« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

きょうからおれは。

12月とは思えない暖かく爽やかな晴れの土曜日です。

1543638446158.jpg

日向ぼっこしながら毛づくろいをする幸せそうなふうちゃんを眺めながらのコーヒータイムです。

1543638446532.jpg

ふらりと外を散歩して紅葉を楽しんだり、テキトーに庭の枯れ葉を掃いたり、気ままな土曜日です。

1543638446919.jpg

さてさて、またテレビのお話。

毎週日曜の夜のお楽しみは「今日から俺は」です。

三橋(みつはし)役の賀来賢人のキレッキレの演技がたまりません。

1543638442820.jpg

このドラマの監督は栃木県出身で…っていうか、日本地図レベルで見れば隣人と言ってもいいくらいの超地元の人です。
次々とヒットを飛ばしてる監督なのにあまり表だって地元の星です、とは言ったことないです。大好きですが、あまり表だって言いません…でも大好きです。実際に2、3本作品を観ていただければこの複雑な気持ちはご理解いただけると思います。

80年代のヤンキーが主役ですので、ヒロインの髪型はもちろん聖子ちゃんカットで男はボンタンと短ランです。

1543638443360.jpg

「今井くん、死相が出てる」

1543638443672.jpg

ほんまや!

1543638443887.jpg

三橋の手により殺されるに違いないと聖子ちゃんカットのリコちゃんに予言される今井。

死相が出すぎている今井。

1543638445201.jpg

聖子ちゃんカットのリコちゃんの予言通り、三橋の手により命の危機にさらされハートがざわざわする今井。

1543638444121.jpg

みんな全力で演じざるを得ないこの監督の作品。

全力で演じざるを得ない。

1543638444423.jpg

アドリブも満載でたまにほんとに笑ってしまう共演者たちです。

1543638444875.jpg

映画やドラマで笑わせるってすごいです。こんなドラマを作れるなんて、相当普段から超絶バカなこと考えてないとできないです。

何気なく出てくる食卓が昭和の風景なのもいいです。

1543638445542.jpg

三橋の父と母も独特。親たちが独特です。個性派俳優だらけ。

1543638445836.jpg

私も万が一女優になったら、この監督に選ばれるような全力女優になりたいです。

「地元のよしみでふうちゃんも出演お願いします。」

1543638447234.jpg

明日は日曜日、「今日から俺は」も楽しみだし、新しい地図の三人のアベマTVもあるし大忙しです。


はこのなかから。

今日で11月も終わり。なんだか11月はあっという間に過ぎてしまった感じです。

Dsc_69082

今日30日は13歳で亡くなった姉の誕生日なのですが、父に「今日なんの日か分かる?」と聞くと「29日…肉の日!」と答えました。       

Dsc_69072

29日でもなければ、肉、食べないくせに肉の日て。「今日30日なんですけど…」と力なく言うわたし。「あ、誕生日だ」と言ったので「覚えてるんだ、47年前だけど」と言ったら「忘れてないよ!」と元気よく返されました。

Dsc777

人間は亡くなると誕生日より命日のほうがあれこれやるしまわりがよく覚えてますが、亡くなった家族の誕生日は家族だけが覚えているのかもしれません。ちなみにちゃこは猫なので命日には何もしないのでいまだに誕生日にケーキを買ってひとりで食べます。

今週はもうひとつピエール・エルメをいただいていました。

マロンの焼き菓子、素敵な赤い箱入りの。

Dsc_68912

消費期限が長いので、クリスマス用なのだと思います。

Dsc_6893

均等に切り分ける緊張のケーキカットです。

繊細なとっても優しい味のマロンケーキでした。

Dsc_6901

会社のお土産などを持ち帰ってプチデザートとすることも多々あります。散った花びらもランチョンマットの端に並べたりして散った後も楽しみます。

15435761061060_2

退社されるかたがいらして、お花のプレゼントを青山フラワーマーケットでお取り寄せしたそうです。お花の宅配も今は色んなものがありますね。ケーキの箱のようなボックスに入っていました。

Dsc_69042_2

箱を開けると、ふわ~っとハーブとお花のいい香りがしました。

Dsc_69032

「お箱を開けたらどどーんとふうちゃんが飛び出すのはいかがですか?」

Dsc_6862

貝になって寝ているふうちゃん、覗きこんだらパッチリ目を開けていていました。

「ねんこの前のくつろぎ毛づくろいでございます。」

Dsc_6868

はみ出しながら毛づくろい。

Dsc_6870

「みいちゃんはひろびろのびのび毛づくろいです。」

Dsc_6857

ふたり仲良く並んで毛づくろいして同じタイミングでねんこします。

Dsc_6876

「みっちみちにねんこするのがふうちゃんのやりかたです!」

Dsc_6886

貝のふたがすっかり開いちゃってますが、ふうちゃんは大満足なようです。

2018年11月27日 (火)

えるめのおまーじゅ。

「さんまってまだありますのん?」

15433180028252

「みいちゃんのもありますよ」

15433148732520

ふたり並んで幸せタイム。

15433149018043

「みいちゃんのもいただきますね。」

15433150085702

「じゃ、みいちゃんもふうにいちゃんのをいただきますね。」

15433150257793

「ふうちゃんのさんま………」

15433150329174

一瞬、左手をあげたふうちゃんですが、ふうちゃんは右ききなので、左手のときは猫パンチは炸裂しません。

「食べちゃうんですかぁ…。」

15433150447695

お互いに盗み食いしてます。

「次のさんま~~!!!」

15433149560787

「次の~~~!!」

15433149624938

わんこそばのスピードでさんまをほぐしてお皿に置かないと、さんまコールが始まってしまいます。わんこそばならぬ、にゃんこさんまです。目の前にあるのにほぐさないと食べないのが大変かわいいです。

さて、またまたピエール・エルメの差し入れです!

15433151358018

「ガストン・ルノートルのオマージュ」

15433173297360

エルメさんの師匠である亡きガストン・ルノートルさんへのオマージュだそうです。洋ナシとマロンのケーキです。エルメさんはガストンさんのところへ14歳で弟子入りしたそうです。

15433152063560

みんなでわいわいいただきました。切るときもドキドキです。

15433152547991

なかなかのボリュームです。

15433153302593

美味しいケーキやチョコレートをいただくときはしばし沈黙が流れます。

洋ナシとマロンと何かの味がするも、その何かが分からず…

15433153610494

ふうちゃんも、さんまを一匹まるまる平らげて、満足そうに毛づくろい、美味しいさんまの余韻を楽しんで静かになります。

15433150513946

「むふふふふ~♪おいしかったなぁ~♪」

15433150634427

幸せそうなふうちゃんを眺めてわたしも幸せ♪

2018年11月25日 (日)

あかだか?!

朝のコーヒーの時間に、ふうちゃんはゆでたまごの時間。

Dsc_6775

「たまごの黄身ってかわいくてきれいで美味しいですね~!」

Dsc_6774

「ふうにいちゃんだけ?!」

Dsc_6776

みいちゃんが飛んでやってきましたが、みいちゃんはたまごには興味ありません。

「ふうにいちゃん、そんなの何がおいしいのですか?」

Dsc_6783

つい、みいちゃんの匂いをかぐふうちゃんです。

会社帰りの車の中でFMのJ-WAVEを聴いています。先日、三田寛子さんの息子さんが舞台の宣伝かなにかでゲストとしてお話をしていて、途中でリクエスト曲をかけました。それがビリージョエルの「The Downeaster"Alexa"」だったので「え!23歳なのになぜそんな古い曲知ってるの?!」と思わずお声が出ましたが、司会のかたもそう思ったみたいで同じことを聞いてました。ご両親の聴いてた洋楽をたまたま聴いて、そのかっこよさに驚いて覚えたそうです。

私もかなり久しぶりに聴きました。ナチスから逃れるためにアメリカに亡命して漁師をしていたビリージョエルのお父さんの苦しい生活を歌ったものですが、聴いた当時高校生だった私は、漁師の歌をこんなにかっこよく歌うって…アメリカ人てすごない?と思ったのです。今聴いてもかっこいいです。声も素晴らしいです。

参考資料 「The Downeaster"Alexa"」

ビリージョエルの娘の名前もそういえばアレクサちゃんだったような…アレクサといえば。ヒロミ&伊代ちゃんの家には音声であれこれしてくれるあの「アレクサ」があるそうで、「アレクサ!」と呼びかければテレビもつけてくれるし電気もつけてくれるあれ。最初に「アレクサ!」と呼びかけるのは必須だそうで、伊代ちゃんがその肝心の「アレクサ!」が出てこなくて「あんた名前なんだっけ!」と言うそうです。わかる…すごくよく分かる…出てこないよ、アレクサって。しかもその問いかけには決して答えないアレクサです。

こうしてビリージョエルの動画を観ていたら、なぜかVogueでやっているらしい「73の質問」というのが出てきて、色んなスターの自宅インタビューが続々と訳付きであがっていました。

相変わらず馬面のサラ・ジェシカ・パーカーがニューヨークの自宅でインタビュアーをお出迎え。「コートあずかるわ。」とあずかったコートを階段の手すりに雑にかけ、その上に肘までつく馬面のサラジェシカパーカー。

Dsc_6811

おもてなしって何かね?

何か飲む?って聞かずに「水でも飲む?」と聞いて、グラスに半分もない水をもってくる馬面のサラジェシカパーカー。飲み口を持ってるのも気になります。

Dsc_6816

おもてなしって何かね?

さすがに家はセンスよく素敵なのですが…

Dsc_68242

マリブに住んでるシンディクロフォードなんて、アルフィーのポットに熱々であろうコーヒーを出してくれているというのに。

Dsc_6799

シンディークロフォードの娘がまるでコピーのように似ていてびっくりしました。

Dsc_69032

一番美しかったのはニコールキッドマン。

Dsc_68312

場所はオーストラリアの自宅なのですが、暗めの玄関にいると映画の「ジ・アザーズ」みたいで怖いです。

Dsc_68292

「ジ・アザーズ」、怖い映画でした。はよ明るいリビングに行って!

Dsc_68372

このリビングが似合う人間が他にいるでしょうか?嘘みたいにぴったんこ。

途中、書斎に寄って、好きなバンドは?という質問を受けたのですが、

Dsc_68852_2

「AC/DCとINXSよ」と、字幕に出てますが、インエクセスはいいとして、AC/DC(エーシー/ディーシー)を「アカダカ」と発音しています。

私はびっくりして「アカダカ?!」ともう一度戻して聴いてみましたが、はっきりアカダカと言っています。もちろんググる私。「地元であるオーストラリアの人はアカダカと発音します」…。

知らなかったです。AC/DCは特別好きでもないですが、かれこれ30年くらい、知りませんでした。そしてニコールキッドマンはやっぱりオーストラリア人なんだなぁと思いました。

庭が牧場なのもオーストラリアっぽいです。

Dsc_68552

「マメだか?」

Dsc_6770

…秋田弁で「元気ですか?」という意味ですが、使ったことはありません。

Dsc_6793

「夜更かしYOUTUBE、ふうちゃんもずいぶん付き合いました。」

Dsc_6791

テレビの前に陣取るのでふうちゃんを眺めながらのYOUTUBE鑑賞になりました。

参考資料 サラ・ジェシカ・パーカーの雑なおもてなし

参考資料 楽園のシンディ・クロフォード

参考資料 庭が牧場、牧場が庭のニコール・キッドマン

2018年11月23日 (金)

なにもしないをする。

連休初日、だらだらと過ごしていると隣に必ずふうちゃんがいてくれます。

Dsc_6737

逆光でも美しいふうちゃんです。

ふうちゃんのかわいい頭頂部を見ながらぼーっとします。

Dsc_6745

「なにして遊びますか?」と、おもちゃへの期待で胸膨らむふうちゃん。

Dsc_6744

しかし何もしないわたし。

ぼーっとお互い何もせずに座ってるだけの無為な時間が流れます。

Dsc_6751

「なに見てんねん!」と、突然の猫パンチ。

Dsc_6752

「右ききかよっ!」とお決まりの返し。

再び、無為な時間。

Dsc_6754

なにしてるのかと聞かれれば何もしていないとしか答えられない連休初日です。

今日、たまたまテレビをつけたら大谷翔平くんが出ていました。

Oot2

わたくし、この会見を観るまで、大谷くんがアメリカに行ってるとはつゆ知らず。通訳さんがどうのこうの、ケガがどうのこうの、結婚するとかしないとか?なぜ日本記者クラブで?と思わずググりました。

赤いユニフォームを着ていた姿はちらっと知っていたのですが…「日ハムってユニフォーム赤いんだ~カープみたいだね。」と思っていました。吉田君も赤いユニフォーム着るんだね、とも思っていました。

Oot1

まさかのメージャーリーガーだった。

ぼーっとしてチコちゃんにも怒られそうな勢いのまま、気が付いたらもうお昼です。テキトーにお昼を食べて、ぼーっとしてすっきりしない頭のままモスバーガーへ。

モスバーガーには本を持ってコーヒーを飲みに行きました。

Dsc_6763

3時頃のモスバーガーはとても空いています。緑あふれるガラス席に座って読書の時間です。ぼや~っとしていた頭もコーヒーですっきりします。

先日は五嶋みどりさんのチャイコフスキーを貼り付けましたが、そういえば一時期よく観てたヒラリー・ハーンのバッハを観ましょう、と思ったら、まぁ見つからないこと。検索力の問題なのでしょうか?やっと見つけたのでここに貼っておくとします。

ヒラリー・ハーンのバイオリンはストラディバリやガルネリではなくて、ヴィヨームです。パガニーニの使っていたCannoneのコピー品です。1864年製だそうです。

「みいちゃんの出番が相変わらず少ないですよ~」

Dsc_6731

これを書いてる今も押入れに入っているみいちゃんです。

「ぼーっとしたまま早寝しましょう!」

Dsc_5942

見事にな~~んにもしない一日でした~!

2018年11月22日 (木)

たのしいおちゃのじかん。

「お久しぶりのさんまー!」

1542888612735.jpg

「ふうちゃんのもあるぅ~!」

1542888613212.jpg

今年は本当に豊漁なのですね。まだ太くてキラキラしたさんまがありました。

「みいちゃんのもあるって」

1542888613496.jpg

仲良く並んで夕ごはん。幸せタイム。

1542888613746.jpg

ふうちゃんはあっという間に食べてしまうので、みいちゃんの分を狙います。

1542888614098.jpg

「みいちゃんからも美味しい香りがする」

1542888614415.jpg

「ふうちゃんのお皿には何もない…。」

1542888614727.jpg

さて、今日は仕事を早めにあがってリコリコママとお茶しました。

1542888615072.jpg

久しぶりにあれこれあれこれ笑ったり感心したり。センスというか感覚の合う友達は本当に大切。説明しがたいことも大した言葉がなくとも一瞬で伝わります。お互いの身にふりかかるあれこれもすっかり大人らしくなり、この内面世界のまま20才くらい若くなったら色々やっちゃうね、と楽しい妄想を繰り広げたりしました。でももうどの年齢にも戻りたくないですけども。

1542888616874.jpg

「気の合うふうちゃんとのお茶の時間も大切に!」

1542888615328.jpg

語らいの時間。私の話を目を細めて聞いてくれる優しいふうちゃん。

1542889630658.jpg

「今日はパリのビストロのお話を読んであげましょう」

1542888615644.jpg

「パリのビストロは女一人で行っちゃダメみたいですよ。一人ならカフェに行けって。」

1542888616025.jpg

そういえばパリは夫婦、カップル単位で行動する、ってどっかにも書いてあったわ、暑苦しい~。外食好きではないのでカフェでいいです。と、ビストロの本を読みながら何言ってんだか。

「みいちゃんの登場回数があんまりなんだってばー」

1542888616303.jpg

「ふうちゃんは寒い日だけみいちゃんとねんこしますよ。」

1542888616603.jpg

みいちゃんに対してとんでもないツンデレを発揮してるふうちゃんです。


2018年11月20日 (火)

くりすますですか?

街はすっかりクリスマスでしょうか?
街に出てないから分からないのですが、会社の飾りつけはクリスマス仕様に変わりました。

1542713741413.jpg

いつも差し入れでいただいてる高級スイーツの箱を持ち寄り、ツリーの下に置く演出です。

1542713741809.jpg

でも「箱、足りなくない?」という雰囲気になり、そのことが同僚さんに伝わると、

またしても高級スイーツの差し入れがありました。

1542713742147.jpg

ジャンポールエヴァンのクグロフと

1542713742441.jpg

チョコレートです。

1542713746613.jpg


写りりこむ我が庭のバラも素敵。

1542713742694.jpg

クグロフは厚いしっかりとしたチョコレートでコーティングされていて、さすがチョコレートはそれだけで剥がして食べたいくらいの美味しさです。

1542713742972.jpg

上に乗っている丸いチョコレートも独特の香りがして、多分これはカカオの産地特有の香りなのでは?とか言ってみたりして。実際詳しくは分かりませんが。

1542713743228.jpg

ボンボンチョコレートは小さくても、いえ、むしろ小さいほうが味がぎゅっと濃縮されて、目を瞑って味わいたくなるような深い香りとコクを感じます。

クグロフを観ると映画の「バベットの晩餐会」を思い出します。

1542713743521.jpg

「バベットの晩餐会」は、1987年のデンマークとフランスの合作映画です。

デンマークの小さな小さな(ほんとに小さい)村に亡命したフランス人女性を描き…とか言うと
小難しい感じですが、閉鎖的なこの村の暮らしがまるでおままごとのようでたまらなく美しいのです。

亡命してきたこのフランス人女性が実は元シェフで、ある晩、村人たちに美食の喜びをもたらし、小さな村の小さないざこざもすっかり解決、ハレルヤ!なわけです。

海ガメのスープや、

1542713744402.jpg

うずらのパイ包みなどとともに、

1542713744639.jpg

素晴らしいワイン(クロヴージョ)とシャンパン(ヴーヴクリコ)がさりげなく沢山登場します。そして、額に汗してお料理をするバベットはキッチンに立つ喜びに満ちていて、料理を味わう喜びのほうはすっかり村人たちに譲っているのです。

1542713743852.jpg

デザートのサヴァランはクグロフにラム酒をたっぷりかけたものです。

1542713744103.jpg

お料理が終わってコーヒーでひといきつくバベット。かっこいいったらないの。

1542713744954.jpg

一般的にはグルメ映画ってことになるのでしょうか。それでもいいのですが、全編において人間関係の美しさにほれぼれします。豊かな生活です。

主演のオードランさんは今年3月に85歳で亡くなられたそうです。

最初はカトリーヌ・ドヌーヴさんにオファーがあったようですが「この役は私じゃない」とステファーヌ・オードランさんを紹介したとか聞いたことがあります。

この映画でヴーヴ・クリコが大好きになり、この映画で使っているバカラのグラスをアンティークショップで買ったりもしました。

「ふうちゃんが乾杯にお付き合いしますよ~」

1542713745182.jpg

ヴーヴクリコとバカラとふうちゃん、最強の組み合わせ。

先日、夜のお茶の時間に私の目の前を通り過ぎ、なにやらピタっと止まるふうちゃん。

1542713745498.jpg

ふうちゃんはわりと考えてることが顔や体に出ちゃう素直なタイプです。

「いこかもどろか」

1542713745797.jpg

右のおててに迷いが出てしまった、の図。

お茶をしているわたしの目の前を通り過ぎて逆に気をひこうとした結果だと思います。私が声もかけず、ひきとめもしなかったのです。

「ひきとめるなら今やで!」

1542713746362.jpg

分かりやすいふうちゃん、ポーカーは絶対できなさそう。

1542713746079.jpg

ババ抜きでもババが来たら飛び上がって慌てちゃいそうなふうちゃんです。


2018年11月17日 (土)

せまいよぅ~。

マカロンベッドでカタツムリになっているふうちゃん、ベッドがMサイズなのでみっちみちです。

「せまいよぅ~~」

15424268351375

猫は狭いとこが好きなはず。と、あえてのMサイズです。

「いい子いい子~♪」

15424267998602


「なぜLサイズにしなかったのかふうちゃんはMサイズではないとおもうのです。」

15424267708280

昨晩、ダウンタウンのはしご酒を観ていたら、今回は店ではなく結城アンナさんと岩城滉一さん宅で!とのことでした。

15424306709660

私は寝る前にいくつか観る本を用意しているのですが、その中の一冊に、結城アンナさんの「自分をいたわる暮らしごと」があります。

15424269066028

キッチンの様子やリビングの様子を見れば豪邸であるのは分かるのですが、アンナさんの生活ぶりは至ってシンプル。

15424278359460

突然壁に絵を描いたりとなかなか自由な一面もありますが、

15424287223240

思っていたより質素な暮らしぶりです。この生活のなかに「あの岩城滉一がいるのか」と思わずにはいられない感じです。本の中にも岩城さんのお話はほとんどありません。お互いかなり独立してる感じは分かるので、きっと自由な関係なんだろうな、と思いました。

そして、この番組で「なれそめ」とか聞いてましたが、それよりも「岩城さんのどこがよかったの?」の問いの答えがよかったです。

15424269171369

「(夫は)悪いから…」
絶対そうだよな、と大きくうなずいたわたしでした。

15424269241700

ご本のなかでもアンナさんの真面目っぷりは分かるのですが真面目がつまらないのも分かっているので岩城さんみたいな旦那さんがいると気が楽なんだろうな、と思いました。ちなみに岩城さんがアンナさんをいいな、と思った理由は「歯がきれい」。この理由もいいわ。

15424269478791

それにしても、本で見ていたとはいえ、映像でみるとさらに素敵なお宅でした。

15424269648372

きれいな庭も意外なことに岩城さんがちまちまと手入れしているそうです。超意外!!

15424278459801

アンナさんほどはできませんけども、私もフルタイム勤務でももうちょっと丁寧な暮らしをしたいな、とか思うのです。毎日挑戦です。

花を飾ったり、朝は白湯をゆっくり飲んだり、寝る前はスキンケアとストレッチをしたり、そしてできればもっとバスタイムを充実させたりもしたいわけです。

15424287794451

花はまぁまぁ飾ってるほうですが。

15424269909754

「それ会社やで!会社を素敵にしてるだけやで!」

15424268509237

そうなんです、せっかく庭で咲いたバラを会社に持ってちゃうから、意外と家の中には花がなかったりします。

「あのぅ~みいちゃんの出番があんまりなんですけどもぉ…」

15424270035855

いつも部屋のはじっこで寝てるだけでカメラ向けると逃げちゃうみいちゃんです。

ふうちゃんはいつでも部屋の主のように威張って座っています。座椅子とか占領です。

「占領が基本や!隅っことか嫌いやねん!」

15420944876752

でも夜はカタツムリになってちんまりとねんこ。

15424270412757

「せまいよぅ~~」

15424268261574

狭さを楽しんでいるに違いないふうちゃんです。

2018年11月15日 (木)

はっとしてぐぅー!

ふうちゃんが寝ているこのマカロンベッド、はじめは、ふうちゃん使ってくれるかなぁ、入るかなぁ、と心配でしたが、設置して1分でねんこしました。

1542281913867.jpg

今年も出して5分でねんこ。寒くもないのにここでねんこしてます。

1542281914445.jpg

流行に乗っかって風邪をひいている私が今ちまちまと読んでいるのが野口晴哉(はるちか)の「風邪の効用」です。

1542281914909.jpg

風邪をひくたびに読んでいます。これを読むようになってから風邪で病院に行くことがなくなりました。体が蛇の脱皮なみにすっきりするし、偏り疲労も取れるし、風邪を機にあれこれ整えましょうっていう本ですが、野口先生は数時間か1日で風邪を経過するそうです。風邪の治療とはいわず、風邪を経過させるといいます。

1542281915321.jpg

風邪をひく心理なども潜在意識教育に余念のなかった先生ならではのちょっと辛口な意見も頷けるものがあります。

1542281915758.jpg

何度読んでも毎回ハッとする箇所がある本です。

1542281916111.jpg

先生の奥さまは野口昭子さんで、近衛文麿の娘さんなのですが、この昭子さんは大変普通の人なので「超能力かしら?」と思うような気の施術を行ったりする野口先生を驚きの面持ちで観察しており、むしろ私なんかは昭子さんのエッセイのほうを面白く感じます。

さてさて、この間アルフレッド・クラウスの「真珠とり」の動画をリンクしたら、まぁ、私が何回もアクセスして観ること観ること。

そんなわけで今日もリンクを貼っておくとします。

五嶋みどりさんのチャイコフスキーです。

五嶋みどり チャイコフスキー バイオリン協奏曲第1章

この音源をUSBに落として毎朝、通勤時に車で聴いています。

鶴我裕子さんの「バイオリニストは目が赤い」が大好きでベッド横に置いて寝る前に読んだりしています。

1542281917537.jpg

この本のなかで「壮大なサビのためにコツコツとつまんないパートを演奏している」というようなことが書かれており、やっぱりそうか、と思った私はこのチャイコフスキーで、壮大なサビの部分を弾けないソリストかわいそう、と思ってしまうのです。
「一緒に弾いたらええやん」と思うのです。
バイオリンを抱えてさみしそう…それともホッとひと息なのかしら…いえいえ、そんなことよりも、バイオリンに全人生捧げているような五嶋みどりさんは神々しいです。

「ハッとしてグー!」

1542281916473.jpg

「ふうちゃんを呼びましたか?!」

1542281916855.jpg

なぜか父が呼ぶとこんな顔になるふうちゃんです。

「よく呼ばれるんですが、ご用事はないみたいなんです。」

1542281917187.jpg

この反応が見たくて呼んでるだけなので特にご用事はないのです。

「ハッとしてグーてなに?」

1542281917884.jpg

相変わらずタイトル付けに迷走している私です。

1542281918318.jpg


2018年11月13日 (火)

げーじつのあき。

ブログのタイトル付けるの苦手~(汗)と、突然今さらなカミングアウト。前回はとうとう忘れたしね。

げーじつのあきでもなんでもないです。

映画の話にしようと思っただけなのです。

「どちらかというと食欲の秋ではないですか?」

1542096854549.jpg

またしてもピエールエルメのマカロン!

1542096855160.jpg

クッキーも!


1542096859367.jpg


これは芸術品なのでやはり芸術の秋なのです。

1542096855476.jpg

そして、毎晩ひとつずつ映画を観ています。それも、何度も何度も観た映画を観ます。新しい映画を開拓するのは秋ではないのです。

何度も何度も観た「キッシングジェシカ」

1542096855844.jpg

10年以上前からこの映画を色んな時期に観ましたが、ニューヨークが舞台の映画では一番好きです。何が好きってセリフが多い。そしてお洒落。音楽も意外なテーマもなんかお洒落です。

1542096856313.jpg

大好きなニューヨークの中で大好きな英語を堪能。そして色んな時期に観ていると分かるのは、わたくしの聞き取り能力です。今は大変よく聞き取れる時期です。

なぜなら「スーツ」を全シーズン見終わったばかりだから。そんな簡単なことでここまで違うと「好き」の力は凄まじいな、と思います。「慣れ」の力とも言いますが。

料理とニューヨークとパリという「好き」が重なってるのは「ジュリー&ジュリア」です。

1542096856696.jpg

実話ですしジュリア・チャイルドは本物も知ってますのでこの映画が公開された時はとっても嬉しかったです。バターは苦手ですがバターを使った料理をしたくなります。

そして「プラダを着た悪魔」と、たいへん王道。「ジュリー&ジュリア」と同様、メリル・ストリープがすごいのねぇ…。この人の映画に当たらずに映画を観るの無理じゃない?ってくらい出てますねぇ…。でも私が好きなのは助手役のエミリーちゃんです。かっちょいい英語、と思ったらイギリスの有名な女優さんの娘さんだそうです。(←なんと雑な情報)

1542096857344.jpg

主役のファッションに呆れた際に出てきたセリフが好きでこのシーンの言い回しは覚えました。使ってませんけども。

そして最後は「シングルマン」です。

1542096856974.jpg

美しいということにかけては「ピアノレッスン」以来かも。

1542096858592.jpg

賞もずいぶんたくさん取ったようです。

1542096857674.jpg

テーマは重いですが、コリン・ファースの素敵なことったら。

1542096858008.jpg

私のなかではハッピーエンディングなんですが、そこは意見がわかれるとこでしょうか?

ジュリアン・ムーアが松坂慶子にしか見えません。美しい。松坂慶子も好きです。

「松坂慶子とちゃうで」

1542096858291.jpg

大阪弁にすると深刻さが激減するのがいいですね。

定期的に予告編だけを観たりします。

シングルマン 予告編

「はよ寝ぇや!」

1542096859100.jpg

風邪ひいちゃって、早寝と生姜湯で対応してます。熱もぱぁーっと出たりして、流行りに乗っかってみました。


2018年11月11日 (日)

うつくしきふうちゃん。

寒くもないのに引き続き専用ベッドで暑さにうなされながらくつろいでいるふうちゃんです。

Dsc_6272

ミロのヴィーナスのようだわ~と撮影しまくりのわたし。

Dsc_6268

ヴィーナスの毛づくろいはたいへん和みます。

Dsc_6271

休日に歩数計を持ってお散歩、本当は街歩きで稼ぎたいところですが、今月は土日に野暮用が多く、なかなか街を歩けません。

まぁ、空とか、飽きませんけども…。

Dsc_6353

不気味な風に吹かれながらのお散歩でした。

Dsc_6351

たくさん歩いたけど、お昼にたくさん食べちゃって、プラマイゼロ、というか軽くプラスかもしれません。

近所にできた蕎麦屋さんに行きました。

Dsc_6350

850円という値段から、そんなに量はないのだろうと思ったら…ざる大盛り二枚分って感じです。

Dsc_6345

手前の天ぷらも、380円という値段から2,3個くらいと予想していたのです。父とふたりとはいえ、食べられるわけない量でした。お持ち帰りするかたもいるとのことで、そうするしかないのは一目瞭然。

あったかいきのこ蕎麦は830円でしたが、食べても食べても減らない…

Dsc_6346

でもとってもとっても美味しくて、一心不乱に食べました。もう今日一日の力を使い果たした、というくらいに。次回からは宇宙の胃袋を持つ友達の息子さんを連れて行こうと思います。

「大食い大会でしたか?」

Dsc_6337

二重窓の出窓に入ってお留守番していたふうちゃん。

Dsc_6335

美しいおめめに見とれてしまいます。

Dsc_63392

こんな美しいおめめで嘘なんかついたら、それは大変美しい嘘なのでしょうか。

「このバラ、ふうちゃんが産みました」

Dsc_6261_2

………それは美しい嘘ではなくてアホみたいな嘘ですね。

陽射しがちょうどよい具合に入ってくる出窓がお気に入りのふうちゃんは朝いちばんで出窓にてお外の鳥さんを待っています。

Dsc_6319

「絵になるわ~かわいいわ~!」なんていう声を私があげると…

「はっ!見られている」

Dsc_6326

「でも気付かないふり…」

Dsc_6325

ちょっと目をそらしたりしてかわいいです。

そんなこんなのふうちゃんを眺めながら私は朝のコーヒーを楽しむのです。

Dsc_6328

「はよ、おもちゃで遊んでくださいませ!」…実は出窓のなかにはふうちゃんのおもちゃがいっぱいあるのです。

Dsc_6331

2018年11月 9日 (金)

ちぇこのえほん。

全然寒くないのに専用ベッドで真冬ごっこしてるふうちゃんです。

Dsc_6136

たぶんモフモフしてるのがたまらないんだと思いますが、この後暑過ぎてうなされていました。

Dsc_6144

急に起こすとライオンのように襲いかかってくるのでひたすら声をかけて起こしました。

JUJUが司会?アシスタント?の番組を観ていたら、今週はチェコの絵本でした!飛び出す絵本の特集です。

Dsc_61762

最近私の中でチェコブーム再来でしたのでがっつり観ました。

Dsc_61732_2

ちょいちょい素敵な街並みが挟み込まれます。

Dsc_62313

カレル橋付近は、ちょっと歩けばヴァイオリンやチェロの演奏が聴けます。

Dsc_62162

ここは、マロストランスカナーメスティーという広場ではないかしら?

Dsc_62442

ここは建物の下を路面電車がくぐる鉄子垂涎の広場です。

どの街並みを切り取っても素敵できっと今行ったらスマホがあっという間に用量オーバーになるくらい撮影しちゃいそう。

わたしが行った頃はスマホはもちろんデジカメもなかったので、スケッチブックに妹尾河童よろしくチマチマと絵に描いていました。

15413326069875

ビールを飲みに行った有名なパブも、

Dsc_62342

ちまちまちまちまと絵に描きました。

15413325998994

20代の頃に絵を習っていたし、広告会社でイラストを描いていた時期もあり、絵を描くのは大好き。

15413325912843

夜のライトアップされたプラハ城は素晴らしいです。

Dsc_62262

そういえば、プラハに住んでるお友達さんが飛び出す絵本みたいなのをお土産に持って来てくれたなぁ、と本棚を探すと、

ありました。

15413325497848

でもよく観るとフランス語。

15413325349436

チェコ語でも読めないのでいいのですが、読めない分想像が膨らみます。

15413325669860

プラハ城や火薬塔などのお話なんでしょうか。

物語っぽい気もします。まったく読めない。

15413325417437

チェコの田舎の方はすごいレベルで英語が通じないのですが、その英語が全く通じない、他の人が何を言ってるのかさっぱり分からないというのがもうなんとも言えない解放感でした。レストランに入ってもなんて書いてあるのか分からないメニューを指差して注文です。

自分が何頼んだか全然分からない楽しさったら!値段は書いてあるのでだいたい大丈夫ですが、実際料理が来ても、一体自分が何を食べてるのか分からない、肉は鶏っぽい、とかあてずっぽうで生きてる感じがして大変愉快でとてもリラックスしました。きっと行ったことはないけどロシアでもそうなるに違いないと思う私です。先進国は失敗したりドジったりするとえらく怒られたり冷たくされたりしますが共産国は大丈夫。(←ほんまか?)海外旅行をしてるとたまに異様に軽い感じで声かけてくる人がいますがだいたいイタリア人です。軽口は聞きますが信用はしません。イタリア人を見たらだいたい嘘つきか泥棒と思え、という言葉を胸に生きています。でも世界で一番イ タリア人の顔が好きです。

昨日は会社の見学会で東大生を大勢迎えました。

Dsc_6147

半数近くが外国からの留学生でしたが、最初にぱっと目についた日本人の女子生徒さんがとっても背が高く小顔の美人、コートもきちんと秋物、かなり目をひく美人、と思ったらうしろから来た女子も同じく長身の美人さん。「オーディション制か?」とつぶやくわたし。…一生懸命勉強したのですよね。さらに後ろから金髪の女の子たち、ロシア系の美人さんで「オーディション制か?」とふたたびつぶやくわたし。

お土産に東大クッキーと、

Dsc_6149

東大饅頭をいただきました。

Dsc_6152

素敵なデザインです。

Dsc_6159_2

数年前の東大饅頭は地味でしたけども素敵なデザインになりましたね。

「ふうちゃんへのお土産はフレッシュで結構ですよ。」

Dsc_6129

なんで関西の人はコーヒーミルクのことをフレッシュって言うんでしょうね?食後のお茶の時間にフレッシュを待っているふうちゃんです。

2018年11月 7日 (水)

ことしのこーとは。

ふうちゃんは朝、お外チェックに余念がありません。あっちの窓、こっちの窓、ここの小窓、あそこの小窓、とチェックの鬼と化します。

「変わった鳥さんはいないかな?」

Dsc_6123

「緑の香りがいいですねぇ~」

Dsc_6119

私もこの小窓から木の香りを一緒にかいだりして幸せタイムです。

Dsc_61222

そろそろコートを出そうかな、と思って昨年とおととしのコートの画像なんかを見てみました。

おととし買ったコート、ヴィヴィアン・ウェストウッドのちょっと細身なコートです。

「新しく買ったものは必ずふうちゃんに見せてください!」

2018110611433

ふうちゃんが一生懸命チェックしています。

チェックの鬼のふうちゃんはしばらくくんかくんかと匂いを嗅ぎ、軽く猫パンチでさわり心地を確かめ、結構しつこいのです。

「いい子いい子~!」と大袈裟にほめてあげます。 

2018110611

コートはここ10年くらい、ゴルチエ、アナスイ、ヴィヴィアンと細身が続いています。 チビなので体にフィットさせたいのですが、体型維持に相当気を使わないと!アナスイはサイズ0なので、ヤバい!という時期がないこともありませんでした。痩せたら着る服、みたいな未来の自分に期待を寄せて取っておくスペースなど我がクローゼットにはないのです。 そして体重は変わらなくてもサイズは変わりますので、ピラティスなどで普段絶対やらないポーズであちこちを引き締めようと思っています。ケガをしたバレリーナ用に開発されたというピラティスですが、何がどうなってそのようなことができますの?というような動きも満載。できないとなるとやってないのと同じなんですけども。そしてあちこちの筋肉が弾力に乏しくて若い頃の倍くらいの負荷をかけないと効果が感じられません。

「ふうちゃんはぽよんぽよんです」

Dsc_5889

最近さんま効果か、素晴らしい弾力のふうちゃんです。

ヨガマスター顔負けのポーズで毛づくろいをするふうちゃんを羨ましく眺めるわたしです。 

Dsc_5878

柔らかいって素晴らしいですね!お肌もふっくらもちもちさせるべく毎日スキンケアしていますが、睡眠が乱れるだけでもう大変。肌荒れや不調はあれこれやるより一回深く眠ればいい、というような気もします。

「ねんこですよ!ねんこ!ふうちゃんとねんこですよ!」

Dsc_5218

そうです、癒しのふうちゃんとぐっすり眠ればいいのです。

2018年11月 5日 (月)

えらはえらいね。

カタツムリふうちゃんです。

1541417809787.jpg

朝晩はすっかり寒くなってきたので、ふうちゃんのベッドを出しました。

朝起きるときちんとカタツムリになっています。

1541417810462.jpg

でもまだ秋。さんまもまだ美味しいので…

「月曜日からさんまだ~!」

1541417810713.jpg

「ふうちゃんのもあるぅ~!」

1541417811111.jpg

「いい子いい子~ちょっと太っちゃったけどね。」

1541417813660.jpg

ふうちゃんの抱き心地がふっくらもちもち、ますます気持ちよくなったなぁ、と思ったので、体重計にのってもらいました。ふうちゃんのいつもの体重は4.3~4.7キロです。しかし、人生(猫生?)初めての5.0キロになってしまいました。

「みいちゃんのもあるみたいですよ」

1541417811462.jpg

みいちゃん飽きちゃってあんまり食べませんけどね。

そして、月曜日から、美女のわたしたちが食べたのは、美女のケーキ、

ふたたびのイスパハン~!

1541417811836.jpg

そして、赤が鮮やかなサマープディングの思い出「エラ」。

1541417812125.jpg

なかにはベリーなどが入っていてさっぱりしています。

1541417812396.jpg

今朝庭から摘んだバラを飾って。

1541417812709.jpg

バラも張り切って咲いてます。

そして、タルトアンフィニマンヴァニーユです。

1541417813028.jpg

「エラ」はみんなで味見です。

1541417813339.jpg

赤いソースがさっぱりと甘いレモン風味のムースを包んでいます。ずっと食べられそうな「エラ」でした。
それにしても先週も食べたのになんと贅沢な!
ますます美女になるわたしたちです。

今日は会社の健康診断でした。つらい腹部・胸部エコーや採血、人によってはバリウムに耐えた後のピエールエルメでした。

エコーなんてきっと楽な検査なのでしょうが病院の雰囲気が嫌いな私はそれすら苦痛。

と言いつつ、先日脳ドックみたいな、MRIをやりました。15分くらい、すごい音の中で寝てるだけですが、工事現場みたいな音。なにかに似てるなにかに似てる、と思ったらそれはライブハウスで間違ってスピーカー前に陣取った時のそれに似ていました。諦めの境地、諦め肝心。
このMRIを受けた病院が家から車で7分(計った)の金持ち御用達病院なのですが、まぁ快適。
コンシェルジュの老紳士がコーヒーを出してくれたり、ソファーは何時間座っても疲れない素晴らしい座り心地で、置いてある雑誌もお高いものばかりで結構楽しんでしまいました。なんとワインも楽しめるそうですが、病院でワイン飲みたい人はいないと見た。しかも脳神経外科ですし。

検査結果は異常なしでしたが、コンシェルジュの老紳士に「風邪で来てもいいんですか?」とか聞いてみました。どうぞどうぞと二つ返事でしたが、わたしは風邪では病院に行かないのでした。

「じゃあ聞かなくてもいいじゃん!」

1541417813991.jpg

風邪ひいたらあったかくしてねんこしてればいいのですよね。

1541417814320.jpg

風邪のひきはじめに生姜湯飲んだり熱いお風呂に入るのは嫌いではありません。

2018年11月 3日 (土)

どようはめんてなんす。

土曜日は体のメンテ、整体などなど。

朝、8枚切りのパンドミーを焼いている間、ふうちゃんのゆでたまごをほぐしてあげます。

Dsc_5983

私は録画したテレビを観ながら朝ごはん。

ゴロウデラックスを録ってありました。お初にお目にかかる宮本輝さん。

Dsc_59052

この番組は滅多にお目にかかれない作家さんが出るので要注意です。

宮本輝さんはそれほど読んだことないですけども…

お母様の自殺未遂が小説に出会ったきっかけだったという話の流れ、さすが情景、心象描写が大変うまく、映画のように目に浮かびました。懐中電灯を持ち込んで母無事の連絡を押し入れで、小説の世界にのめりこみながら待ったそうです。

Dsc_59122

この番組、ご本人の目の前で作品を朗読するのですが、新作品の一節を聞いて「なんかやっぱすげー」とアホの子みたいな独り言が出てしまいました。宮本さんの作品はほとんど読まないんですけども。

昨夜はスキンケアをしながらやはりぼーっとテレビを観ていたら(テレビばっか観てるな…)ふうちゃんが私をじーーっとまぶしい目で見つめていました。テレビの前で寝てるふうちゃんとテレビを観る私が見つめ合ってるかのようですが、私は笑いながら、さまぁ~ずの番組とか観てるだけです。

「笑っとる。めっちゃ笑っとる。平和やのぅ~」

Dsc_5945

ふうちゃんはフミフミモミモミをしてこの寝床を整えました。

Dsc_5929

熱心な後姿。

Dsc_5925

「おててかわいいねぇ~」と、ふうちゃんのかわいさをしつこく絶賛していたら、

Dsc_5948

猫パンチ飛んできました。

何度受けてもびっくりする猫パンチ。思わず「右ききかよっ!」としか言えない猫パンチです。慣れません。

お昼過ぎに整体に行ったあと、本を持っていたのでそのままコーヒーを飲みにいつもの喫茶店へ。

モカを頼んだら、まさかの豆切れ。仕方なくアメリカンにしました。

でっかいカップだ…そしてコーヒーはやっぱりここが一番美味しいです。

Dsc_5995

今読み返してる本が昭和57年のものなので、すごい変色です。

Dsc_5999

紙ってやっぱり木からできてるんだなぁ、と感心するくらいの変色。木に戻ろうとしているかのようです。

Dsc_6002

整体帰りなので眠くてたまらない私です。結構ハードな整体なのでじんわりと色んなところがゆるんで、どうしても体がリラックスモードになってしまいます。読書はやめてひたすらボーっとコーヒーを飲みました。そして整体の日は早寝してさらに整えます。(この後、家帰って口あけて30分くらい昼寝してしまいました)

「ボーっと生きてんじゃないよ!ってチコちゃんに叱られますよ」

Dsc_5873

今日もチコったわ。知ってるわエースの由来なんて。と言いつつ、「挨拶」の漢字は書けませんでした。「矢沢がムと言ってタモリがくくくって笑うのよ」ってチコちゃんのアドバイス。下らない覚え方だけど、完璧に覚えたと思います。

今日は動画です。ふうちゃんのモミモミフミフミ動画です。わたくしはもう寝ますのです。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »