« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

さむくなりましたねぇ。

「お久しぶりでございます。ふうちゃんへたくそながら、毛づくろい中でございます!」

Img_0347

相変わらず毛づくろいが上手にならないふうちゃんです。

Img_0348

そして、更新が滞りがちななか、アクセス数はむしろいつもより多め、という不思議現象が続いている当ブログでございます。

更新が滞っている理由が「水曜どうでしょう」の観過ぎで時間がなくなってしまって…という体たらく。決して勤勉に働いているわけでも勉学に勤しんでいるわけでもございません。

すっかり暑い夏も終わり、朝などは寒くて、ふうちゃんもホットカーペットから離れません。

Img_0364

できればカーペットカバーの上で暖を取ってもらいたいものですが、個人の好みも尊重しなくてはなりませんので生あたたかく見守っています。

Img_0361

みいちゃんはもっぱらふうちゃんを使って温まっています。

Img_0358

お礼のつもりなのか毛づくろいの下手なふうちゃんの代わりに毛づくろってあげたりしていますが…

Img_0354

みいちゃんの毛づくろいには計画性がないので、ふうちゃんはたまに無造作ヘアになっています。

Img_0360

「あたたかければそれでよいのです。」

Img_0357

ところで、冬が来る前にお外でおいしいものが食べたい、と思い立ち、ある秋の休日、森の中のカフェへ出かけました。

Img_6278

前菜の野菜は地元の有機野菜、ドレッシングも手作りです。

Img_6287

きのことお豆のスープも具だくさん、

Img_6303

ちょっと気になったのでソーセージの盛り合わせなどを頼み、

Img_6299

そして、メインのローストビーフ!!

Img_6311 

暖炉の火で焼かれたローストビーフはいつ食べても大満足のおいしさです。

Img_6308

ソースもおいしく、付け合せの野菜も肉汁をいい感じに吸ってお皿の隅々までおいしいものでいっぱいなのです。

Img_6314

森の中の空気で癒されるのかついつい長居に…コーヒーをおかわりしたりして、あっという間に2時間以上が経過してしまいます。

Img_6318 

パンもおいしかったので翌日の朝ごはん用に買って帰りました。

普段休日のお昼ごはんは適当に済ますことが多いのですが、こんな贅沢なランチもたまにはいいものです。

その翌日は質素な洋食弁当でした。とってもとっても小さいお弁当で「かわいらしい~!」と喜んで買ってきたものの、夕方にはお腹がグゥ~と鳴っていました…。

Img_0352

最近はテレビ相手に笑ってばかりでふうちゃんのお遊びの相手がおろそかになっていました。

昨日などもパソコンに向かって「水曜どうでしょう」話をするためにメールなどを書いていたら、なんだか視線が…。

Img_0381

「なんで遊んでくれないのでしょう…ふうちゃんはおもちゃを持ってきているのに…」

Img_0380

と、ナイスな場所で大変不服そうでした。

訴える為だけにこの場所を見つけたふうちゃんに幸多かれ!

そして「これではいけない!!!」と私はある空き箱を持ち出し、ふうちゃんをそこへ促し、メールを打ちながら片手で箱を揺らし、ふうちゃんをあやしてみました。

Img_6181

これにおもちゃなんかが加わればもう鬼に金棒。

Img_6171

ふうちゃんは箱とおもちゃがあれば喉がゴロゴロと鳴ってしまうのです。

Img_6172

どんなに忙しくてもふうちゃんみいちゃんがクタクタになるまで遊んでやる~!と意気込む私ですが、当然、先にクタクタになるのは私の方です。みいちゃんに至ってはふうちゃんと遊ぶのが一番うれしいようで…。

Img_0376

たまに一人でおもちゃで遊んでいるみいちゃんを見かけますが、手を出すとやめてしまうので私は「かわいいねぇ」と声をかけたり見守ったりしているのみです。

しかし、おもちゃで遊ぶみいちゃん自体がおもちゃに見えるふうちゃんは、突然みいちゃんに飛びついたりするからびっくりです。そうやってふたりのプロレスや追いかけっこがはじまるのでした…しかもたいてい真夜中に…。

Img_0304

ふたりの大運動会は夜明け頃に開会し、たいてい朝の6時頃閉会します…。私が出勤支度をしている頃にはひっくり返って寝ています。

Img_0313

「食べて遊んで、遊んで食べて、そしたらあとは寝るだけですよ~♪」…できれば運動会の時間をずらしていただきたいと切に願う今日この頃です。

Img_0321

| | コメント (12)

2011年10月14日 (金)

どうくつでどうでしょう

お久しぶりの更新です。

ふうちゃんみいちゃんは相変わらず仲良しさん、寒くなってきたこの頃は抱き合ってねんこしております。

Img_0284 

私は家の中での事がますます楽しくて、毎週休みが来ると手のかかる料理などをしています。

「これは一体…」とみいちゃんが不思議そうに見ているのは…。

Img_6096

餃子です。

Img_6103 

昼からせっせと餃子作り。

「餃子の皮ってこんなに布っぽいもの?こういうカバンあるよね?」とみいちゃんにどうでもいいことを話しかけつつ餃子作り。

Img_6091

高校生の頃「やっぱり猫が好き」の中で、日曜の夕方にみんなで餃子を作る、という回があり、それを観て張り切って餃子を作ったのが私の初めての餃子作り体験です。そして今回はそれ以来、2度目の餃子作り…張り切ってるわりには作ったことはあまりない餃子。

包み方もぎこちないですが、完成品はまぁまぁ…。

Img_6105

餃子なんてもうできてるものを焼いたって結構おいしいんだからさ、というのが餃子作りから私が遠ざかってしまう主な理由ですが、今回はどうしても包んでみたくなったのです。そして「あらやだ!破けちゃったよ!」とかやってみたかったのです。

しかし一切トラブルなし。あっけなく焼きあがる餃子。とても美味。

Img_6108

「あっけなかったな。」ということで、また次の週は難易度が高そうなお料理に挑戦。

煮豆です。

Img_6129

「お豆…」

Img_6121

地味ですがふっくらやわらかな煮豆にするのはなかなか大変そうです。

Img_6118

一晩お水につけて、お砂糖はざらめを使いコトコト煮ます。「あらやだ!焦げちゃったよ!」とか言って慌ててみたかったのです。

しかし一切トラブルなし。

Img_6148

あっけなくおいしくできました。

あぁ…もっと手ごたえが欲しい!と暇人な私は思うのでした。

しかしそんな暇人な私もにわかに忙しくなってきました。

なぜなら「水曜どうでしょう」の最新DVDが発売され、私の中だけでどうでしょう祭りが始まってしまったからです。

Img_6238

今現在で新発売の第16弾「原付東日本縦断ラリー」は7.5万枚、3億円以上の売り上げだそうで…すごいですねぇ。

Img_6243

だいぶ前にチラリと観たジャングルへの旅がなんだか妙におもしろかったのを覚えていたので、私はまずジャングルへと旅立ったのでした。

Img_0297

何も知らない大泉洋が行先はジャングルと聞いて「血清持った?血清持ったの?」と慌てる姿を観て「もう危険な目に遭う気満々だもんなぁ」とその心意気というか意気地のなさに軽く笑いがこみあげてきました。

ディレクターの藤村さんが血清なんか用意してるわけもなく、相変わらず行き当たりばったり。しかもジャングル→探検→洞窟、といった安易な思考回路で洞窟探検ツアーなんてものを申し込んでいたのでした。

Img_6352

洞窟の中の生き物の生態を観に行くツアーですが、洞窟の中になんてだいたいコウモリとかヘビとかクモくらいしかいないのです。

しかも現地のガイドさんが案内するこの洞窟、思った以上に険しく過酷。

大量のコウモリが飛び交う中、半べそで進む洋ちゃん、自分で申し込んでおきながら怯える藤村D。

Img_6353 

かわいそう…これはほんとに洋ちゃんかわいそう…猫がいても「猫がいるよぅぅ…」と先に進めなくなるくらいの動物嫌いな洋ちゃんがコウモリに怯えながら真っ暗な洞窟を這って進んでいる……かわいそうだけど…滑稽。

「これアレだよ、危険手当もらうよこれは」と最もな主張をする洋ちゃん。

Img_6355

狭い抜け道なので一人ずつしかすすめません。しかもその先は真っ暗。先頭をゆくのも怖いけど、後にひとり残されるのはもっと怖い。

思わずディレクターのくせに「オレが次だよ!」と一番安全な二番手になろうとする藤やん。

Img_6356

洋ちゃんに「いや何言ってんだよ、オレが次だよ、何言ってんだよ!」と怒られてますが、そうだよ、藤やん、タレントを守ってよ!

Img_6359

カメラマンのうれしーこと嬉野さんは一見黙々と男らしくついて行ってますが、ちょこちょこと「お願いだから足元照らして」とかカメラマンなのに「カメラ持って」と洋ちゃんにカメラを渡したり、あっさりと男らしさを放棄。

Img_6376   

そしていよいよ、出口付近、というところで大難関。すごく小さな穴から抜け出さなくてはいけません。

「これねぇ藤やん抜けないかもしれない」と不吉な発言で藤やんを動揺させるうれしー。

Img_6361

観ると本当に小さい小さい穴で、ちょっと太めの藤やんが抜けるのはつらそうです。抜けられないとなるとどうするんでしょうか…。

「デブはダメかい」…と力なくつぶやく藤やんですが、突然…

「デブでヒゲはえてたらダメなのかよ」と雄叫び。

Img_6367

突然の雄叫びに「ヒゲ関係ないでしょ!」と思わず笑う洋ちゃんたち。本当にダメなのかもしれない抜け穴をするりと洋ちゃんが抜けるのを観て怒りが爆発してしまったのでしょうか?

ミスターは先にするするとガイドさんと進んで、後に残された3人は軽く小競り合いです。

タレントである洋ちゃんが先に行くのは当然かと思っていたのに…。

「え?なんでおまえ先に行くんだよ!」と嬉野さん。

Img_6369

「大泉くん一番うしろ行きなさいよ」と藤やん。

Img_6371

全然タレントを守らないふたりのディレクターに洋ちゃんも怒り心頭です。

「オレを残すなよ」と泣き言をいう藤やんですがこのツアーを申し込んだのは藤やんなんだから残されても仕方ないです。

Img_6378

「藤やんはゆっくり後から来なさいよ」

Img_6384

洋ちゃんにそう言われても当然なのです。このツアー申し込んだのは藤やんなんだから。

そして罵り合いのなか一番後ろを歩かされた藤やん。

「残された身になってごらんよ。後ろにはヘビがいるんだから」

Img_6395

そんなこと言ってもムダです。このツアー申し込んだのは藤やんなんだから。

やっと洞窟の外に出られた一行に

「みんな大丈夫だった?」

Img_6397

何事もなかったかのように爽やかに声をかけた藤やんですが、

「うるさいよ!」

Img_6398

みんなの罵声を浴びました。

「なんの刑だよ?これは」と怒れる洋ちゃん。

Img_6400

クモやヘビの生態ではなく、意気地のない人間たちの生態を見せられ、腹がよじれそうなくらい笑いました。

「相変わらずの爆笑ですねぇ」と横でふうちゃんもあきれ顔です。

Img_0294

「ゆうおねいさんが家でおこもりしてくれるとふうちゃんも嬉しいです」…当分どうでしょうお籠り週間が続きそうです。

Img_0298

| | コメント (4)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »