« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月25日 (土)

あまんのぶらっく。

梅雨の晴れ間に暑い暑い出窓で寝ているふうちゃんみいちゃんです。

Dsc_3396

暑いのがサイコーだもの~♪

Dsc_3397

まぶちぃけどサイコーだもの~♪

Dsc_3399

そしてこれまた梅雨の晴れ間にこそこそっとアフタヌーンティーに行く私…。

今年のテーマは「隙あらばアフタヌーンティー」です。

大手町タワーに入っているアマン東京のロビーラウンジでブラックアフタヌーンティーです。

Dsc_3520


大手町に10年かけて作ったという森の中にあるアマンカフェ、東京郊外に住む優之介(♀)と、栃木に住む私は…「森…わたしんちのまわりと同じかも…雑木林的な…うち、最近芝生敷いてバラとか咲かせちゃって竹林も梳いていい感じよ」

Dsc_3526

などと大手町の真ん中の森を軽くディスる私たち。はっ!となって「10年かけたんだよ!コンクリートジャングルの中に!素晴らしいよね!」と、突然我に返ってリスペクトし直しです。

カフェの前に大変素敵な人力車がありました。

Dsc_3513

アマンジャーニーと銘打って30分かけてビル街を駆け抜けるそうです。そのお値段9000円……10分ごとに「3千円…6千円…」などと浮かんで景色どころではない気がするうえ、人力車をひいてるお兄さんの肩甲骨あたりの筋肉を一番見ちゃいそう。30分9千円で延々お兄さんの筋肉に感心してる場合ではないのです。

Dsc_3514

この鮮やかな赤を保つのはなかなか難しそう…使用頻度が高い場合は。

1465663114722

いよいよ33階のロビーへGO!

6階分の吹き抜けには和紙が張ってあり、裏から照明が当てられています。

Dsc_3534

水が流れるオブジェが素敵です。

1465663119317

涼やかな琴の音色が…と、それは生演奏だったり…。

Dsc_3549

ラウンジのテーブルはほとんど着飾った若い女の子で占められており、そのかわいらしい光景にわくわくしはじめました。「いいねぇ~若くてかわいい女の子がかわいいケーキ食べてて、いいねぇ~」と私のなかにおっさん降臨。

Dsc_3604

きれいな女子たちに囲まれてなんだか幸せ雰囲気で「キャバクラ行くよね、これじゃ。」とか「堕天使ってたいてい地上の美人に惹かれて天使やめて人間の男になるんだよね」とか本当だか嘘だか分からない話で頭がいっぱいになってしまいました。

Dsc_3602

ホテル全体「和」で統一。

私たちの座った席は縁側をイメージしてるそうです。

Dsc_361

縁側にしつらえられるスコーン。

13428435_

紅茶も黒の急須で供され、

Dsc_3572

三段トレーももちろん黒で、まさにブラックアフタヌーンティーです。

13413559_

優之介(♀)はお誕生日だったのでネームプレートを付けてもらったのですが、和と言えば漢字よね、と漢字でオーダーしてみました。

Dsc_3609

セイボリーはどれもおいしく、特にラベンダーが上にのっている十勝牛などは初めての組み合わせ、頬張るとラベンダーの香りでいっぱいになり、お口の中が高級ホテルのスパになったではありませんか!

Dsc_3596

秋田のじゅんさいもさりげなく入っていたり、和の追求の仕方も渋いです。

チョコレートの帽子をかぶったゼリーや、

Dsc_3594

スコーンにつけるジャムやクロテッドクリームもとてもおいしくて驚きました。きっと宿泊の際の朝食などもとても美味しいのでしょうね~♪

Dsc_3593

2時間ほど楽しんで、トイレタイム、

Dsc_3625

高級ホテルのトイレ大好き。

来たときよりもだいぶ人が増えていました。

Dsc_3623

宿泊者だけ入れるライブラリーなどもちょっと覗いてみました。

1465663065568

そして、前回のパークハイアットでもバーに立ち寄りましたので、今回もバーへ。

Dsc_362

窓の向こうに新宿が見えるカウンターにて菅田将暉似のバーテンダーさん発見。迷いなく彼の前に座りました。車の運転があるのでノンアルコールですが、妥協許すまじ、「ノンアルで赤で甘くないので」と、オーダー。「ショートグラスでもいいですか?」と、ナイスな提案をしてくれた菅田鬼ちゃん。「もちろん!」と即答です。優之介が、「ベリーだめだから…」と言うと「柑橘系でいいですか?」とこれまたナイスな提案。その間一切笑顔なし。それが大変よろしい。自分の雰囲気をよくご存知です。

赤いカクテル登場。

Dsc_3639

薔薇の花といちごの演出に胸がきゅんとなったのは鬼ちゃんのクールな雰囲気のせいかもしれません。感動いたしました。甘すぎず何やら果肉も入っていて美味しかったです。

柑橘系は日向夏とゆず。

13427761_

あまりのおいしさに飲みあいっこするわたしたち。

夕日に染まる新宿を眺めながら…

Dsc_3635_2

すっかり暗くなるまでまったり過ごし、しめくくりとしました。

Dsc_3649

帰りにまた森のカフェを見てみると、ライトアップされてとても素敵な雰囲気でした。

Dsc_3660

実際の森であるところの我が家のまわりは真っ暗ですけど。

「今夜はお泊りですか~?」

Dsc_3467

お泊りしてみたいけど、今回は大人しく帰宅しました…ふうちゃんのいるベッドが一番ですしね。

「ふうちゃんは枕の横でねんこしてお帰りを待ってます!」…遠出したあとのふうちゃんはいつにもまして甘えん坊です…。

Dsc_3670

| | コメント (9)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »