« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

がんばりました!

お久しぶりの更新になってしまいました。ふうちゃんはその間に去勢手術を受けたのです。家から出たことのないふうちゃんがひとりでお医者さんに数時間もいられるのかしら、と私は手術の3日くらい前からとても心配でした。

しかしそんな私にはお構いなし、毎日無邪気に過ごしておりました。

久しぶりにお部屋に朝ごはんを運び、テレビを観ていると…。

「もぐもぐしてる…ごはん食べてる…。」と興味津々。

Img_2886

「おいもの煮物と玄米ごはん…おばあちゃんみたい。」

Img_2879

「どれどれ、ふうちゃんが味見をしてあげましょう!」

Img_2884

大胆にお茶碗に顔を突っ込んできたので…。

「お箸で食べましょうか。」と、ちゃこの跡を継ぐかのようにひなどりスタイルです。

Img_2883

でもふうちゃんは箸でも指でもおもちゃでもなんでも口の奥のほうまで入れるのでちょっと危ないようです。遊んでる最中でも私の指を思わずくわえるふうちゃん、私は口の奥のほうを触ってしまうのでびっくりしてしまいます。

ちょっと遠出してお友達のおうちに遊びに行き、春に生まれた赤ちゃんと戯れてきました。ゴクゴクとミルクを飲む姿はたくましいです。ママは母乳をあげていたせいか、ほっそり痩せて、ますます美人さんになっていたのです。

Img_2906

しばらくすると学校が終わったお兄ちゃんと幼稚園が終わったお姉ちゃんが来て、それはそれは賑やかになり、赤ちゃんを囲んで楽しそうな様子に、目を細めて「微笑ましいのぅ~。」とばあさんみたいに呟いてしまいました。

Img_2913

ふたりが英語の授業も多少受けていると聞いて「では!」とプチ英会話教室、元気に英語を叫ぶ姿にこちらまで楽しくなってしまいました。

そんなこんなで楽しみつつも、家に帰ると「あぁ…ふうちゃんもうすぐ手術。」と少し打ち沈んでいた私です。

家に帰って私の部屋でかわいいねんこ姿を見ると「あぁ…こんなに呑気さんが病院に…。」

Img_2859

いつもながら、祭りの最中のような寝姿。

Img_2871

これ以上の呑気姿はありません、と呑気の極限に挑戦しているかのような寝顔。

Img_2862

手術当日は、本を読んでいても頭に入らず、気を紛らすためにパソコン前に座ってミクシィアプリをしたりしていました。ゲームはほとんどしない私ですが、このミクシィアプリは学習タイプやら動物や植物を育てたり、本当に盛りだくさんで自分でも驚くくらいハマってしまっています…。

ニワトリがたまごを産む姿がかわいかったりして、思わずパチリと撮影。

Img_2919

そして数時間ぶりに手術を終えたふうちゃんに会うと、ふうちゃんはキョトン。病院でも診察台のうえを探険したりして鳴きもせず…帰りもキョトンとしたまま帰宅。

Img_2891

キョトンとしたままお部屋でくつろいでいました。

一晩寝るとだいぶ落ち着いていつもの寝姿、ひなたぼっこねんこを披露してくれました。

Img_2994

おすにゃんこと暮らすのも去勢手術も久しぶりだったので、男の子ってたしか度胸なかったよね?と、母と記憶をたどりつつ、本当にドキドキしました。

Img_2995

20年以上もにゃんこと暮らしていても、やはり毎回病院というのはドキドキするものです…。

Img_2998_2

ところで、ふうちゃん、体重4.2キロ、尿検査も血液検査も異常なしでした。

「ふうちゃんお昼にどっかに行った気がするんですよ。」…無事手術を終えた夜は家族に囲まれてちやほやされ、まんまるおめめで喉を鳴らしながらモデルさんしていました。

Img_2946

| | コメント (22)

2009年10月25日 (日)

たたかうのですか?

ある晩、テレビのうえにのってくつろいでいるふうちゃんを観ていました。

Img_2803

「大きくなったなぁ~、こういう写真前にも撮ったなぁ」と以前撮った画像をこちょこちょとパソコンで観ていたら…ありました。

冗談みたいな小ささです。

Img_8062_2

このくらいの大きさだとジャンプも失敗が多く、隙間などに入って出られなくなったり、食べ過ぎて吐いたりと、心配事も多く、無事大きくなって~!と毎日祈る思いでした。祈り通じてふうちゃん無事、立派なとらにゃんこになりました。

そんなふうちゃんをお留守番させてまたもや本を持ってカフェにお出かけです。

車で30分ほどの蔵の街にあるカフェですが、小さな医院だったそうで、医療器具などもさりげなく置いてあります。

Img_2813

小さい頃、風邪をひいたときにお世話になった医院もこんな感じで、待合室にはコタツなどがあったものです。

Img_2808

大きなカップに淹れられたコーヒーは淹れたてでとてもおいしかったです。

Img_2814

天井が高くて窓枠もかわいくとても落ち着いた雰囲気です。

Img_2817

さて、カフェを出て車に乗り込む頃にはもう心はふうちゃんの元へ…。早くあのムチムチの体をこねくりまわしたい!とぴゅーっと帰宅しました。

近頃のふうちゃんは寒さのせいか寝る時間が長くなっています。そのムチムチのふうちゃんのお尻を触って「寝てばっかり~。どうしたの~。遊ぼうよ~。」とナンパしてみると…。

Img_2832

「なんですとっ?!」

Img_2835

「セクシャルハラースメント!!!」

Img_2852

1秒で遊びの火がつくふうちゃん。

私も「わたくしに向かってそのような態度とは!!かかってきなさーい!!」と同じレベルで応戦です。

Img_2843

ふうちゃんのかわいいお口など軽く握って、おでこにちゅうです。

「きぃーー!!にくーーーい!憎いけれど愛しいおかた~!!」と、私に抱きついたまま甘噛みです。

Img_2849_2

「きょ、今日はこのくらいでカンベンしてあげましょう…。」はぁはぁともうすでに息切れのふうちゃんですが…。

Img_2847

「いえいえ、まだ終わりではありません!」と、再び挑発です。

Img_2850

「こうしてくれましょう!これでカンベンしてやりましょう!!」と一生懸命闘っていますが、私がおでこにちゅうをすると戦意喪失してしまうようです。

Img_2844

「こんなに勇敢に戦ってるのに急にちゅうとはなんという作戦…。」ちゅうをすると、思わず私の顔を舐めてしまい、舐めてしまうとますます戦意喪失するふうちゃんです…。

Img_2845

「ゆうおねいさん、闘うのか、いちゃいちゃするのかどっちかにしてくださいませ。」

Img_2846

怒ってる顔もかわいいので私は闘うふうちゃんといちゃいちゃしたいのです。

「今日もふうちゃんの勝ちでございますね。」…闘いのあとは私の膝の上でねんこ、ケンカはとても弱いと思われるふうちゃんです。

Img_2710

| | コメント (13)

2009年10月21日 (水)

あたらしいおうちです。

最近ふうちゃんは毎朝「座イスひっくり返して~~!!おうち作って~~!!」と大声でリクエスト、座イスの下で遊んだり寝たり、一日のうち数時間をここで過ごしています。

Img_2738

すごい格好で寝ていますが…。

Img_2744

ふうちゃん的には大満足なようです。

Img_2758

「ようこそ、ふうちゃんのおうちへ。」

Img_2760

「とっても落ち着くんですよ~。」

Img_2759

先日、いつも行く近所のカフェでコーヒーを頼んだのですが、この日、私ははじめてお店の人に「アメリカンコーヒーが好き」というのを伝えてみました。ネルドリップのお店というのはたいてい私には濃いので、体調によっては飲みきるのがきついことがあります。その旨伝えると、店長さんらしき男性が浅煎りの豆をどうやら粗挽きで、ささっと入れてくれたらしく、それはそれは私好みのおいしいコーヒーが出てきたのです。たまにこういうリクエストをしてみる私ですが、ここまでおいしいコーヒーが出てきたのは初めてです。

Img_2706

そんなわけでいい気分で本を読み漁りました。

Img_2703

その中の一冊が「ヨーロッパぶらりぶらり」という山下清の本だったのですが、これが思いのほかおもしろくて長いことこの本の存在を知らなかったことを悔いるくらいでした。

Img_2774

ドラマなどでも知られている彼ですが、ヨーロッパ旅行前だから「しばらく食べられないであろうしろめしとおみそ汁」を空港のレストランでリクエストしておむすびを作ってもらっていたり、さっそく冒頭から山下清!という感じです。行きの飛行機ではトイレと飛行機のドアを間違えて開けようとして取り押さえられたり…しかし、その視点はさすがで、私がはじめて飛行機の上からドイツを観たときに感じた「赤い屋根がたくさん!きれい!」とか「そっか、田んぼってないんだな。」などなどの感想が、淡々とした調子でつづられています。そして驚異の記憶力で会話なども再現しているのですが、あの口調でへらず口を叩く様子などが最高です。絵の素晴らしさもさることながら文章もこんなに魅力的だとは驚きでした。

さて、一日中ふうちゃんに追いかけまわされている私ですが、この日も部屋でテレビを観ているといつの間にかふうちゃんが来て、隣でくつろぎ始めました。

Img_2762

「おててが…おててが…。」

Img_2771

たまにこうして座っていますが、これは一体…。

Img_2767

そのうちコロンと横になりましたが、ある時間になったらムクッと起きて、まっすぐ私の目を見つめています。純真無垢なおめめです。

Img_2726

私が「何?何かご用?」ととぼけるとまた寝はじめますが…でもどうやらもう眠れないらしく…。

Img_2730

「10時はお夜食のお時間では?」とそわそわ。

部屋を出て行ってわざわざ遠くから視線を投げかけてみたりして。

Img_2729

毎晩こうしてお夜食を催促しています。

「ふうちゃんお腹いっぱいにならないと寝たくないんでございますよ~。」…ごはんを食べてひと暴れするとぐっすり朝までねんこです。

Img_2735

| | コメント (15)

2009年10月17日 (土)

なんのおと?

お外を眺めているふうちゃんを眺めている私の朝は時間がゆっくり流れています。

Img_2555

無職生活も板についたこの頃はますますご隠居さまのような私、本を読み、DVDを観て、ヴァイオリンをちょこちょこ弾いては散歩に出かけ…小腹が空いたらマクドナルドでチキンタツタとともにコーヒーを買ったり…。次の就職までの時間をこうして満喫しています。

Img_2560

社会からまったく断絶されているのでたまに雑貨のお店などに行くとウキウキしてしまいますが、何せ失業保険生活、見るだけでガマンガマンなのです。ある用事があって、久しぶりに立ち寄ったお店でかわいい小袋を見つけたのですが、値段が貼ってありませんでした。

Img_2561

近くにいた店員さんに「これおいくらですか?!」と聞こうとして、ハッと気付きました。

「ここは100円ショップ…。」しかし久しぶりに100円ショップに来た私は「これも?!あれも?!それも?!」とあらゆるものが100円なことにびっくりです。

すっかり寒くなってきた北関東、ふうちゃんは毎日ホットカーペットか、私の膝の上でねんこしています。ホットカーペットのうえでチマチマ遊ぶふうちゃんは大変かわいいです。

Img_2595

昼間は陽の当たるところを上手に見つけて寝ています。

Img_2607

そこがたとえ寝にくい場所であっても…。

Img_2608

暖かければよいのです。

Img_2611

そんなに寒いのなら少し走りましょう!と、ポケットティッシュを投げて遊んであげると…。

Img_2335

「よっこいしょよっこいしょ。どんどん運びましょうね。」

Img_2336

「走ると体がアチアチになりますねぇ。」

Img_2317

ティッシュは無残なことになりますが。

Img_2338

無職生活とはいえ、記憶力などなどが衰えては次の仕事に差し障る、と毎日一応英語の勉強は続けております。そんなときもふうちゃんは傍らにいるのですが…。お茶を運んだトレーに入ってくつろいでいます。この後、帰って来た父にトレーごとさらわれてしまいました…。

Img_2691

夜寝る前にふうちゃんの後頭部を眺めながらストレッチを行うのですが、ストレッチ前に野口整体で教わった「邪気の吐出」というのをやります。みぞおちを手で押さえ、老廃の気を吐き出すように息を吐くのですが、この時必ずふうちゃんのかわいいお顔が見られます。

Img_2699

「なんの音?」

Img_2700

かわいい!このお顔がかわいくて毎晩この時間が楽しみなのです。さらに続けると。

「なんの音?」

Img_2701

ふうちゃん、それは疲れのたまりやすい妙齢の女性が老廃の気を吐出する音なのですよ。

「ふうちゃんにちゅうしたいんですか?」と、嬉しい勘違い、お顔をペロペロ舐めてくれます。

Img_2702

「夜は本当は遊びたいのですが…。」…最近夜更かしして遊んでいるふうちゃんですが、みんなが寝ているとちゃんと一緒に寝てくれるのでとても助かります。

Img_2619

| | コメント (16)

2009年10月13日 (火)

おそとでじょしのつどい。

体育の日の前日の夕方、ふうちゃんは猛烈にハッスルして、10時のお夜食を食べた後にクッタリと寝てしまい、気がつけば朝の6時。ふうちゃんだけ早起きをしていたのです。

Img_2631

ちゃこは毎朝4時半頃には起きて運動会などをしていましたが、ふうちゃんはまだ子供のせいか、普段は私が起きるまで一緒にぐっすり眠っています。

朝みんなが寝ているときに騒ぐと気がひけるのか、地味に、しかし、放っては置けない感じで遊んでいました。寝ている私の頭のところで「ふぅぅん?うーん?ふぅぅぅ…?」と全て疑問形のかわいいお声で鳴くのです。

予定もあるし、起きるか~。と起き上がるとふうちゃんのかわいい足踏みがはじまり、のどもゴロゴロと鳴り出しました。

ごはんを食べた後は大興奮して、庭にやってきたハトにケンカを売っていました。

「おい!こら!ハトちゃん!こっちこい!ハトちゃん!」

Img_2624

ものすごい雄叫びでハトを挑発するも、ハトに飛ばれると「いやぁ~ん!」と悔しそうなふうちゃんです。

Img_2626

さて、体育の日はやっぱり屋外で過ごさなくちゃ!と、前の会社の女子たちとバーベキューです。女子の集い、おそと編です。

久しぶりに会うメンバーもいて、会ったそばから大変賑やか、そして、はじめましてのわんこさんや…。

Img_2635

小さなお子様も、仲良くバーベキューです。

Img_2636_2

わんこさんとお子様だけが男子という摩訶不思議。バーベキューは出会いの場、というのは巷でも浸透している事実なはずですが…オール女子。

バーベキューが始まって、女子の手によって大雑把に切られた野菜などが焼かれ、オール女子なのに鉄板のうえだけは男っぷりが高いです。

Img_2650

途中で焼きそば用の油がないことに気付き、コップを片手によそのバーベキュー隊のところへもらいにいくことになりました。優しそうな人をターゲットにして「アウトドアは助け合いじゃない?そうじゃない?」などと言いつつ、手にはお礼のみかんなどを握りしめ、強気なんだか弱気なんだか分からない風情でちょっと離れたバーベキュー隊へ…ほどなくしてごま油をゲット!!

これで焼きそばの未来もすっかり明るくなったわけです。

Img_2654

鉄板のかたわらではわんこさんと小さな男の子との友情が芽生え、

Img_2639

夕方までじっくりゆっくりとオバマ大統領のノーベル平和賞受賞を祝ったりしたのでした…とはいかず…オール女子8名中3名が妊娠しているので、みんなで妊娠検査薬や母子手帳の話で盛り上がり、女子ならではのおかし楽しい集いとなりました。アイスを食べながら道端にしゃがみこんでお喋りしたりと、まるで部活帰りのような雰囲気で締めくくったのでした。

帰りみち、マクドナルドの横を通ったので「コーヒー!!」と、マックを見ればコーヒーを飲みたくなる私はコーヒー(S)をドライブスルーで購入、家に帰ってコーヒーを飲みながら、ふうちゃんの遊びの相手をしようと思ったのです。

Img_2131

家に帰るとふうちゃんは「お出かけしちゃうなんて!ずっと待ってたんだから!」と、私をずっと追い掛け回していました。私は私で玄関に入ってすぐにふうちゃんを抱き上げ「ふうちゃん数時間ぶり…お久しぶり…。」と熱い熱い抱擁です。相思相愛を絵に書いたような私たちなのです。

Img_2664

私の目の届く範囲でかわいらしく遊ぶふうちゃん、まだまだ甘えん坊です。

コーヒーを飲みながら「にゃんこの手ってなんでこんなにかわいいのかにゃ~♪」などと言いながらくつろぎ、体育の日もまた少々運動不足なまま終わるのでした。

Img_2681

「ふうちゃんは毎日運動運動、体育の日なんですよ~。」…遊んでは寝て寝ては遊んで、見ているだけでも健康になれそうです。

Img_2314

| | コメント (13)

2009年10月10日 (土)

おもちゃをゲットです。

毎日家の中でも冒険しているふうちゃんですが、最近の冒険スポットは私の部屋のクローゼットです。開けっ放しにしていたら、大きなハケをくわえてエッチラオッチラ出てきました。

Img_2598

これは昔絵の道具を買ったときについてきたものですが、これだけ行方不明だったのです。

「獲物をゲット!これはいいものですよ~。」

Img_2580

毎日これをくちゃくちゃ噛んだり、キックしたり、寄り添って寝たりと大のお気に入りです。

Img_2594

このハケがどこにあったのか私にも分からないのですが、きっとクローゼットの中の棚のうしろにでも落ちていたのでしょう…その調子で失くしたパスポートもくわえて出てきてくれないかなぁ、とクローゼットを開けっ放しにしています。

Img_2593

「はむはむ。ふうちゃんは物を見つけるより失くすほうが得意なのですけどね…。」

Img_2591

最近、パソコンに向かう時間が増えています。試験が終わって気が抜けているせいもあり、勉強時間も1時間くらいしか取っていないので、無職な私には時間がたっぷりあるのです。

ミクシィアプリの「サンシャイン牧場」にも足繁く通っています。

Img_2548

レベルがあがって畜産広場で鳥も飼えるようになりました。この鳥さんが役目を果たすとトラックで運ばれていくのが、ドナドナみたいで切ないです…。

Img_2536

ある日、夜9時半くらいにネットに向かっていたらふうちゃんが、自分の存在をアピール、ごはんの催促が始まってしまいました。腹時計がちょっと狂ったのでしょうか、お夜食の時間にはまだ30分もあります。小鉄布団の下でたまに鳴いたりしながら私をじーーっと見ています。

Img_2565

ちょうどミクシィアプリのセルフィでモッチさんと初チャットをしている時でした。コスメの話などで盛り上がっていたその時、ふうちゃんが突然パソコン前の棚に座り猛烈に存在をアピールです。

Img_2568

ねぇねぇ、と手を出したり、それがダメとなるとアクビをして待っていたり…。

Img_2569

時計を見ると10時ぴったんこ。

Img_2572

「す、すごいねぇ…腹時計…。」と、チャットを切り上げふうちゃんにごはんをあげました。

Img_2571

「ふうちゃんのごはんの時間は絶対に守ってくださいませ。」…時計がなくてもふうちゃんの態度ですぐに何時が分かって大変便利です。

Img_2578

| | コメント (10)

2009年10月 7日 (水)

はらぺこになるまであそびます。

毎日ポケットティッシュと闘っているふうちゃんです。

Img_2497

こっそり激写ですが、ピントがあうことはめったにありません。

Img_2495_2

洗濯カゴは遊んだあとのお休み処です。

「ふうちゃん、今日も勇敢に闘いました…。」

Img_2506

汗をかいたあとはキッチンのお水でちょっとだけ水浴び、そして水浴びの後はお布団でねんこです。

Img_2517

「忙しい忙しい、ふうちゃんは毎日ハードスケジュールなんですよ~。」

Img_2514

おててをはむはむしているふうちゃんはガムシャラに自分のおててをかじるのでちょっと心配なときがあります。「かむ。」という作業に没頭しているように見えるのです。

歯はすっかり生え変わったのでかゆいはずもないのでしょうが、それでもカジカジと、あらゆるものをムキになってかじっています。

Img_2527

ハードスケジュールなふうちゃんとは対照的に私はのんびり過ごしています。

街に出かけては本屋をぶらぶら、着々と再び新潮文庫のマークもたまり始めています。

台風が近づいているせいか毎日肌寒く、まだ秋なのに真冬のように、熱いミルクティーを淹れてマリービスケットなどを傍らに置いて、読書読書、おこもりの日々です。

Img_2543

小さかった頃、このお茶の時間になると、ごはんの時間と間違っていそいそと落ち着きがなくなっていたふうちゃんも、ようやくお茶の時間を覚えたらしく、大人しく私を見守っています。

Img_2545

「大人になったねぇ~!」と、感動してしまいます。

Img_2547

たまに部屋でダラダラと何をするでもなく過ごしていると、なんとなくふうちゃんの気配がします。しかし、部屋の中にふうちゃんはいません。

すると…。

Img_2504

「遠くからお守り致しております。」と、控えめに存在をアピール。

Img_2503

こんなとき何を思っているのかしら…としばし見詰め合う時間もまた至福の時なのです。

「ふうちゃんがぼーっとしているときは100%、ごはんまだかなぁ~と思っているときです。」…まだまだ育ち盛りですもの、食いしん坊さん大歓迎です!!

Img_2523

さて、短いですが動画です。

「ふうちゃんはこうしてお腹をぺこぺこにするのです」の巻。

| | コメント (14)

2009年10月 3日 (土)

ちえをつかいましょう。

毎日元気に飛び回って遊んでいるふうちゃんですが、遊んでいるときの動きというのは素晴らしく機敏で美しく、得意のジャンプ、そして着地が見事に決まったときは芸術点などをつけてあげています。

Img_2318

ここ最近はお天気が悪く、ふうちゃんも寒いのか遊びの前に、猫らしくちんまり座っていることもあります。

Img_2302

「ずいぶん大人になったのねぇ~!」などと言って、しばらく放っておくと…。

やっぱりいつもの大胆なねんこ姿に戻っています。

Img_2451

寒さにとっても弱いふうちゃん、ある程度体が温まらないと一切動きません。

Img_2324

ある日、洗濯物を干してからカゴを置きっぱなしにして違うことをしていたら、ふうちゃんが入って遊びはじめてしまったのでそのまま遊ばせていました。

自室でテレビを観ていたら「ドスン!バタン!バタ…。」とそのまま音が途切れてしまいました。その後は「カシャカシャ。」という音がするのみだったので不思議に思って観に行くと…。

「ふうちゃん、カゴに捕らわれてしまいました…。」

Img_2454

ひっくりかえったカゴの中でハツカネズミのようにくるくるまわって慌てているふうちゃん…しかし私が助けに来た!と思った途端にかわいいお声で鳴き、ちょいちょいっとおててを出しています。

Img_2468

「なんだかこの風景もかわいいぞ。」と、しばらく放置プレイです。

Img_2474

「どんな顔してるのかな。」と覗いてみたら、上目遣いで「早く助けなさーい!」という生意気な態度です。

Img_2455

私は「こんなことがもし私の留守中に起こったらふうちゃんはひとりでなんとかしなくちゃいけないんだからね。ちゃんと知恵つけようね。」と自分で脱出するように呼びかけ、キッチンに向かいました。

Img_2462

知恵を働かせるにはまず、食欲の部分をこちょこちょとくすぐるのが一番と考えた私は、おやつ用のにゃんこミルクの粉と、食器を手にしました。

Img_2463

すると、それまでハツカネズミのようにまわって困っていたふうちゃんが、ミルクを用意する音に激しく反応、鼻先をカゴの隙間に入れてグイっと押し上げ「とりゃー!!」とカゴの下から脱出してきました。

そんなドラマチックな脱出をするほどの重さはないのですが…無事脱出です。

「脱出のあとのミルクは格別でしたねぇ~。」…猛烈な勢いでミルクを飲むふうちゃん、まだまだお子様なのです。

Img_2303

さて、遊んでいるふうちゃんを動画におさめようと日夜撮影に励んでいる私ですが、もうほとんどあきらめモードです…どうしてもハッスルふうちゃんを美しく撮ることができません。
ここは雰囲気重視で動画を切り貼り切り貼り…遊ぶふうちゃんをご覧くださいませ。

「どうして遊んでる動画はこんなに難しいのさーー!」の巻

| | コメント (15)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »