« あったかくてあまいもの。 | トップページ | ざっはとるてとあんなとるて。 »

2019年2月20日 (水)

ぎょうれつのすいーつ。

「ふうちゃんのたまごちゃん、はよむいて。」

15506584861481

はやく~はやく~と出勤支度をする私の部屋まで迎えに来ました。

今朝はあたたかかったので、ふうちゃんも張り切って家じゅうを走り回っていました。

15506585104842

ここのところ、堀ちえみちゃんとか池江選手の病気の話題が次々と…テレビの中の人も闘病で大変ですが、こういうニュースを一緒に見ている父は私に闘病中のことを聞きます。それも「白血病の人ってどんな治療するの?」とか「口腔ガンの人はいた?」とかそういう聞き方ですので、私は無菌室のこととか、検査のしかたとか、誰ちゃんと誰ちゃんがそうだった、などなど思い出話に突入です。

ネットで検索すればなんでも出てくる!とはよく聞くフレーズですが、でも、例えば、「吉祥寺にジュリアンってラブホテルあったじゃん?」とか言って「吉祥寺 ジュリアン」と、ネットに聞いたって意外と出てきません。

「丸井裏にあったラブホ、ジュリアン、L.L.Beanあたりにあったじゃん?」

↑これ、そのままグーグルに入れたらやっとひとつだけ出てきました。

疑問をそのまま口語で入れると検索引っかかる、ってグーグルが出始めたとき、グーグル自身がおすすめしてた検索方法です。

吉祥寺を昔から知ってる人なら誰でも知ってるのにネットにはあまり出てきません。でもそういう他愛もない話がしたいときってありますよね。

他愛もない話と言えば、高校生のとき、生物の先生が「渡辺謙が白血病だってね。もうダメだね、助かる病気じゃないから。」と授業中に言ったとき、私は「世間ってそう見てるんだ!」と驚いたものです。咄嗟に隣にいる友達に「そんなことないよ、白血病は退院する子が多かった」と言ってしまいました。当時はガンは隠す傾向があったので、私もあまり公言はしませんでしたけども、サバイバーとしてはなんとも先生の不用意な発言にもやもやと腹が立ったのを覚えています。しかし私はその生物の先生が嫌いではなかったので、世間一般の感想として飲み込んであげました。

夏目雅子が亡くなったときだって白血病の子たちは別に怖がっていませんでしたし、同じ病気でもそれはそれ、これはこれ、という雰囲気でした。現場でないと分からない雰囲気です。

テレビは最大の娯楽でしたが、あるとき、病室のテレビで女の子たち5人くらいで歌番組を見ていたら演歌の「氷雨」が流れてきました。しんみりと「氷雨」を聴く小学生5人組。歌が終わると同時に突然、小学2年生の白血病の女の子が「まったくもう!別れただの好きだのそれがどうした!こっちはそれどこじゃないよ!」とものすごく実感をこめて大声で叫びました。その瞬間みんな大笑い!すごく実感がこもっていて、私たちも同じ気持ちだったので大笑いしてしまいました。言った本人はなんでみんなが笑ってるのかあまり分かっていませんでしたが、みんなが笑っているのを見てつられて笑っていました。

白血病と聞くとこのときの大笑いのシーンが真っ先に思い浮かびます。

私が入院していた昭和58年あたりは堀ちえみちゃんは女の子たちに大人気で、私もいまだにアルバムのカセットテープを聴くことがあります。明菜ちゃんのアルバムも初期はかわいい歌が沢山あったのです。

中島みゆきは病室では人気がありませんでしたが、私は大好きでした。でもはじめて顔を見た中島みゆきがあまりに美人で子供心にがっかりしたのです。

「あんなふられまくってる歌をこんな美人が作っていたとは!」みたいな?

15506584159771

「フィクションなのでは?!」みたいな?

15505790559721_2

ラジオで話してるのを聞いてもあっけらかんと明るく、どの写真をみても笑顔が本当にかわいくてきれい、とても道に倒れて誰かの名を呼び続けてそうにもないですし、雨雲を気にして窓のガラスで涙止めたり、明日も今日も留守なんて見えすいた手口使われるほど嫌われるようにも思えなかったのです。

研ナオコが歌うととってもリアル。今聴いても研ナオコの歌う「窓ガラス」とか「あばよ」は哀しくて素敵です。

さて、今週のスイーツの差し入れ、プレスバターサンド!

15505721668781

東京駅で行列だそうです。

1550572118

サクサクと香ばしいクッキーにとろけるようなバタークリームがはさんであります。

15505721448590

「ふうちゃんのお写真を挿絵のようにはさみましたね。」

15505722947901

ふうちゃんの寝姿が開放的になっています。今日はすっかり春みたいな暖かさでしたね!

参考資料:研ナオコのほうが哀しく歌えます。

« あったかくてあまいもの。 | トップページ | ざっはとるてとあんなとるて。 »

コメント

おはようございます。

奥深いお話で好きですよ。

>memmonさん
ありがとうございます!
ニュースなどをきっかけにぽつぽつと思い出したりするので
またぽつぽつと書いていこうと思います。

笑っていいのかしんみりしていいのかわかりませんけど(ΦωΦ) いつもよい文章書かれますね。

つい研ナオコを聴いてしまいましたよ。

ゆうさんの文章は、確かに奥行きがあって、汚れを見せず、それで笑わせてくる、なんというかサービス精神、なんていうかウケ狙いm(_ _)m なんていうか書いている人も面白そう、と感じられて快いです。
いい文章たくさん読んできて、色々経験の引き出し持ってる人の文章だなと。

心の荒れが静まります。賽銭箱が置かれていたら賽銭を投げてしまうでしょう。? 失礼なことを書いているかもしれません。

最近では特に、ふうちゃん嫁ぎーの、を、繰り返し見て心の荒れをおさめていました。

立場が逆転したほうがよいかもしれませんね(^_^;)

>恵美花さん
お賽銭ちゃり~ん♪ありがとうございます(笑)
私も書いてて楽しいのが好きなのでついこんな感じに。
研ナオコ、もう絶対中島みゆきはこういう顔の人じゃないとダメね、と子供の頃に思ったのを思い出しまして(笑)
ふうちゃんが突然嫁いだときは私も大笑いして「やだ嫁いでる!」とスマホのシャッター音がカシャカシャと鳴り止みませんでした。
何かイラっとしたときとか、くさくさしたときはふうちゃんを見るのが一番です。
この世にこんなかわいい生き物がいるのか!って感動しながら自分のブログ見るんです、ぷぷぷ(笑)
私も恵美花さんのブログを過去記事(相当前のも)合わせてふむふむと楽しんでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あったかくてあまいもの。 | トップページ | ざっはとるてとあんなとるて。 »