« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月26日 (土)

となりのしばふ。

「これはふうにいちゃんのキャリーバッグです。」

Img_9778

「みいちゃんの?みいちゃんのは…。」

Img_9779

みいちゃんは、ちゃこねえさんのおさがりを使っていたのですが…体当たりして壊してしまったのです…。

そんなわけでみいちゃんはふうにいちゃんと共有していました。

「じごーじとくって言うんだそうです。」

Img_9777

しかし、地震警報が鳴るたびに、ふうちゃんとみいちゃんをキャリーに避難させていたのですが、ふたりがあまりにおとなしく上手にキャリーに入ってみっちみちになっているのを観たらちょっとかわいそうになって、もう一つ買ってきました。キャリーも地震以来品薄なのです。

「それにふうちゃん、じごーじとく関係ないし。」

Img_9780

「そっちのキャリーの方がいいなぁ~。」

Img_9791

みいちゃんは隣の芝があおく見えるタイプなのです。

ふたりで並んで入ってると長屋のようです。

Img_9793

いつも一緒に寝てくれてると一気にキャリーに入れられるので大変助かります。

「ふうにいちゃんのおケツはあったかいんですよねぇ~♪」

Img_9798

「みいちゃんは小さいとはいえ、こんなに寄りかかられると結構重たいんです。」

Img_9800 

「ま、あったかいから別にいいんですけどね。」

Img_9797_2

ウサビッチにハマっている私ですが、最近の私はお金持ちならぬ、ウサビッチ持ちです!パズルやペンケース、靴下や携帯ケース、とにかくウサビッチグッズはかわいいものが多いのです!

Img_9913

「しかもこれ全部しのぶちゃんからのプレゼントなんですよね。」

Img_9918

さすが都会のO宮に住むしのぶちゃん、ウサビッチグッズが沢山売っていたそうです。

ウサビッチのかわいさはふうちゃんみいちゃんのかわいさに通じるものがあります。

Img_9807

「ふうにいちゃんの寝相って…。」

Img_9811

3月末なのに寒い日が続いているので、ふうちゃんは毛布の中などでねんこしています。

Img_0288

毛布をめくるとそこにはキラキラのおめめをしたふうちゃんが…。

Img_0292

「早く暖かい春になるといいですねぇ~♪」…暖かい春をこえて、あんまり暑い夏にならないことも祈りたい気持ちです…。

Img_0209

| | コメント (15)

2011年3月18日 (金)

おもちゃでだいこうふん!

ふうちゃんのお誕生日のお楽しみはまだまだ続いているのでした。

お誕生日当日は大好きなモンプチ・ビーフのテリーヌで優雅にお食事。

Img_0355

そして今度は私のお友達さんがふうちゃんへの誕生日プレゼントを持って遊びに来てくれました。

「お誕生日プレゼント?!どこ?どこ?ここ?」

Img_0379

「ふうちゃん、こっちがプレゼントです!そっちはただの袋です!こっちがおもちゃなんですってば~!!」

Img_0380

「あ、こっち?」

Img_0382

「こ、これは!!!」

Img_0399 

「ふうちゃんは知っているのです!」

Img_0407_2

「これはキックして遊ぶおもちゃなのです!」

Img_0426

「ふうちゃんのキックが炸裂しますよ~!」

Img_0428

「とりゃ~!」

Img_0412

「ふぅ…今日のところはこれで勘弁してやりますよ…。」

Img_0436

さりげなくみいちゃんにおもちゃを譲る気の優しいふうちゃんです。

Img_0478_2 

「では次なるおもちゃを…。」と、おててに毛糸のおもちゃを置くと…。

「こ、これは!!」

Img_0444

「こうしてあそぶんでしょうか?!」

Img_0471

「ち、ちがうようですね…。」と、おててにとって調べるふう博士。

Img_0473_2

「みいくん、君、これの扱いが分かるのですか?!」

Img_0455_2

「みいくん、危険なものだといけないから、私に見せなさい。」

Img_0458

「コロコロと転がってなんと興味深い!!これは一体?!」

Img_0460

ふう博士の太ももって大変かわいいです。

Img_0469

私が毛糸をくるくる回すとふうちゃんみいちゃん同時に追いかけっこが始まってしまい大変な騒ぎで撮影どころではなくなってしまいました…。

ドタドタドタドタ!!と大騒ぎしたあと一休み。

「お友達さん、ちょっと休憩するから、しばしご歓談して。」と、いきなりの休憩モード。

Img_0489

そしてのろのろっとふたりでふとんに向かった、と思ったら…。

「爆睡です…。」

Img_0501

「ふうちゃんたちもうグロッキーです!!」

Img_0506

「今日はよく遊びましたねぇ~。」

Img_0269

「やっぱりおもちゃって楽しいですねぇ!」…ふうちゃんみいちゃんにおもちゃを与えるととんでもない大騒ぎになることが分かりました!!

Img_0281 

| | コメント (15)

2011年3月16日 (水)

にさいのおたんじょうび!

    「ふうちゃん本日2歳になりました!」

Img_0191

「最近ちょっと仕草がおっさんっぽい、なんていう噂があったりもしますが、ふうちゃんはまだまだ少年です。」

Img_0193

大変な地震を経験したふうちゃんですが、お誕生日会は3月に入ったときに、しのぶちゃんも交えて行っていたのでした。

Img_9819

しのぶちゃんの旦那さんのYさんもなんと同じお誕生日!合同お誕生会となったわけです。

「お誕生日が同じ者同志仲良くね♪」と声をかけると、ふうちゃんも遊んでもらう気満々で、おもちゃなどをくわえて来てハッスルです。

Img_9839

「あれは一体……。」

Img_9834

「2歳と39歳でお祝いです!」

Img_9828_2

「っていうか、ふうちゃん食べられないし…。」

Img_9835

一応、ケーキの箱をふうちゃんに見せてから「これでお祝いね。」などという人々。これみんな私たちの胃袋におさまりました。

Img_9816

「ふうちゃんはモンプチ、ビーフのテリーヌをいただきました。」

Img_9808

そして、みんなで鍋などを囲み、賑やかにおしゃべりをして、次々にデザートやら果物を食べ、終電を逃したしのぶちゃん夫妻…。

この後ふうちゃんは、しのぶちゃんの旦那さんYさんに遊んでもらい、大喜び!すっかり男子同志、気が合ってしまったようで…。

「一緒にねんこ?!」

Img_9873

なんとちんまりとYさんのお腹のところにうずくまりねんこしてしまったのです。

Img_9881

ちょっとジェラシー!

Img_9886

「お誕生日くんたち仲良しだねぇ!」としのぶちゃんがちょっかいを出すと、ふうちゃんの喉がごろごろごろごろ~!と大きく鳴りはじめました。

Img_9891

「ふえぇ~~これだから人気者ってやめられないのねぇ~~♪」とアイドル気取りのふうちゃんです。

Img_9889 

みんなで雑魚寝して朝は遅く起きてブランチ、休日の朝にサンドイッチを食べるのがブームの私が朝食を担当です。

Img_9903

コーヒーをいれて朝からゆ~~~っくりといただきました。ゆ~~~っくりしてまた電車を逃さないよう注意が必要ですが、午後は近所のカフェでお茶しよう、なんてことになりました。

もうすぐ家を建てるしのぶちゃん夫妻はインテリアに興味津々なのでした。

Img_9905

「パフェとかデザートとか行ってみよう!」とまたまた糖分を補給。

Img_9912_5 

果物をきれいに切ってあって素敵です。

Img_9908_2

カフェラテを飲んでるしのぶちゃん、たしか昨日、うちに来る前に寄ったカフェでもカフェラテ…。

Img_9907

家に来る前に栃木の蔵の街に出かけていた私たちなのです。ひな祭り前だったので道端にひな人形がかざってあったりしました。

Img_9790

栃木に行ったら必ず寄るカフェで一休み。

Img_9779

Yさんはお昼ごはんとしてカレーを。

Img_9782

しのぶちゃんはロールケーキとカフェラテを頼んだのでした。

Img_9786

私はお腹いっぱいだったのでアフタヌーンティー。

Img_9784

こうして二日間でものすごい量の糖分をとった私たちですが、喋ったり歌ったりとにかく騒いだのできれいさっぱり消費したように思われます。

「騒ぎましたよねぇ…。」

Img_0200

「っていうか、ふうにいちゃんスペシャルとはいえ、みいちゃんの出番が少ない…。」

Img_0201

みいちゃんはふうちゃんと違い、接待が少し苦手です。それでも抱っこされるとその身をクネっと任せてくれるのでお客様の間ではなかなか好評です。

地震の後は丸一日全くおもちゃで遊ばなかったふうちゃん、2日目の夜にはだいぶリラックスして、おもちゃを見るとキラリとその目が光り、ハッスルするようになりました。

Img_0164

みなさんご心配おかけしました。お見舞いのお言葉も本当にありがとうございました!

「ふうちゃん2歳になってもますますパワーアップしてお遊びしたいと思います!」

Img_0169

| | コメント (17)

2011年3月12日 (土)

ごほうこく。

みなさん、ミクシィメールやお電話などでのお見舞い、本当にありがとうございました。

余震が続くなか心細い思いをしていましたが、連絡をいただき、本当に心が落ち着きました。携帯がつながりにくいなか、ミクシィメールはいつも通りつながり、とても助かりました。

地震の3日前、みいちゃんはお年頃なので避妊手術を受けたばかりなのでした。

Img_0087

無事手術を終えて、母が迎えに行きました。病院では大人しく、先生にも褒められるくらいいい子にしていたみいちゃん、車に乗っても、うんともすんとも言わずにいましたが、なんと家のまわりの林が見えた途端に!!

「うちじゃーーーん!!」

Img_0088

「うちじゃーーん!!」

Img_0089 

と、大声で鳴いたそうです。

母が「家が一番なんだねぇ。」と、感慨深そうにしていました。

その母が、地震の前の日、不気味な雲を見つけて撮影していました。

Img_0092

この画像だとわかりにくいのですが、境目の色が妙で、昔「こういう雲の時は地震がくるよ。」と教わった時と同じ雲だ、と思って撮影したそうです。

さて、地震当時、私は会社にいたのですが、あまりのひどい揺れに家が心配になり、課長にも「ふうちゃんが心配!」と伝え、すぐに帰宅させてもらいました。

家の玄関は引き戸なのですが、鍵が外れ、玄関が全開になっていました。

それを観て血の気が引いた私は半泣きでふうちゃんみいちゃんの名前を呼びましたが、全く気配なし…こんなに家の中に猫の気配がないのはちゃこが亡くなって以来初めてなので私は大泣きしながら外でふうちゃんの名前を呼びました。

隣の奥さんが出てきてくれて、大泣きしながら事情を話すと「猫は大丈夫!こんな時にそんなに遠くには行かないから!落ち着いて!家の中に絶対いるから!」と必死でなだめてくれて私はやっとまた家に入りふうちゃんの名前を呼びました。でも全然姿が見えないので「家に入ると外にいるような気がして、外に出ると家にいるような気がする…」と、どうにも落ち着かず、それでも家中を声をかけつつ探すと、ふうちゃんが耳をふせてまんまるおめめで押し入れから、みいちゃんと一緒に顔を出したのです。

後ろ足がぷるぷる震えていました…ふうちゃんを抱きしめるとその震えが私にまで伝わり、よほど怖かったのだろう、と私はさらに泣いてしまいました。隣の奥さんに急いでふうちゃんたちが見つかったことを伝え、玄関の戸に「このヘタレ扉が!」と悪態をつき、再び家に戻ると…家はいろいろめちゃめちゃだったのです…。

ブラウン管のテレビは畳の上へ。

20110311172539

神棚も落下。押し入れは勢いよく開いて中のものは全部飛び出していました。しかしこの押し入れのおかげで、ふうちゃんみいちゃんはその後何度か来た余震中もここに避難できたのです。ありがとう!押し入れ!ここは普段も二人の楽しいプレイグラウンドなのです!

20110311172610

壁にかけたものはほぼ落下で、高いものほどよく落ちていました。

私の部屋のクローゼットの本も…。片付けることを想像してぐったりです。

Img_0094

「す、すごいことに…ふうちゃん探検してもいいですか?」

Img_0096

片付けてる間中、クローゼットで探検しているふうちゃん、やはり家族がいると安心なのか私たちの後をついてまわり、トイレにまでついてきます。

みいちゃんはお布団にもぐったまま朝まで出てこないかわりに、出てきたらケロリとしていました。

余震が続き、夜中も朝方もわりと大き目の揺れを感じましたが、私は久しぶりに大声で泣き、そしてそのあとほっとしたせいか、ものすごい睡魔が襲ってきて熟睡してしまいました…本当はこんな時は熟睡してはいけないのかもしれませんが…。

朝、新聞を取りに行くと、いつもの産経新聞ではなく下野新聞が入っていました。きっと流通の関係でこれで間に合わせたのでしょう…国道は信号が壊れて大渋滞でしたから…。

Img_0105

余震は今これを書いている間もありますが、とにかくふうちゃんみいちゃんを守るためにも色々気を配って乗り切ろうと思います。

コンビニにはパンもお惣菜もお弁当もないので、ガスや電気がなくなったら大変なのですが、今のところライフラインは無事です。このまま日常に戻れたら、と願うばかりです。

Img_0109_2

丸一日、全く毛づくろいもせずぷるぷる震えてたふうちゃん、翌日夜、やっと元の調子に戻ってくれました。

Img_0118

おもちゃを見せてもぷるぷる震えてた昨日とは大違い、本当に良かったです…。

Img_0119

| | コメント (20)

2011年3月10日 (木)

よこく。

次の更新はふうちゃんのお誕生日、3月16日にしますのでよろしくなのです♪

Img_4273

|

2011年3月 6日 (日)

ねんこすがたをぱぱらっち。

最近のふうちゃんは、毎晩私の部屋のホットカーペットの上に作られた、ひざ掛けを丸めただけの簡易ふうちゃんベッドで寝ています。

Img_9661

朝目が覚めたときにお隣で寝ているふうちゃんの寝顔がかわいいと、そのままデジカメを手にして撮影を始めます。

Img_9717

近々ベッドを購入しようとしている私が「やっぱり布団ライフの方がいいかな。」と思う瞬間です。

Img_9725

お布団で寝ているとふうちゃんと目線も同じなので朝は目が覚めてそのままふうちゃんの寝顔を眺めることができます。

Img_9718

「ほげぇ…朝からパパラッチですか~。」

Img_9722

さて、先日遊びに来てくれたSO!ちゃんがまたまた遊びに来てくれました。

「バーバリーのバッグで出張です。」

Img_0034

と、サラリーマンの練習をするSO!ちゃん、あと2か月ほどで1歳になります。

Img_0035

SO!ちゃんのママはお料理が苦痛、と言いながらとてもおいしいごはんを作ります。

Img_0053

今回もおいしいミートソースをランチとして持ってきてくれたのですが、きのこも人参もきれいに刻んであり、それはそれはおいしいミートスパゲッティでした!普通よりかなり上ランクです。

これでお料理苦手とは…自信なさげに漢字テストに参加して最後の難問まであっさり正解する宮崎美子みたいなものでしょうか…。

「えぇ、ママの料理は相当おいしいですよ、ボクはバナナが好きです。」

Img_0020

と、調理不要のバナナをいつでも持参のSO!ちゃんです。

ようやく暖かくなってきて晴れた日に炭酸をさっぱりと飲みたい気分が高まっています。

Img_0063

昔、中森明菜の歌には「ペリエ」が出てきたりして、子供心に「それは一体どんなお洒落な飲み物なのだろうか、お酒なのだろうか、黄昏時にパリのカフェで恋人を待つときに飲んだりする飲み物とは一体!」と妄想炸裂でしたが、なんのことはない、炭酸水…されど炭酸水!大人になってやっと旅行の際とはいえ、ヨーロッパのカフェでペリエを飲むことを達成し「これがあの!!なんだかやっぱりおしゃれ!」と小さく感激しました。しかし、恋人を待つシチュエーションまでは再現できず無念…。

それはさておき、なかなか本を読む時間が取れないこの頃は、毎日15分でも20分でも、少しずつ本を読み進めるようにしています。10冊以上同時に読んでいるので、読み終わるのも2、3冊くらいまとめて、なのです。そして「2冊読み終わった。2冊買おう!」とまた買い足すのでキリがありません。…でも読みたい本が沢山あるのはいいことです。

Img_0065

「もうねんこの準備ですよ。ふうちゃん寝ますよ。」と寝床に収まっているふうちゃんが…なんだか苦しそう。

Img_9688

「重いよ~~~。」

Img_9686

「今日はみいちゃんがふう兄ちゃんの面倒みてあげますから。」

Img_9690

そう言ってふうちゃんとねんこしはじめたみいちゃんはせっせと毛づくろいです。

Img_9701

仲が良くて結構なことです。

Img_9700

「寒い日はゆうおねいさんの右腕でねんこしますからね!」…ふうちゃんが腕枕で寝てくれる真冬がちょっと恋しいです。

Img_9726

| | コメント (19)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »