水曜どうでしょう

2011年10月14日 (金)

どうくつでどうでしょう

お久しぶりの更新です。

ふうちゃんみいちゃんは相変わらず仲良しさん、寒くなってきたこの頃は抱き合ってねんこしております。

Img_0284 

私は家の中での事がますます楽しくて、毎週休みが来ると手のかかる料理などをしています。

「これは一体…」とみいちゃんが不思議そうに見ているのは…。

Img_6096

餃子です。

Img_6103 

昼からせっせと餃子作り。

「餃子の皮ってこんなに布っぽいもの?こういうカバンあるよね?」とみいちゃんにどうでもいいことを話しかけつつ餃子作り。

Img_6091

高校生の頃「やっぱり猫が好き」の中で、日曜の夕方にみんなで餃子を作る、という回があり、それを観て張り切って餃子を作ったのが私の初めての餃子作り体験です。そして今回はそれ以来、2度目の餃子作り…張り切ってるわりには作ったことはあまりない餃子。

包み方もぎこちないですが、完成品はまぁまぁ…。

Img_6105

餃子なんてもうできてるものを焼いたって結構おいしいんだからさ、というのが餃子作りから私が遠ざかってしまう主な理由ですが、今回はどうしても包んでみたくなったのです。そして「あらやだ!破けちゃったよ!」とかやってみたかったのです。

しかし一切トラブルなし。あっけなく焼きあがる餃子。とても美味。

Img_6108

「あっけなかったな。」ということで、また次の週は難易度が高そうなお料理に挑戦。

煮豆です。

Img_6129

「お豆…」

Img_6121

地味ですがふっくらやわらかな煮豆にするのはなかなか大変そうです。

Img_6118

一晩お水につけて、お砂糖はざらめを使いコトコト煮ます。「あらやだ!焦げちゃったよ!」とか言って慌ててみたかったのです。

しかし一切トラブルなし。

Img_6148

あっけなくおいしくできました。

あぁ…もっと手ごたえが欲しい!と暇人な私は思うのでした。

しかしそんな暇人な私もにわかに忙しくなってきました。

なぜなら「水曜どうでしょう」の最新DVDが発売され、私の中だけでどうでしょう祭りが始まってしまったからです。

Img_6238

今現在で新発売の第16弾「原付東日本縦断ラリー」は7.5万枚、3億円以上の売り上げだそうで…すごいですねぇ。

Img_6243

だいぶ前にチラリと観たジャングルへの旅がなんだか妙におもしろかったのを覚えていたので、私はまずジャングルへと旅立ったのでした。

Img_0297

何も知らない大泉洋が行先はジャングルと聞いて「血清持った?血清持ったの?」と慌てる姿を観て「もう危険な目に遭う気満々だもんなぁ」とその心意気というか意気地のなさに軽く笑いがこみあげてきました。

ディレクターの藤村さんが血清なんか用意してるわけもなく、相変わらず行き当たりばったり。しかもジャングル→探検→洞窟、といった安易な思考回路で洞窟探検ツアーなんてものを申し込んでいたのでした。

Img_6352

洞窟の中の生き物の生態を観に行くツアーですが、洞窟の中になんてだいたいコウモリとかヘビとかクモくらいしかいないのです。

しかも現地のガイドさんが案内するこの洞窟、思った以上に険しく過酷。

大量のコウモリが飛び交う中、半べそで進む洋ちゃん、自分で申し込んでおきながら怯える藤村D。

Img_6353 

かわいそう…これはほんとに洋ちゃんかわいそう…猫がいても「猫がいるよぅぅ…」と先に進めなくなるくらいの動物嫌いな洋ちゃんがコウモリに怯えながら真っ暗な洞窟を這って進んでいる……かわいそうだけど…滑稽。

「これアレだよ、危険手当もらうよこれは」と最もな主張をする洋ちゃん。

Img_6355

狭い抜け道なので一人ずつしかすすめません。しかもその先は真っ暗。先頭をゆくのも怖いけど、後にひとり残されるのはもっと怖い。

思わずディレクターのくせに「オレが次だよ!」と一番安全な二番手になろうとする藤やん。

Img_6356

洋ちゃんに「いや何言ってんだよ、オレが次だよ、何言ってんだよ!」と怒られてますが、そうだよ、藤やん、タレントを守ってよ!

Img_6359

カメラマンのうれしーこと嬉野さんは一見黙々と男らしくついて行ってますが、ちょこちょこと「お願いだから足元照らして」とかカメラマンなのに「カメラ持って」と洋ちゃんにカメラを渡したり、あっさりと男らしさを放棄。

Img_6376   

そしていよいよ、出口付近、というところで大難関。すごく小さな穴から抜け出さなくてはいけません。

「これねぇ藤やん抜けないかもしれない」と不吉な発言で藤やんを動揺させるうれしー。

Img_6361

観ると本当に小さい小さい穴で、ちょっと太めの藤やんが抜けるのはつらそうです。抜けられないとなるとどうするんでしょうか…。

「デブはダメかい」…と力なくつぶやく藤やんですが、突然…

「デブでヒゲはえてたらダメなのかよ」と雄叫び。

Img_6367

突然の雄叫びに「ヒゲ関係ないでしょ!」と思わず笑う洋ちゃんたち。本当にダメなのかもしれない抜け穴をするりと洋ちゃんが抜けるのを観て怒りが爆発してしまったのでしょうか?

ミスターは先にするするとガイドさんと進んで、後に残された3人は軽く小競り合いです。

タレントである洋ちゃんが先に行くのは当然かと思っていたのに…。

「え?なんでおまえ先に行くんだよ!」と嬉野さん。

Img_6369

「大泉くん一番うしろ行きなさいよ」と藤やん。

Img_6371

全然タレントを守らないふたりのディレクターに洋ちゃんも怒り心頭です。

「オレを残すなよ」と泣き言をいう藤やんですがこのツアーを申し込んだのは藤やんなんだから残されても仕方ないです。

Img_6378

「藤やんはゆっくり後から来なさいよ」

Img_6384

洋ちゃんにそう言われても当然なのです。このツアー申し込んだのは藤やんなんだから。

そして罵り合いのなか一番後ろを歩かされた藤やん。

「残された身になってごらんよ。後ろにはヘビがいるんだから」

Img_6395

そんなこと言ってもムダです。このツアー申し込んだのは藤やんなんだから。

やっと洞窟の外に出られた一行に

「みんな大丈夫だった?」

Img_6397

何事もなかったかのように爽やかに声をかけた藤やんですが、

「うるさいよ!」

Img_6398

みんなの罵声を浴びました。

「なんの刑だよ?これは」と怒れる洋ちゃん。

Img_6400

クモやヘビの生態ではなく、意気地のない人間たちの生態を見せられ、腹がよじれそうなくらい笑いました。

「相変わらずの爆笑ですねぇ」と横でふうちゃんもあきれ顔です。

Img_0294

「ゆうおねいさんが家でおこもりしてくれるとふうちゃんも嬉しいです」…当分どうでしょうお籠り週間が続きそうです。

Img_0298

| | コメント (4)

2011年9月17日 (土)

ちーむなっくす。

週に1回くらいですが、ふうちゃんはお庭で遊んでいます。

Img_5363 

なぜか地面には下りられず、こうしてイスやテーブルの上で楽しんでいるだけなのですが、これなら一緒についていれば危ないこともないし、と私はコーヒーなどを片手にふうちゃんの楽しそうな様子を目を細めて眺めております。

草むしりをしている父を熱心に見張るふうちゃん。

Img_5366

「ここんとこ、もっとむしって下さいませ。」

Img_5367

「むむむ?!あれは新種の草ではないですか?!」

Img_5369

「あら?父上さま、もうおしまいですか?」

Img_5372

「イスの下からもこんなに草が!これもむしってむしってむしりまくらなくちゃですよ!」

Img_5376

そうこうしているうちにみいちゃん参上。

Img_5395

ふうちゃん同様、ここまで怖くて辿りつけないので抱っこされて来ました。野性味のないおふたりです。

猫じゃらしが沢山はえているのですが、ふうちゃんみずから引っこ抜いて遊んでいました。

Img_5400

テーブルから降りそうで降りないふうちゃんです。

Img_5430

そして突然パラソルの点検をはじめました。

Img_5439k

「この間の台風で傷んでるといけませんからね。ふうちゃんがちょちょいっと修理しちゃいますからね。」

Img_5438k

さて、こうして庭でふうちゃんみいちゃんと遊んだり、相変わらず家から離れず遊んでいる私ですが、最近はテレビがお友達です。

映画「探偵はBARにいる」の宣伝で洋ちゃんがテレビに出まくりなのです。

なんと洋ちゃん好きが高じてチームナックスのファンクラブに入ってしまいました。

Img_5620

チームナックスの北海道ローカルの番組「ハナタレナックス」のDVDも購入、楽しいナックスライフを送っております。

Img_5549

それにしても洋ちゃんはどんな格好をしてもとってもよく似合います。きっと頭が小さくて背が高いせいかと思うのですが、まさかワカメちゃんまで制覇とは驚きです。

Img_5578

このワカメちゃん、相当かわいいです。

Img_5560 

もちろん、たいていは変なメイクなのですが…。

Img_5596

ナックスはチームハンサムである安田さんとしげさん、

Img_5614

チームおもしろい顔の森崎さんと音尾さん、に分かれてるようですが、

Img_5615

洋ちゃんは…チームふつう、なんでしょうか。

チームハンサムの安田さん、せっかくハンサムなのに中身は小学低学年なので残念な姿になることが多いです。ハンサムであることに無頓着です。

Img_5599

個人的にはチームおもしろい顔の音尾さんが好きです。「いい人そうだから」という私には直接なんの利益もない理由なので出演ドラマなどはそれほどチェックしていませんが。

Img_5625

このDVD、色んな企画満載で、小学校の教室などで繰り広がってた休み時間の男子の遊びを観ているようです。

小学生男子お得意の牛乳早飲みも、やはり中身が小学低学年の安田さんの得意技です。

Img_5648

…が、実際には大量に飲んで…。

Img_5663

吐くだけ。

Img_5667

実際に安田さんの胃に残っている牛乳は少量と思われます。

Img_5671

メンバー唯一独身のしげさんの寝起きを襲うシーンがありました。

Img_5680

翌日の衣装をキチンと用意している様子を

「セレクトショップじゃないですか!」

Img_5683

と洋ちゃんに言われたりして…。そうそう、そういう男性は婚期が遅れるよね、と婚期が遅れている自分を高い棚にあげてつぶやく私。

それにしても楽しそう!学生時代からの仲間とはいえ、仕事でもこんなに楽しそうなんて素晴らしいです。

Img_5644

東京ではアミューズ所属のようですが、これからも変わらずこの雰囲気で楽しんでお仕事いっぱいして欲しいです。

Img_5679

そして洋ちゃんは最近映画の宣伝のためかテレビに出まくり。福山さんと横並びに座っていると、ナックスではチームふつうと思っていたのに、完全にチームおもしろい顔ですね。

Img_5520

福山さんのおめめには星が見えるような気がしました…キラキラです。

「チームかわいい顔はここにいますよ!」とふうちゃんみいちゃんがアピールです。

Img_5452

「ふうにいちゃんをきれいきれいしなくちゃ~♪」

Img_5471

「みいちゃんもきれいきれいしましょうね~♪」

Img_5486

「いえいえふうにいちゃんの方がきれいきれいしなくちゃダメですよ~♪」

Img_5492

そしてタイミングがおかしくなるふたり…。

Img_5490

「今日からやっと連休ですねぇ~!ふうちゃんいっぱいお庭で遊びますよ~!」…実際にはお庭の、テーブルまわりだけで遊ぶふうちゃんですが、何やら興奮して本当に楽しそうです。

Img_5413

| | コメント (12)

2011年7月30日 (土)

けづくろいはぷろれす

  ふうちゃんは相変わらず毛づくろいがへたです。

Img_4270

「いいんですよ~。これでふうちゃんは満足なんですよ~。」

Img_4272

ふうちゃんは肩のあたりくらいしか毛づくろいせず、その時間もとっても短いのです。

Img_4261

毛づくろい中に他の何かに気を取られてしまうことが多いのです。

Img_4281

「ふうにいちゃんダメですよ。もっとキレイキレイしてくださいよ。」

Img_4398

みいちゃんは自分の毛づくろいも熱心にしますが、それ以上にふうちゃんの毛づくろいを一生懸命します。

Img_4392

「仲良しさんですねぇ~!」とうらやましく思いながら観ていると、みいちゃんはますます張り切ります。

Img_4393

しかしなぜかプロレスに発展してしまいます。

Img_4406

このプロレスではたいていふうちゃんが勝ちます。

Img_4405_2

ふうちゃんは全く持って毛づくろいの意味を理解していません…。

ふうちゃんみいちゃんは私が家にいるときはほとんど私のそばにいます。私が突然おもしろい遊びなどを繰り出すのではないかと見張っているのです。

しかしある日、二人の姿が全く見えず、心配になって探していると…。

私の部屋のミニキッチンに移動させたタンスの上で仲良くしていました。

Img_4411

「ここお部屋じゃないの?」

Img_4416

約二畳ほどの広さの小さい小さいスペースでくつろいでいると本当にふたりのお部屋のように見えてくるから不思議です。

Img_4414

ミニキッチンだというのに最近は壁に次の日着る服などをかけているからふうちゃんたちがますますお部屋と勘違いしてしまうのです。

「はっ!またあれが増えている!」

Img_4428

毎月のお給料の使いみちというのはだいたい決まっているわけですが、その使いみちのなかに必ず水曜どうでしょうのDVDが含まれているような…。

Img_4426_2

金曜の仕事帰りにドライブスルーでスターバックスのラテを買い、熱々のラテを飲みながらどうでしょうを観る幸せはたまりません。

昔なら金曜の夜なんて街に繰り出したり電車乗って東京行っちゃったりご苦労さまな遊び方をしていましたが、今はもうふうちゃんみいちゃんのいるお部屋でどうでしょうを観ることほど幸せなことはないと感じています。

大好きなonちゃんが釣りをするというので張り切ってラテ片手にテレビの前に鎮座。

Img_4442

洋ちゃんと藤村Dがいち早く船酔いするなかミスターとonちゃんは釣りまくり。きっと三半規管がいかれているのでしょう。

Img_4451

そして釣った魚を次々とお金に換算するといういやらしいやり方で優勝者を決め、優勝者はHTBの社屋の屋上でライトアップされているonちゃんの隣にて自分もライトアップ!という罰ゲームみたいなあまり嬉しくないご褒美付きです。

船酔いした洋ちゃんはライトアップにはさほど興味なく、船の上で真っ青。船長さんも「病人出ちゃったよ、病人」とか言って港に引き返してくれたようです。

そして三半規管のぶっこわれているonちゃんとミスターの釣ったお魚を換算し、優勝者を発表。

Img_4476

よく聞くとonちゃんもなかなかつらかったようで後姿が切ない感じです。えらいぞ!onちゃん!

Img_4459

そして優勝はonちゃん。胴上げでめっちゃ笑っているその声は安田さんのお声です。

Img_4490

あまり嬉しくないライトアップも「onアンドon」

Img_4493

あまり意味もないっていうか…。

Img_4496

アラスカも長丁場ながらおもしろくて、母も一緒になって観てました。

なぜかテレビを観る母を観るみいちゃん。よくある光景です。

Img_4510

かわいいのでたまにむぎゅ~っとしてやる母。

Img_4514

ふうちゃんはなぜか玄関で避難訓練。こうして2時間ここでくつろいでいましたが、どうでしょうを観ている間に一度沖が震源と思われる地震がありました。

Img_4515

最近は沖と陸の地震がはっきり区別できるようになりました。

「ふうちゃん震度2くらいなら寝ていられます。」…以前は震度1でも大慌てでしたが、ここのとこ毎日揺れているせいかだいぶ慣れました。しかし震度3だと大慌て。ふうちゃんの慌て具合で震度がわかります。

Img_4524

| | コメント (12)

2011年6月24日 (金)

どうでしょうしすぎ。

毎日大冒険中のふうちゃんですが、今は私がイケアで買ってきたあるものに夢中です。

Img_2710

おててを思いっきり、ぱぁ~~っと開いて格闘中。

Img_2730

楽しいときにくるんと上向きになるしっぽがたまりません。

Img_2732

「野生むき出しですよ~!!」

Img_2745

「全速力で飛びついちゃうんですよ~!!」

Img_2758

「ストローに!」………。

Img_2764

まさかストロー1本でこんなにエキサイトするとは…家族みんなで絶句です…。

「これは手ごわい相手~~!!」

Img_2765

どうやったらストロー相手にこんなに興奮できるのか全く持って不思議です。

つかみずらいのか、スルっとふうちゃんのかわいい手をすり抜けてどこかへ行ってしまうストローにふうちゃんはやきもきしています。

Img_2778

あまりに興奮するのでおもしろくなってティッシュの箱に隠してチラチラさせたりしてますます興奮させようとする母ですが、これだとまともにストローがふうちゃんを攻め込んできて、ふうちゃんはちょっとビビってしまっています。母もちょっと乱暴ですし…。

Img_2794

「ふおぉ~~!!母上さま~!乱暴なさらないで~~!!」

Img_2795

笑いながらふうちゃんをストロー攻めにする母に「ふうちゃんが違う生き物みたいな顔になってるからもっと優しく!!優しく!!」と頼む私も笑ってしまいました。ふうちゃん静かに大慌て中。

ちなみにみいちゃんにも見せましたが一切反応せず……。

Img_2807

気が付くとストローをくわえて、場所まで移動してひとりで遊んでいます。

Img_2814

ところで先週は突然しのぶちゃんが泊りに来てくれて、ちょうど「水曜どうでしょう」にハマっていた私は「ちょこっと見てみる?」と車内クリスマスパーティをするどうでしょう班の様子を見せてあげました。すると思いのほかハマったしのぶちゃん、途中モッチさんから「ベトナム最高!」というメールが届いたことを知らせると「私も観る!」と観る気満々です。しかしその時点で私たちは「ヨーロッパ走破の旅」を観たばかり…2時間だと思っていたヨーロッパのDVDは実は4時間で、それをくまなく見た後の「ベトナム原付1800キロの旅」です。

Img_3084 

世間話なども交えつつとはいえ前の日の夕ごはんも「水曜どうでしょう」を見ていたし、翌日の朝食も昼食もどうでしょうしながらという、信じがたいほどのどうでしょうぶりです。さすがしのぶちゃん、血のつながりを感じる一面です。

しかも父が途中で「しのぶちゃん、クッキー焼いて。」と唐突に言うのでした。私は料理はするけどお菓子作りは一切しないのでお菓子作りが得意なしのぶちゃんなら、と思ってお願いしたようです。

「粉とバターと砂糖があればなんとかできるんじゃない?」という私の適当な言葉に母が「粉?片栗粉でいい?」と返す母。しのぶちゃんとふたりで「いいわけないじゃん!!」と大きな声で突っ込みました。

Img_3089

しのぶちゃんは父の予想通り1時間もかからずクッキーを焼きあげました。会社帰りでもささっとケーキやクッキーを焼いてしまうくらいなのでさすが手際がよかったです。その間も相変わらずどうでしょう三昧でしたし…どうでしょうしながらクッキー焼く姿に感動しました。

Img_3091

ベトナム走破の旅の最後は何度見ても泣いてしまいます。しのぶちゃんも「一人で見たらもっと泣いちゃう。」と胸をいっぱいにしていました。

「それはそれとして…ふうちゃんにストロー投げてください。」

Img_2716

たっぷり8時間、水曜どうでしょうを観てしまった私たち。ストローで延々遊んでるふうちゃんを笑えないくらいの熱中ぶりでした…。

Img_2831

| | コメント (13)

2011年5月21日 (土)

きゅうじつはどうでしょう。

  「近頃お部屋の中に鳴り響く脱力なあの音楽は一体なんでしょう?」

Img_2025

「なんか笑い声とか聞こえてきて…ふうちゃん眠れないんですよねぇ。」

Img_2022_2

「ゆうおねいさん、テレビ観すぎなんじゃないですかねぇ。」

Img_2033

確かに近頃の私はテレビを観すぎです。
しかし反省などは一切なしで、引き続き「水曜どうでしょう」です。私はシェフ大泉のお料理を見届けなければなりません。

さて、1回目に開墾したどうでしょう農園、

Img_2204

無事収穫を迎え、なかなかの豊作でありました。

Img_2224

やっとやっと、近所の料理専門学校のキッチンを借りてシェフ大泉も腕をふるう時が来たのです。ここまで2か月、本当に長い道のりでした。

Img_2233

ミスターやonちゃん、料理の先生が見守るなか、スタートしたシェフ大泉ですが…。

「料理開始から1時間経過」…しかし未だ下ごしらえの段階。

Img_2239_2 

「普通ならこれはどのくらいでできるんですかね?」という質問に「10分ですね。」とはっきり答える先生。

ちょっと手元がごちゃごちゃ汚い、と衛生面まで先生に指摘されると。

「大丈夫、今日は何を食べてもへっちゃらな、試食がプロな人たちだから。」

Img_2250

「片っ方の人は死んでもいいヤツだし。」

Img_2260

黄色いプロこと、onちゃんは今回は簡易onちゃんとして黄色い全身タイツで参加です。

Img_2265

それにしても長い!出来上がらない!何をどうしたらこんなにかかるのか、不思議なことにシェフ大泉の手は決して休んでなんかないのに…。

「料理開始から3時間経過」待ちくたびれて顔色まで悪くなる面々。

Img_2281 

手元を見る限り、おいしいものにありつける様子もなしで、待ちくたびれる甲斐もなさそうです。

ちょっと焦ってきたシェフ大泉は世間話でもしようとonちゃんであるところの安田さんに話しかけてみたりして…。

「安田さんはあの…あれですか、もう札幌長いんですか。」

Img_2284

「えぇ、ここに来てからかれこれ3時間ぐらい…」と力なく答えるonちゃん。

Img_2292

やっと出来上がってもまるで死刑を待つような気持ちの試食のプロたちです。

Img_2267

「執行人登場」

Img_2273

「料理開始から4時間経過」

Img_2297

夏野菜と鯛のパスタ。そんなに失敗のなさそうなお料理ですが…。

Img_2299

「辛ぇ」

Img_2302

「あっ辛ぇなぁ」

Img_2303

そうか、辛いという失敗があったか、こんな簡単な料理でも!と新鮮な驚きに胸うたれた私です。

シェフ大泉はこの反応に納得がいかず自らも試食。

Img_2309

「おぉ辛っ」とえづきました。

Img_2310

えづくほど辛いって一体…。

Img_2311

そしてこれはメインではないので、メインの料理までまたしばしの待ち時間が…。

「ひどい仕打ちだよねぇ。」待って待ってそしてまずい料理を食べさせられる、ひどい仕打ちだよねぇ。

Img_2319

「メインの仕打ち」

Img_2323

「夏野菜の料理 びっくりカルツォーネ風(青トマトと米を詰めた鯛のパイ包み)」

Img_2326

自分で作ったわけでもないご自慢のパイ生地が登場です。

一口食べたミスターは本能でお声を出してしまいました。

「うわぁ」

Img_2327

そしてシェフ大泉にも試食させると…。

「おぉぉう」

Img_2332_2

「これはまずい」

Img_2335

と、一瞬で納得のまずさだったようです。びっくりカルツォーネ風、ある意味びっくりでしたね。

そしてやっと最後のデザートです。

「カボチャとスイカのonちゃん」…お皿を焼いたときに作ったonちゃんが載っています。

Img_2338

簡易onちゃんは決してかわいいとは言い難い黄色いタイツのただの若い男なのでonちゃんと言われてもなんだかピンとこないシェフ大泉。

「onちゃんですね」

Img_2340

と、一応確認。

このスイカは大好評で「甘い!うまい!」とまるで初めて食べ物にありついたぞ!という感じのふたりなのでした。結局切っただけのスイカが一番好評でした。

Img_2344

ところでonちゃん、私はずっとHTB(北海道テレビ)の社員さんか何かだと思っていたら、俳優さんなのですね!しかも近頃ちょっと私も気に入っていた俳優さんだったのです!

朝のテレビ小説やら日本テレビのドラマやらで見かけた2枚目なんだか3枚目なんだか分からないあの俳優さんかっ!とびっくり仰天です。安田顕、痩せたのか老けたのかとにかくonちゃん時代よりかなりハンサムになっています。

Img_2402

そういえばonちゃん登場の時は必ず安田さんって書いてあったわ…安田顕の安田だったとは!!

Img_1111

出世したんだねぇ!大泉くん同様、出世したんだねぇ!!そして知らないって楽しい!!私、水曜どうでしょうに関して、相当初心者です!これから沢山知らなくてはならないことがありそうで楽しみです!

「ふうちゃんたちのお写真をもっともっと載せてください!」

Img_1860

そうでした、そうでした。

休日の朝ごはん時にふうちゃんにヨーグルトを舐めさせては「かわいいのぉ~♪」などと撮影したものなど、地味ではありますが、ふうちゃんみいちゃんのお写真だって沢山撮ってるんですよ。

Img_2105

決してテレビ画面にだけカメラを向けてるのではないのですよ。

「ふうちゃんをおいしいもので誘っては撮影しているゆうおねいさんなのですよ。」…あんまり沢山はあげられないのでかわいそうですが、いい表情をしてくれるのでついおいしいものでつってしまいます…。

Img_2116

| | コメント (6)

2011年5月13日 (金)

しょうぶゆでしょうぶ!

「えぇぇ!!あれはなんだろう?!」

Img_1945

ふうちゃんは連休のある日、びっくりおめめでお風呂を見ていました。

5月5日の子供の日にお風呂に菖蒲を浮かべたのです。

「こ、こわいけど…こわいけど…ふうちゃんはいざ進むのです!」

Img_1919

と、へっぴり腰で進むふうちゃん。

Img_1931

「ふうにいちゃんがゆくのならみいちゃんだって!」

Img_1886

ふたりの間にピンと張りつめた空気が…。

Img_1894

私はさっそく菖蒲湯につかり、怖がるふたりを湯船から観察です。

Img_1953

「すごいへっぴり腰ですねぇ~。」

Img_1966 

ふうちゃんはこわおもしろいのか絶対に逃げません。

「菖蒲と勝負だ!」という心意気です。

Img_1964

へっぴり腰ですが。

Img_1967

こうやってずいぶん長いこと裸んぼうで撮影してしまいました…。

楽しい子供の日となりました。

さて、またしても「水曜どうでしょう」です。

Img_1451

大泉シェフの夏野菜スペシャル2回目!1回目は畑を開墾などと気の長い企画でしたが、今回こそ青空キッチンで料理だねぇ~!とどうでしょう初心者の私は思っていたのでした。

シェフ大泉もやる気満々でフライパン選びです。

しかし…。

Img_1452

「食器は?食器なくちゃ!食器にこだわるよね?!気に入った皿でさ!」とやたらと皿のことばかり言うディレクターの藤村さん。

Img_1455

何か気付いたシェフ大泉。

Img_1460

皿を作らされる気配…またもやお料理できず。

Img_1463

何も知らなかったわたくしも若干無念…今日もまたシェフ大泉の料理はおあずけです。

前回に引き続き知り合いのイタリア料理店の店長さんにパイ生地練ってもらっていたシェフ大泉。またもやパイ生地は無駄に。

Img_1468

自分で作ったわけでもないご自慢のパイ生地を手に必死に料理をさせてくれ!と懇願。

2回も続けてだまされ料理をさせてもらえない大泉シェフをなぐさめるonちゃん。

「まぁまぁ。」

Img_1513

「なぐさめんなよ!」

Img_1514 

罪なきonちゃんに八つ当たりする大泉シェフ。

Img_1518

凄まじい荒れようです。

Img_1524 

車に乗せられまた移動。

大泉シェフは料理はさせてもらえず、皿を焼きに行くんだねぇ~。

「オレは今から皿を焼きに行くんだ」

Img_1484

そして、ふてくされ、怖いことを言い出すシェフ大泉。

「藤村く~ん。君の肉親をオレはどんどんおみまいしてくぞぉ。」

Img_1488

藤村D:「家族に手ぇだすなよ」

Img_1489

そうだよ、大泉くん、家族に手を出しちゃダメだよ!

「選べよ、子供か?母親か?」ともっと怖いことを言い出すシェフ大泉。母親まで?!

なんとか気持ちを入れ替え陶芸家「半角斎」として再登場。

Img_2092

えらいえらい、がんばれ~大泉シェフ!もはやシェフじゃないけれども。

ミスターは弟子「胡散く斎」として参加。

Img_2062

そして指導してくれる人にむかって「心気く斎」などと命名。

Img_2067 

onちゃんは?と思ったら…

Img_2070

「白菜」

Img_2071_2

……私はとうとう「水曜どうでしょう」のDVDまで買って、連休中は延々「どうでしょう」な日々でした。

「10連休なんてあっという間に終わってしまうんですねぇ~!」

Img_2050

「ふうちゃんたちは毎日お休み、ゆうおねいさん毎日お仕事お疲れさんです。」…連休明けのフル出勤はきつかったですが、ふうちゃんみいちゃんを眺めてるだけで、明日もがんばるぞ~!と思えるのです!!

Img_1860

| | コメント (15)

2011年4月23日 (土)

まさかのどうでしょう。

あたたかくなってきたせいか、みいちゃんの寝姿が大らかになっています。

Img_1207

ふうちゃんはそんなみいちゃんの睡眠タイムを邪魔しないよう少し離れてくつろぎタイム。

Img_1205

あったかくなっても変わらないのはふたりの仲良しぶりです。

Img_1220

気が付くとふたりは語り合っています。寝るでもなく遊ぶでもなくただまったりと…。

Img_1217

この何気ない時間がふたりの絆を強くしているのです。

そして私はひとりでテレビなんかみてるわけで…。

まさかの三週連続「水曜どうでしょう」です!

Img_1195

ヨーロッパ走破の旅はテレビ埼玉で水曜日に放送されているのですが、なんとなくテレビの番組表をちんたら観ていたある日曜に、「大泉シェフの野菜料理」などという「?!」となるような文字を発見!

なんと日曜9時半からTOKYO MXでも「水曜どうでしょう」を放送しているではないですか!困った!この時間は今月から私の大好物、阿部サダヲのドラマが始まるというのに!!悩ましい!!わたくしの身にこんな苦悩が訪れるとは!!

…と、とりあえずはお風呂に入り、テレビの前にてスタンバイ。今はただ大泉シェフの野菜料理を見届けるまでです。

HTB(北海道テレビ)の駐車場にて集合、かわいいonちゃんが登場!

Img_1109

「ビシっ!!!」

Img_1112

onちゃんノリノリ~~!!!

Img_1118

そして移動移動。

なぜか車でキッチンに移動?onちゃんタタタタターっと車に向かったけど、乗れる?

Img_1121

乗れないよね?物理的に無理じゃない?

Img_1122

「今見せ場ですから」

Img_1123

体をつぶして乗り込もうとするonちゃんですが、絶対に無理。

Img_1125

あきらめないonちゃん。でも乗れない。

Img_1129

「チキ」

Img_1131

「ショー」

Img_1132

onちゃん脱いで乗った。

Img_1136 

車で移動なんて青空キッチンなんだねぇ~、と、どうでしょう初心者の私は北海道の空の下で大泉シェフがフライパンを振るところなんかを想像していました。

しかしなんと野菜を作るとこからはじめるもよう。長い…気が長すぎる…。

Img_1173

もちろんだまされた大泉シェフは不満爆発。包丁ではなく鍬を持って汗をかく大泉シェフ。

さぼりたい人特有の、小さなことも見逃さず騒ぎ立てるという症状が出てくる大泉シェフ。

「痛てッ」とつぶやく声あらば…

Img_1178 

「どうした!」

Img_1174

と、駆け寄り…

つまづく人あらば…

「なした!!」

Img_1181

といちいち鍬を投げ出して駆け寄ります。

いたいた、こういう子供、畑仕事やりたくないんだよね、全然。

そんなわけで週に2回もどうでしょうが見られるようになりウハウハの私です。

「ふうちゃんはこの番組にどう絡めばいいのでしょうか!」

Img_1234

「みいちゃんもこの番組にどう絡めばいいのでしょうか!」

Img_1236

「ゆうおねいさん、ふうちゃんたちの撮影もわすれないでくださいね!」…テレビを撮影してるのもアレですもんね。もうすぐGW!沢山ふうちゃんたちを撮影したいと思います!

Img_1224

| | コメント (17)

2011年4月16日 (土)

ふたたびどうでしょう。

チューリップがきれいに咲いたので、土曜の朝からカメラを片手に撮影に勤しみました。

Img_0961

今年も全部ピンクで揃えてみました。

しかし、なぜか値段の高いチューリップが咲いていないのです。

Img_0963

背丈も意外にそろえるのが難しいです。

Img_0950 

夕方はきゅっとお花がしまって色もきれいなので、私は夕方のチューリップの方が好きです。

Img_0948

土曜日は細々とした用事が結構入っているのですが「出かけ先で地震来たらやだなぁ~。」なんて思いながら出かけたら案の定、栃木南部を震源とした地震が…震度4だったので大したことはなかったのですが(もはや震度5にならないと慌てない…)結構横に揺れたので、家が心配になり、急いで家に帰ると…。

「ふうちゃんね、自主避難中なんですよぅ~♪」

Img_0982

と、ゴロゴロと喉を鳴らしてキャリーに入っていました。

Img_0980

最近はここでねんこしたり遊んだりしているふうちゃん、やはり地震は怖かったのか物音がするとしっぽが太くなったりしましたが、しばらくするとみいちゃんとふたりで大運動会を開催していました。

そして私は水曜日以降忙しくて見られなかった録画しておいた「水曜どうでしょう」を鑑賞です。

先週はイタリアまで突っ切る!という姑息な手段でヨーロッパ制覇を豪語した一行ですが、道を間違えることにした大泉さんのおかげで素晴らしい古城めぐりができました。

しかし気分だけでもイタリア、ということで…。

「ランチはスパゲッティね。」

Img_1006

イタリア料理で満腹になった一行は、フュッセンへ。

Img_0988

フュッセンといえばノイシュバンシュタイン城!「へ~~!ちゃんとそういう観光地にも行くんだね~♪」とどうでしょう初心者の私は城が見えるのを楽しみにしていました。

「着いた着いた、城だね、ノイシュバンシュタインだね」

Img_1011

延々、城を観ているおふたりの映像…。

「城の横にカタカナでノイシュバンって書いてあるしね」

Img_1023

「めんそーれっていう垂れ幕まであるね」

Img_1026 

「あ、がけ崩れ」

Img_1030

「それではみなさんよく観てくださいね~。」と、やっとやっと城の姿が…。

Img_1031

見えた!と思ったらすぐに

「どうでしたか、みなさ~ん。」と大泉さん。

Img_1032

そしてすぐに車窓…。

Img_1041

「ノ、ノイシュバンは…自分で観に来いと…そういう態度なわけですね…。」と納得した物わかりの良い私です。

オーストリアの小さなホテルに泊まることにした一行はフロントのおじさんに「君たち東京に住んでるの?」と聞かれ「札幌」と答えると、さすがウィンタースポーツの国、札幌をちゃんと知ってました!

Img_1046

「俺たちスキーチームなんだぜ!」と喜んでウソをつく一行。

Img_1059

気のいいおじさんは切れた電球をすぐに取り換えてくれたりして大変親切です。

Img_1062

「今これスイッチ入れたらおっさん死ぬかな?」

Img_1067

「やってみろやってみろ。」と画面に話しかける私です。

どうでしょうを観ている間に私は何回も画面に話しかけてしまって恥ずかしいくらいですが、そういえば夕方になったし、お庭のチューリップはどうでしょうと庭に出てみました。

やはり夕方のチューリップは身がしまって色もお上品でいい感じです。

Img_1069

つくづく庭にピンクの花があるのってかわいくていいなぁ~と眺めていると…。

Img_1087

後ろではもっとかわいいものがかわいいチューリップを眺めていたのでした。

Img_1091   

ふうちゃんはあたたかくなってから長い時間出窓でくつろいでいます。

「ゆうおねいさん、もうすぐハトちゃん来る時間なんですよ~。」…毎日庭に来るハトを楽しみに待っているふうちゃんです。

Img_1090_2

はっ!今回はみいちゃんの出番がありませんでした!

「ひ、ひどい…出番は計画的に!!」

Img_0201

| | コメント (11)

2011年4月 8日 (金)

それはどうでしょう。

地震から数週間が過ぎた今でもなんとなくお出かけが億劫な私は会社と家の往復の日々を過ごしています。

Img_0706

しかし無類のおうち大好きな私はおこもり生活を楽しんでいるのです。

お部屋に置いてあるキャリーを活用し、

Img_0771

自主避難訓練を行っているふうちゃんみいちゃんを眺めながら、

Img_0858

「水曜どうでしょう」などを見るバカバカしい時間がとっても楽しいのです。

Img_0871   

これは1997年の放送分なのでずいぶん前のものですが、噂にだけ聞いていたそのおもしろさは想像以上でした。

Tシャツにヨーロッパの白地図を描き、車で移動し、国境を超えたら赤で塗りつぶす、という小学生男子みたいな、壮大なんだかバカなんだか分からない旅をしている大人4名です。

ハイウェイや街で迷子なんてへっちゃらだし、制覇だけが目的なので観光もせずオランダも20キロ横切っておしまい。制覇とか言いながら国を横切るだけのこと多し。

Img_0824

一日で「イタリアまでいく!」とオランダを抜けたばかりのドイツで勇ましく宣言した矢先に、ルクセンブルグなんていう小さい国で呑気に昼食。それはどうでしょう…急いでるんじゃ…。

Img_0775_2

日本円で3000円もするコースを頼んでいるのですが…それはどうでしょう…急いでるんじゃ…。

「みなさ~ん、おいしそうなステーキですよ~。よく見てくださいね~。」とグルメリポーター気取りですが…。

Img_0776

台無し。

Img_0781

おいしそうなうえに素敵なデザートも…。

Img_0880

台無し。

Img_0784

スタッフのコメントも普通のおっさんです。

Img_0796

急いでイタリアに行く予定のはずなのに、デザート後の熱々のコーヒーに感激したりして。

Img_0819

こんな小さな国で2時間かけてランチ。目標と現実の間に大幅なズレが生じすぎていてお気の毒さまです。

しかしまだイタリアへの道はあきらめていないようで、ハンドルを握り再出発。
せっかくの素晴らしい景色もふいにして本当にイタリアまで突っ切るんだろうか、バカじゃなかろうか、と思い始めた私ですが、

Img_0833

大泉さんもそう思ったようで、急遽道を間違うことに決定、古城街道を行くことに。

Img_0838

無事道を間違えイタリアまで突っ切ることはなく、ドイツの古城に一泊することになりました。…せめてオーストリアくらいまでは進めよ、と思うところではあります。

Img_0868

車中での小学生みたいな会話がおもしろくて何度もふきだしてしまいます。

Img_0832

男の子同志って楽しいんだろうなぁと思うのですが、よく考えたら男の子っていうか、おっさんたちなのに……。

と、こんなふうにお出かけもせずに家でテレビみたりマンガよんだり本読んだりして充実の毎日なのですが、外は春だというので、近所の菜の花を観に行きました。

Img_0732

ヨーロッパもきっと菜の花でいっぱいの季節でしょう。

「ふうちゃんはお昼寝が気持ちいい季節だと思います~♪」…ふうちゃんの横でお昼寝をするのもまた格別です。

Img_0708

| | コメント (20)

2007年6月11日 (月)

ほうれんそうしゅうかく。

日曜日は朝からどんより、今にも雨が降りそうだったので朝早くに庭のほうれん草を摘みました。

Img_62491

私の大雑把な種まきのせいで鬱蒼としてしまったほうれん草ですが手に取るとシャキっとしていてスーパーで買うものとは全く違います。 ほうれん草摘みは根元から結構丁寧にやらないとちぎれてしまいます。「なんだか脱毛に似ている…終わらないし…。」と心の中でぶつぶつ呟いていたら、母が「そのくらいでいいよ。」と言うので立ち上がって腰をとんとんしていました。 「これで10分の一くらいはとったかなぁ?」と言ったら「何言ってるの!50分の一だよ!」と母が言うのでびっくりして庭を振り返るとたしかにわっさわっさとまだまだほうれん草が生えていました。

Img_62511

そんなにほうれん草ばかり食べるんだろうか、と流しでほうれん草を洗いながら少々不安になりましたが調理開始、ささっと2品作りました。

Img_62591

おみそ汁と。

Img_62641

おひたしです。

Img_62681

料理というほどのものでもない2品でちょっと情けないですが、せっかくの獲れたて野菜なので素材のよさが分かるようにシンプルに行こうということになったのです。やわらかくて香りも強く、「おいしいほうれん草ってこういう味だった!」とはっとするような味でした。

ちゃこも久しぶりにちゃこ専用イスにあがって夕ごはんの食卓を囲みました。

Img_62711

「母上さま、何かくださいませんか?」 誰も何もちゃこにあげようとはせず、「おいしそう?ごはん食べたい?」とやたらと3人でちゃこに話しかけていたらもどかしくなったちゃこはテーブルを散策し始めました。

Img_62751

ちゃこが若いときはちょっと怒られたりもしたこのお散歩も今は「いいよ、いいよ、何か欲しいのさがしてごらん。」といってみんな笑って見ています。

そしてぐるりと一周、「何もありません。」と納得して足早に去ろうとするちゃこを激写。

Img_62771

「ゆうおねいさん、何かあるのですか?!」 勘違いしてちょっと立ち止まってしまいました。

Img_62781

「ゆうおねいさん、何もちゃこの食べられるものはありませんでしたが、食卓を囲むのは楽しいです。」・・・ちょっと楽しかったようでご機嫌で自分のごはんをわぁ~っと食べたちゃこでした。

Img_62961

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

| | コメント (18)

より以前の記事一覧