カフェ

2018年9月17日 (月)

しふくのとき。

「今日もさんま~!」

1537183399485.jpg

「ふうちゃんのもあるぅ~!」

1537183400084.jpg

今日はみいちゃんもすぐに来てしまいました。

1537183400530.jpg

並んで召し上がれ。

1537183400895.jpg

みいちゃんは食べるのが遅く、ふうちゃんは先に食べ終わってしまうので、みいちゃんのお皿を羨ましそうに見ていたり、鼻をグイグイみいちゃんに押し付けたりしています。

並んでウハウハ、私の至福の時でございます。

1537183401360.jpg

「ふうちゃんにだけおかわりくださいませ。」

1537183401744.jpg

「早くほぐしてくださいませ。」

1537183402266.jpg

みいちゃんよりだいぶ多いのにあっという間に平らげてしまう勇ましいふうちゃんです。

三連休最後は近所の喫茶店に行きました。星乃珈琲やコメダ珈琲、珈琲館やスタバなど、コーヒーを飲めるお店が増えたのですっかり忘れていましたが、北関東の星、羅布乃瑠紗羅英慕(ロブノールサラエボ)が家から車で5分の所にあるのでした。


1537184647336.jpg


このネーミング…北関東が暴走族のメッカだからでしょうか。夜露死苦ってことで…。


1537183403208.jpg


映画の「下妻物語」にも出てきた喫茶店と同じ系列です。

1537183402830.jpg

私も10代の頃、ダラダラと友達とのんきにここでパスタだアイスコーヒーだと長居したものです。

コーヒーはモカをたのみ、


1537183928760.jpg


小さなパフェを付けました。

1537183404115.jpg

窓はあるのですが光は全く入らない摩訶不思議な造りです。昼から夜の雰囲気なのです。

1537183404589.jpg

ランプや古い木のテーブルの感じが落ち着きます。

1537183405029.jpg

カップは色んな種類があります。しかしカップの飾り棚からは遠くてリクエストはしづらいです。ハロウィンとかええねん、と小声で言いつつ、

1537183405424.jpg

私に来たのはウェッジウッドのシンプルカップ。

1537183407405.jpg


美味しいコーヒーをいただきながら読書。

1537183405825.jpg

↑ドイツ人のインド哲学者、ショーペンハウアーが出て来てますが、鈴木大拙とか日本人のを読むより欧米人を通した方が仏教や禅の世界が分かりやすいのはなぜなのでしょう。別になぜでもいいですが。

ゆっくりコーヒーを飲み、さぁ今夜もさんまだぜ!とふうちゃんの喜ぶ顔を想像しながら帰宅です。

「新聞基地やってー!」というリクエストにお応えして、

1537183406279.jpg

ふうちゃんを大興奮させます。


1537183407020.jpg


まだこんな遊びがそんなに楽しいのか、と微笑むわたくし。のんきなのんきな三連休はこうして終わるのでした。

1537183406673.jpg


2016年1月16日 (土)

ほんねんもよろしくなのです。

すっかり寒くなったこの頃、私のパジャマの中に入って暖を取るふうちゃんです。

Dsc_1949

温まってくると私の足に爪を立てたり遊びはじめたりします。

Dsc_1935

ふうちゃんをパジャマに入れたままメイクしたり上半身だけ着替えたり、結構不便ですが、なんとも幸せな時間です。

みいちゃんは相変わらずのおっさん座りでおめかしさんしてます。

Dsc_1749

先日、洗濯したタオルをたたんでいたら、ふうちゃんがお尻をふりふり、何かをロックオン。

すると、タオルに刺繍してある赤いてんとう虫めがけて走ってきました。

Dsc_1943

それ以来、毎日毎日赤いてんとう虫を捕獲しようとアタックしています。

Dsc_1947

「これ、取れないんですよねぇ…。」

Dsc_1944

「とりゃー!えいやー!」とタオルを囲みながら3分くらい飛んだり掘ったり必死に捕獲大作戦を繰り広げます。

Dsc_1942

しかし、てんとう虫、というかタオルはクシャクシャになって、てんとう虫も消えてしまうので、一回ごとに私が広げてあげるのです。
タオルに突っ込むふうちゃん、タオルをのばす私。
クールポコ状態。
お正月も終わったというのに毎日餅つきスタイルの私とふうちゃんです。
長い時は5分ほど続きます。毎朝5分。朝の5分は結構大きいですが、気のすむまでてんとう虫と戦ってほしいです。

でも基本、起きたらすぐ私のパジャマの中。

Dsc_1957

ところで、年末はいつも通り納豆汁を作り、いつも通りシャンパンを飲みましたが、ちょっと奮発して買ったフランチャコルタをみいちゃんに見守られながら飲みました。

Dsc_1763

さすが1万円ともなると美味しいわ、ぐいぐい飲んじゃうわ、とか言いながら2015年は終わったのでした。

Dsc_1764

新年はヴーヴクリコ。

Dsc_1812

と、納豆汁。合わないですねぇ。

Dsc_1814

NHKでちょうど薬師丸ひろ子とキョンキョンのドラマをやっていましたが、

Dsc_1885

片桐はいりの演技が素晴らしく、何度も笑いました。初笑いは片桐はいりで遂げました。

Dsc_1887

ところでフランチャコルタのベラヴィスタは、イタリアのスカラ座で公式ドリンクになっているわりと高貴なお飲物。最近友達とはじめてランチに訪れたイタリアンレストランで、ワインの品ぞろえが素晴らしかったので、お店のかたにフランチャコルタのことを聞いたら、さすがさすが、とてもイタリアのお酒に詳しく、仕入れ先も教えていただいきました。

Dsc_1978

ピザを焼く立派な窯もあります。

Dsc_1968

前菜のプレートが素晴らしく、この前菜だけでワイン何杯かいけちゃうね、とお友達さんと話していました。

Dsc_1966

お友達さんも、ここではかつて新妻さんと呼ばれていましたが、今は立派な二児の母。

Dsc_1962

定期的に行くランチはお互いに大きな楽しみとなっています。

Dsc_1975

新しいお店にも積極的にチャレンジします。

Dsc_0720

今のところはずれなし。

Dsc_0722


ニューヨークスタイルのイタリアンと呼んでいるカフェもあり、それはリトルイタリーってことか?と謎ですが、

Dsc_0723

どのお店もこじんまりながらも味も雰囲気も最高です。

Dsc_0728

飲み物をおかわりして毎度長居してしまう私たちです。

Dsc_0725

家ではDVDで映画を観ながら赤ワインをふうちゃんと飲む週末がほとんどですが、なぜかいつもパスタとイタリアの赤ワインで、私もいよいよイタリア化か?と思うのですが、観てる映画は寅さんなので…。
寅さんを見ると口の中が赤ワインの予感でいっぱいになる、という変な体になってしまいました。

Dsc_1711

「今年もばかなこと言ってますね~!」…本年もよろしくお願いいたします。

Dsc_1910

2014年4月26日 (土)

かふぇざんまい。

4月になった途端に忙しくなり、お出かけしまくりの日々です。

Img07074

と、言っても日帰りでせいぜい夕方には帰宅していますが、それでもふうちゃんはご不満の様子です。

「帰ってきたと思ったら~今度はバイオリン弾いてるし~!」

Img06873

「やめて~!練習やめて~!」

Img06868

「あそぼ~!!」↓必死です。

Img06867

一生懸命遊んでアピールです。やっと私がバイオリンを置くと、ゴロゴロゴロゴロ~と喉を鳴らして膝に上がってきます…甘えん坊度が上がっているふうちゃんです。

Img06870

「ふうにいちゃん、みなさんはお外にお花見とか行ってるらしいですよ。」

Img07035

そうです、お花見と言いながら、しのぶちゃんたちとわんこさんを連れて、最近ハマっているラミーというゲームをお外でしたり、

Img07077

帰りにはかわいいカフェに寄ったりしています。

Img07086

こんなおうちや、 こんなお庭が欲しいな~と何度も言いながらカフェまわりを散策です。 カフェにぴったんこなかわいいにゃんこさんもいました。

Img07114

中に入ると、これでもか!というくらいに陽が差し込んで、それはそれは素敵な空間になっております。

Img07113

フレンチトーストや、フレーバーティーをいただき、

Img07109

みんなでそれぞれ一口ずつつつきあったりして大変のどかな午後を過ごしました。

お水まわりにさりげなく飾ってあるお花などが素敵です。

Img07094

そして、その次の週もまたカフェへ。

Img07163

こちらはいつものおフランスカフェですが、 東京からりんご&優之介(♀)親子がお泊りに来てくれたのでした!

Img07165

りんごも立派な乙女ですし、カフェでランチね、とちんまりお席に座っています。

Img07152

たけのこや菜の花が入った春らしいパスタや、

Img07154

ニース風サラダなどをいただきました。

Img07151

途中、二組ほどお誕生日さんがいて、お店のかたがアコーディオンやバイオリンを演奏しながらハッピーバースデイのお歌をプレゼントです。

Img07158_2

そうだ、おうちでバイオリン弾こうよ!というこで… おうちへGO!

まずは、昨年の秋に球根を植え、見事咲きそろったチューリップとご対面です。

Img07176

そして、ふうちゃんみいちゃんともご対面。 この時は顔を見せたみいちゃんですが、この後まぼろしの猫化…。

Img07195

そしてふうちゃんもちょっと逃げ腰気味でした。

Img07188

家に着いてすぐ、母も交えてラミーをやってしまいました。

Img07190

ふうちゃんは、前回同様初恋の男の子のようにりんごを意識してこっそり追いかけまわしていました。

「りんごさん、ふうちゃんはここですよ」

Img07217

気付くとりんごが見える位置に座っているふうちゃんです。

Img07228

三世代。母の横でテレビを見ているりんご、孫のようです。

Ring

前回すっかり忘れてしまっていたバイオリン教室も開催。

Img07209

りんごとバイオリン、なかなかさまになっていて、小さい頃から習っているかのようでした。音はまるでラッパのようでしたが…。

Img07207

翌日、起きて朝ごはんを食べて何をしたかって、それはもう当然ラミーです。

Img07235

優之介と私が圧勝するという大人げない展開です。

電車の時間を気にしつつラミーをする私たち。楽しい時間はあっという間に経って、何本かのチューリップを手に、優之介&りんごは帰宅したのでした。 みいちゃんは前回よりも姿を見せましたが、やはりやや、まぼろしの猫になってしまいました…。

「ふうちゃん、今回はラミーの魅力に負けた気がします…りんごさん、また遊びましょう!!」 …遠いなか遊びに来てくれてありがとう!そして、ラミーをやりたい方、ぜひご一報ください。

Img07245

2013年8月31日 (土)

なつ、まんきつ!

まだまだ残暑が厳しいですが、朝晩は少し涼しくなって、確実に秋になりつつあります。

Img_0127

夏の間はクーラーが効いているせいか、座布団やお布団の上でくつろいでいることが多いふうちゃんです。

Img_0120

表情豊かなふうちゃんのお顔をみているだけで和めるので、私は床に寝転がってふうちゃんを観ています。

ふうちゃんみいちゃん、押入れの上の棚が大好きで、よくここから居間にいる家族を見下ろしています。思えば震災の日もこうしてふたりは寄り添って押入れに避難していたのでした。

Img_0323

連続テレビ小説「あまちゃん」がいよいよ震災のシーンに差し掛かるようで気が気ではない私です…。母とふたりで「あまちゃん」にハマっていて、毎日あーだこーだとあまちゃんについて話しています。母は俳優さんの名前が覚えられず、役名で覚えているようですが、ひとりだけちゃんと役者さんの名前で覚えていた人がいました。しかし残念「だんだん」と言ったり「どんどん」と言ったりしています…「でんでん」です。
「ずんずん」とか「さ行」でないだけマシ、と自分でも笑っていました。

夏といえばここ数年恒例になっている沖縄マンゴー!今年もどんちゃん&ぐしともさんからすばらしいマンゴーが届きました!!

Img_0329

このマンゴーはキーツマンゴーといって追熟させてから食べるようです。甘味もアップルマンゴーより強く繊維が少ないそうです。

明日かな?あさってかな?と楽しみに熟すのをまっていました。

1週間ほどで食べ頃になりました!

「いないいない…」

Img_0333

「ばぁ~~~!!!!」

Img_0336

もう一つ、

「いないいない」

Img_0331

「ばぁ~~~!!!!」

Img_0338

そして真ん中の種のまわりはちょっと厚めに切って、ナイフとフォークで、ステーキのようにいただきました。

Img_0340

つるつるの食感で甘味が強く、夏バテの体が一気に元気になるようなお味でした!どんちゃんさん&ぐしともさん、いつも本当にありがとうございます!!

さて、珍しく夏のお出かけ、高円寺の阿波踊りを観に行きました。

お友達の優之介とその娘さんりんごちゃんの踊りを観に行ったのです!

駅を降りて指定された場所に行くまでの間にビールやシャンパンの誘惑が右から左から凄まじく、ついつい言われるまま飲んでしまう私なのでした。

Img03802

途中で結構大きな連の踊りが通り、思わず足を止めて撮影です。思った以上に大きな祭りで圧倒されました。

Img03812

そして優之介&りんご登場で気分も一気に高まり、その踊りのかっこよさや鳴り物の迫力、姉さん踊りの素敵さに感動です!!練習で筋肉痛に喘いでいるのも知っていたので感動も一入です。りんごたちチビッコの踊りも本当にかわいく、チビッコの踊りが通るたびに歓声があがっていました。

Img03846

そして一緒に行った友達と祭りの後も吉祥寺で飲むことになっていたので、大変な人ごみの中を駅に向かって歩いていると…

「喫茶 優」……なんかすごいデジャヴ感…なんだろうこの知ってる感は…。

Img03875

と、ふと店の前を見てみると…

「さま~ず!」

Img03873

そうでした、モヤモヤさまぁ~ずで観たお店でした。通りすがりの人たちからも「モヤモヤさまぁ~ずの…」という声が聞こえてきていました。テレビの力ってすごいですね。

そして吉祥寺の薬膳バーへ到着。

Img03905

6階テラス席は夜の風が吹いていて大変気持ちよく、なんと目の前には花火大会が!

Img03897

ここで夜風に吹かれながら体の冷えを取るというジンジャーがメインのカクテルを飲んだりしました。

Img03921

健康になりたかったらまず禁酒、な気がしないでもないですが、高麗人参や生姜、養命酒的なお酒をベースにしたカクテルですがとてもおしゃれでした。

Img03912

お盆休みの間もなんだかんだ結構飲んでいたような気もしますが、家飲みは、かわいいホストとホステスさんがもれなくついてきます…。

Img03745

「みいちゃん、ホステスさんしますよ!お客さん、その…おつまみいただいてよろしい?」

Img03757

カクテルとか飲んで洒落た気分になってもおつまみは小魚。

Img03751

「ふうちゃんもホストしますからその小魚ください」

Img03765

飲んでる間じゅう、ふたりに見守られて「しあわせしあわせ~♪」

Img03740

「夏が終わるんですね~!まだ暑いけど…」…ふうちゃんは食欲の秋に向かいつつあるこの頃です。

Img_0200

2013年7月20日 (土)

いろんなぎんざ。

先週末は激しい雷、そして停電でふうちゃんは押入れの中で震えていました。

「沖縄が台風銀座なら、栃木は雷銀座なんですよね~」

Img03310

窓ガラスが震えるほどの雷で、私も少し怖かったくらいなのに、なんとみいちゃんは出窓で稲妻鑑賞会です。

Img_9807

「なーにが怖いっていうんでしょうかねぇ~」

Img_9815

「ふうにいちゃんはいくじなしですねぇ~。雷銀座に住んでるのに雷怖くてどーすんですかっ」

Img_9817

「っていうか銀座って東京でしょ、中央区でしょ、栃木関係ないでしょ。」と、雷には本当の銀座に立ち去って欲しいと願うふうちゃんでした。

Img03311

そして本当の、中央区の銀座にまたまた出かけたわたくしです。

Img03136

サラ・ブライトマンのコンサートにお友達さんと出かけました。

コンサートはもちろんのこと、ちょっと早めに出かけて行って銀座でお茶してお喋り、お喋りしてまたお茶、これを楽しみに日々の雑事をなんとか乗り切ったのです。

先月も来たような気がするカフェで、

Img03127

先月も頼んだような気がするオニオングラタンスープです。

Img03126

お友達さんはお魚のランチです。

Img03123

この日は平日だったので、お店もそれほど混んではいなく、おひとりさまもチラホラ見かけました。

Img03133

ボトルたっぷりのお水。

Img03124

「お水、800円だったりして。」とこっそり耳打ちするお友達さん、突然の時事ネタで思わず笑ってしまいました。「こんな軟水の国で?800円?払う払わないより必要ないじゃんねぇ」と、その後もしばらく川越シェフの話で盛り上がったのでした。お互いそれほど川越シェフを嫌いじゃないのも興味深い点でした。

Img03135

飲み物もゆっくりいただいて、会場に向かおうと外に出ると、お店の前の小学校の緑が目に飛び込んできました。蔦がからまる建物もよく見ると重厚でとても素敵です。

Img03138

日頃の運動不足がたたって会場までは歩いて10分もかからないくらいなのになんだかヘトヘト。またしてもカフェに入ってしまう私たち。

またしてもスープを飲んでしまうのでした。お腹がタプタプです…。

Img03143

そしてコンサートは、シンプルなステージながら舞台いっぱいのスクリーンや照明を背に、まるでサラ・ブライトマンが菩薩のように見えるなか、「宇宙が」「天使が」「月が」「アヴェマリアが」と盛り上がり、突然「紹介したい男性がいるのよ」と嫁入り前の娘みたいなことを言ったと思ったら男性歌手が登場で、それが物凄い美声で「紹介したくもなるわよねぇ」と言い合う私たちにさらに「ベートーヴェンが」「ジブリが」「オペラ座の怪人が」とこれでもかこれでもかとたたみかけるサラ・ブライトマン。そしてあっという間に「お別れの時間です」ということになったのでした。アンコールは2曲で、その頃になると私は「サラは今晩ペニンシュラホテルにお泊りかしら?」と想像したりするのでした。

「こんな声出る人がいるんだ?!」と何度思ったことでしょう。その声でロブマイヤーの繊細なグラスくらいは割ることができそうな高音を出している瞬間もありました。大変神々しかったです。

「そんな高音、間違いなくふうちゃんは逃げ出しちゃいますけどね」

Img03151

「雷にも怯えるふうにいちゃんには無理でしょうねぇ~。みいちゃんなら一緒に歌っちゃいますもんね~。」

Img03286

お友達さんの旦那さんが「コーヒーを淹れるときのポット(赤)を買った」という話をカフェでしていて、それは「月兎」に違いない!とその場で旦那さんに確認したところ、やはり月兎。私は「そうだ!京都に行こう」と同じ調子で「そうだ!月兎を買おう」と思ったのでした。なぜならその3日前にボーナスが支給され、使いみちが全くないという贅沢な状況だったのです。

「そうだそうだ、月兎だ」と早速購入。

Img03194

赤と迷いましたが、ドリッパーが茶色い陶器でわりと気に入ったものだったのでそれに合わせて茶色にしました。

これでコーヒーを淹れてみると、お湯が細く、きちんと真ん中に命中するのできれいに豆が膨れていきます。かわいい外見のおかげで見せる収納的な部分も難なくクリア。いい買い物をしました。

Img03201

月兎購入祝いにヴーヴクリコも購入。

Img03092

「購入祝いに購入って…酔っ払いってこれだから…」…ふうちゃんと見つめ合いながらシャンパンをいただくのが最高の幸せです。夏はやっぱり泡のお酒がいいですね。

Img03257

2013年6月 8日 (土)

ぎんざでぶたいあいさつ。

玄関に座布団を並べて番頭さんごっこをしているふうちゃんみいちゃんです。

Img02566

主に宅急便のお兄さんなどを驚かせて楽しんでいます。

「ふうにいちゃんはお客様も怖くなければお庭も怖くないみたいでおざぶの上でくつろいでいたりしますが、みいちゃんはもう怖くて怖くて!!」

Img02624

一緒にお庭に出してもみいちゃんだけ飛んで帰ってしまいますが、お天気のいい日はなるべく日向ぼっこをするように言っています。

「ふうにいちゃん、お外は油断禁物ですよ!」

Img02625

「はい?油断て?」

Img02622

さて、突然「探偵はBARにいる2」の舞台挨拶に行くことになり、しのぶちゃんとしのぶちゃんの弟夫婦さんたちと銀座へ。

Img02816

忙しい洋ちゃんの舞台稽古の都合で私たちファンは朝の9時から暗い映画館で探偵ものの映画を観ることに。

Img02684

2時間の映画の間も、この後本物の洋ちゃんの登場が控えているのでワクワクです。大歓声とともに登場した洋ちゃんは相変わらず背が高くてきれいでかっこよく、口を開けばおもしろいことばかり言ってました。30分以上もペラペラと軽快にお喋り。笑いがいっぱいの30分となりました。

そして楽しい舞台挨拶が終わった後、会場横の地味な出入り口に人が集まっているのを見つけてしまい、これは出待ちだ!と行きがかり上、人の群れの先頭で待つことに。まんまと車に乗り込む洋ちゃんに遭遇、至近距離でお姿を拝ませていただきました。

「満足満足、銀ブラ銀ブラ。」と心はすでに銀座ランチ。

Img02710

大正時代に銀行だった建物をカフェにしたというcafe1894でランチです。

Img02720

受付だったであろう場所などもそのまま残っています。

Img02728

プレートランチなどをチョイスです。

Img02726

意外におひとり様な女性がちらほらいらしたのが印象的でした。

Img02737

バーカウンターもあるので、もしも仕事場がこの辺だったら、仕事帰りにビールを一杯、なんていうのもいいなぁ~と空想が広がります。

Img02738

この建物の中庭はイングリッシュガーデンになっていて大変素敵です。

Img02747

この日は日曜日のせいか人が多くてびっくりしましたが、平日の午後などはゆっくりできそうな雰囲気です。

Img02748

ブリックスクエア内をちらっと見て、ブラブラと歩きながら銀座方面へ。

Img02745

道もきれいに整備されていて清々しい通りでした。

Img02770

そして長いこと歩いてどこへ行くのかと思えば、またカフェ。

Img02818

泰明小学校前のオーバカナルです。

Img02792

私がよく行っていたオーバカナルは赤坂アークヒルズと原宿のラフォーレ前で、ギャルソンもおフランス人でした。銀座にはおフランス人のギャルソンはいるかなぁ?などと言いながら外の席に落ち着くと、お客さんにはちらほらと外国のかたはいらっしゃいますが、お店のかたは皆さん日本のかたのようでした。しかしさすがオーバカナル、それも銀座!頼むものすべてがおフランスのカフェ風です。おフランスには行ったことないですが。

ケーキの見本を持ってきてもらってその大きさにびっくり。とてもひとりでは平らげられそうにありません。

Img02771

カフェからカフェまでの距離が結構あったので、歩き疲れて喉もカラカラ。まずは飲み物を揃え、初夏の日曜の午後にそよそよと風に吹かれながら、オープンカフェでくつろぐ幸せを満喫です。

Img02782

私は外国のカフェでは必ずスープを頼みます。日本と違って必ずスープがあるのでカフェインを取りたくないときに大変重宝します。歩き疲れた体にはおいしいスープが染み入ります。そしてこの日もオニオングラタンスープです。

Img02812

お店オリジナルのレモネードの瓶がかわいかったです。

Img02783

お店にはパンも売っているのでおいしいクロワッサンを持って帰り、お夜食としました。

Img02827

帰りはきれいになった東京駅などもさらっと見学、行きたいところにはすべて行った!という満足感でいっぱいでした。

Img02821

翌日のワイドショーは残念ながら福山のカンヌ一色だったのでやじうまワイドくらいでしかお目にかかれませんでした。

Img02828

「一日の終わりは…」

Img02659

「お部屋を暗ーーーくして…」

Img02675

最近、ふうちゃんは子猫が母猫のおっぱいを飲む時にする仕草、もみもみというかふみふみというか、あの仕草をするようになり、それも私の顔を覗き込みながらしたいようで、私より先にベッドでスタンバイです。寝る前はいいのですが、夜中の3時に突然始まっては私をモミモミと起こすので寝不足が続いています…。

しかしこの仕草のかわいいことったら!!!つい夜中にむやみやたらと話しかけてしまいます。

Img02671

そんなわけで、なぜかこの暑い季節になった途端に添い寝が始まってしまい困惑のわたくしです。

「暑いとか寒いとか、添い寝にはそんなことは関係ないのです!ふうちゃんはとにかく一緒にねんこしたいのです!!」…夜中に暑くて目が覚めるとふうちゃんも暑くてたまらない様子です。猛暑でも添い寝でしょうか…。

Img02672

2013年4月11日 (木)

ふっさへ!ごー!

ふうちゃんのかわいい太もものところに顔をうずめて、くちでブーッ!と吹いてみせると、ふうちゃんはたいていびっくりしてきょとん顔になります。
Img_0489

その表情がかわいいのでもう1回、ブーッ!!
Img_0491

調子に乗って3回目のブーッ!!

するとかわいい猫手が鉄拳にかわってしまいました。私のおでこに飛んできた鉄拳でペチン!と大変いい音がしました。
爪は出ていなかったものの、ぽにょんとした肉球はスピードを味方につけると意外と威力があるものですね…。
「鉄拳と化する直前の猫手」
Img_0492

「すみませんねぇ…失礼しました…」と言うと、「ほんとですよ、まったく、きれいきれいにしなくちゃ」と私が吹いたところを一所懸命なめていました。
Img_0495
…ほんとすいませんでしたね。
Img_0499_2

さて、春になって桜もとっくに散ってしまいましたが、桜が満開になる直前に、ちょっと遠出して優之介宅へGO!!
昔、リコリコ一家が住んでいたところと大変近く、このブログでもリコリコの2歳のお誕生日を祝うために出かけた様子を載せました(コチラ)が、今回も同じ電車に揺られ同じ駅で降りました。不思議な縁で再びの福生です。
 
スライダーズのファンである私としては福生といえばライブハウスUZUです!「渦」をモチーフにしたイラストは消えていましたが、今は内装もかわいくなってカフェもやっているようです。
Img01511

相変わらず沖縄に似ている基地通りをドライブ、この風景を見てるだけで旅行気分になれます。
Img01536
ブルーシールアイスクリームだってあるんですもんね、外国のかたも多いし、とっても好きな雰囲気です。
Img01532_2

優之介(♀)のお子様つながりのお友達さんと三人でランチに豪華ポトフ。
Img01528

とても子持ちには見えないお友達さん、お顔も小さくなんだかどことなくゴージャス。まだ30歳になったばかりくらいなのに、12歳のお子さんがいるわけで…「私だったらねぇ、それだけきれいだったらねぇ、もう一回違う人と恋愛するかなぁ~」とか30代にろくに恋愛もしなかったくせに言ってみる私でした。
Img01526

優之介(♀)のかわいいひとり娘のりんごちゃんと合流、いい感じに咲いてる桜をあちこち見ながらドライブ、優之介宅へGO!
 
マンションロビーがまるでホテルです。
Img01576

思わずりんごちゃんに「このロビーは冷暖房完備なの?」と思いっきり大人の言葉で聞いてしまい「あ、このロビー、冬でもあったかい?」と聞きなおしました…冬でもあったかいそうです。素晴らしい!!
お家の中もロートレックの絵や映画のポスターなどが飾られておしゃれな雰囲気です。小物のセンスがナイスで見入ってしまいます。
Img01538
おそらくお友達からのものであろうポストカードやお手紙をボードに貼ったり、ちょっとしたおみやげ物をきれいに棚に飾ってあり、見覚えのあるポストカードなどはもしかして私からのものかもしれず、おぉー!こういうのってなんだか人柄が出ていて素晴らしいね!と心の中で感激していたのでした。
 
りんごちゃんには何か見たこともないおもちゃをプレゼントしたい、とミミクリーペットを2つ…喋った声をそのままオウム返しするハムスターです。
Img01543

普通はひとつだけ買うものですが、対面させて延々録音しあっている姿がとってもキュート、酔っ払って眺めるとさらに滑稽なので、思い切ってふたつプレゼント、思い切られた方は「うるさくてかなわん!」ですが、是非酔っ払って笑い飛ばして下さい。
 
そして客間にはメッセージが…サプライズ上手な優之介はおもてなし上手でもあるのでした。
Img01566_2

ふかふかのタオルに寝心地のいい二段マットレスのベッド、どんなホテルよりも最高です!
ずっと、優之介の旦那さんは同級生と勘違いしていたのですが4歳ほど年上で、棚にある「ストリート・オブ・ファイア」のDVDを見つけて「なるほど!間違いなく年上だ」と再認識した次第です。その横に「レザボアドッグス」がある点から見て、その寡黙な様子の奥に潜む何やらも感じたわけであります…何やらって一体…。
 
そして夜は高円寺的雰囲気のお店へGO!コロナビールでスタートです。
Img01545

優之介のバイト先のお友達なども集まり、飲んで食べて喋って笑ってあっという間に時間が過ぎていったのでした。
 
お茶割りを飲みつつお店の黒板に大胆に画伯(23)がお絵かきです。
1365678989787

23歳ってこんなにお肌ぴちぴち?と改めてびっくりしてると、そういえば最近私は「若い友達若い友達」と言いながら遊んでる若い友達もみんな30歳を超えていることに気付きました。20代ってこんなに若くてかわいいのか!と胸がきゅんとしたりして、私の中身はちょっとおっさんですね。
このお店、食べ物もおいしくて、当たりだと2回頼むという、お店の人にとっては「冒険もしろよ」と言いたくなるようなオーダーをした私たちでした。
Img01550

そんなこんなでベッドに入ったのは朝の4時。危うく夜明け。
 
私が昼近くに起きると優之介はとっくに起きていて、キッチンに立っていたのです。ふとみるとキッチンにいたり、はたまたりんごちゃんと寄り添っていたりして思った以上に母の姿でなんだか新鮮。酔って忘れ物したりしてる楽しい姿とは違ってこれまた魅力的です。
 
ちゃっかり座って紅茶をいただく私、りんごちゃんとふたりで、絵を描いたりしてのんびりだらだら。
Img01573

そして用事で立ち寄った優之介のお友達さんとおしゃべり。美しいお声を持つこのお友達さん、テキパキした聡明なママさんです。お持たせに、といただいた焼き菓子がとってもおいしかったです!ありがとうございました!!
「福生基地通りアメリカン・カステラ」
Img01602
母に何度も「お母さんこういうの好き、こういうの好き」とアピールされたので「えらいね、ちゃんとそういうアピールを忘れないっていうのはさ」と褒めてあげました。
それにしても2日間で「はじめまして」と言った回数、歴代1位じゃないでしょうか。しかもお話に聞いたりネットで知っていたりで、はじめましてな気がしない人もちらほらです。
 
ここ数年旅行らしいものを全くしていない私ですが、これだけの楽しい時間と嬉しい出会いをすると、ちょっとした旅行よりも満足度高し!!
たくさん笑って沢山出会って、楽しさ満載の1泊2日でした。優之介よ、本当にありがとう~~~!!!
帰りは中央線で居眠りしながら心はぽかぽか、家に着くとトットさんがお庭で入浴中。
たまごも生んでいました。
Img01587

いつの間にか庭に出ていたふうちゃんは入浴中のトットさんたちを見つけてちょっとびっくり。優之介宅も自然に囲まれのどかでしたが、ここものどかですねぇ…。
Img01598
「またまた急に寒くなったりして油断ならない春ですねぇ~」…いまだに暖房を入れるくらい寒い日がある今年の春です。
Img_0485
まだまだ抱き合ってねんこしていてほしいです!
Img_0472

2012年8月 5日 (日)

かしこいすまほ。

「夏はやっぱり水浴びですよねぇ~!」

Fu

シャワーは怖いふうちゃんですが、お風呂場は大好きです。たいがいはフタの上でちんまりとおとなしくしてるのですが、たまに私が体や頭を洗ってるときも横にぴったりと寄り添ってくるので「近寄り過ぎ!洗っちゃうよ!」とお湯をかけてフタの上に移動するように言い聞かせます。

帰ってくるとこうしてお風呂も一緒、ごはんも見張り付き。

Dn

寝るまで一緒なうえに、寝てからも結構ふうちゃんの夢を見ます。頭の中の89%くらいがふうちゃんを占めています。

そんな私は最近携帯をスマホにかえました。アプリをインストールして、とかタッチパネルで入力、などの一切がなんだか面倒だったのですが、手に入れるとやっぱり楽しいもの。ふとメールを打ちながら「音声入力」なるものを見つけてしまってさぁ大変。

Img_1682

「なにそれ?!」とさっそく挑戦です。

まずはスマホ相手とはいえ挨拶から。

「こんにちは暑い日が続きますね」

Img_1691

おぉー!変換ミスもなし!

もしかして…英語も行けるのか?!とまずは簡単なものから。

「how much」

Img_1688

スマホ相手とはいえいきなり値段を聞くのは失礼だったでしょうか…。

しかしこれを母がやると

「はまち」

Img_1687

途端にスマホ空耳アワーになるのでやはり発音も大事ということでしょうか。

しかし設定を英語にすればそれは解消されるに違いないとにらんだ私は「設定」というボタンをすかさずタッチ!

Img_1684_4

あった、言語!

Img_1685

すごい!バイリンガルどころじゃないです。世界中の言語がありました。アラビア語にしてみたいところを英語(米国)に設定しました。

Img_1686

そしてその辺にあった英会話の本などを読み上げてみせると…

Img_1681

ものすごい正解率です!どこにも間違いがありませんでした!

ちょっと専門的な単語が入ってるのなんかどうだ?と科学のページを読み上げると…

Img_1690

これもものすごい正解率!

そしてもうひとつやってみたいのが…

「え?ふうちゃん?ふうちゃんがしゃべるの?」

Img_9436

何か良からぬ雰囲気を察したふうちゃんが逃げようとしたところを私がササッと抱き上げると「きゃ~」に近いかわいいお声で鳴いたふうちゃん。

するとスマホはそれも聞き取り、処理中、となりました。

しかし出てきた文字は…

Img_1694

「あ」のみ…。

ふうちゃんの「あ」だと思うと妙に嬉しくて思わずぷりんままちゃんにメールで「ふうちゃんの「あ」です」と送信してしまいました…。今度はみいちゃんの激しい鳴き声を読み取ってまたぷりんママちゃんに送ってあげようと思います。

さて、ここ最近毎日のようにふうちゃんはお庭で遊んでいます。

Img004281719805528

一日20分くらいではありますが、ねこじゃらしで遊ぶふうちゃんをチラチラ見ながら本を読んだり、スマホ相手に喋ったり(←庭でも音声入力)私も一緒にいすに座ってふうちゃんと風に吹かれたりしてしみじみ幸せな時間です。

Img00432

この暑い中ではありますが、森の中のカフェにぷりんママちゃん一家と出かけたりして、今年はアクティブな夏を楽しんでいます。

涼しげなビーツの冷製スープは不思議な色でした。

Img_9108

サラダも相変わらず新鮮でおいしいです。

Img_9113

みんなでソーセージの盛り合わせをつつきながらメインを待ちました。

Img_9110

今回のメインはふたつ、チーズフォンデュと、

Img_9120

おなじみのローストビーフ。

Img_9133

そのおいしさにしばしみんなのおしゃべりも止みました…そして「力がわくようなおいしさ~」とあれこれ言いながらペロリと平らげてしまったのでした。

デザートも含めてたっぷり3時間くらいいたでしょうか…

Img_9164

毎回長居ですが、自然のなかでごはんを食べお茶を飲み、気分は爽快です。

帰りには湧き水の池に寄ってみました。

Img_9176

湧き水の池のあたりはやはり温度が違います。

Img_9182

ひんやりとした空気の中、鏡のような水面、時折水の音がしてなんとも涼やかです。

「ふうちゃんも行きたかったな~。」

Img_9207

母の背中の上でくつろぐふうちゃん、

Img_9214

「そこはくつろぐ場所ではないですよ」と言った矢先に今度は激しく遊んだりして、母は「これやられると腰が痛い」などと言うも「そこはガマンして!耐えて!」などと私に言われてこらえています。

「みいちゃんの出番がないです…」

Img_0056

…なかったですね…出番が…庭にも怖くて出られないみいちゃんですし…お風呂にも怖くて寄り付かないし、人の食べ物に興味ないからテーブルにもこないし…あぁ私は一体いつどこでみいちゃんを撮影すればいいのだろう、と悩んではいるんですよ…。

2012年7月14日 (土)

おそとぶーむ。

お庭でくつろぐのが習慣になりつつあるふうちゃんみいちゃんです。

Img_0180

玄関から飛び出して真っ先にこのテーブルセットに向かいますが、地面に足をつけるのが怖いのか、ジャンプ力を活かして「えいやっ!」とイスに飛び乗ります。

Img_0183

そして何をするわけでもなく、のんびりとくつろぐだけ…。

Img_0187

時折カエルやバッタを眺めてたりもしますが、観てるだけ。

一番エキサイトするのがこのねこじゃらし。

Img_0203

ねこじゃらし、なんて名前がついてるだけあって、ふうちゃんもこれを観ると目の色が変わります。

「それくださーーーい!」

Img_0199

「くださいってばくださいなのーー!!」

Img_0209

立ち上がればすぐに取れるであろうねこじゃらしですが、ぐーたらな遊び方をしています。

Img_0216

立ち上がった!!

Img_0226

本気でねこじゃらしと勝負です!

Img_0245_3

「ふうにいちゃん、一体これのどこがそんなに楽しいのですか。」

Img_1597_2

みいちゃんはねこじゃらしには全く興味がありません。

Img_1599

「ねこをじゃらせないのならもはやねこじゃらしではないのです。ただの緑の変な植物なのです。」

Img_1590

梅雨とはいえ、雨が夜のうちに降ってわりと過ごしやすいこちら北関東ですが、そんな北関東に、夏真っ盛りの沖縄から、ぐしともさん&どんちゃんが遊びに来てくれました!

恒例の、ふうちゃんお荷物拝見コーナーでは「ふむふむ、にゃんこのにおいがしますな。」と相変わらずの執拗なお荷物チェック。

Img_1618

人見知りをしないふうちゃんですが、まさか!と思うくらいにくったりと心地よさそうにどんちゃんに抱っこされていました。

Img_1605

どんちゃんの匠の技にふうちゃんもうっとりだったようです。

Img_1606

みいちゃんは…私にわりと無理矢理連れてこられ…

Img_1608

みんなに「怖くないよ~かわいいねぇ~遊ぼうよ~怖くないよ~」と声をかけられながらのご対面。

「怖いったらないわ!」と全身を強張らせていました…「あたし頑張った!にぼしちょーだい、かつぶしでもいーですよ」とその後ちゃっかりと父からにぼしをもらっていました。

Img_1610

その後、場所をおしゃれ居酒屋に移してごはん、ごはん。

309431_2

あれこれたくさん喋って3年ぶりの再会を大いに楽しみました。どんちゃん&ぐしともさん、遠いところ本当にありがとうございました!またふうちゃんみいちゃんに会いに来てやってください!

まだ梅雨はあけてないものの徐々に湿度が高くなっていて、食欲も落ちがち、ぐしともさんの「体力作りは5月から!夏が始まってからでは遅いのよ」のお言葉を聞いて「あぁ5月、そういえば食欲もまだあって食べるのも楽しい季節だったような…」と自然と体力作りをしてたのでは?と思うような私の外食日記。7月になったら絶対こんなに食べられないから、と急いで食欲のあるうちに外食しまくっていたのを思い出しました。

偶然入った古民家レストランがバリバリのフランス料理店でビビったものの「やっぱりやめます」なんて言えずに席についてメニューを観たら一番安いコースでも3500円…

20120608213549

ふらりと来るところではなかった…と思いつつも、前菜が来たらその美しさにびっくり。

24814

田舎は野菜がおいしいので前菜の時点でかなり高いレベルのおいしさ。

532985

スープも野菜の味が濃厚で体がほっとする感じでした。

552820

お魚のコースにしたのですが、これまたソースがグラタンソースのようで、食べごたえもあり大満足。

578202

もちろんデザートとコーヒーまで、たっぷり2時間、喋って食べて「おいしい!」を連発して、とても楽しい時間でした。

392477

そしてまたもや「7月になったら食欲落ちちゃって外食できないから」とぷりんままちゃんと外食。

今度はビストロ。オニオングラタンスープや、

Img_1529

ハンバーグや、

Img_1537

お魚料理を堪能して、

Img_1541

お泊りでチームナックスのDVDを観て、なんと翌日も!!!

…デニーズ。

Img_1553

夏野菜のチキンソテーのようなものや、

Img_1551

最後にふたりでチョコレートのデザートをつつきました。

Img_1555

食べ過ぎです。

しかしこれでもじんましんのために節制していたので、体重はマイナス3キロをキープです。

そして7月になり、例年通りちょっとだけ食欲が落ちてはいるものの、わりと無事に過ごせています。またもや外食ブームが来ちゃいそうですが、おうちでふうちゃんに見守られながらの粗食も楽しいものです。

「お魚ください。」と、お魚の気配など何もない食卓でじっと私を観ているふうちゃんです。※スマホで撮影しました。

31156

2009年9月23日 (水)

くらのまちさんぽ。

ある朝、ふうちゃんに「今日はちょっとお留守番ね~。」と声をかけようとしたら、ふうちゃんがちんまり布団に寄り添って寝ていました。

Img_2219_2

こんな赤ちゃんみたいな子を置いてお出かけなんて~!!と騒ぎながら、でもお出かけです。

土曜の夜にテレビ東京の「アド街ック天国」を観ていたら栃木市だったので、明日ちょっと行ってみようか!というようなことになり、さっそくアド街で紹介されたところをまわったのでした。

我が家から車で30分くらいでこんな素敵な街並みに出会えるのです。

Img_2239

「あのロボット猫を観に行こう!」と、塚田記念館にあるハイテクロボットのお部屋を訪ねました。本物かと思うようなお婆さんロボットが三味線を弾いてるのですが、リアルすぎて「怖い!怖いとしか感想がないわ!」と小さい声で呟いてしまいました。

Img_2224

途中で、にゃー、と控えめに鳴くにゃんこ。

Img_2226

鳴くとは知らずに思わず母とふたりで「あんた鳴くのぉ~!」と同時に話しかけてしまい、他のお客さんに笑われてしまいました。

遊歩道になっている川辺を歩くと、水草の間を鯉が泳いでいる姿などが見えてそれはそれは素敵な風景なのです。清流を見ているだけでもいい気分です。

Img_2274

「今日は客が多いな~。」と言っていそうな背中です。

Img_2248

素晴らしい民謡を歌う女性の船頭さんもいます。車の音などもないので民謡の歌声が響き、情緒豊かです。

ここには洋館も多く、それらを観て歩くだけでもなかなか楽しいです。

Img_2300

洋館を見るにつけ「わぁ~!函館みたい!栃木にこんなのがあるんだねぇ~!」と観光客ごっこです。函館、行ったことないのですが、妄想旅行では何度も訪れているので思わずこんな言葉が出てしまう私です。

昔の医院を改装して作られたカフェなどもありますが、なんと土日祝日休みという商魂まるでなしのカフェなのでなかなか入る機会はありません。

Img_2264

しかしここの向かいには大変素敵な美術館があるのです。

Img_2262

私の心のふるさと、チェコ!!「チェコの絵本と原画展」!!

Img_2261

まるで私の来訪を待ってましたと言わんばかりに開催されていたこの絵本と原画展。こんなに近所なのに全く知りませんでした。11月までやっているそうなのでもう一度、今度はちゃんとお財布を持って、ギフトショップでチェコのポストカードや切手などを買い込みたいと思います。近所だから、とお茶代しか持たないで、部屋着みたいな格好で出かけてしまったことを激しく悔やみました。観光客ごっこもいまいち真実味に欠けてしまう格好でした。

「歩き疲れたらあんみつね。」と出かける前から決めていたので、川辺の甘味処でひと休み。

Img_2282

外の席で向かいの観光客の様子を眺めながらゆっくりしていたら、隣から「栃木ってこんなに落ち着いてるんだねぇ~。知らなかったわ~。」というマダムAに対して「そうだよ、U字工事だけが栃木じゃないんだよ~。」と答えるマダムB、ちょっと説明してほしいような会話が聞こえてきましたが、確かにここはU字工事の広めている栃木とは違う場所なのです。この辺のかたたちは訛りもないですし富豪も多いのです。だから部屋着などで来てはいけないのです…。

Img_2285

さて、家に帰るとふうちゃんが「ぼくのおもちゃはどこですかねぇ~。」と針がねのネジネジを「ふうちゃんマンションB棟」に置いて私を遊びの世界へ誘惑していました。

Img_2211

最近「失くしたおもちゃを探してください。」攻撃が多くなってきたふうちゃん、最初は本当に隠してるのですが、探さないでいるとこうしてどんどん目立つ場所に置き始めます。

親ばかだとは思うのですが、ふうちゃんは頭がいいんじゃないか、と思い、その証拠写真として「ほら!ふうちゃん台風がそれたことを私に知らせてるし!」と天気予報を楽しむふうちゃんを両親に見せてあげました。

Img_2198

他にも「みなさんのごはん中はじっと我慢、欲しいけど我慢。」と父親の箸の上げ下げをじっと見つめる姿なども激写。

Img_1821

「…気まずい…。」という父の些細な呟きは無視です。

ふうちゃんの胸元にあるのはジジハハさんが編んで下さったもので瓶のカバーとして使っていたのですが…。

「ふうちゃんごはん欲しいけど我慢なのです~!我慢なのです~!」と、なぜかふうちゃんはこれを抱え込んで思いっきり齧りながら耐えるようになってしまいました。

Img_1814

毛糸なのでこれを噛むと「ぎぃぎぃ!」とすごい音をたてるのですが「ふうちゃんの我慢の音。」とみんなの笑いを誘っています。

Img_1809

こうして夕ごはんのときはまぁまぁ大人しく(?)しています。

「ふうちゃんはルールをちゃんと守っていますよ~。」…思った以上に聞き分けのよいふうちゃん、順調に大人の階段を登っているのです。

Img_1833

より以前の記事一覧