バイオリン

2009年12月 3日 (木)

たのしいごうどうれっすん!

木曜日はヴァイオリンのレッスンの日なのでいつもよりもちょっと長めにヴァイオリンの練習をしているのですが、最近のふうちゃんは以前にも増して私のレッスンに対して意欲的です。

私が華麗にヴァイオリンを弾いていると、小走りでどこからともなくやってきて見学です。

Img_3443

しかし見学する場所が私のひざの上なのでちょっと邪魔です。

Img_3442

ふうちゃん的にも頭の上から大きな音がするのはOKなのかしら?と不思議です。

Img_3437

しかもヴァイオリンを聴くふうちゃんは、はじめは「おひざでねんこ、うれしいなぁ~♪」というような表情で喉までゴロゴロと鳴らしているのですが、課題曲が多少情熱的な部分に入ると、喉の音も止み、なんだか少しだけ表情もくもります。どう考えても「うんざり」という言葉しか浮かばないような、そんな表情になっていくのです。

Img_3434

私としては弾きにくいわ、迷惑をかけているようで気まずいわ、そんな姿がまたかわいいような…ヴァイオリンを弾くたびにこんなワサワサした気持ちになるのはやっぱり迷惑なような…。

Img_3435

一通り練習すると、やっぱりかわいい姿だわ!と、カメラを手にふうちゃんの後頭部越しの楽譜、などと言って撮影などはじめて練習はなんとなく終わっていくのでした。

Img_3444

そんな私にもヴァイオリン仲間ができたのです!!以前の会社の同僚なのですが、ふうちゃんの甥っ子の飼い主さんでもあり、ふうちゃん的に言ってみれば親戚のようなお友達さんです。

元同僚の新妻で妊婦のお友達さんも含めて3人で、ヴァイオリンについて熱く語り合おう、という画期的な企画が持ち上がり、まずはヴァイオリン教室の近くに新しくできたカフェでランチです。

和風テイストのカフェで数種類の日替わりメニューから、チョイスです。

Img_3466

牛肉の寿司めし、など変わったメニューもありました。

Img_3469

ここ1週間、風邪気味だった私はあまり食欲が戻っておらず、香りのきついものが食べられず、まるで私がつわりの妊婦さんのようになってしまいましたが、健やかなるお友達さんに手伝ってもらいお膳は空になりました。健康管理がなっていなくて反省です…。

そして食後のコーヒーが運ばれてきたのですが、これがまた素敵でした!小さなお盆に載せられたコーヒーカップは丸みのある器でコーヒーもたっぷり注がれています。お砂糖入れやミルク入れも素敵です。小さなデザートまでついていてなんとも贅沢な気持ちになれました。

Img_3475

お店は半分ギャラリーになっているのですが、外から見るより中は奥行きもあって広々、坪庭などもあり、素晴らしかったです。

Img_3476

カフェでふうちゃんの話やふうちゃんの甥っ子のマメちゃんの話などになり、デジカメで画像などを観ていたら無性にふうちゃんに会いたくなってしまい「そうだ、ふうちゃんちにいこう!」と突然思い立ったかのように帰宅する私たちです。

ふうちゃんはさっそく抱っこされてご満悦です。突然の出来事にわくわくが止まらない様子で…。

Img_3484

新妻さんが「ふうちゃん、お久しぶり~!」と声をかけると、

Img_3497

「新妻さん、お久しぶりです!」

Img_3490

「新妻さん、お久しぶりったらお久しぶりです!」

Img_3495

新妻さんは妊婦さんになってもとてもお美しいので、私とお友達さんは新妻さんにメイクの指南などをお膝して受けたのでした。最近コスメに関して以前より疎くなっていたので、大変助かりました。美人の言うことを聞いていれば美人になれる、というような単純思考ですが、以前は美人と一緒にいれば美人がうつる、とまるで伝染病みたいに考えて美人を追いかけていたことを思えば素晴らしい進歩といえます。

そしてお友達さんが持参したヴァイオリンを広げて並んで練習です。これです、これです、この楽しさが習い事の醍醐味!東京までヴァイオリンを買いに行くという、気合いが入っているお友達さんだけあって、飲み込みも早いようです。いつか追い越される予感でいっぱいの私ですが、それもまた楽しいさ!と前向きに練習です。

ふうちゃんは、といえば…。

Img_3505

「甥っ子ちゃんの匂いかなぁ…親戚の匂いがする…。」と、自分の世界に没頭です。

Img_3506

この後もバッハのヴァイオリン協奏曲などのCDを大音量でかけて音楽鑑賞をしたり、過去の恋バナやこれからの恋バナや理想の恋や、やっぱり最後は恋バナをして楽しい時間はあっという間に過ぎたのでした。

「ふうちゃんも張り切ってヴァイオリンレッスンのお手伝いをしますよ~。」…いつでも寝ながら応援してくれるふうちゃんですが、傍らにいてくれるだけで和みの空間となりレッスンも楽しくなります。

Img_3451_2

| | コメント (14)

2009年11月11日 (水)

おうえんしてるんですよぉ。

朝からちまちまと手元のおもちゃで遊ぶふうちゃんです。

Img_2776

私はおもちゃを投げたりしつつ朝ごはんの用意をしています。

Img_2777

さて、最近出かける用事が多くお昼を外で済ませたりしています。

街に出かけたらやっぱりスタバです。期間限定のサンドイッチということでビーフサンドイッチをアメリカーノとともにいただきました。ちょうど文庫本を持っていたのですが、これがアメリカのジャンクフードのかわいらしいエッセイだったので、雰囲気もスタバにぴったんこ。つい長居をしてしまいました。

Img_3107

このとき隣に座ったお姉さんの服が「なんだかSMの女王様みたい…。」と頭の隅っこで思い、よく見たら靴まですごい高さのヒールのブーツだったので、一体何のお仕事をしているとこのようなファッションになるのかしら、と思ってチラリとお顔を観たらすごい美人さんです。「ますます女王様みたい!」と、美人に向かってもっと他の感想はないのか、と我ながら思いますが、女王様は分厚いファッション誌を片手に、ランチタイムでたいていの人がサンドイッチを食べているなか、小さいケーキを食べていてますます謎。女王様だけ朝なのかも…朝だから軽いケーキなのかも…と妄想が炸裂してしまいました。

そして別の日は近所の喫茶店で母とふたりでランチ。

いつもいつも同じものを注文する私たちです。

Img_3103

熱々のドリアはやっぱり喫茶店などでいただくのがいい感じです。

Img_3104

ヴァイオリンのレッスン曲が難しくなりつつあるこの頃、昼夜問わず気が向くとヴァイオリンの練習をしている私ですが、ふうちゃんは小さい頃のまま、やはり私がヴァイオリンを弾き始めると…。

「あれ?!この音は?!」

Img_2784

「あれは…ヴァイオリン…。」

Img_2785

「ふうちゃんもお手伝いしたほうがいいのかなぁ…。」

Img_2788

と、しばし悩んだあと…トテチテと私の方へ歩いてきて…。

「ここで見守っていますからねぇ…がんばってくださいませ~。」と私の膝の上へ…。

Img_2791

本当は膝にふうちゃんがいないほうが弾きやすいのですが…でもかわいいことこのうえないのでこのまま練習です。

最初は喉を鳴らして嬉しそうなふうちゃんも5分くらいすると…。

「なんかこれ…うるさい気がする…。」

Img_2794

「やめればいいのに…。」

Img_2796 

と、今度は応援どころかひっそりと邪魔しはじめます。

私はたまにその頭頂部を眺め様子を見るのですが、ため息までついています…。

Img_2799

練習が終わると…。

「あぁ~終わった~。ふうちゃんがんばったな~♪」

Img_2722

「がんばったからごはんとかもらえちゃったりして~♪」

Img_2724

「もっともっと上手になってふうちゃんを寝かせてくださいませ。」…ヴァイオリンのあの大音量のなか寝ようとしているふうちゃんがちょっと不思議です。

Img_2942

| | コメント (16)

2009年5月23日 (土)

おんがくだいすき!

大きなソラマメが沢山生っていたので全部収穫してふうちゃんに見せてあげました。

「ふうちゃんこの緑色のもの、食べられないんですけど…」

Img_8288

寝ぼけているときは何をしても大丈夫なふうちゃんです。爪も切っちゃうし目薬もさしちゃうし顔も拭いちゃうし歯だって磨いちゃいます。普段は「いやーーー!!」とハッキリ発音して嫌がるのですが寝ぼけてるときは喉をゴロゴロ鳴らして大人しくしています。

先日たくさんいただいたイチゴを少しだけジャムにしました。

沖縄のお砂糖をいれてコトコトと煮込みトロトロにします。

Img_8209

煮沸した瓶に詰めて、しっかりフタをしてふたたび熱湯の中で煮立てて脱気してできあがり。パンに塗るより紅茶に入れるほうがおいしいジャムです。

Img_8220

「ふうちゃんもお手伝いしました。」

Img_8237

最近私がキッチンに立つとカウンターで作業を見守るようになりました。

Img_8227

そして体重1キロを越えたらずいぶん落ち着きが出てきました。

「もうどこにだってジャンプできますよ~!」

Img_8242

開いた携帯より小さかったふうちゃんですが…。

30873

開いた携帯と同じくらいの大きさだったふうちゃんですが…。

Img_7286

今では開いた携帯の方がおもちゃみたいに小さく感じます。

Img_8182

ティッシュの箱の中に入って遊んでますが破壊工作と言えなくもない感じです。

Img_8177

「ふうちゃんこのまま大きくなってお家からはみ出しちゃったらどうしましょ。」

Img_8155

「いいですよ~いいですよ~たくさん大きくなってくださいね~!!」と安請け合いする私ですが食べすぎには気をつけなくてはなりません!ふうちゃんの胃袋は四次元ポケットのようなのです…。

ところで、ふうちゃんはバイオリンが怖くないようで、私がバイオリンを弾いていると膝の上でねんこします。こんな音の中よく眠れるなぁ~と感心しますが、あまり音を外すと「ふっ…。」とため息をつきます…おそらく耳障りなのでしょう…。

Img_8262

いつか音を外さずに、誰かとこんなふうに素敵に奏でたいです↓

と、突然の動画「ヘンデルの主題によるパッサカリア」

http://www.youtube.com/watch?v=CCnVOsA1wck&feature=related

「バイオリンの弓で遊ばせてくださいませ~!!」…弓の方に多大な興味があるふうちゃんです。

Img_8063

| | コメント (32)

2008年11月 2日 (日)

べんきょうのあいまにおんがくを。

お天気のいい日はちゃこの雄叫びが高らかに家中に響きます。ちょっといたずらっぽいおめめをして洗濯カゴに入っていたり、と朝から笑わせてくれるちゃこです。

洗濯カゴに入ったちゃこを私の部屋まで運搬です。

Img_1746

私の朝ごはんの時間なのでバターをあげようと思ったのですが、カゴの中もなかなか気に入った様子です。

Img_1739 

キッチンで朝ごはんを作り部屋に戻ると、ちゃこはちょっと眠そうなお顔に…騒いでみんなを起こしたのに自分はさっさと二度寝でしょうか。

「寝ませんよ!ちゃこはちゃんと起きていますよ!早く朝ごはんにしてくださいませ!」

Img_1831

「今朝もバターをいただけるんですね~。」

Img_1839

「ふむふむ。」

Img_1845

今度こそお鼻にはつけないぞ、と、毎朝がんばる私です。

Img_1852

が、やはりちょっとだけ鼻についてしまうバター…。

Img_1867

バターの後ブラッシングをしてもらってやっと熟睡モードになったちゃこ、この時点で4時間、全く寝ていません。年寄りにゃんこは沢山寝る、と思い込んでいた私はちゃこの午前中のパワーにはびっくりしてしまいます。みんなが家にいる間は絶対に寝ないぞ!と頑張っているようにもみえます。

雄叫びしたり、みんなの気をひくようなかわいい鳴き方をして上目使いで見つめたり、家中を歩いたり走ったり…眠いけど寝たくない!と、自分との闘いを繰り広げています。

が、突然電池切れ。スイッチのON・OFFがはっきりしているところがかわいいです。

Img_1749

やっとねんこしたちゃこを確認してから私は勉強道具を抱えて第二の書斎、デニーズへ。車の中で新しく買ったCDを聴きながら15分のドライブです。カラヤン指揮の「ハンガリー狂詩曲」「モルダウ」「シチリアーナ」が入ったこのCD、911円という激安価格。母が昔からカラヤンが好きで何枚かレコードがあるのですが最近はそれもCDになっています。

Img_1900

先日、ネットでカラヤンを観ようとYOU TUBEをウロウロしていたら、大学生かしら?と思われるようなかわいらしいオーケストラの「シチリアーナ」を発見。カラヤンのものとはだいぶ違いますが素敵です。指揮者がハンサムな気配です。「ちょっと顔みせて!」と何度も指揮者に声をかけてしまいました。指揮者がハンサムなのはいいことです。

↓「あら、ゆうさんこんな感じがタイプ?知り合いにいるわ。」っていう方、ご紹介ください。

「レスピーギ:シチリアーナ(リュートのための古代舞曲とアリア第2組曲より)」

そしてカラヤンの「ハンガリー狂詩曲」、ヴァイオリンの弓使いがサムライの刀のよう…。カラヤンもハンサムです。指揮者がハンサムなのはいいことです。

↓「あら、ゆうさんこんな感じがタイプ?知り合いにいるわ。」っていう方、その方の息子さんをご紹介ください。

「リスト:ハンガリー狂詩曲第2番」

そんなことより勉強勉強…。デニーズは最近改装して、ますます居心地がよくなっています。店員さんは優しいし、220円でおいしいコーヒーが何杯でも飲めるし、トイレはホテルみたいにきれいだし、人が沢山いてもなぜかざわざわしていないので勉強にも最適です。

Img_1902

2時間以上も居座ってあたりがすっかり暗くなってしまったので急いで帰宅、ちゃこにゃんこさんは何してるかしら?!と、私の部屋のドアを開けると…。

私が作ったちゃこベッドの中でまるくなっていました。夕方になるとかなり冷え込むのでちゃこはホットカーペットの上でわたしたちの帰りを待っています。

Img_1646

「ゆうおねいさん、ホットカーペットの上に作ってくださったベッド、とってもあったかいですが、できれば早めに帰宅してストーブつけてくださいませ。」…朝晩はストーブの前でひっくりかえって寝ています。

Img_1645

↓激安なカラヤンのCD。日に日に安くなっている謎の価格設定…。

モルダウ/カラヤン名曲コンサート Music モルダウ/カラヤン名曲コンサート

アーティスト:カラヤン(ヘルベルト・フォン)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2006/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (31)

2008年10月 9日 (木)

おへやにいりびたり。

秋の長雨らしく、朝カーテンを開けるとどんよりと曇っていたり雨がしとしと降っていたりします。うっすら肌寒いのでちゃこもホットカーペットの上から離れません。

たまにあったかいシープスキンをかぶっています。

Img_1093

下にもぐったり寄り添ったり、使い方がいまいち私の思惑とはずれていますが、シープスキンとちゃこのお色がぴったんこなので、遊びに来た友達がちゃこと見間違って大変うけていました。

Img_1094

私もお部屋で過ごす時間が多くなって勉強の合間にはi-podに入れるCDを選んだりして充実したお部屋時間を楽しんでいます。

「何やってんですか?これっておいしいものですか?」

Img_1121

私が熱心に何かをやってると必ず1度はおねだりに来るちゃこ、CDが何か食べ物に見えたのでしょうか、熟睡していたのに飛び起き、ここに座ってずっと作業を見守っていました。

ちゃこも私の部屋に入り浸りです。くつろぐちゃこのまわりに会社のお友達からお借りした本を並べて、ざっとあらすじを確認です。

Img_1177 

私はミステリーものは滅多に読まないので宮部みゆきや東野圭吾はノーマークでした。しかし最近ストーリーに没頭する楽しさも覚えたので東野圭吾を制覇!とばかりに「白夜行」と「幻夜」をリクエストです。他におすすめがあったらそれも…とお願いしたら「時生」と「宿命」いう本が入っていました。11月に試験があるので当分は英語の本以外は読めないのですが、これを馬の前にぶら下げたニンジンさながら、目の前に置いて楽しみにして乗り越えたいと思います。

ちゃこの視線がなぜか私の手元に向けられいて…。

Img_1183

「何かおいしいもの?」とまたおねだり目線になっています。

そうです、私は左手にミルクコーヒーをもっていたのです。Img_1176_2

ちゃこは飲めませんが、一応チェックしたいみたいです。

くんかくんかとにおいをかいで…。

Img_1181

「これ、ちゃこいらないです。」ときっぱり。

Img_1180

さて、教本も難しくなってきたヴァイオリン、これも練習を欠かせません。ちゃこが部屋から出て行ったのを見計らってヴァイオリンを出すのですが、弓に松脂をかけている最中にまた戻ってきたりします。

そしてヴァイオリンがそこにあることに気付いているにも関わらずそばでくつろぎはじめます。ヴァイオリンの大きな音が苦手なちゃこ、以前は一目見て逃げていたのに…。

Img_1272

最近は練習を30分くらいした後「そろそろやめればー?」と部屋に入ってきてこうして座り込むこともあります。なかなかやめないと「やれやれ。」と出て行こうとするので「それはいや!ここにいてー!」と慌てて私はヴァイオリンをしまいます。

Img_1280

ちなみにバイオリンの大きな音がしているときのちゃこのお顔は結構かわいいのです。一枚撮っておきたいと思ってヴァイオリンを弾きながら超絶技巧でちゃこを撮影してみました。

Img_1284

「ゆうおねいさん、ちゃこの前で大きな音を出さないでくださいませね。」…でも最近遠まきにヴァイオリンを弾く私を見るようにもなったちゃこです。

Img_1279

↓美女のいるバンドはいいですねぇ~♪

トラジック・キングダム Music トラジック・キングダム

アーティスト:ノー・ダウト
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (21)

2008年2月 9日 (土)

いつものかふぇにて。

今週の水曜日、お仕事がやっと終わった11時過ぎに、雪のなか大音量でヴァイオリンを聴きながら車で帰宅しました。田んぼに降り積もる雪がとても幻想的でした。

ちゃこはもう夢の中…。かわいいなぁと見とれていたら…。

Img_4795

「ゆうおねいさん?!もう朝?!ちゃこ寝坊?!」

Img_4794

「ちゃこちゃん、起こしてごめんなさい!まだ夜ですよ!ねんこしててくださいませ!す、すごい顔!そんなに頑張って起きないでくださいませ!」

どうにも眠くて目があかずまた眠りの世界へ戻ってしまいました。

Img_4792

翌日はヴァイオリンのレッスンの日でした。先日の雪でふと気付いたのですが、雪の日はヴァイオリンの響きが良いような気がします。雪には浄化作用があると言いますが湿度もちょうど良くなってヴァイオリンもよく骨共鳴するのかもしれません。雪が降ったらヴァイオリンを弾こう!と心に決めました。

しかし木曜日は雪ではなく、ただただ寒いだけの日、ぽかぽか陽射しがあるのにも関わらずとても寒かったのです。レッスン後にいつものカフェに寄り、いつもの席で本を読むことにしました。

Img_4812

こんなに晴れてるのにすごい寒さ…とぶつぶつ心でつぶやきつつブレンドコーヒーを注文です。店員さんも「晴れてるのに寒いですねぇ~。」と、暖房を強くしてくれました。

窓はいい感じに曇っていました。

Img_4809

誰かの淹れてくれるコーヒーはおいしい…おいしいコーヒーを淹れてくれる家族募集中、といつも家族に言ってるのですが結局いつも自分でコーヒーを淹れている私です。

Img_4807

ふと外を見るととらにゃんこが仲良くコロンコロンしています。このカフェの飼い猫さんかもしれません。体はほどほどに大きいのですが動きを見るとまだ仔猫のようで、この寒い中、お散歩に行くようです。「お散歩に行くんですか!!!こんなに寒いのに!まぁ~元気ねぇ~!」と一人で結構普通に喋ってしまいました。お客さんがいなくてよかったです…。ここは広いうえにお店の人は奥に引っ込んでしまうのでたまに鼻歌など歌ってしまいます。

Img_4815

とらにゃんこ兄弟、とても無邪気にじゃれあいながら歩いていきました。

Img_4818

それにしてもレッスン後で左手の指がプルプルふるえてつりそうです。今ならいい感じの速さで野鳥の会の会員なみに鳥の数をカウントできそう。

家に帰って今日のレッスンを振り返りつつ練習をしていたら楽譜に気になる部分を発見してしばし黙読、ちょっと部屋が静まりました。その隙にちゃこがテケテケとやってきて毛繕いを始めてしまい、コテンとまるくなって寝てしまいました…レッスン中止…。

最近はヴァイオリンや掃除機も音が出ないと怖くないようです。昔は掃除機なんて一目見ただけで飛び上がって逃げていたというのにどんどん度胸がついていくちゃこです。

Img_4847

「なんですか、これは。ちゃこの安眠を妨害するこれはなんですか。」

Img_4851

「ボウ(弓)ですよ。」

Img_4849

「ゆうおねいさん、ちゃこにおかまいなくレッスンをお続けくださいませ。ちゃこ見張っていてあげます。この大きいお耳で聴いていてあげますよ。」…残念ながらちゃこはヴァイオリンの弦を軽くはじいただけで一目散に逃げていきました。

Img_4761

↓ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (15)

2007年4月14日 (土)

がくふどおりにひけ。

まだ朝晩は冷え込むので夜は私が作ったベッドで寝ているちゃこです。

Nimg_40181

ちゃこは、寝る直前まで父(ブラシ係)のところでブラッシングをしてもらったり母にマッサージをしてもらったりして、私の部屋に来る様子もないのですが、なぜか私がお風呂に入ると急いでここに入るようなのです。

お風呂に入る前はからっぽなベッドですがお風呂上りはちゃこがねんこ。何度みても「あぁぁ…。」とかわいくて胸きゅぅんです。

Nimg_40191

バイオリンレッスンの前にはいつもより多めに練習したいのですが、ちゃこが私のお部屋で寝ていたのでバイオリンを違う部屋で練習していました。すると、なぜかちゃこがびっくり顔のままバイオリンを弾いてる私の横まで恐る恐る歩いてきました。

「怖いのならなぜ来たのですか?!」

Nimg_40381

びっくりした私はすぐにバイオリンをしまい、バイオリンなんて弾いてないようなフリをしてとぼけました。しかし、ちょっと興味もあるようなので、音は出さないようにしてバイオリンをちゃこの横に取り出してみました。

Nimg_40391

どうやら私がブラシのそばに座って練習していたのが気になったようです。ブラシへの愛がバイオリンの恐怖を越えた瞬間です。

バイオリンを立ててちゃこと比較してみたら、ちゃこがとっても小さくみえました。

Nimg_40411

2時間後、バイオリンレッスンも無事終わったのに、私はなぜかカフェにて楽譜を開いていました。

Nimg_40451

千秋さまのお声が聞こえてきそうな今日のレッスンでした。私の先生は谷岡先生なみに優しい先生なので千秋さまのお声は主に私の中で私自身が千秋さまになりかわり、己に向かって叫んでいました。とにかく「楽譜を読め!全部読め!楽譜通りに弾け!」というお声がこだましました。あまりに多い表現のあれこれに戸惑いカフェにて復習せざるを得ませんでした。でも来週にはまた忘れそうな予感でいっぱい。

ちゃっかり「のだめ」をカバンにしのばせていたのでシフォンとコーヒーをいただきながら「のだめワールド」へGOでした。

Nimg_40421

シフォンケーキの想像以上のふわふわ感にちゃこの背中を思い出しました。帰ってもふもふとちゃこのお腹や背中にお顔をうずめたくなりました。

ところでこの間行ったネットカフェにて取り込んだ動画がまだありました。今日も動画をアップしました。何の脈略もありませんが、夜、運動会閉会の後に「そろそろ寝るか。」と右腕枕を求めてきたもののまだ寝たくない様子のちゃこです。

「そろそろ寝ましょう、右腕を貸してください。」の巻。

「やっぱり起きてください、もう少し遊びましょう」の巻。

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (10)

2007年3月11日 (日)

ここでおねだりです。

朝からバイオリンの練習をしていたら、なんとはじめてちゃこがバイオリンの鳴り響く部屋に入ってきました。私のバイオリンを聴きに!!

違ったようです。一目散で出窓へGOでした。残念。

Nimg_29931

それにしてもバイオリンの音がしている最中に部屋に入ってきたのははじめてなので、もしかしたらいい加減慣れてきたのかもしれません。

酸素浴を気持ち良さそうにしています。

Nimg_29731

開けた窓から必死に酸素浴です。

Nimg_29941

久しぶりに美容院に行ったら知らない女性店員さんがいました。どうやら今日の助手さんのようですが、お鼻にピアスをして目は黒く縁取り、髪の毛もナイスな色合いです。美容師さんなのですから不思議ではないかっこよさですがこんな田舎でこの格好、大丈夫なのかしら、と心配してしまいました。

カラーリング剤がとてもしみて痛く、土屋アンナ似の彼女が薬剤を流すまで、ヒリヒリでした。映画「マルコムX」で縮れ毛をまっすぐにしようと薬剤をかけちゃったマルコムが激痛に耐えているシーンがありましたが、まるでそんな痛みです。でもお湯をひたひたとかけてもらうと痛みもなくなり、気持ちよくてウトウトです。もうかなり薬剤が落ちてしまった頃「しみてないですか?だいじょうぶですか?」と聞かれ、もうちょっと早く聞いてくれたら「すっごく痛いです。」と張り切って応えたのに、もうすっかり薬剤も取れ、ウトウトしていた私は「今は大丈夫…さっきまでマルコムXでした。」とお返事しそうになりました。が、かなり間をあけて「大丈夫です。」と応えました。土屋アンナ似の彼女のマッサージは最高でした。美容師さんでコケてもマッサージ師さんになるといいですよ。お嫁さんにしたいくらい上手でした。

そしてこんな仕上がりになりました。サラサラ。大満足です。

Nimg_30891

夜、夕食の時間にちゃこがイスの上ではなく、床でおねだり目線をしていたので、びっくりしていたら、掃除の時に寄せておいたイスがそのまま部屋の隅にありました。踏み台がなく、仕方なく私の足元に来たようです。

Nimg_29971

カメラを向けるとちょっとだけ目線をそらします。

Nimg_29981

このままではおかわいそうなので私の席を譲りました。

Nimg_30021

今度は隣の母におねだり開始です。

Nimg_29991

無事、豚肉をもらえたようです。

「ゆうおねいさん、掃除した後、イスは元に戻してくださいませ。」・・・・でも足元でおねだりもかわいかったですよ。

Nimg_30041

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (19)

2007年3月 3日 (土)

さみしくないの?

木曜の朝は水曜とうって変わって食欲旺盛、スープにウィンナーまで浮かべて全部ぺろりといただきました。

Nimg_27131

食べている間にブラッシングを受けていたはずのちゃこが走って部屋に入ってきました。

「残念、ちゃこちゃん!ウィンナーもう食べちゃいました!」

Nimg_18121

すぐに食器を片付け、出窓を開けて気を逸らしました。毎日窓をあけると嬉しそうに小走りで窓を覗きに行くちゃこですが、思ったより風が冷たくて、すぐに反対側の、開いてない窓のほうに移りました。

Nimg_27141

「まぶちぃ~。」

Nimg_27151_2

部屋でまったりしているちゃこをパパラッチしていると、ちゃこがカクッカクッと頭を動かしました。それはまるで虫を見つけたときの反応のようだったので「虫?!」と驚いてちゃこの目線の先を見ましたが何もいません。再びパパラッチしているとまた鋭い動きで何かを目線だけで追っています。

Nimg_17001_1

「お?!」

Nimg_16991_1

しばらくしてよく見ると、カメラのレンズの反射を追っていました。カメラをぶんぶん振り回すととてもいい反応です。私はすぐに動画に切り替えました。撮ってみてびっくりです…レンズを動かすということはそこにはレンズが動いた先の世界しかなく、ちゃこは写らないのでした。夢中になって「かわいいのが撮れたに違いないさぁ!」と再生して自分の愚かさに失笑です。ちゃこの耳だけがチラチラと写っているのみで、変な動きで私の部屋を追っている画面がむなしく過ぎていきました。

英会話教室ではそろそろ春に向けて新入生募集の準備です。あるもので作っちゃいましょう、とさくさくっとポスターを作りました。大きくて机にのらず、床に広げて作りました。新しい生徒さんが来ますように・・・。

Nimg_27171

日がのびて、ぎりぎり干したおふとんに陽が当たっているくらいの時間に家に戻れました。ちゃこは干したおふとんの上でねんこしていました。何度見ても飽きることのないちゃこのねんこ姿ですが、これからまた私はバイオリンレッスンのため、お出かけです。

Nimg_26641

今回の曲は毎日聴きこみ、熱心に練習したのですが、弦を交換したばかりだからかいい音が出ません。先生に相談したところ、やはり弦とバイオリンの相性があまり良くないようです。でも張り替えたばかりですし、自分の指で調節しながら弾いてみるのも勉強、ということでそのままにしました。確かに先生が弾くといい音が出ました。

レッスンは30分ほどですが、もしその間に目が覚めたとき、誰もいないとちゃこも淋しいだろうと思い、声をかけました。「ちゃこちゃん、出かけちゃいますよ、ひとりですからね、でもすぐ帰ってきますからね。」

「ゆうおねいさん、ちゃこは本当にへっちゃらですから起こさないでくださいませ。」・・・・本当に迷惑そうなちゃこでした。母が出かけるときはこの窓から車を見ながらすごいお声で鳴くくせに私の時は平気なようです。近頃ちゃこが私を熱烈歓迎するのは仕事が遅くなる水曜日だけです。さすがに夜中までいないと恋しいようです。そして水曜の夜が楽しみな私です。

Nimg_26651 

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (19)

2007年1月25日 (木)

おどるくるま。

今日でブログ生活5ヶ月です。アクセスカウンターは15330です!いつも読んでくださりありがとうございます!コメントとても嬉しいです!引き続きどうぞよろしくお願いします♪

さて、朝早くストーブをつけると長いことストーブと語り合ってしまうちゃこです。

Nimg_09381

「ちゃこちゃん、お鼻、やけどしないでくださいね。」

Nimg_09391

たまにはブラッシングでもしてあげようかな、と思い、片手にブラシ、片手にカメラを持って近づきました。

Nimg_09491

しかし私の器用な両手使いにちゃこは少々困惑気味です。

Nimg_09511

カメラからたらりと下がったストラップで遊び始めてしまい、あまりブラッシングを楽しんでいる様子はなさそうです。

Nimg_09521

父(ブラシ係)のブラッシングを見学です。

「ゆうおねいさん、ピンボケとはまさにこの写真のためにあるお言葉でございますね。」

Nimg_09331

「ゆうおねいさん、いつまでピンボケしているおつもりですか?」

Nimg_09321

リラックスしてブラッシングを楽しんでいるちゃこを見て、私もブラッシングの腕を上げようと決意しました。

最近バイオリンの調子がおかしいので修理に出しに行きました。行った先はちょっと大きめの駅のすぐ近くで、私があまり近寄らない地域です。道も狭く、普段見たこともない一方通行などという標識もちらほらです。一方通行の標識に出くわすと、思いがけず振られちゃった女子高生みたいな気分になります。「えぇぇなんでぇぇ~。」と一人ハンドルを握りながらUターンしたりするのは最もつまらない瞬間です。

バイオリンを修理に出して駐車場に戻ると、隣にぴたりと大きめの車が止まっていました。「さっきはなかったのに。」・・・・田舎暮らしの女子は車がないとどこにも行けないので運転が非常にうまいのですが、縦列駐車や車庫入れはめっぽう苦手な事が多いです。何せ基本は青空駐車ですから。私も然り、何度も何度も切りかえし、途中でため息まで出てしまいました。たまに駐車場でワルツになってしまうのも田舎の女子の特徴です。やはり区切られている駐車場っていうのは不便です。昔、いつものように野っぱらの様な所に駐車したら助手席の友達が「いいなぁ、どこにでも止められて・・・うちはハブが入っちゃうから路駐禁止なんだよ。」と言いました。彼女の家は奄美大島です・・・・ハブに注意だとかなり路駐には注意しますね、きっと。

「ゆうおねいさん、バイオリン、やめちゃえば?」・・・・バイオリンの音が嫌いなちゃこはバイオリンが修理に出されてちょっとほっとしているようです。

Nimg_01991

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (19)

より以前の記事一覧