« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

ねじねじだいかんげい。

ある日曜日、ふうちゃんは大きな箱を発見しました。

「これは!レグザですね!ふうちゃんが設置しますか?!」

Img_2443

「お!?どなたかが設置なさるの?」と、電気屋さんを発見して興奮しはじめるふうちゃん。

Img_2452

「あ!ねじねじ!」

Img_2461

新しい電化製品にはコードなどをまとめるねじねじっとした針金がついているものです。ふうちゃんはこれを前にすると我を忘れてしまうのです。

しかし電気屋さんのおじさんのことも気になりそわそわしています。

「おでんきやさん、こんにちは。ふうちゃんと申します」と大変丁寧にごあいさつ。

Img_2556

「おでんきやさん、においかいでもいいですか?」と積極的なふうちゃんです。

Img_2559

そして設置中はお手伝いも忘れません。

Img_2478

「おでんきやさん、そうですよ、その配線はそっち、それはあっちですね。」

Img_2484

と、いつの間にかみいちゃんもお手伝いです。

電気屋さんも「ずいぶん人見知りしない子たちだねぇ。」と不思議そうにふうちゃんみいちゃんと接していました。

電気屋さんがコードをまとめるねじねじを手にしたので、私は「それ適当にその辺に投げてやってください。」というと電気屋さんはふうちゃんに手渡しでねじねじを差し出してくれたのです。

「ひゃっほ~~~い!!」とねじねじをくわえて走り去るふうちゃん。

Img_2507

ダイニングテーブルの下でねじねじを落として、ますますエキサイト。

Img_2509 

電気屋さんも「どうしたんだい?!あんなに興奮して大丈夫かい?!」と心配までしてくださいました。

Img_2498

心配になるような野性味のない遊び方でねじねじを満喫中。

Img_2494

ねじねじを捕え興奮が止まりません。

そして「食べてやる!食べてやる!」と食べてしまいそうになるのを巧みに取り上げまた投げてやります。

Img_2496

「逃げたな~~!!」と追いかけるハンターふうちゃん。

Img_2514

そしてくわえてきて床にわざと放置、狙いを定める自作自演のハンターふうちゃん。

Img_2516

「とぉーーー!!!」

Img_2517

しっぽもピンとして興奮ぶりがうかがえる一枚です。

Img_2518

そしてしばしお休み。よく聞くと息が切れてふぅふぅ言ってます。

Img_2522

「おでんきやさん、もう一回投げてくださいます?」

Img_2538

「お帰りになるんじゃないですよね?!」

Img_2540

電気屋さんも無事テレビの設置を終え、お茶を飲んでお帰り支度です。
「こりゃ~すごい遊び方だ、よそんちの人がいても平気なんだねぇ。」と褒めてるんだか呆れてるんだか分からないコメントを残してお帰りになりました。

そして私はお昼ご飯に冷やし中華をいただき…。

Img_2568

ふうちゃんみいちゃんはお昼寝タイムです。

Img_2577

午前中は大興奮でしたが午後はずっとお昼寝です。

Img_2587

「ふうにいちゃんの遊ぶ姿は豪快でみいちゃんは見守るしかないのです。」

Img_2601

素晴らしい寝姿です。

Img_2607

「我が家のテレビ、すっかり地デジ化です。」…ふうちゃんみいちゃんは工事のおじさんや集金のおじさんが大好きなので楽しい日曜日になりました。

Img_2582

| | コメント (15)

2011年5月21日 (土)

きゅうじつはどうでしょう。

  「近頃お部屋の中に鳴り響く脱力なあの音楽は一体なんでしょう?」

Img_2025

「なんか笑い声とか聞こえてきて…ふうちゃん眠れないんですよねぇ。」

Img_2022_2

「ゆうおねいさん、テレビ観すぎなんじゃないですかねぇ。」

Img_2033

確かに近頃の私はテレビを観すぎです。
しかし反省などは一切なしで、引き続き「水曜どうでしょう」です。私はシェフ大泉のお料理を見届けなければなりません。

さて、1回目に開墾したどうでしょう農園、

Img_2204

無事収穫を迎え、なかなかの豊作でありました。

Img_2224

やっとやっと、近所の料理専門学校のキッチンを借りてシェフ大泉も腕をふるう時が来たのです。ここまで2か月、本当に長い道のりでした。

Img_2233

ミスターやonちゃん、料理の先生が見守るなか、スタートしたシェフ大泉ですが…。

「料理開始から1時間経過」…しかし未だ下ごしらえの段階。

Img_2239_2 

「普通ならこれはどのくらいでできるんですかね?」という質問に「10分ですね。」とはっきり答える先生。

ちょっと手元がごちゃごちゃ汚い、と衛生面まで先生に指摘されると。

「大丈夫、今日は何を食べてもへっちゃらな、試食がプロな人たちだから。」

Img_2250

「片っ方の人は死んでもいいヤツだし。」

Img_2260

黄色いプロこと、onちゃんは今回は簡易onちゃんとして黄色い全身タイツで参加です。

Img_2265

それにしても長い!出来上がらない!何をどうしたらこんなにかかるのか、不思議なことにシェフ大泉の手は決して休んでなんかないのに…。

「料理開始から3時間経過」待ちくたびれて顔色まで悪くなる面々。

Img_2281 

手元を見る限り、おいしいものにありつける様子もなしで、待ちくたびれる甲斐もなさそうです。

ちょっと焦ってきたシェフ大泉は世間話でもしようとonちゃんであるところの安田さんに話しかけてみたりして…。

「安田さんはあの…あれですか、もう札幌長いんですか。」

Img_2284

「えぇ、ここに来てからかれこれ3時間ぐらい…」と力なく答えるonちゃん。

Img_2292

やっと出来上がってもまるで死刑を待つような気持ちの試食のプロたちです。

Img_2267

「執行人登場」

Img_2273

「料理開始から4時間経過」

Img_2297

夏野菜と鯛のパスタ。そんなに失敗のなさそうなお料理ですが…。

Img_2299

「辛ぇ」

Img_2302

「あっ辛ぇなぁ」

Img_2303

そうか、辛いという失敗があったか、こんな簡単な料理でも!と新鮮な驚きに胸うたれた私です。

シェフ大泉はこの反応に納得がいかず自らも試食。

Img_2309

「おぉ辛っ」とえづきました。

Img_2310

えづくほど辛いって一体…。

Img_2311

そしてこれはメインではないので、メインの料理までまたしばしの待ち時間が…。

「ひどい仕打ちだよねぇ。」待って待ってそしてまずい料理を食べさせられる、ひどい仕打ちだよねぇ。

Img_2319

「メインの仕打ち」

Img_2323

「夏野菜の料理 びっくりカルツォーネ風(青トマトと米を詰めた鯛のパイ包み)」

Img_2326

自分で作ったわけでもないご自慢のパイ生地が登場です。

一口食べたミスターは本能でお声を出してしまいました。

「うわぁ」

Img_2327

そしてシェフ大泉にも試食させると…。

「おぉぉう」

Img_2332_2

「これはまずい」

Img_2335

と、一瞬で納得のまずさだったようです。びっくりカルツォーネ風、ある意味びっくりでしたね。

そしてやっと最後のデザートです。

「カボチャとスイカのonちゃん」…お皿を焼いたときに作ったonちゃんが載っています。

Img_2338

簡易onちゃんは決してかわいいとは言い難い黄色いタイツのただの若い男なのでonちゃんと言われてもなんだかピンとこないシェフ大泉。

「onちゃんですね」

Img_2340

と、一応確認。

このスイカは大好評で「甘い!うまい!」とまるで初めて食べ物にありついたぞ!という感じのふたりなのでした。結局切っただけのスイカが一番好評でした。

Img_2344

ところでonちゃん、私はずっとHTB(北海道テレビ)の社員さんか何かだと思っていたら、俳優さんなのですね!しかも近頃ちょっと私も気に入っていた俳優さんだったのです!

朝のテレビ小説やら日本テレビのドラマやらで見かけた2枚目なんだか3枚目なんだか分からないあの俳優さんかっ!とびっくり仰天です。安田顕、痩せたのか老けたのかとにかくonちゃん時代よりかなりハンサムになっています。

Img_2402

そういえばonちゃん登場の時は必ず安田さんって書いてあったわ…安田顕の安田だったとは!!

Img_1111

出世したんだねぇ!大泉くん同様、出世したんだねぇ!!そして知らないって楽しい!!私、水曜どうでしょうに関して、相当初心者です!これから沢山知らなくてはならないことがありそうで楽しみです!

「ふうちゃんたちのお写真をもっともっと載せてください!」

Img_1860

そうでした、そうでした。

休日の朝ごはん時にふうちゃんにヨーグルトを舐めさせては「かわいいのぉ~♪」などと撮影したものなど、地味ではありますが、ふうちゃんみいちゃんのお写真だって沢山撮ってるんですよ。

Img_2105

決してテレビ画面にだけカメラを向けてるのではないのですよ。

「ふうちゃんをおいしいもので誘っては撮影しているゆうおねいさんなのですよ。」…あんまり沢山はあげられないのでかわいそうですが、いい表情をしてくれるのでついおいしいものでつってしまいます…。

Img_2116

| | コメント (6)

2011年5月13日 (金)

しょうぶゆでしょうぶ!

「えぇぇ!!あれはなんだろう?!」

Img_1945

ふうちゃんは連休のある日、びっくりおめめでお風呂を見ていました。

5月5日の子供の日にお風呂に菖蒲を浮かべたのです。

「こ、こわいけど…こわいけど…ふうちゃんはいざ進むのです!」

Img_1919

と、へっぴり腰で進むふうちゃん。

Img_1931

「ふうにいちゃんがゆくのならみいちゃんだって!」

Img_1886

ふたりの間にピンと張りつめた空気が…。

Img_1894

私はさっそく菖蒲湯につかり、怖がるふたりを湯船から観察です。

Img_1953

「すごいへっぴり腰ですねぇ~。」

Img_1966 

ふうちゃんはこわおもしろいのか絶対に逃げません。

「菖蒲と勝負だ!」という心意気です。

Img_1964

へっぴり腰ですが。

Img_1967

こうやってずいぶん長いこと裸んぼうで撮影してしまいました…。

楽しい子供の日となりました。

さて、またしても「水曜どうでしょう」です。

Img_1451

大泉シェフの夏野菜スペシャル2回目!1回目は畑を開墾などと気の長い企画でしたが、今回こそ青空キッチンで料理だねぇ~!とどうでしょう初心者の私は思っていたのでした。

シェフ大泉もやる気満々でフライパン選びです。

しかし…。

Img_1452

「食器は?食器なくちゃ!食器にこだわるよね?!気に入った皿でさ!」とやたらと皿のことばかり言うディレクターの藤村さん。

Img_1455

何か気付いたシェフ大泉。

Img_1460

皿を作らされる気配…またもやお料理できず。

Img_1463

何も知らなかったわたくしも若干無念…今日もまたシェフ大泉の料理はおあずけです。

前回に引き続き知り合いのイタリア料理店の店長さんにパイ生地練ってもらっていたシェフ大泉。またもやパイ生地は無駄に。

Img_1468

自分で作ったわけでもないご自慢のパイ生地を手に必死に料理をさせてくれ!と懇願。

2回も続けてだまされ料理をさせてもらえない大泉シェフをなぐさめるonちゃん。

「まぁまぁ。」

Img_1513

「なぐさめんなよ!」

Img_1514 

罪なきonちゃんに八つ当たりする大泉シェフ。

Img_1518

凄まじい荒れようです。

Img_1524 

車に乗せられまた移動。

大泉シェフは料理はさせてもらえず、皿を焼きに行くんだねぇ~。

「オレは今から皿を焼きに行くんだ」

Img_1484

そして、ふてくされ、怖いことを言い出すシェフ大泉。

「藤村く~ん。君の肉親をオレはどんどんおみまいしてくぞぉ。」

Img_1488

藤村D:「家族に手ぇだすなよ」

Img_1489

そうだよ、大泉くん、家族に手を出しちゃダメだよ!

「選べよ、子供か?母親か?」ともっと怖いことを言い出すシェフ大泉。母親まで?!

なんとか気持ちを入れ替え陶芸家「半角斎」として再登場。

Img_2092

えらいえらい、がんばれ~大泉シェフ!もはやシェフじゃないけれども。

ミスターは弟子「胡散く斎」として参加。

Img_2062

そして指導してくれる人にむかって「心気く斎」などと命名。

Img_2067 

onちゃんは?と思ったら…

Img_2070

「白菜」

Img_2071_2

……私はとうとう「水曜どうでしょう」のDVDまで買って、連休中は延々「どうでしょう」な日々でした。

「10連休なんてあっという間に終わってしまうんですねぇ~!」

Img_2050

「ふうちゃんたちは毎日お休み、ゆうおねいさん毎日お仕事お疲れさんです。」…連休明けのフル出勤はきつかったですが、ふうちゃんみいちゃんを眺めてるだけで、明日もがんばるぞ~!と思えるのです!!

Img_1860

| | コメント (15)

2011年5月 4日 (水)

みいちゃんおめでとう~~!!

「みいちゃんは5月1日に1歳になりました!」

Img_1627

みいちゃんを保護したのは6月ですが、その際に病院で「生後1か月くらいですね、5月の連休に生まれたのかな?」とお医者さんが言っていたのを受け5月1日をみいちゃんの誕生日にしたのです…が、それを…忘れていました…。

Img_1613

「5月1日は中森明菜のデビュー日でもありますねぇ。」と、みいちゃん。そうでした。そのこともあって5月1日なら忘れますまい、と思っていたのですが…忘れました…。

私は急いでケーキ屋さんへ行き、みいちゃんにケーキを買ってきました。が、みいちゃんはことごとく人の食べるものは何も食べられず、ふうちゃんが大好きな生クリームさえ口にしようとはしません。

「はっぴば~すっで~みいちゃ~ん♪」

Img_1549

「はっぴば~すっで~みいちゃ~ん♪」

Img_1541

「いい香りっ!」

Img_1556_2

「はっぴば~すで~でぃあみいちゃ~~ん♪」

Img_1543 

「うまっ!」

Img_1557_2

「はっぴば~すで~みいちゃ~~~ん♪」

Img_1545

「いや~ん、これ取って~~~食べられな~~い!」

Img_1558

みいちゃんケーキに興味なっしんぐ。ふうちゃんを喜ばせてしまいました…。

お誕生日は、ふうにいちゃん自ら箱に入ってみいちゃんを遊ばせてくれたりしました。

Img_1643

「このおてての攻撃力は…。」

Img_1647

結構本気モードで箱の中から攻撃するふうちゃん。

Img_1674

「びよーん!」と飛び出る腕にびっくりしてちょっと怒るみいちゃんです。

Img_1666

「怖いっちゅーの!」とがぶり。

Img_1667

ますます怒れるふうちゃん、びよーんとのばした腕はかわいいですが、爪が出ています。

Img_1682

長いことこうしてふたりで遊んでいましたが気付くと…。

「腕の色が変わってる!!」

Img_1693

いつの間にかみいちゃんが中に入ってふうちゃんの真似をしていました。

Img_1694

しかしかわいそうなことにふうちゃんはもうこの部屋にはいませんでした…。

「ひとりずもう…ちーん。」

Img_1699

みいちゃんはふうちゃんのことが大好きなので、ふうちゃんが一人寝をしていても必ずどさっと隣に寝ます。

「ふうにいちゃんあれはなんですか?」

Img_1416

「あぁ~あれは、ほら、あれですよ。くるくるまわったりするあれですよ。」

Img_1418

みいちゃんの視線の先にあったのはフィギュアスケートのテレビ放送でした。

Img_1424

白いリンクをくるくるまわるスケート選手に釘付けです。

Img_1419

「ゆうおねいさん、これどういうことですか?めっちゃおもしろいんですけど!」

Img_1436

「おぉ!おてて振ってる!」

Img_1439

「おもろ~~~~~い!!」

Img_1434

フィギュアを満喫したみいちゃんでした。

さて、そろそろお庭で過ごすのも楽しい季節、スタバのラテなんか買ってお庭でふうちゃんと和んだりしています。

Img_1724

ふうちゃんは普段お外には出ていないのでお外が怖くて足がすくんでテーブルの上から降りられません。ちゃことは違って外でこうしてお茶をするには絶好の相手なのです。

Img_1744

ちなみにみいちゃんは怖くて怖くて怖くて絶対にお外には出られないようです。

「お外って変わった香りがしますよねぇ~。」

Img_1747

お外で観るふうちゃんはちょっと緊張したお顔をしています。野生が目覚めるのでしょうか。

Img_1746

しかし野生が目覚めても鳥などは取ってこれなさそう…。

Img_1748

「ワイルドな大地でパジャマ着てる」って感じの違和感があります。

Img_1717

やっぱりお外は怖くて怖くて…玄関向かって走って帰ってしまいました。

「ここで観ててあげますから。」と遠くの窓から庭でお茶する私を見つめていました…。

Img_1763

「みいちゃん無事1歳になり体重も3.4キロ、立派になりました!!」…体も大きくなりましたが、態度はもっともっと大きくなりました!!

Img_1447

| | コメント (22)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »