« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月 1日 (日)

せんとりっくぎんざ。

すっかり春になりましたが、朝晩の気温がまだ低く、ふうちゃんはまだふかふか毛布にくるまっています。

Dsc_8683

「寒い日はあったかいお部屋できれいきれいするのが最高ですね!」

Dsc_8687

おうちは最高なのですが…ですが、出かけてしまう私です。

久しぶりに銀座へGO! まずはラデュレへ直行です。

Dsc_8855

相変わらず乙女度の高いラデュレで、

これまた乙女度の高いイスパハンと、

Dsc_8894

フレーズをいただきました。

Dsc_8895

このテーブルの風景だけで充分乙女を満喫できます。

Dsc_8888

お客さんは圧倒的に女性が多く、内装もマリーアントワネットの世界炸裂な感じです。

Dsc_8896

平日だというのに満員御礼、銀座自体がたいへん賑わっており、景気はいいんだな、と思った次第です。

途中なんとも気になるにゃんこの石像を見つけ、猫の耳の間って最高よね、なんてなでたら、 なんとこれ、恋のパワースポットだそうで…新恋人が欲しいひとはごろべえの頭をなでてね、ということらしいです。

Dsc_8899

それにしてもこんなコンクリートジャングルのなかでずいぶん素朴なにゃんこの石像を造ったもんですね。

そして私とお友達さんは銀座のど真ん中でお泊りをしました!

Dsc_8901

ハイアットセントリック銀座です。

Dsc_9026

お友達さんはお誕生日だったのでピンクのブーケを用意してもらいました。

Dsc_8906

窓の外にはシャネルが見えており、このホテルも1階はルイヴィトン、向かいはオメガです。そんなハイブランド揃いのなか、私たちが真っ先に窓辺でまじまじと見つめたのはオメガの隣の雑居ビルのオフィス。窓に背を向けた部長席の画面を一生懸命覗き込むわたしたち。部長は今日は定時でお帰りのようで、帰り支度をはじめたので「部長のハゲ頭帰りまーす」と大声で言い合う私たち。

お部屋は大胆な色使いの、外国人を意識した感じの和モダンテイストです。

Dsc_89662

洗面台はフタを開けると出現するタイプです。

Dsc_8996

必要最低限のアメニティーはあるようです。

Dsc_8997

バスルームも広々です。

Dsc_8999

普通のランクのお部屋にもネスプレッソがあるのですが、なんとここ、ルームサービスのコーヒーがないのです…ネスプレッソで対応してください、と…「あらあら、楽しみにしてたのに、朝の新聞もコーヒーもないの?」とびっくりしてお部屋係のお姉さんにも心のお声がもれてしまいましたが、お姉さんは「貴重なご意見ありがとうございます」と心優しい対応でした。

Dsc_8970

チェックイン後、私たちはタクシーを呼び、近所にある築地本願寺へ向かいました。

Dsc_8916

ここは小さい頃よく散歩していた思い出の場所なのでお友達さんを案内しました。

とても素敵なカフェができていてびっくりしました。

Dsc_8949

ほうじ茶と、

Dsc_8942

ちょっとずつ、つきだしのような小鉢がまとまったお膳を頼みました。

Dsc_8951

日が暮れてくると本願寺はライトアップされるのでさらに幻想的になります。

Dsc_8961

ホテルに戻る際、せっかくだから寿司を持ち帰ろう!ということで、市場の方に歩き出し、 途中、古い民家を見つけ、ビルの谷間で頑張って存在し続けているであろう金子さんちの玄関をこれまたまじまじと見つめるわたしたち。

Dsc_8936

金子さんち、これからもがんばってね、とエールを送りました。

ホテルに帰ると、もう一人のお友達が合流、女子三人で女子会です。

トリュフのグラタンや、

Dsc_9006

黒毛和牛のハンバーガーや、

Dsc_9001

三元豚のサンドイッチや、

Dsc_9009

築地の寿司で豪勢な感じの夕ご飯となりました。

Dsc_9003

ラデュレで買ってきたマカロンもいただいたり、

Dsc_9014

なんとなくハイレベルなのは銀座なせいでしょうか。 日付が変わるまで途切れることなくお喋り、楽しい夜となりました。

途中訪れた夜のロビーは素敵な雰囲気で、 親子ではないだろうし…一体…と謎な年齢差のきれいなお姉さんとお金持ちそうなおじさまがいるのが大変気になりましたが、ここは銀座、色々あるのでしょう…。

Dsc_9021

翌朝はホテルのレストランでビュッフェです。

Dsc_9039

ホテルの朝食で一番楽しみなのはフルーツです。

Dsc_9052

どれもこれも美味しく、なかでもメロンとみかんが最高でした。

Dsc_9051

ほとんどが外国人という感じで、ちょっと外国にいるみたいでした。

Dsc_90402

チェックアウトの際にロビーを見ると苔が…苔ってこんなにおしゃれでしたっけ?とびっくりしました。さすがですね。

Dsc_9061

素敵な思い出を胸に持って帰ってきたみかんをいただき、

Dsc_9067

ごめん寝するふうちゃんを眺め、

Dsc_9075

みいちゃんの喉のゴロゴロ音を聞きながら熟睡です。

Dsc_9073

「どこ行ってたの~?」

Dsc_9094

だいぶ慣れて来ちゃったのか1泊くらいだとあまり態度も変わらないふうちゃんです。

「まだまだホットカーペットの電源はオン!でお願いしま~す!」…一度消し忘れてふうちゃんみいちゃんが布団のなかで私の腕枕を求め、あぁこれも悪くない!と思った次第です。

Dsc_9070

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »