き返されるのですが、気が強いみいちゃんは全くあきらめる気配がありません。

Img_6768

結局母が外からスイッチョを林に逃がしました。

Img_6765

「何がいたの?」と、一段落したあとふうちゃんが様子を見に来て寄り添っていました。

Img_6724

最近のふうちゃんはさらにお兄さんっぽくなり、みいちゃんが鳴くだけでテッテッテッテッ!と走り寄って行くので家族にも「ふう兄ちゃん」と呼ばれることも多くなりました。一日中とにかく一緒なふたり、これで血はつながってないのだから本当に不思議です。

Img_6738

さて、前の会社の同僚でバイオリン仲間でもあるお友達さんがバイオリン持参で遊びに来てくれました!

Img_6785

お友達さんのおうちにはふうちゃんの甥っ子のマメちゃんがいるので、お友達さんはにゃんこを遊ばせるのが上手です。両手におもちゃを持ってふたりを遊ばせてくれました。

Img_6784

最初は遠巻きに見ていたみいちゃんですが…

Img_6779

お喋りに夢中になっているその最中に膝にのって遊び始めました。

Img_6786

あまり見たことのない遊び方だったのでちょっとジェラシーです…。

Img_6789

お土産にいただいたおいしいチーズケーキをいただきながら、ひたすらおしゃべり。

Img_6793

バイオリンはいつ出てくるんだ、とたまには言いつつもおしゃべり。みいちゃんを膝で遊ばせたままおしゃべりです。

Img_6790

結局真っ暗になるまでおしゃべりしてしまい、せっかく持ってきたバイオリンが登場することはなかったのでした…。バイオリンはまた後日、と日にちも決めてお開きとなりました。久しぶりの楽しい時間で日頃のストレスが吹っ飛んでいきました!

「バイオリンのおねいさん、チーズケーキをありがとさんでした!!」…チーズケーキを少しあげるとよほど嬉しかったのかずっとずっと余韻を楽しんでいました。

Img_6799

2010年3月12日 (金)

あそぶすがたはうつくしい!

お久しぶりの更新です。ふうちゃんは毎日精力的に遊んですくすくと成長しております。

元気が有り余って、ごはんよりもおもちゃを催促する始末です。

Img_5244

最近のふうちゃんのお気に入りのおもちゃは「縫い糸」です…。

Img_5227 

相変わらずチープなものが好きで、経済的には助かります。

Img_5225_2

それにしても遊んでいる姿というのは全然撮影ができないものです。

Img_5235

「こんなにかわいい姿を撮影できないなんて!」と思いつつ、ブレた写真もちょっとかわいい…とシャッターを切りまくりです。

そして最もピントが合わなかった写真がこれ。

Img_5249

2番目に合わなかった写真がこれ。

Img_5267

なんだか実体のない生き物みたいです。

こんな感じで帰宅してから1時間くらいは、ふうちゃんを遊ばせているので、私の方にも多少体力がいります。ある日、家族がお出かけで夕ごはんを作る必要がなかったので私はデニーズで一人夕ごはんを食べました。食べているときは体もあたたまり大満足だったのですが…玄米入り野菜スープ、カロリーが280キロ。ふうちゃんと遊びまくったら、寝る前にお腹が空いてしまいました…。

Img_5197

さて、お仕事帰りに近くのカフェにて、私は前の会社の妊婦のお友達さんと、ヴァイオリン仲間であるお友達さんを待っていました。約束の時間より早めに着いてしまい、私は持参していた本を読むことにしました。いつもはコーヒーを飲むのですが、この日はロイヤルミルクティーを頼んでみました。どんな器で出てくるのかも楽しみです。

そして運ばれてきたミルクティー、とっても素敵!予想外に大きな器でびっくりしました。カフェオレボウルのよう…本を読みながら飲もうと思っていたのですがこのかたち、片手は不可能で、

「ながら飲み、許さない。」といった感じです…。

Img_5204

しばらくするとお友達さんふたりも到着、本読みは終了、乙女のマシンガントークが始まったのでした。

お友達さんは抹茶、これまた器が素敵です。

Img_5210

妊婦のお友達さんはぜんざいを食べて腹ごしらえです。

Img_5216

この日の私たちの本来の目的はマシンガントークではなく、ヴァイオリンコンサート、だったのです。

Img_5289

高嶋ちさ子のストラディバリウスを地元で聴ける日が来ようとは!夢のようです。

Img_5201

私たちはめったに行かない地元のホールへ場所を移しました。ホールの2階は全面ガラス張りでモダンな作りです。昼間は田園風景が広がる景色も、陽が暮れると漆黒の闇…こんなに灯りのない夜景は久しくみたことがありません。私たちは「観ようによっては沖縄の離島の夜の海のようだわ。大海原が広がってるわ~。」と観光客ごっこでまったりと過ごしていました。しかし開場時間が近づくともの凄い数の車が並びました。みなさん会場の大きな大きな駐車場にすいこまれ、その風景はまるで映画「フィールドオブドリームス」のラストシーンのようでした。しかしこれらの車がコンサート後に一斉に帰宅するのですから大変な混雑、駐車場から出るのにかなりの時間がかかり、まるでディズニーランド渋滞のようでした…。

コンサートは2時間以上ありましたが、あっという間でした。演奏はもちろんですが高嶋さんの発言もまた耳に残っています…「田んぼばっかりじゃないですかっ!今日はカエルが来んのかな、と思った。」「今日はお客様に特別にストラディバリウスを…触らせるわけないじゃないですかっ。」などなど、ぼそっと言った一言も含め、もれなく笑えて「これはまた別の才能だわ。」と感心しました。それにしてもお顔が小さく、思った以上にスレンダーなそのお体でチャルダーシュなどを弾く姿はよくできたお人形さんのようで、後ろのおばさまがたも「綺麗だわ~かわいいわ~」とため息をついていました。

Img_5202

途中、お客さんに目をつむらせて、ストラディバリと大量生産のヴァイオリンの音を聞き分ける、というコーナーがありましたが、なんと大量生産のヴァイオリンの方に手をあげたかたの方が若干多かったのです。私はといえば「自分のヴァイオリンの音に近いほうではない方」に、手をあげたため、無事正解です。大量生産で作られたヴァイオリンでもあのような音色が出ること自体が希望の光というか、目からうろこというか、趣味をヴァイオリンとする私たちには嬉かったのです。しかし実際あのような音色を出すにはあと30年くらい練習しないと無理かもしれません…。

来週はいよいよふうちゃん、1才になります!ふうちゃんのお誕生日である16日(火)は必ずや更新したいと思います!

「猫とあひるが力を合わせてみんなの幸せをぅ~~♪」…お誕生日には息が切れるくらいにおもちゃで遊ばせてあげようと思っている次第です。

Img_5153 

2009年12月 3日 (木)

たのしいごうどうれっすん!

木曜日はヴァイオリンのレッスンの日なのでいつもよりもちょっと長めにヴァイオリンの練習をしているのですが、最近のふうちゃんは以前にも増して私のレッスンに対して意欲的です。

私が華麗にヴァイオリンを弾いていると、小走りでどこからともなくやってきて見学です。

Img_3443

しかし見学する場所が私のひざの上なのでちょっと邪魔です。

Img_3442

ふうちゃん的にも頭の上から大きな音がするのはOKなのかしら?と不思議です。

Img_3437

しかもヴァイオリンを聴くふうちゃんは、はじめは「おひざでねんこ、うれしいなぁ~♪」というような表情で喉までゴロゴロと鳴らしているのですが、課題曲が多少情熱的な部分に入ると、喉の音も止み、なんだか少しだけ表情もくもります。どう考えても「うんざり」という言葉しか浮かばないような、そんな表情になっていくのです。

Img_3434

私としては弾きにくいわ、迷惑をかけているようで気まずいわ、そんな姿がまたかわいいような…ヴァイオリンを弾くたびにこんなワサワサした気持ちになるのはやっぱり迷惑なような…。

Img_3435

一通り練習すると、やっぱりかわいい姿だわ!と、カメラを手にふうちゃんの後頭部越しの楽譜、などと言って撮影などはじめて練習はなんとなく終わっていくのでした。

Img_3444

そんな私にもヴァイオリン仲間ができたのです!!以前の会社の同僚なのですが、ふうちゃんの甥っ子の飼い主さんでもあり、ふうちゃん的に言ってみれば親戚のようなお友達さんです。

元同僚の新妻で妊婦のお友達さんも含めて3人で、ヴァイオリンについて熱く語り合おう、という画期的な企画が持ち上がり、まずはヴァイオリン教室の近くに新しくできたカフェでランチです。

和風テイストのカフェで数種類の日替わりメニューから、チョイスです。

Img_3466

牛肉の寿司めし、など変わったメニューもありました。

Img_3469

ここ1週間、風邪気味だった私はあまり食欲が戻っておらず、香りのきついものが食べられず、まるで私がつわりの妊婦さんのようになってしまいましたが、健やかなるお友達さんに手伝ってもらいお膳は空になりました。健康管理がなっていなくて反省です…。

そして食後のコーヒーが運ばれてきたのですが、これがまた素敵でした!小さなお盆に載せられたコーヒーカップは丸みのある器でコーヒーもたっぷり注がれています。お砂糖入れやミルク入れも素敵です。小さなデザートまでついていてなんとも贅沢な気持ちになれました。

Img_3475

お店は半分ギャラリーになっているのですが、外から見るより中は奥行きもあって広々、坪庭などもあり、素晴らしかったです。

Img_3476

カフェでふうちゃんの話やふうちゃんの甥っ子のマメちゃんの話などになり、デジカメで画像などを観ていたら無性にふうちゃんに会いたくなってしまい「そうだ、ふうちゃんちにいこう!」と突然思い立ったかのように帰宅する私たちです。

ふうちゃんはさっそく抱っこされてご満悦です。突然の出来事にわくわくが止まらない様子で…。

Img_3484

新妻さんが「ふうちゃん、お久しぶり~!」と声をかけると、

Img_3497

「新妻さん、お久しぶりです!」

Img_3490

「新妻さん、お久しぶりったらお久しぶりです!」

Img_3495

新妻さんは妊婦さんになってもとてもお美しいので、私とお友達さんは新妻さんにメイクの指南などをお膝して受けたのでした。最近コスメに関して以前より疎くなっていたので、大変助かりました。美人の言うことを聞いていれば美人になれる、というような単純思考ですが、以前は美人と一緒にいれば美人がうつる、とまるで伝染病みたいに考えて美人を追いかけていたことを思えば素晴らしい進歩といえます。

そしてお友達さんが持参したヴァイオリンを広げて並んで練習です。これです、これです、この楽しさが習い事の醍醐味!東京までヴァイオリンを買いに行くという、気合いが入っているお友達さんだけあって、飲み込みも早いようです。いつか追い越される予感でいっぱいの私ですが、それもまた楽しいさ!と前向きに練習です。

ふうちゃんは、といえば…。

Img_3505

「甥っ子ちゃんの匂いかなぁ…親戚の匂いがする…。」と、自分の世界に没頭です。

Img_3506

この後もバッハのヴァイオリン協奏曲などのCDを大音量でかけて音楽鑑賞をしたり、過去の恋バナやこれからの恋バナや理想の恋や、やっぱり最後は恋バナをして楽しい時間はあっという間に過ぎたのでした。

「ふうちゃんも張り切ってヴァイオリンレッスンのお手伝いをしますよ~。」…いつでも寝ながら応援してくれるふうちゃんですが、傍らにいてくれるだけで和みの空間となりレッスンも楽しくなります。

Img_3451_2

2009年11月11日 (水)

おうえんしてるんですよぉ。

朝からちまちまと手元のおもちゃで遊ぶふうちゃんです。

Img_2776

私はおもちゃを投げたりしつつ朝ごはんの用意をしています。

Img_2777

さて、最近出かける用事が多くお昼を外で済ませたりしています。

街に出かけたらやっぱりスタバです。期間限定のサンドイッチということでビーフサンドイッチをアメリカーノとともにいただきました。ちょうど文庫本を持っていたのですが、これがアメリカのジャンクフードのかわいらしいエッセイだったので、雰囲気もスタバにぴったんこ。つい長居をしてしまいました。

Img_3107

このとき隣に座ったお姉さんの服が「なんだかSMの女王様みたい…。」と頭の隅っこで思い、よく見たら靴まですごい高さのヒールのブーツだったので、一体何のお仕事をしているとこのようなファッションになるのかしら、と思ってチラリとお顔を観たらすごい美人さんです。「ますます女王様みたい!」と、美人に向かってもっと他の感想はないのか、と我ながら思いますが、女王様は分厚いファッション誌を片手に、ランチタイムでたいていの人がサンドイッチを食べているなか、小さいケーキを食べていてますます謎。女王様だけ朝なのかも…朝だから軽いケーキなのかも…と妄想が炸裂してしまいました。

そして別の日は近所の喫茶店で母とふたりでランチ。

いつもいつも同じものを注文する私たちです。

Img_3103

熱々のドリアはやっぱり喫茶店などでいただくのがいい感じです。

Img_3104

ヴァイオリンのレッスン曲が難しくなりつつあるこの頃、昼夜問わず気が向くとヴァイオリンの練習をしている私ですが、ふうちゃんは小さい頃のまま、やはり私がヴァイオリンを弾き始めると…。

「あれ?!この音は?!」

Img_2784

「あれは…ヴァイオリン…。」

Img_2785

「ふうちゃんもお手伝いしたほうがいいのかなぁ…。」

Img_2788

と、しばし悩んだあと…トテチテと私の方へ歩いてきて…。

「ここで見守っていますからねぇ…がんばってくださいませ~。」と私の膝の上へ…。

Img_2791

本当は膝にふうちゃんがいないほうが弾きやすいのですが…でもかわいいことこのうえないのでこのまま練習です。

最初は喉を鳴らして嬉しそうなふうちゃんも5分くらいすると…。

「なんかこれ…うるさい気がする…。」

Img_2794

「やめればいいのに…。」

Img_2796 

と、今度は応援どころかひっそりと邪魔しはじめます。

私はたまにその頭頂部を眺め様子を見るのですが、ため息までついています…。

Img_2799

練習が終わると…。

「あぁ~終わった~。ふうちゃんがんばったな~♪」

Img_2722

「がんばったからごはんとかもらえちゃったりして~♪」

Img_2724

「もっともっと上手になってふうちゃんを寝かせてくださいませ。」…ヴァイオリンのあの大音量のなか寝ようとしているふうちゃんがちょっと不思議です。

Img_2942

2009年5月23日 (土)

おんがくだいすき!

大きなソラマメが沢山生っていたので全部収穫してふうちゃんに見せてあげました。

「ふうちゃんこの緑色のもの、食べられないんですけど…」

Img_8288

寝ぼけているときは何をしても大丈夫なふうちゃんです。爪も切っちゃうし目薬もさしちゃうし顔も拭いちゃうし歯だって磨いちゃいます。普段は「いやーーー!!」とハッキリ発音して嫌がるのですが寝ぼけてるときは喉をゴロゴロ鳴らして大人しくしています。

先日たくさんいただいたイチゴを少しだけジャムにしました。

沖縄のお砂糖をいれてコトコトと煮込みトロトロにします。

Img_8209

煮沸した瓶に詰めて、しっかりフタをしてふたたび熱湯の中で煮立てて脱気してできあがり。パンに塗るより紅茶に入れるほうがおいしいジャムです。

Img_8220

「ふうちゃんもお手伝いしました。」

Img_8237

最近私がキッチンに立つとカウンターで作業を見守るようになりました。

Img_8227

そして体重1キロを越えたらずいぶん落ち着きが出てきました。

「もうどこにだってジャンプできますよ~!」

Img_8242

開いた携帯より小さかったふうちゃんですが…。

30873

開いた携帯と同じくらいの大きさだったふうちゃんですが…。

Img_7286

今では開いた携帯の方がおもちゃみたいに小さく感じます。

Img_8182

ティッシュの箱の中に入って遊んでますが破壊工作と言えなくもない感じです。

Img_8177

「ふうちゃんこのまま大きくなってお家からはみ出しちゃったらどうしましょ。」

Img_8155

「いいですよ~いいですよ~たくさん大きくなってくださいね~!!」と安請け合いする私ですが食べすぎには気をつけなくてはなりません!ふうちゃんの胃袋は四次元ポケットのようなのです…。

ところで、ふうちゃんはバイオリンが怖くないようで、私がバイオリンを弾いていると膝の上でねんこします。こんな音の中よく眠れるなぁ~と感心しますが、あまり音を外すと「ふっ…。」とため息をつきます…おそらく耳障りなのでしょう…。

Img_8262

いつか音を外さずに、誰かとこんなふうに素敵に奏でたいです↓

と、突然の動画「ヘンデルの主題によるパッサカリア」

http://www.youtube.com/watch?v=CCnVOsA1wck&feature=related

「バイオリンの弓で遊ばせてくださいませ~!!」…弓の方に多大な興味があるふうちゃんです。

Img_8063

2008年11月 2日 (日)

べんきょうのあいまにおんがくを。

お天気のいい日はちゃこの雄叫びが高らかに家中に響きます。ちょっといたずらっぽいおめめをして洗濯カゴに入っていたり、と朝から笑わせてくれるちゃこです。

洗濯カゴに入ったちゃこを私の部屋まで運搬です。

Img_1746

私の朝ごはんの時間なのでバターをあげようと思ったのですが、カゴの中もなかなか気に入った様子です。

Img_1739 

キッチンで朝ごはんを作り部屋に戻ると、ちゃこはちょっと眠そうなお顔に…騒いでみんなを起こしたのに自分はさっさと二度寝でしょうか。

「寝ませんよ!ちゃこはちゃんと起きていますよ!早く朝ごはんにしてくださいませ!」

Img_1831

「今朝もバターをいただけるんですね~。」

Img_1839

「ふむふむ。」

Img_1845

今度こそお鼻にはつけないぞ、と、毎朝がんばる私です。

Img_1852

が、やはりちょっとだけ鼻についてしまうバター…。

Img_1867

バターの後ブラッシングをしてもらってやっと熟睡モードになったちゃこ、この時点で4時間、全く寝ていません。年寄りにゃんこは沢山寝る、と思い込んでいた私はちゃこの午前中のパワーにはびっくりしてしまいます。みんなが家にいる間は絶対に寝ないぞ!と頑張っているようにもみえます。

雄叫びしたり、みんなの気をひくようなかわいい鳴き方をして上目使いで見つめたり、家中を歩いたり走ったり…眠いけど寝たくない!と、自分との闘いを繰り広げています。

が、突然電池切れ。スイッチのON・OFFがはっきりしているところがかわいいです。

Img_1749

やっとねんこしたちゃこを確認してから私は勉強道具を抱えて第二の書斎、デニーズへ。車の中で新しく買ったCDを聴きながら15分のドライブです。カラヤン指揮の「ハンガリー狂詩曲」「モルダウ」「シチリアーナ」が入ったこのCD、911円という激安価格。母が昔からカラヤンが好きで何枚かレコードがあるのですが最近はそれもCDになっています。

Img_1900

先日、ネットでカラヤンを観ようとYOU TUBEをウロウロしていたら、大学生かしら?と思われるようなかわいらしいオーケストラの「シチリアーナ」を発見。カラヤンのものとはだいぶ違いますが素敵です。指揮者がハンサムな気配です。「ちょっと顔みせて!」と何度も指揮者に声をかけてしまいました。指揮者がハンサムなのはいいことです。

↓「あら、ゆうさんこんな感じがタイプ?知り合いにいるわ。」っていう方、ご紹介ください。

「レスピーギ:シチリアーナ(リュートのための古代舞曲とアリア第2組曲より)」

そしてカラヤンの「ハンガリー狂詩曲」、ヴァイオリンの弓使いがサムライの刀のよう…。カラヤンもハンサムです。指揮者がハンサムなのはいいことです。

↓「あら、ゆうさんこんな感じがタイプ?知り合いにいるわ。」っていう方、その方の息子さんをご紹介ください。

「リスト:ハンガリー狂詩曲第2番」

そんなことより勉強勉強…。デニーズは最近改装して、ますます居心地がよくなっています。店員さんは優しいし、220円でおいしいコーヒーが何杯でも飲めるし、トイレはホテルみたいにきれいだし、人が沢山いてもなぜかざわざわしていないので勉強にも最適です。

Img_1902

2時間以上も居座ってあたりがすっかり暗くなってしまったので急いで帰宅、ちゃこにゃんこさんは何してるかしら?!と、私の部屋のドアを開けると…。

私が作ったちゃこベッドの中でまるくなっていました。夕方になるとかなり冷え込むのでちゃこはホットカーペットの上でわたしたちの帰りを待っています。

Img_1646

「ゆうおねいさん、ホットカーペットの上に作ってくださったベッド、とってもあったかいですが、できれば早めに帰宅してストーブつけてくださいませ。」…朝晩はストーブの前でひっくりかえって寝ています。

Img_1645

↓激安なカラヤンのCD。日に日に安くなっている謎の価格設定…。

モルダウ/カラヤン名曲コンサート Music モルダウ/カラヤン名曲コンサート

アーティスト:カラヤン(ヘルベルト・フォン)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2006/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年10月 9日 (木)

おへやにいりびたり。

秋の長雨らしく、朝カーテンを開けるとどんよりと曇っていたり雨がしとしと降っていたりします。うっすら肌寒いのでちゃこもホットカーペットの上から離れません。

たまにあったかいシープスキンをかぶっています。

Img_1093

下にもぐったり寄り添ったり、使い方がいまいち私の思惑とはずれていますが、シープスキンとちゃこのお色がぴったんこなので、遊びに来た友達がちゃこと見間違って大変うけていました。

Img_1094

私もお部屋で過ごす時間が多くなって勉強の合間にはi-podに入れるCDを選んだりして充実したお部屋時間を楽しんでいます。

「何やってんですか?これっておいしいものですか?」

Img_1121

私が熱心に何かをやってると必ず1度はおねだりに来るちゃこ、CDが何か食べ物に見えたのでしょうか、熟睡していたのに飛び起き、ここに座ってずっと作業を見守っていました。

ちゃこも私の部屋に入り浸りです。くつろぐちゃこのまわりに会社のお友達からお借りした本を並べて、ざっとあらすじを確認です。

Img_1177 

私はミステリーものは滅多に読まないので宮部みゆきや東野圭吾はノーマークでした。しかし最近ストーリーに没頭する楽しさも覚えたので東野圭吾を制覇!とばかりに「白夜行」と「幻夜」をリクエストです。他におすすめがあったらそれも…とお願いしたら「時生」と「宿命」いう本が入っていました。11月に試験があるので当分は英語の本以外は読めないのですが、これを馬の前にぶら下げたニンジンさながら、目の前に置いて楽しみにして乗り越えたいと思います。

ちゃこの視線がなぜか私の手元に向けられいて…。

Img_1183

「何かおいしいもの?」とまたおねだり目線になっています。

そうです、私は左手にミルクコーヒーをもっていたのです。Img_1176_2

ちゃこは飲めませんが、一応チェックしたいみたいです。

くんかくんかとにおいをかいで…。

Img_1181

「これ、ちゃこいらないです。」ときっぱり。

Img_1180

さて、教本も難しくなってきたヴァイオリン、これも練習を欠かせません。ちゃこが部屋から出て行ったのを見計らってヴァイオリンを出すのですが、弓に松脂をかけている最中にまた戻ってきたりします。

そしてヴァイオリンがそこにあることに気付いているにも関わらずそばでくつろぎはじめます。ヴァイオリンの大きな音が苦手なちゃこ、以前は一目見て逃げていたのに…。

Img_1272

最近は練習を30分くらいした後「そろそろやめればー?」と部屋に入ってきてこうして座り込むこともあります。なかなかやめないと「やれやれ。」と出て行こうとするので「それはいや!ここにいてー!」と慌てて私はヴァイオリンをしまいます。

Img_1280

ちなみにバイオリンの大きな音がしているときのちゃこのお顔は結構かわいいのです。一枚撮っておきたいと思ってヴァイオリンを弾きながら超絶技巧でちゃこを撮影してみました。

Img_1284

「ゆうおねいさん、ちゃこの前で大きな音を出さないでくださいませね。」…でも最近遠まきにヴァイオリンを弾く私を見るようにもなったちゃこです。

Img_1279

↓美女のいるバンドはいいですねぇ~♪

トラジック・キングダム Music トラジック・キングダム

アーティスト:ノー・ダウト
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

より以前の記事一覧