« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

せったいにゃんこします。

ふうちゃんは生後2ヶ月くらいのときにお友達の子供たちと遊んだことがあります。なのでふうちゃんが子供に会うとどうなるかは、だいたい知っていました。

まずはとっても驚いて…

Img_1027

そして、匂いを嗅ぎまくるのです。

Img_1026

「この子は!カッツンの弟のはるちゃんですね?!」

Img_1029

と、ふうちゃんが言ったわけではありませんが、どうやら赤ちゃんのことはあまり怖くないようです。

「はじめまして。」と、比較的落ち着いた様子でご挨拶しています。

そしてお兄ちゃんであるところのカッツンにもご挨拶です。

Img_1025

カッツンはにゃんこが大好きなのでいきなりふうちゃんにキスをしてしまい、ふうちゃんは驚いて飛び上がってしまいました。落ち着いてから私もふうちゃんにキスをしてみせると、ふうちゃんがペロペロっと私の口を舐めました。それを観てカッツンは「わぁ~♪」とニコニコ顔で驚いていました。

赤ちゃんのおててに指を差し出して恒例のぷにぷにをしてもらうと…

Img_1018

「ふうちゃんもしましょうか?」と横からぐんぐん入ってくる積極的なふうちゃんです。

Img_1012

しばらくは棚の上に上がってカッツンファミリーと私を遠巻きに観ていました。

Img_1030

しかし、マクドナルドのジュースなどを飲んでいたら、下に降りてうらやましそうにカッツンのジュースを観ています。

Img_1038

小さなスペースに無理やり座ってアピール、食いしん坊ぶりがうかがえます。

Img_1037

「ふうちゃんには何もないのですか?ミルクとか、ミルクとか、ほら!ミルクとか!」と、何がなんでもミルクが欲しいふうちゃんです。

Img_1041

何ももらえないと悟ったら今度は持ち物検査です。

Img_1008

はるちゃんの、クーハンにもなるチャイルドシートがかなりお気に入りの様子でした。

「これはふうちゃんにもひとつ欲しいですねぇ~。」

Img_1009

あまり躊躇することなく上に乗ったので私も本気で買ってあげたくなりました。

Img_1036

ふうちゃん自身のおててで揺らしてみせたりして、使いこなしています。

座ってくつろいだところでいい感じに揺らしてみたのですが、これもまたご満悦な様子です。

Img_1044

最初はカッツンのいきなりのキスに少しビビっていたふうちゃんですが、最終的にはみんなの前でねんこです。

Img_1046

カッツンがかわいいかわいい、と言ってくれたので私は嬉しくなって「カッツンも7歳くらいになったらにゃんこと暮らしなよ~。そして17歳くらいになったら何でもにゃんこに悩み事を話すんだよ~。」と先々のアドバイスもしてみました。思春期に動物と暮らした人々の約90パーセントが悩み相談の相手は飼い猫や飼い犬であったという統計が……あるはずです。ちなみに、かつて名古屋の若者の悩みの相談は兵藤ゆきが担当であったことも付け加えておきましょう。

Img_1042

「ゆうおねいさん、ふうちゃんのお悩みは、食べても食べてももっと食べたいことです。どうしてお腹がへるのでしょうか?」…沢山食べても沢山遊ぶのですぐにお腹がぺったんこになってしまうふうちゃんなのです。

Img_0875

さて、動画です!
「ふうちゃん、クーハンを乗りこなしました!」の巻。

| | コメント (17)

2009年7月27日 (月)

じょしのつどい。

「ふうちゃんは、おててをハムハムしながら、ゆうおねいさんのお帰りをずっと待っているのです。」

Img_0936

日曜日は久しぶりにお出かけをしました。辞めた会社のお友達が最近結婚をしたのですが、その新居にみんなでレッツゴー!ということになりました。メンバーのなかにはふうちゃんのママの飼い主さんもいるのでふうちゃんの成長を見せようとアルバム持参でお出かけです。

メンバーは20代と30代前半、そして、ぐい!っと平均年齢をあげるべくわたくしもお仲間に加わったわけですが、なんと生後5ヶ月の赤ちゃんもいらっしゃったので平均年齢はぐい!っと下がって21.5歳です。

「こころちゃん、女子の集いに参加です。」

Img_0980

涼しそうな髪型のこころちゃん、パパに「赤ちゃんのときに丸坊主にするときれいな髪が生える。」という懐かしき昭和の神話を実行されかかりましたが、ママに「ここだけは!」とてっぺんの髪だけ死守され、ちょっとモヒカン風になりました。きっと黒々とした美しい髪が生えてくることでしょう!

さて、新婚さんのご家庭でランチをご馳走になったのですが、なんと手打ちうどんです。大根おろしとやわらかい茹で豚肉が添えられていて夏らしいおいしい一品でした。

Img_0997

こころちゃん、もうすぐ離乳食を始めるそうですが、うどんに釘付け。

Img_0993

「デザート~♪」と出てきたコーヒーゼリーが丼だったのでびっくりしましたが、とってもおいしいコーヒーゼリーでした。

Img_0998

こうして夜になるまで、お煎餅やアイスクリームを食べながら、世界情勢や経済問題、年金問題や環境問題について語ったわけです。

Img_1002

「さりげない嘘ですね。」

Img_0971

…実際は恋愛問題やら、理想の恋愛や恋愛の失敗談など…全体的に桃色な楽しいトークでした。

こころちゃんのかわいいおててで指をぎゅっとにぎってもらって赤ちゃんのぷにぷに感を楽しんでいたら、自然と思い出すのは…。

Img_0985

ふうちゃんの肉球。

Img_0933

6時間も離れているとふうちゃんのふわふわの体が恋しくなってしまう私です。私が帰宅すると、ふうちゃんは留守番の淋しさより私が帰って来た喜びではしゃぎまくりです。

最近のふうちゃんはお運び遊びがブームです。

ねんこしてるふうちゃんにビニール袋を見せてあげると、

Img_0468

「運んじゃいましょうね。」

Img_0471

「どんどんどんどん運んじゃいましょうね。」

Img_0472

と、あっちこちに運びまくってビニール袋をいたぶるふうちゃんです。

Img_0470

おてての使い方も大変上手になってきて、そのうち電球なども取り替えてくれそうです。

Img_0634

「ふうちゃんのおててでゆうおねいさんを癒しますよ」…肉球とはなぜにこんなに人の心を癒すのでしょうか。さすったりちゅうしたりして肉球を満喫しています。

Img_0880

↓ふうちゃんはだんだん海ちゃんに似てきています。

海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫) Book 海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫)

著者:岩合 光昭,岩合 日出子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (17)

2009年7月25日 (土)

ぱぱらっちですか?

出窓でくつろぐふうちゃんをパパラッチしていたら…。

「カメラですか?」

Img_0850

「おひまなんですか?」

Img_0851

「レロレロレロ~♪」

Img_0853

…バカにされてるみたい…。レンズを口に入れ始めたので撮影はやめました…最近なんでも口にいれてしまうふうちゃん、大人の歯が生えるのでしょうか、とっても歯がかゆそうです。何かを噛むふうちゃんはまさに「歯がゆい」といった表現がぴったんこです。

我が家にはもう一人ふうちゃんをパパラッチする母がおりますので、ダイニングでくつろぐふうちゃんはまたしてもレンズを向けられていました。

Img_0882

「テレビ観てるんですけど…。」と、ふうちゃん少し不服そうです。

Img_0884

最近テレビのおもしろさに目覚めて一生懸命観ています。

Img_0888

「ふむふむ。皆既日食の際に生中継をしなかったのはテレビ朝日とテレビ東京だけですね。テレビ東京は相変わらずの態度ですね。」

Img_0893

お遊びモードになると突然目つきが変わり、獲物を狙うような体勢になります。

Img_0717

しかし狙っているものはおもちゃです。

Img_0728

「こうしてくれるっ!どうだっ!強烈なキックでございますよ~!」と、おもちゃを相手にガオーガオーと勇ましい姿で遊んでいます。

Img_0729

さて、そんなふうちゃんの横で私は相変わらず勉強をしたり、勉強が終わるとDVDを観たり、毎日が夏休み、を満喫中です。

中学生の頃の夏休みを思い出して「ロビンソンの庭」のDVDを鑑賞です。

何かというと引っ張り出し熟読している中学生の頃に買った「FOOL'S MATE」です。

Img_0965

お写真を観ながら「はたしてここに載ってるバンドの人たち、今どれくらいの人が音楽業界に残ってるのだろうか。」とぼんやり考えたり…。

町田町蔵は町田康となって小説を書いているし。

Img_0964

ばちかぶりの田口トモロヲは俳優やナレーターとして活躍しているし、筋肉少女帯も復活したようだし、何よりナゴムレコードの社長のケラは女優さんと結婚して映画監督として大成功しているようだし。

最近は「ちゃっぴと3人」のさかなさんのだんなさんのひよこさんがライブに行かれたという話題で「ゲンドウミサイル」がまだ活動を続けていたことを知りました。

Img_0963

ちなみにちゃっぴちゃんはとっても美しくてかわいい男の子で、やはりテレビを観たり料理する姿を見守ってくれたり、とふうちゃん同様男の子らしいかわいらしさで人々を魅了しております。男の子に比較的よくみられる寝方ですが、ちゃっぴちゃんもふうちゃんも腕を伸ばしてねんこしています。

「ちゃっぴ兄ちゃんの真似です。」

Img_0754

この寝方はちゃこには観られなかったのでこうして寝てると「ちゃっぴちゃんみたい…」と呟いてしまいます。

そしてふうちゃんは右手だけは肉球枕をします。自分のものとはいえ、やはり肉球はぷにぷにとして気持ちいいのでしょうか。

Img_0923

こんなふうに寝ているのもほんの数分でたいていはひっくり返って寝ていますが…。

Img_0750

「ブタさんに似ている…。」

Img_0901

さてさてまたしても動画です!私の手や、パンなどをとめる針金で遊んでいます。

「ジャンプは真上にするのです。」の巻。

| | コメント (14)

2009年7月21日 (火)

とつぜんのたのしいきゅうじつ。

日曜日の午後、ちゃこのアルバムを整理しようと、お写真をまとめておいた箱「東海・ジジ君のシール付」をかたわらに置いていました。

すると当然のようにふうちゃんは箱に入ります。みっちりみちみち、なんだかふうちゃんのための箱のようにぴったんこです。

Img_0785

あまりにぴったんこだったのでフタを閉めてみました。隙間から覗くふうちゃんの鋭い視線が探偵のようです…。

Img_0790

「何言ってんですか~!ふうちゃんを閉じ込めて~!」

Img_0795

しかし、くつろぎの印「おててハムハム」が始まったので相当気に入ったようです。

Img_0797

こうして福山ラジオなどを聴きながらアルバム整理をしていたら、ぷりんママちゃんから「今からお泊りに行っていい?」と連絡が入り「ひゃっほー!来て来て!!一緒にDVD観て夜更かししよう~!」と毎日が夏休みの私は二つ返事でいそいそと観たいDVDを選んだり果物を用意したりしてぷりんママちゃんの到着を待っていました。「あれ?でも日曜の夜に?お仕事は?」と、月曜日が海の日でお休みなこともすっかり忘れていた毎日が日曜日、失業中の身の私です。が、月に1回、失業保険の手続きに街に出かけます。

「ひと仕事したわ。」と職安からの帰り、そのまま近くのスターバックスへ。

Img_0833

暑い夏でもあつあつのコーヒーを飲む私ですがスタバのお姉さんも「ホットでよろしいんですか?」とまるで真夏にホットコーヒーなんて…といった様子です。よいのです、ホットな夏でもホットコーヒーなのです。

Img_0835

と、毎日が日曜日なりにも街に出かけたりしてなんとか社会との接点を失いたくないと悪あがきしています。

さて、ぷりんママちゃんが無事到着。ふうちゃんの近くにおもちゃのキッカーがあったのですが、ぷりんママちゃんが「これ何?」と不思議そうに観ていました。それを聞いた途端ふうちゃんは…。

「これはこうやって遊ぶんですよ~~!」と遊んで見せてくれました。

Img_0804

猫のおもちゃなるものを買っても「うちの子これでは遊んでくれない。」とはよく聞きますが、ふうちゃん、今のところ買ってきたおもちゃの使用率100%です。インゲンや枝豆などの天然ものも大好きですがおもちゃでも程よく遊んでくれます。

Img_0803

夕ごはんを食べ、スーパーで安くなっていた沖縄のマンゴーを出しました。

Img_0759

家族の誰もマンゴーの剥き方を知らなかったので私が沖縄でしてもらったやり方でさくさくカットしました。

「おぉ~そうやって剥くんだ~!」という歓声とともにマンゴーの甘い香りがじわ~っと漂いました。今まで食べたマンゴーの中で一番甘いくらいでした。これでたったの498円!!

Img_0764

さて、夜はいよいよDVD鑑賞です。ちょっとホラー寄りの映画をチョイスしたのですが、そんな映画を観ながらもお菓子をポリポリ。

Img_0777

ふうちゃんも夜更かしに付き合ってくれてるのですが、お菓子に目がないふうちゃんなのでなかなかすごい争奪戦になりました…。

Img_0775

私はふうちゃんがお菓子に目がないのを知っているので「きっとすんなりは食べられますまい。」とカメラを片手にお菓子に手を出さず見守っていました。案の定、悲鳴に近い声でふうちゃんと格闘するぷりんママちゃん。

私もいつもはこの格闘のただなかにいるので全体像を見るのは初めてです。

Img_0767

「人みたい!!おっさんみたい!検査員みたい!」

Img_0773

大笑いしながらふたりを見守りました。

こうして夜中の2時半までDVDを観て過ごし…。

朝起きて、朝ごはんを食べてから、アイスを食べながら、今度は「パコと魔法の絵本」を観ることに…。ぷりんママちゃんはパコの原作をずいぶん前に読んだそうで、今回、私がパコを気に入ったことを知って本を買って来てくれたのですが表紙が映画のワンシーンになってる!と驚いていました。

Img_0800

原作のかたのプロフィールを見たら「1972年、栃木県生まれ」とありました。「同郷なうえにタメなのか!」とちょっとだけ親近感。思った以上に本とセリフが同じだったので私は映画を観ながら本を開き「ばちゃーんけろーん!ばちゃーんけろーん!」とセリフを読んだりして堪能しました。パコは美しい映像になっているうえに阿部サダヲの世界もしっかり出ていたのでかなりのお気に入り映画となりました。

そして続いては…ダイニングに移動してお昼を食べながら「バベットの晩餐会」を観ました。これもぷりんママちゃんは「すごくいい映画だった…。」と感激したご様子。後半は画面に見入ってかなり真剣になってしまいました。

ふと見るとふうちゃんはいつでも目の届く範囲でころんと横になっています。

Img_0824

そんなふうちゃんを観てぷりんママちゃんは色んなものを並べて撮影しています。ましこのにゃんこさんまで持ち出してふうちゃんの大きさを確認していました。

Img_0823

「大きくなったね~。」とまだ550グラムだったときのふうちゃんを思い出してしみじみしたりしていました。

Img_0813_2

「ふうちゃん大きいんですよ~。どこにでもジャンプできるしごはんだってもっともっともっともっと食べられるんですよ~!」とっても成長したつもりでいるふうちゃんですがまだ2.4キロでジャンプも5回に1回くらい失敗します…でも本当にしっかり大きくなりました。

Img_0827

ちょっとだけ動画です。箱に入ったふうちゃんを撮影しました。

「ふうちゃんのびっくり箱。」の巻。

↓「パコと魔法の絵本」の原作本です。

パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫) Book パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫)

著者:関口 尚
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (18)

2009年7月18日 (土)

あそびたおしましょう!

遊び盛りのふうちゃんは落ちているものでもなんでもおもちゃになります。私がうっかり落としてしまった小さな消しゴムなどもすかさず見つけて大騒ぎです。

まるでピチピチの魚でも相手にしてるかのような騒ぎっぷりでハトヤのCMも顔負けです。

Img_9730

「でも突然眠くなるんです。」

Img_9770

騒いで騒いで暴れまくった直後は「眠いので静かにしてください。」とでも言わんばかりの顔つきです。

Img_9772

しかしいつの間にか起きていて再びのお遊びタイムです。

Img_9832

ティッシュ遊びは比較的静かな遊びですが遊んだ後の散らかりようはかなり派手です。

Img_9827

ちまちまと一人で遊んでいる姿を見るとつくづくかわいくて見とれてしまいます。

Img_9824

そんなふうちゃんの横で私は毎日DVDで映画を見ています。友達の子供たちに大人気だった「パコと魔法の絵本」を子供たちの話題に入ろうと思って観てみたのですが、映像も美しく笑える場面と泣く場面がそれぞれかなり丁寧に作られていて驚くほど素晴らしい映画でした。やるなぁ~日本の映画も~。と感心していたら監督は「下妻物語」の人でした。若干地元ということもあって「下妻物語」は大好きな映画です。そしてパコ役のかわいい女の子、アヤカウィルソンはこれまた地元宇都宮に住んでるイギリス人とのハーフの子です。

そんな私の映画の友は懐かしき「霧の浮舟」。グリコのジャイアントカプリコの次に好きなチョコレートでしたが、いつの間にか姿を消しており、最近復刻版が出たようです。しかしチョコはやっぱりグリコがおいしい…。

Img_0721

立て続けに「ミツバチのささやき」や「キャメロットガーデンの少女」などなど名作を見ながらコーヒーとチョコで暑い午後を乗り切りました。

隣でふうちゃんはのびきって寝ています。気温が30℃以内ならクーラーはつけない方針です。

Img_0704

よく観ると歯がきれい。若いって素晴らしい!

Img_0702

午前中はひたすら勉強に勤しんでいるのですが、そんなこともお構いなしにふうちゃんとスイカを持って部屋に入ってくる母、甘いものに目がないふうちゃんがスイカを狙って母の肩に乗ってきた!とかなんとかそんなことを言いながら騒いでいます。

Img_0606

隣の奥さんが栽培したスイカ、真っ赤でもの凄く甘くてびっくりしました。もううちでは家庭菜園をやめてお隣の奥さんに何もかも委ねたいくらいです。

Img_0605

勉強をしていたら何やらふうちゃんの気配…しかし姿は見えず…。

「気配だけがする…こっそり観られているような…。」自意識過剰かしら?と自分を疑いはじめたその矢先…。

カーテンのかげからふうちゃんの顔がぴょこんっ!

Img_0011

「お手元で何かがゆらゆらしてますよ~!」と私のシャープペンを狙っているところでした。

Img_0013

カーテンのかげから覗くふうちゃんの姿というのに弱い私です。
お昼寝の最中もカーテンのかげからふうちゃんのかわいいあんよとシッポが…。

Img_0498

観るとふうちゃんは大きくなったせいで出窓からちょっとはみ出して寝ています。

Img_0500

「なんて呑気な寝顔…。」

Img_0501

出窓は暑すぎるので涼しいところに小鉄布団を敷いてスタンバイ、こうしておくといつの間にか小鉄布団に吸い込まれるようにふうちゃんが寝ていることが多いのです。

Img_9891

「お外は色んな音がしますねぇ~。」ムキになって鳴くセミの声に聞き入るふうちゃんの横顔、風情があります。しかし、セミ、うるさいくらいに鳴いています。

Img_9887

「セミはいつ鳴き始めるか。」と、私は毎日耳を澄ましていたのですが、今年は7月4日に鳴き始めました。「独立記念日か…アメリカンなヤツめ…。」とどうでもいい独り言…とっても暇人な私です。

毎日家の中で英単語とにらめっこの日々なので驚くほどニュースがありません。「驚くニュース」というフレーズはよく聞きますが驚くほどニュースがないというのはあまり聞かないうえにうっすら哀れです…。

「ゆうおねいさん、ふうちゃんが毎日楽しいニュースをご提供しますよ~。」…ふうちゃんは毎日派手に遊んでそのおかしなポーズなどで私を驚かせてくれていますがそういうときに限って手元にデジカメはないのです。

Img_0709

↓かわいいまるちゃん、養老先生のお顔もゆるみっぱなしです。

うちのまる ~養老孟司先生と猫の営業部長 Book うちのまる ~養老孟司先生と猫の営業部長

著者:有限会社 養老研究所
販売元:ソニー・マガジンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (18)

2009年7月15日 (水)

なんというあつさでしょう…。

梅雨明け宣言と同時に呆れるくらいの青空、あまりクーラーに当たりたくない私は、居間のクーラーを弱くかけて、ふうちゃんとダイニングでお勉強です。

Img_0666

ふうちゃんはもっぱら惰眠を貪っているだけですが…。

Img_0668

「えぇぇ~なんだかふうちゃんなまけものみたいじゃないですか~。」

Img_0667

呑気なその姿に勉強の疲れも吹っ飛びます。

朝方は涼しいお風呂場ですが、ふうちゃんが背中にのっているとそれはそれは暑いようです。

Img_0608

お風呂を洗いながらたまにボソっと「暑い…重い…暑い…」と呟く母です。

Img_0620

母の背中のうえで気ままに遊ぶふうちゃんを見ているだけの私は「耐えて耐えて!ふうちゃんかわいいから耐えてやって!」と手伝う様子を見せるでもなく声援だけ送ります。

Img_0626

お風呂場でのふうちゃんは好奇心たっぷりのおめめです。

Img_0631

梅雨も明けたなら、とシーツやタオルを思いっきり洗い、庭にどんどん干し、そのカラリと乾く様子をさっそく楽しんだのですが、2時間くらいでカラッと乾くので本当に気持ち良いです。しかし暑い!恐ろしいほど暑いのでセブンイレブンに行って家族の分も含めてアイスを6個も買ってしまいました。
家族の好みと消費率を考え抜いて自分の好みでもない「あずきまんじゅうアイス」や「モナカ」なんて手にしてみたり。家族の夕ごはんを700円でおさめたのにセブンイレブンで690円も使ってしまいました。アイスはほぼ126円でしたがひとつだけ「69円」と出たので「どれだ?そんな安物アイスは…。」と覗くと私が私用に選んだチョコレートアイスでした…。好みまでもが節約チック。

勉強もひと段落してふうちゃんを眺めながら激安チョコレートアイスを食べているとなんとも気楽な夏休みみたいで幸せ気分です。

Img_0659

勉強も気温が35℃近くにもなるとまったく頭に入りません。買出しの際に、高校の横を車で通ったのですが、こんな日にクーラーのない教室で…勉強なんて頭にはいらないよねぇ…、と高校生がかわいそうになりました。暑さでボーっとしている私は「海か川にでも行って恋でもしたほうがいいよ、若者!」と無駄にエールを送ってみました。海や川に行って自動的に恋をできるわけではない年齢の私は家でアイスでも食べるとします。

Img_0677

呑気そうに寝ているふうちゃんを眺めながらアイスを食べてる呑気な私がある発見をしました。

「ふうちゃんのおひげが焦げてくるんくるん。」

Img_0678

暑さのせいで焦げたのではありません。遊びに夢中になってキッチンまで駆けてきたふうちゃんが興奮してガス台にのってしまったのです。本当に一瞬で飛び上がって逃げましたがおひげは焦げてしまったようです。あの日以来ガス台には近づけなくなったふうちゃんです。よくちゃこは冬にストーブでこんなふうにくるくるパーマになっていましたので、ふうちゃんもきっとその道を辿るのでしょう…。

Img_0679

この暑いさなか、ふうちゃんの甘えん坊度はあまり下がらず、何をしていてもぴったりと寄り添っています。かわいいけど暑い!暑いったら暑い!!

Img_0698

「ふうちゃんはそんなに暑くないですよ?」

Img_0697

かわいいおめめで見つめられるとつい「寄り添ってくれるのぉ~。嬉しいなぁ~。」と目尻が下がってしまいます…。

しかしふうちゃんも暑かったのかいつの間にか私のもとを去り孤独な後ろ姿…。

Img_0600

直角に座ってる姿に思わず「ぷぷぷっ、ひよこまんじゅうみたい。」と笑ってしましました。

Img_0599

さて、毎日いんげんで遊ぶふうちゃんの動画を撮りました。

「いんげんひとつで大興奮です。」の巻

↓わたくしの大好物、阿部サダヲも出ております。

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD] DVD パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009/03/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (22)

2009年7月12日 (日)

ひとりでもいっしょでもたのしいのです。

出窓でくつろぐふうちゃんの後頭部がかわいくてついじっと眺めてしまいます。

Img_0080

にゃんこの後姿は芸術です。

Img_0100

仕事もやめて以前より時間がたっぷりあるはずなのに気がつくとあっという間に夕方です。

それというのも「ふうちゃんがかわいいから」という理由だけでぼんやり眺めてしまう時間があまりに多いからかもしれません。

わりと一人遊びが得意なので、それほどかまう必要はないのですが…。

Img_0089

「ひとりでそんなに遊んでるのぉ!」と無意味に大声で絶賛してしまったり。

Img_0088

ただねんこしてるだけなのに何枚も寝姿を撮影したり。

Img_0092

「この角度もかわいいですねぇ。」

Img_0093

買物から帰ると買物袋にふうちゃんを入れて遊ばせるのが日課になっています。

Img_0454

カシャカシャとふうちゃんを包むビニールの音、この音をつかもうと必死なのでしょうか。

Img_0448

袋から出たら今度はそれを丸めて投げてあげます。丸めた袋相手に1時間くらいは遊んでいます。その間に私も自分の用事を済ませたりするのです。

Img_0465

が、やはり一人遊びの姿がかわいくて撮影。

Img_0466

母がお風呂を洗ってる音が聞こえると私とふうちゃんがお風呂場にすっ飛んで行きます。ふうちゃんは流れるお湯を観に、私は流れるお湯を観るふうちゃんを観に、すっ飛んでいくのです。

最近はお湯に慣れてきて、さりげなく「よっこらしょ。」とバスタブに入ろうとするので「ダメ!」とたしなめられたりしています。

Img_0340

一人遊びが得意なふうちゃんはそれでも一日に数回は「遊ぼうよ~!」とかなりしつこく私の腕にしがみつきます。

Img_0273

ぽにょぽにょの肉球とふわふわの体で巻きつかれると気持ちよく、そしてかわいくてかわいくて勉強している最中でも何もかも放り投げて「愛しい子よ~!」とちゅっちゅしてしまいます。

そして思う存分ちゅうしたあとは、その辺にあるインゲンを投げて遊んであげたりします。

Img_0420

30分もインゲンを投げつつふうちゃんを遊ばせていると、さすがに呑気な私でも「勉強ちゃんとしなくちゃ!」と焦り始め「もうおしまい!」と机に居直ります。

しかしインゲンを膝に運ばれ、

Img_0421

運んだインゲンをまるで爆弾にでも触るかのごとく恐る恐るちょいちょいしているふうちゃんを見ると「勉強よりも子育てじゃないかしら?」と、またしてもお遊びを再開してしまう意志の弱い私です。

Img_0424

最近では勉強後にDVDを観たり本を読んだりする時間をさらに増やしたのでますますお気楽度が上がっています。

しかもDVDに合わせてケーキなど用意したりして本格的に楽しみすぎです。

Img_0436

この日観たDVDは「白い家の少女」という14歳のジョディフォスターが主演の映画でした。私はジョディフォスターの映画を1本も観たことがないのですが、14歳のジョディフォスター、まさに女優になるべくしてなったという感じです。14歳で、大勢のスタッフの前でこの演技をしたのかと思うとその才能と度胸にケーキを食べていた手も止まってしまいました。

日本では「転校生」の小林聡美さんを観たときに感じた驚きです。こころなし裸も似ています。ともに14歳で素晴らしい演技でデビュー、未だ現役、という意外な人物同志の共通点を見つけました。この映画、はじまって割りとすぐに殺人が起きるのに映画全般に素敵な雰囲気が漂っています。素敵な白い家でのディナーはラムチョップだし、お茶の仕方もがイギリス式、部屋着はモロッコ製のかわいいワンピース、サスペンスとなってはいますが何度も観たい風景が散りばめられた映画です。

映画を観るとどっぷりとその世界にはまって、ちょっとしたお出かけをしたような感じになります。

ふと横をみると、さっきまで寝ていたふうちゃんが大人っぽく横たわっていました。「こんな座り方をするようになったのか~。」と、その大人びた姿にふたたび見入ってしまう私です。

Img_0491

「おてて枕でのねんこ、気持ちいいですよ~。」…おてて枕を、手の甲ではなく、なぜか右手だけは肉球を上に向けてしまいます。私もぷくぷくの肉球枕で寝てみたいです。

Img_0356

↓14歳の小林聡美さんが男の子のように夕ごはんを食べるシーンが大好きです。

転校生 [DVD] DVD 転校生 [DVD]

販売元:バップ
発売日:2001/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (16)

2009年7月 9日 (木)

ひさしぶりのあかちゃん。

仔猫の時期に色んな音を聞かせておくと音に慣れるからいい、ということを聞いた私はふうちゃんが我が家に来た時からいっしょうけんめい掃除機をかけ、いっしょうけんめいバイオリンを弾き、いっしょうけんめいドライヤーをかけているわけですが…。

「ふうちゃん慣れすぎてかえって危険。」

Img_0547

いつのまにか掃除機のあとをくっついて歩いてるので巻き込んでしまいそうでこちらがヒヤヒヤしています。

バイオリンも弾いていると弓にぶら下がろうとするのです。私が手にしているものは全部ふうちゃんと共有、と思っているのかもしれません。あまりダメダメというと、座ってる私の肩に、立ち上がって手をかけ、後ろ足をジタバタジタバタさせます。これが観たくてたまにダメダメ言ってみたりもします…ふうちゃんがわがままを言ってジタバタする姿は本当にかわいいのです。

朝ごはんを食べている時もはじめの頃は「テーブルの上はダメですよ」と言ってたのですが、急いで自分の座り場所に向かい、大人しく私の食事風景を見守ってくれるので、良しとしました。

Img_0133

そそくさとテーブルの片隅のこのスペースに向かう姿が健気です。何気に色んなものでバリアされてるこのスペース、意外と居心地が良いようです。本当はこっちに来たいのですが耐えています。

「ふうちゃんがんばって耐えます。」

Img_0141

「食後のコーヒーの時だけはこのバリアから出てもいいのです。」

Img_0140

コーヒーをナイナイする姿がかわいいのでこれだけは自由にやらせています。
「もうごはんは終わってしまったんですよね?」とカメラにアタック!

Img_0145

ダイニングには出窓があるのですが、長いこと植物を置いたりしていたのですっかりそこに出窓があることを忘れていました。きれいに片付けてふうちゃんの午前中のくつろぎ場にしました。

Img_0167

朝陽を浴びながらここでのんびりしてるふうちゃんを見ながらまたのんびりコーヒーを飲んだり白湯を飲んだり「ご隠居さんかっ。」と思うような私の朝の風景です。

Img_0156

さて、学生の頃からの友達に3人目の赤ちゃんが産まれたので車でぴゅーっと遊びに行って来ました。

上の子たちはそれぞれ小学校、幼稚園に行っているので赤ちゃんとママと私でのんびりお茶をしました。彼女とのこんな風景は一番上のお兄ちゃん以来なので約10年ぶりくらいです。そのことが不思議で「ひゃーまた赤ン坊がいるなんてー!」と笑ってしまいました。

赤ちゃんのあんよはとてもかわいいので変なアングルから撮影したり、

Img_0586

指をぎゅっと握ってもらったり。

Img_0580

途中で、お姉ちゃんであるところのレナちゃんが幼稚園から帰ってきたので美しい姉弟愛を撮影したり。

Img_0588

しかし「パパラッチごっこはおやめください!」とばかりに撮影拒否されてしまいました。レナちゃん、会うたびに美しくなっているのでびっくりしてしまいます。

Img_0590

たっぷりお喋りをして赤ちゃんも抱っこして「さて、うちの坊ちゃんもお留守番させてるし。」と夕方過ぎに家に向かいました。案の定暴れた形跡がありましたが、たまにはお留守番なんてこともあるよ~、となだめつつふうちゃんを抱っこすると喉がゴロゴロゴロゴロ…お留守番の記憶が私の帰宅の喜びに塗りかえられてしまったようです。

数日前にアマゾンにてバイオリンの弓に塗る松脂を買っておいたのですが、なんとも大きな箱を渡され…開けてみると…。

Img_0533

「たったこれだけのものにこの箱って。」

Img_0537

松脂はフランスのものでかわいい猫の絵が描いてあります。クロネコという松脂だそうです。

Img_0541

ふうちゃんにもちょっと見せてみましょう、と中身を開けると。

Img_0545 

「うわ…くさいですよ…。」と顔をしかめました。私には何の匂いもしないのですが…。

Img_0546_2

バイオリンを弾いていても熟睡してるふうちゃん、最近は暑さのせいか背筋をのばして寝ています。猫として不自然じゃないかしら、と心配になってまるくしてあげたりしますが、それでも起きません。

Img_0562

ふうちゃんは夜中も1回も起きていないように思うのですが、しかし朝起きるとまだ私の腕のなかでくったり寝ているふうちゃんのかたわらにはなぜかインゲンや枝豆やおもちゃが…。

Img_0532

「ゆうおねいさんはグースカ寝てますがふうちゃんは夜中にこっそり遊んでいるのです。」…今日も夜中のお遊びに備えてかお昼寝三昧のふうちゃんです。

Img_0530

↓最近色んな番組でマイケルを見かけましたが90年代のマイケルかっこいいですね~。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD] DVD ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (17)

2009年7月 5日 (日)

ふうちゃんのだいこうぶつ。

勉強をしている最中にふうちゃんのお遊びが佳境に入ってしまうともう大変です。お気に入りのインゲンをくわえては「投げてみて!」と私の目の前にぽとり、私は延々インゲンを投げては受け取る、というシュールな遊びに付き合わされることになります。

Img_0419

そしてちょっとでも動いているものには食らい付きます。

Img_0433

インゲンが終わると次は枝豆、と、投げるものを変えて遊びを続行します。

Img_0414

まだ成長する余地のあった枝豆もこんなに小さく干からびてしまいました。

Img_0416

梅雨らしい雨降りの日が続くなか、少し晴れたような気がする日曜は、買出しついでに近所の渡良瀬遊水地に散歩に出かけました。

Img_0527

マクドナルドでごっそりとお昼ごはんを買ってピクニックです。

Img_0524

着いた途端、母が四葉のクローバーを見つけました。
「おぉー!ラッキー!」と最初は喜んだのですが、その後次々と見つけ出し、20本くらいになったので、「もういいよ、こんなにあるなんてラッキーな感じも薄れるから…。」と四葉探しの母を止めました。

Img_0519

こうして出かけているときにも「なんだかふうちゃんの声が聞こえるような気がする。」と定期的に呟く私です。

出かけるときに必ず出窓で見送るふうちゃんがわたしたちの帰りを鳴きながら待ってる気がして仕方ないのです。

実際はふうちゃんマンションを移動させるくらいの勢いで一人遊びをしているのですが…。

Img_0411

玄関に入った私の目の前でコロンコロンと「お帰りなさ~い♪」のポーズをしていたふうちゃんですが、インゲンをくわえていました。

Img_0410

もぎたてのインゲンで大興奮とはなんと安上がりなのでしょう。

Img_0404

最後はくちゃくちゃ噛んで半分くらいになってしまいます。

Img_0405

そんなふうちゃんですが、朝は水浴び遊びです。

Img_0200

一体いつになったら水道から水を飲むようになるのか、と思いつつ見守っていますが、ふうちゃん的にはこれで満足なようです。

「お顔の角度を変えると、ホラっ!お水があらぬ方向に!」とこうして30分くらい遊びます。

Img_0188

頭のてっぺんをびしょ濡れにしている姿はなんとも愛しくかわいいものです。

Img_0126

いっしょうけんめい毛繕いをしていますが、頭はびしょ濡れのままです。

Img_0122

ちゃこが若い頃、それは昭和の終わり頃の事なのですが、今のようにペットフードが充実していませんでした。お値段もお高めで、そしてペットフードに対して知識がなかったのでなんとなく手が出ず、ちゃこのごはんはもっぱらお魚と白いごはん粒でした。隣のうちもその隣のうちも、そしてそのまた隣のうちも、猫のごはんはお魚と白いごはんだったので、我が家もそれにならったのでした。しかし今となっては「猫にしろめし!考えられない!肉でしょ!」となり、ふうちゃんには今どきの猫らしくモンプチや新鮮なお肉などを食べさせています。

…が、ふうちゃん、なんとしろめしが大好物です。

Img_0385

それを知ったのは私が食卓で自分の白いごはんを食べているときでした。まさかこんな味のないしろめしを盗み食いもないだろうとタカをくくっていた私はふうちゃんの猛襲に驚き、のけぞってしまいました。ふうちゃんはすごい勢いで私のしろめしをくっちゃくっちゃと食べるのです。そしてまだ仔猫なせいかうまく噛めず噛んだしろめしを全部口の横から散らかしていました。

「…しろめしならちゃこも長年食べてたし、害はないでしょうが…なんとも慎ましやかな大好物…。しかも食べにくそう…。」と不憫に思ってしろめしに水をかけてサラサラにしてあげました。

「…水かけしろめし…ますます不憫…。」しかしふうちゃんは「こんなご馳走を!?」と喜んでしろめしを食べています。仕方ないので毎日、夕ごはん後に私の一口だけ残したしろめしに水をかけてふうちゃんにあげています。

Img_0381

そんなわけでふうちゃんは毎晩お鼻の頭に白いごはん粒をくっつけて歩いているのです。好みって色々。

Img_0384

「しろめしをおなかがふくれるまで食べてみたいなぁ~。」と、夢見ているふうちゃんなのです。

Img_0509

またもや動画です!夜、寝る前は必ず大運動会です。
「ふうちゃん、夜は楽しくって仕方ないのです!」の巻

| | コメント (23)

2009年7月 1日 (水)

かわいいおててにめろめろです。

毎日お風呂掃除を母親の背中にしがみつきながら見学しているふうちゃんです。

Img_0228

が、母は「たまには下で見学して~!」とその暑さと重さにギブアップ、お風呂用のイスを差し出したのです。

Img_0350

「このシャーっと出てるのはなんですか?!」とシャワーから出るお湯に興味津々。

Img_0347

「このシャーっと出たものはなぜにあちらにうようよしてるのですか?!」とお湯の行方を追っています。

Img_0348

その必死な後ろ足がなんともかわいいのです。

Img_0353

「お風呂掃除が終わりました!」まるで自分の手柄のように満足気なご様子です。

Img_0355

さて、ふうちゃんはひとつ自分のお部屋を持っています。

「ふうちゃんマンションA棟 102号室です。」

Img_0048

小さな天窓がついたこのお部屋はふうちゃんの宝物でいっぱいです。

ある日、私はふうちゃんの持ち物検査をしてみました。

コーヒーに使ったお砂糖の空き袋が三つも出てきました。

Img_0053

そして…インゲン…。生野菜をこんなところに入れておいていいのかしら、と思いつつ、ふうちゃんの宝物なのでそっと戻しました。

Img_0050

すると…。

「誰ですかー!ふうちゃんの宝物をいじくるのはー!!」

Img_0073

と天窓からかわいいふうちゃんの抗議のおててが飛び出してきました。

「ふうちゃんマンションですから当然ふうちゃんがくつろいでいます。」

Img_0068

私が広告などを丸めて作った雪玉50個ほどに埋もれてくつろぐふうちゃんです。

Img_0074

ここでくつろぐ分には問題ないのですが、最近くつろぎ場所が図々しくなってきました。

テーブルの上などは私にかまわれたい時には最適なようです。

Img_0332_2

「威張ってる感じもする…。」

Img_0330

「なんと言ってもここが一番なのです。」と言っている(ような気がする)のは私の膝の上です。

Img_9817

寒くても暑くてもお構いなし、私の膝の上でクッタリと寝てしまうのです。

Img_9818

しかし私は膝の上にふうちゃんを置いて足の痺れと闘わなければならず、そしてたいてい5分で闘いにやぶれます…情けないことですが…。

そっと寝ているふうちゃんを寝床などに移すと…。

「ここもいいかも~♪」と引き続き熟睡です。

Img_9792

ところで、ふうちゃんのおててはちょっと大きい気がするのですが、仔猫というのはみんな小さい頃はおててが大きく見えるものでしょうか。

Img_9804

たまにそのかわいいおててを悔しそうにかじっています。

Img_9814

たまには遊んでる姿も撮ろう、と母の手を犠牲に遊ばせたりすると、そのかわいいおててでぎゅっとつかんだりしてちょっとジェラシーな私です…。

Img_0308

甘噛みなどもかわいいのです。

Img_0310

「かわいい猫パ~~~ンチ!」

Img_0309

しかし…仔猫が遊ぶ姿などピントが合うはずもなく…大量のピンボケ写真を生産してしまいました。

「ゆうおねいさん、おてて、ほら、かわいいでしょ?」と、たまに見せびらかしているふうちゃんです。

Img_9807_2

↓日本人で初のイヴ・サンローランのモデルに抜擢された高島三枝子さん(70)のエッセイです。

南仏カンヌの食卓―ミエコさんのおいしいもの便り Book 南仏カンヌの食卓―ミエコさんのおいしいもの便り

著者:ミエコ ヴィクストロム
販売元:岳陽舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (20)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »