« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

ふくらむおふとん。

「いいお天気ですねぇ…。」

Img_0279

と、ちゃこ、まったりと出窓でお外を眺めています。

「あら、ゆうおねいさん、朝ごはん?」お鼻にモンプチがこびりついていてチョビヒゲみたいになっています。

Img_0282

朝、珍しく食欲がなかった私はしばらくこうしてちゃこの日向ぼっこ姿を堪能しつつ、胃をいたわるためにハーブティーを飲んでいました。そしてちゃこがブラッシングをしてもらうために父(ブラシ係)の方に向かったので私もキッチンに向かい朝ごはんの準備です。

ブラッシングを満喫中のちゃこには声をかけずに部屋に戻って朝ごはんをいただいていると…。

「ゆうおねいさん!ちゃこにお声もかけずに朝ごはんを…!!」

Img_0635

ちゃこが呆然と佇んでいました。

「おいしいものの予感がするですよ。」バターの予感がして唾がこみあげたのでしょうか、おいしいものを食べようとしているオオカミみたいに近づいてきました。

Img_0637

さっそく私のバターをわけてあげると、お鼻にバターをたっぷりつけて喜んでいます。

Img_0628

「相変わらずおいしいですねぇ~。」

Img_0623

「でもちゃこは知っているのでございます…。」

Img_0621

「これはちょっとしかいただけないことを…」

Img_0624

3回くらいバターナイフにバターをつけてあげると「ごちそうさま~!」とどこかに行ってしまうちゃこですが…。

すぐ戻ってきます。2回目の登場です。

Img_0636

2回目くらいまでは私もバターナイフを差し出しますが3回目はだめです。なのに4回目があったりもします。根気強いちゃこです。

さて、映画公開も間近になった「容疑者Xの献身」ですが、マックでコーヒーを買い込み、マグにうつし、「石神が堤真一か…塚地じゃないのか…」と何度も思いながら読み進んでいました。

Img_0786

石神は福山扮するところの湯川先生と同級生で同じく天才か…「じゃ塚地じゃねぇ…。」と思えるところまで読み進んだ頃、ちゃこの雄叫びが…。

2時間に1回くらいちゃこに大声で呼ばれ駆けつける私ですが、殺人事件はちょっと置いといて頭を休めましょう、と今度はイラストエッセイをちゃこの横で楽しみました。

Img_0721

「右のおててで右のあんよをつかんでいるのぉぉぉぉ~?」

Img_0722

「かわいいお口をみせつけているのぉぉぉ~?」と、なかなか読書がすすみません。

Img_0727

夜、私のふとん乾燥機が作動する時間がちょっと遅れてしまいました。いつも8時過ぎには作動しているのに9時過ぎてしまったので急いで部屋に行くと…。

「ぶわーーんっとするアレをやらないのですか?思いっきりぶわーんっとしちゃってくださいませ!」

Img_0143

布団乾燥機で布団がふくらむとそれはそれは幸せそうにねんこします。

Img_0139

「それはそれは幸せそう…。」

Img_0140

「ゆうおねいさん、ちゃこにとって布団乾燥機はサウナみたいなものでございますよ。」…布団を干した日でもちゃこのためだけに作動することもある布団乾燥機です。

Img_0829

↓東野圭吾ワールドにどっぷりです。

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7) Book 容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (29)

2008年9月23日 (火)

えいがっていいですねぇ。

久しぶりに連日更新です。昨日は映画「西の魔女が死んだ」を観に行きました。近所の小さな映画館にはたまに遅れていい作品がやってきたりします。

「西の魔女が死んだ」は梨木香歩さん原作で、私はこの小説を友達にプレゼントしたりしていたので映画化はとても嬉しかったです。

Img_0784

「ちゃこちゃん、これは魔女の修行のためのスケッチブックなのですよ。」

Img_0781

なんとパンフの後ろにかわいいノートがついていました。

映画の中で西の魔女なるおばあさん役を、サチ・マクレーンが演じていました。彼女の母であるところのシャーリーマクレーンの本を10代後半のころに読みあさっていた私はサチさんにはちょっと詳しく、まさか彼女がこの映画のおばあさん役をするとは!と大変驚きました。

Img_0803

私の中のサチさんはこの本の中で未だ若いまま…。この本、シャーリーマクレーンの半生を書いたもので表紙にもサチさん登場。

Img_0788

しかし、この本、英語なのでところどころうろ覚えです。

Img_0805

確か10年間くらい父親の仕事の関係でシャーリーマクレーンとともに日本に住んでいたはず。黒髪ロングヘアーのサチさんも素敵です。スチュワーデスさんをしていた頃でしょうか。

Img_0791_2 

ママ、シャーリーマクレーンとのかわいらしい写真も載っています。

Img_0795

そして私が本を読んでいた当時はマドンナと付き合っていたシャーリーマクレーンの弟、サチさんのおじさまにあたるウォーレンベイティとの3ショット。大物にばかり囲まれてさぞかし大変だろうなぁ、なんて思っていたものです。

Img_0797

それにしてもサチさんのおばあさんぶりには感心しました。まるでターシャテューダーのよう…。りょうが娘って…なんて観る前はちょっと不思議でしたが、あのサッパリ顔のりょうさんがサチさんと並ぶと顔や首のラインがそっくりです。そしてりょうさんをはさむと、まいちゃんが本当のお孫さんに見えてきます。

Img_0801

素敵な食卓が何度も登場、特にサンドイッチを作るシーンやハーブティーを淹れるシーンなどはため息ものです。

Img_0799

夜中に焼くクッキーなどなど乙女心がくすぐられながらも、おばあちゃんの知恵あふれるセリフに感動したり…お母さんのシャーリーマクレーンが本で言っていたことを、サチさんが、この映画の中でセリフとして話しているかのようでした…。極めつけは手嶌葵の歌う主題歌でした。最後にエンドロールが流れても誰も立ちませんでした。車の中でサビだけ覚えて歌おうとするものの…「空に~は~♪……なんだっけ…。」全然歌えず。

ネットで探すぞ!おー!と意気込んで見つけた映像がこれ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=l5Raye0xCWw  
(忙しい人はこっちへスルー↓)

感動しつつエンドロールを眺めていて「あ!!」と思わず声を出しそうになりました。私は昨日から東京世田谷の馬事公苑のあたりの地名を思い出せず母に「でもネットに頼らず自力で思い出します宣言」をしたばかりです。母に「なんかバネみたいな名前だったはず…」とか言いながら悶絶してたのですが、スタッフの名前の中に「弦巻(つるまき)」の文字発見です。「世田谷の弦巻だった…昔JRA相手のお仕事をしてた頃しょっちゅう口にしてたのにこんなにきれいさっぱり忘れるとは!」と思いつつ、やはりアンテナを張ると情報は向こうからやってくるなぁ~とこれまた魔女的知恵に感動しました。気になることはしばらく寝かせると向こうからやってきます。

映画館で「グーグーだって猫である」のチラシを見つけました。「グーグーかわいい!」とひとりで盛り上がっていたら…。

Img_0806

「ゆうおねいさん、お呼びですか?」

Img_0764

「ゆうおねいさん、かわいいかわいい、ってちゃこのこと一日何回呼ぶのですか?!」…これは嫉妬か?!と思うくらいズカズカとチラシのうえにのるちゃこ、これでまた10回くらい「かわいい!」と言われることになるのです。

Img_0770

↓今度は「西の魔女が死んだ」のDVDをプレゼントしたくなりそうです。

 西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (39)

2008年9月22日 (月)

おとめのきぶんてんかん。

お休みの日でも時間通りにいつもの場所でバターを待つちゃこです。

Img_0321

「バターはおいしいですねぇ~。」

Img_0336

お腹の調子や顔色に合わせてバターの量はちょっぴりになったりします。顔色、というと不思議かもしれませんが、あるのです、ちゃこにも顔色が。

Img_0345

「今日は顔色いまいち、バター少なめね」なんていう日もあるのです。

「なんだか今日はバターが少なかったのですが…もう1回いただけるんですかねぇ…。」と万年床の上でぽちょんとおねだりです。

Img_0346

「ちゃこ真剣にバターを欲しています。」

Img_0349

ところで、土曜日、なんだか体調がすぐれず、それも風邪などではなくバイオリズム的なものかしら、とダラダラダラダラ…ゴロリと横になったりうっかりうたた寝したり…なんだか泥になったような気分だわ…と、どんより気分な休日でした。これではいけない!と、気分転換にケーキ屋さんに行きました。こんな気分のときはかわいいケーキ屋さんとその隣にあるこれまたかわいい花屋さんに出かけて乙女の気分転換です。お給料日後ならそのまま斜向かいのかわいい輸入雑貨さんにも行くのですが給料日前の今は素通りです。

ケーキと花もいつもより少なめ、500円ずつくらいの予算でよーく吟味して買うのです。この吟味する、という作業が意外と頭をスッキリさせるのです。いつもは欲しいものをだいたいで買うところを、500円!とキッカリ決めて気をひきしめます。100円のチーズケーキと300円のチョコレートケーキ、500円のブーケと、そしてかわいい本も忘れてはいけません。そして挽きたてのコーヒー豆でコーヒーを淹れ、だいたい準備完了…。

Img_0672

一番重要なのは「横にちゃこ。」です。

Img_0657

ケーキを箱から出すと何かが始まる予感がしたようです。

Img_0670

「なんだかおいしいものの予感がするのでございます。」

Img_0664

生クリーム系がまったくないので「ちゃこには何もないわ~。」と思いましたが、ちょっとだけチーズケーキを見せてみました。

「ふむふむ、おいしいケーキでございますねぇ!」

Img_0676

「これははじめてのおいしさ!」

Img_0679_2   

あら?意外といい反応…でもこれ以上は体に良くないかもしれないので「もうおしまいです。」と私が食べ始めたのですが「ちゃこにもくださいませ~!」と、ぐいぐいと私の腕の中に入ってかわいくアピールです。

Img_0698

「仕方ないわ…。」と、スプーンであげたら…。

Img_0682_2

「スプーンに写ってるちゃこかわいい!!」と思いがけずスプーンの撮影。

Img_0700

「あぁ…もっとピカピカのスプーンであげればよかった…。ブタさんみたいでかわいい…。」思わぬ発見に興奮してしまいました。

そして、もうおしまいね、とイスをひいてちゃこの方を向かないようにして本を読みつつコーヒーを飲み…ケーキに手を出すと…。

「それケーキじゃないですか?」と、再びのおねだりスタイルです。

Img_0677

「おぉ…無限のおねだり。」しかしもう本当におしまい、とひたすら私もしらばっくれます。と、なんだかんだと30分くらいこんなことをして笑ったりしてたらすっかり気分も晴れました。笑うと頭がとってもスッキリするのはやはり酸素が行き渡るからなのでしょうか。

「ゆうおねいさん、ちゃこはモヤっとしてますよ。」

Img_0674

もうケーキもなくなりコーヒーも飲み終わり、私は本を読んでいるだけなのに、ちゃこは全然寝ていませんでした。

「ゆうおねいさん、ちゃこもケーキ2個くらいはペロリですよ。」…ちゃこも立派な乙女なのでたまには甘いケーキで気分転換をしたいのかもしれません。

Img_0673

↓大好きなエドアルドバレリーニ主演の映画、戦場みたいな厨房で作る料理って…野口晴哉なら、作った人の気を感じて帰ってしまいそう。

スマイルBEST::ディナーラッシュ スマイルBEST::ディナーラッシュ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (15)

2008年9月19日 (金)

おーすとらりあのおみやげ。

朝ごはんの後のブラッシングも終わり、ねんこの時間のちゃこですが、一応、テーブルの上においしいものがないかどうか確かめにきます。

Img_0070

「なんだかゆうおねいさんがおいしいものを食べている気がする…。」

Img_0581

と、白湯を飲む私を気にしつつ、睡魔と闘うちゃこです。私は朝ごはんの後1時間ほど出勤前の勉強タイムになるのですが、その間にこのマグで2杯の白湯を飲みます。それがちゃこには気になって仕方ないようなのです。きっとホットミルクか何かを飲んでいると勘違いしているのです。しかし勉強中にホットミルクなど飲んでリラックスすると眠気との壮絶な闘いになるのでひたすら白湯です。ちゃこもたまにマグからぬる~い白湯を飲むこともあります。

10分ほど熱い視線をおくっているものの、ちゃこは睡魔には勝てずぐっちゃぐっちゃになって寝てしまいます。私はお気楽ねんこ姿を見ながらお勉強です。

「睡魔に負けてすいませーん。」

Img_0471

そろそろ勉強も終わり、身支度を…と立った途端に玄関のチャイムが鳴りました。出るとゆうぱっくでのお届け物です。なんともおしゃれな袋ですが荷物に覚えがなくサインしたあと良く見ると…。

「ラッキーなねこぐらし」のラッキーのママさんから、オーストラリアのお土産です!

Img_0602

今帰国中のラッキーのママさん、なんと私にまでお土産を送ってくださったのです。英語の勉強のために英語の雑誌を通販で買おうかと思っていたのでオーストラリアの料理雑誌はかなり嬉しい一品です!ちゃこへはなんとシープスキンのプレゼントです!ふわふわのシープスキンにふわふわのちゃこが寝る、の図を想像してよだれです…。

そして母とふたりで最も喜んだのがこれ、オーストラリア産のオーガニックのハチミツとドライクランベリーです。

Img_0607

近頃はハチミツも中国産のものは不安なのでフランスのものを使っていたのですが、高いうえに量が少なくて困っていました。良いハチミツを探しましょう、といいつつ先送りになっていたのでとても助かりました。

かわいいにゃんこさんのカードにはうれしいメッセージ、突然の素敵なプレゼントに本当に驚いてしまいました!ラッキーのママさん、本当にありがとうございます!!

Img_0605

「ゆうおねいさん、ちゃこからもたまごのプレゼントです。」

Img_0601

「…ウソです。これはさっちゃんが産んだたまごです。」

Img_0598

両親の仕事場で飼っている比内鶏のさっちゃんたち(3羽)が毎日たまごをうんでくれます。

3日もするとこんな感じです。

Img_0596

新鮮なたまごは不整脈や心臓にいいと聞いたことがあるので1日1個、たまごを食べています。3羽に対して3人家族、たまにさっちゃんがさぼると誰かが食べはぐるという計算です。

「ちゃこの分はないのですか?!」…と、ピンボケちゃこの訴えの声が耳に痛いですが…。

Img_0609

ごはん前にかわいい表情を見せてくれるちゃこ、こんな時はピントがすぐ合う、ナイスなカメラが本当に欲しくなります。

Img_0612

このデジカメ、アップは結構うまく撮れるのに…。

Img_9761

「ピンボケ反対!ちゃんと撮ってくださいませ!」…1日に何度も、かわいい!今、この表情を撮りたい!と悶絶している私です。

Img_0611

↓思った以上に風景も音楽も素敵でした。ぜひともそろえたいDVDです。

アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 DVD アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2008/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (16)

2008年9月16日 (火)

ねんこしててもきいています。

連休中、ちょっと気が弛んでしまい、9時近くまで寝てしまいました。バタバタともの凄いスピードで朝ごはんを準備して部屋に戻ると…。

「やっと朝ごはんでございますか?ちゃこ、もうねんこしようかと思いはじめたところでございますよ。」

Img_9922

「あら、鮭おにぎり?」と、期待の眼差しになるちゃこ。

Img_9888

「ちゃこ、これまるごと1個いただきましょうか?」

Img_9889

ちゃこのふわふわの体がぐいぐいっと私の体にあたるとなんともいえない幸せ気分になります。

「まずは香りを楽しんで~♪」

Img_9905

「あ~ん♪」

Img_9895

「パクっ!」

Img_9918

「いい香り~♪」

Img_9917

「ペロっ。」

Img_9892_2

「もっともっとー!」

Img_9891

いつも万年床で寝ているちゃこですが、晴れた日はお布団を干してしまうので、ちゃこの寝床が小さくなります。

Img_0548

小さくたたんだ掛け布団の上にちゃこ専用クマさん毛布を敷いておくとキチンとここで寝てくれます。

Img_0549

私のもっぱらのお楽しみはちゃこのかわいい寝姿を見ながら寝転がって雑誌や本を読むことです。

Img_0540

この時もいつものように雑誌を見ていたのですが、猫ブログの書籍化についての記事を読みながら「ひゃぁ~かわいいわ~。きれいな子~!」などと心のお声がもれてしまいました。すると…。

「それってちゃこの事でございますよね?」と、わざわざ起きて雑誌の横にお座りしました…。

Img_0533

大変眠そう…。

Img_0534

こんなにがんばって起きて来てくださったのによそのにゃんこさんの本のことだなどとは言えません。「そうですよ、ちゃこのことですよ~♪」とおでこにちゅう攻撃です。

「ゆうおねいさん、ちゃこねんこしてたってゆうおねいさんのお話声は聞こえてるのでございますよ。」…いつの間にか起きて横に座っていたりするちゃこなのです。

Img_0525

↓新たにニューヨークものの素敵な映画を発見です。

プラダを着た悪魔 (特別編) DVD プラダを着た悪魔 (特別編)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (14)

2008年9月13日 (土)

なにしてるんですか?

ここのところ、いいお天気の日が続いているのでちゃこも出窓でひなたぼっこです。

Img_0477

「あぁ…空が高いでございますねぇ…秋なのですねぇ。」

Img_0482

とか、思ってる感じのちゃこの後姿を見て目覚める朝は最高です。

「ゆうおねいさん、おはようさんです。秋の出窓はまぶちぃのでございます。」

Img_0480

最近ちゃこがちょっと変わった行動を取るようになりました。私があることをしていると…。

「ちょっとちょっとー!何してるのー?!」

Img_0431

「ねぇ~ねぇ~何してるのー?」

Img_0432

と、まんまるおめめで近づいてきます。

お部屋を変えてちゃこに隠れてやっていてもやっぱりちゃこが近づいてきて…。

「ねぇ~何してるのー?」と、興味津々で覗き込むのです。

Img_0518

「何をしているのでございますか~?」

Img_0519

ヴァイオリンを弾いているのですが…。

Img_0517

「これってよく見かけますが一体何するものですか?これおいしいのですか?」

Img_0516

ちゃこを傍らにヴァイオリンを弾いてみたりもするのですが、足早に部屋を出て別の部屋で大声で鳴いたりします。それはそれは大きな声でヴァイオリンにも負けないくらいなのです…。5回くらい鳴くと気が済むらしくお布団の上に戻ってねんこです。ねんこしているちゃこの傍らでヴァイオリンを弾く私…ずっと夢見ていた光景です。…が、やはり寝てもいられないのか出て行って雄叫び…。15分もすると戻ってきて雄叫び。

でもちゃこが怖がらないなら、と気兼ねなくヴァイオリンの練習をしています。怖がってはいないけど嫌がっているのか?と思えなくもないですが…しかし先週は練習の甲斐あって、上達しましたねぇ、と先生にも褒められました。ここのとこサボリ気味で下落しつつあった私のお株が少し上がったようです。あずき相場みたいに危なっかしいお株ですが…。気をよくして本屋さんへ行き、「すーちゃん」と「グーグーだって猫である」をゲット、カフェにてコーヒーを飲んで帰りました。

Img_0466

本屋さんで見つけた雑誌の表紙がキョンキョンだったのとお箸と猫のかたちの箸箱のおまけがついていたので普段買わないファッション雑誌を買ってみました。

「お箸?これはちゃこのお箸ですか?」

Img_0490

会社にもっていくお箸ですが、お箸を見たちゃこがちょっと期待のおめめになったので…。

「モンプチ、あ~ん。」

Img_0498

いきなりのモンプチタイムにびっくりして思わず食べちゃったちゃこ、おいしく感じたのかこのあとガツガツとモンプチを食べていました。

Img_0502

「ゆうおねいさん、さっきのモンプチはおやつ?」…私の新しいお箸を思わずちゃこに最初に使わせてしまいました…お鼻に朝のモンプチがくっついています。

Img_0505

↓ちゃこが生まれた年にはじまったドラマです。

やっぱり猫が好き 6枚BOX(第1巻〜第6巻) DVD やっぱり猫が好き 6枚BOX(第1巻〜第6巻)

販売元:フジテレビ
発売日:2002/07/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (17)

2008年9月10日 (水)

おとぼけだいさくせん。

朝、ちゃこの雄叫びで目が覚めました。なんだか上の方で聞こえる…と思ったら。

「ちゃこ、テーブルの上に朝ごはんがあると思ったのでございます。」

Img_0259

「朝ごはんはまだでございますかねぇ~。」

Img_0260

私は飛び起きて、からくり人形のようにクルクルと急いで朝ごはんを作り、ちゃこの待つお部屋へ向かいます。

ちょっとウトウトしはじめていたちゃこ、急にぽちょんと座っておねだり目線です。

Img_0210

少しだけバターをあげ、ここまではいいのですが、大変なのは「もうお終い。」を言うときです。

Img_0177

最近は「もうお終いね!」と言うと、一旦部屋からすんなり去って…。

そして、すぐ戻ってくるようになってしまいました。

Img_0221

「おはようさんです。朝ごはんのお時間ですか?」「………。」

Img_0222

しらばっくれるちゃこです。

「おいしそうな香りでございますねぇ~。」

Img_0214

「それはおいしいに違いないでございますよねぇ~。」

Img_0216

しかしここでちゃこの「おとぼけ大作戦」にひっかかってしまってはいけません。

しばらくすると、万年床の上でちょっと様子見モードになるちゃこです。

Img_0224

朝ごはんを食べる私をじーーーーっと見ています。

Img_0229

ずっとずっと見ています。

Img_0231

出窓で日向ぼっこの時間になっても…。

ずっとずっと見ています。

Img_0234

ようやくあきらめて、とってもとっても暑い出窓で熟睡です。

Img_0241

おてて枕で気持ち良さそうですが30℃を軽く越えている感じです。

Img_0249

こうして出窓と万年床を行ったり来たりして一日過ごしているので、出窓に踏み台として小さいテーブルを置いたのですが、これを無視して直接出窓から下りたりして、親の心ちゃこ知らず、です。

Img_0253

「ゆうおねいさん、6時になったらダイニングに集合でございますよ。」…どんなに熟睡していても夕ごはんの時間にはテーブルで待っているちゃこです。

Img_9982

↓最近一番気になる人の気になる本です。

21世紀の国富論 Book 21世紀の国富論

著者:原 丈人
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (22)

2008年9月 7日 (日)

ちゃこふたたびのごたいめん。

「トテチテトテチテ。」

Img_0269

さらなる「トテチテトテチテ。」

Img_0270

「バターの香りがぷんぷんするでございますねぇ~。」

Img_0272

休日の朝なので少し寝坊してしまい、ちゃこもちょっと「何やってんですか、こんな時間に朝ごはんとは。」と、9時半に朝ごはんを食べる私に詰め寄りました。

Img_0275

しかし、ちゃこには重大任務があるので、私はいつもより多めにバターをあげたのです。その重大任務とは。

「猫が王子様☆(夫は…?)」のみかさんがちゃこのナイスショットを撮るべく、再び我が家に遊びに来てくれたのです。ちゃこは立派にモデルにゃんこをできるのだろうか、どうだろうか、とドキドキの私です。

駅にみかさんを迎えに行き、かわいいみかさんをかわいいキューブの助手席に乗せ、かわいいカフェへGO…の前にちょっとだけちゃこの顔を見に、家に寄りました。ちゃこよりもみかさんがドキドキしながらちゃこを触っているのがおもしろかったです。ビッグな世良君がスタンダードサイズなみかさんはちゃこをガラス細工のように丁寧に扱ってくれます。

Img_0387

「いーこいーこ。ち、小さい…。」…このあと何度もみかさんの口から「小さっ…」という言葉が出てきました…。

Img_0389

さて、カフェででお茶をしながらガールズトークを楽しもうという算段ですが、なんと3時間も長居して陽が暮れそうでした。

Img_0397

みかさんのオーダーしたガトーショコラと。

Img_0392

カプチーノ、このカプチーノのかわいさに一頻り盛り上がったあと、みかさんが豪快にかき混ぜたのが印象的でした…。

Img_0394

そして私のオーダーしたティラミスと、みかさんのガトーショコラを交換して味見、みかさんが「これはブランデーか何かが!」と言うので、そういえば!と気付き、元ザルであった私はお酒への感度が鈍っている自分に反省、酒気帯び運転になったら大変!とちょっと余計な心配までしてしまいました。いつどこにお酒が入っているか分からないシャレた料理などには注意が必要です。

Img_0390

さて、本格的にちゃこを撮影するぞ!と息巻いたわたしたち、出窓にいるちゃこを直撃撮影です!…私はちゃこを撮るみかさんを撮影です。

Img_0399

いつものように万年床で寝ていたちゃこ、みかさんを警戒する様子はなく、ずいぶん長い時間一緒にいました。
みかさんのバッグに興味津々だったので、きっと「お姉さんの香りが…」とウットリしていたのかもしれません。きれいなお姉さんが大好きなちゃこです。

Img_0404

それとも若い世良君の香りをキャッチしてウットリだったのでしょうか。

Img_0402

しばらくするとちゃこは家族のいるダイニングに向かいました。きっとごはんの時間なのでテーブル散歩を始め、母にさんまをもらうつもりなのです。

バイオリンを弾いたり、整体師さながらにみかさんの背骨をチェックしたりして楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。骨盤を調べるためみかさんに仰向けになってもらっていると、廊下の方からダイニングから戻ってきたちゃこの鳴き声が近づいてきます。「なんとなく訴えている声…ドアを閉めたからかしら。」と仰向けのみかさんを「ちょっと待っててね。」と残しドアを開けるとそこには獲物(さんま)を召し上がってクッチャクッチャと舌なめずりをするちゃこが立っていました。

「みかお姉さんが横になってますがお布団へどうぞ。」と促すと、仰向けに寝ているみかさんの体を踏み台にして布団へ渡るちゃこ…「ちゃこに踏み台にされるなんてちょっと羨ましい…ちゃこに踏まれるとかわいい重さを感じない?」と大変マニアックな質問をしてしまいました。

小腹がすいて私のお腹がグーグーなる頃、今度は近くの和食やさんで私たちも夕ごはんを食べることにしました。数年ぶりにくるお店でしたがすっかり人気が出てお客さんが沢山、私たちはいかにも付き合いはじめのカップルが好みそうな一角に案内されました。

そして…お通しの豚冷しゃぶを食べつつ…。

Img_0418

ザル豆腐を塩でいただきながら…。

Img_0420

蟹クリームコロッケを頬張り…。

Img_0421

じゃこめしをいただきました。

Img_0423

しかし私はじゃこめしのあたりで満腹中枢がギブアップ。

ペキンダック風のチキンまで届かず…1日でいいからギャル曽根になってみたいと思う私でした…。

Img_0426

ここでも喋りまくること数時間、最終電車になってしまうのか?!という危機感をちょっぴり抱えつつ駅まで車を走らせみかさんをお見送りしました。

帰るとちゃこがなぜか私のお口に大変しつこいちゅうをしていました。まぁ…私が恋しかったのかしら…と思ったのもつかの間、数時間前のじゃこめしのことを思い出しました。そういえばじゃこめし食べてるときに私は「ちゃこ好きそう!」と言っていたのでした。残り香でこんなに興奮とはちゃこの嗅覚おそるべし…。

みかさんは遠いなか、一条ゆかりさんの「プライド」を持って来てくれました。さらにロールケーキもお土産にいただいた私は、もう「明日の午後はケーキとマンガ…わお!天国!」と感謝感激です。このマンガを持って駅のホームを歩いたり階段を上り下りしたり乗り換えをしたりしていたのかと思うとびっくり仰天です。

Img_0428

「ゆうおねいさん、今日はちゃこ、素敵なお姉さんの上を歩いてしまいました。くれぐれも、その節は失礼いたしました、とお伝えくださいませ…。」…私の記憶が定かならちゃこが私以外の人の体の上を歩いたのは20年間ではじめてです。ちょっと感動しました。みかさん、遠いなか遊びに来てくれて、そして夜遅くまでありがとう~!!

Img_0408

↓一条ゆかりさんがまだ現役で連載まで持っているとは知らず驚きました。

プライド 9 (9) (クイーンズコミックス) Book プライド 9 (9) (クイーンズコミックス)

著者:一条 ゆかり
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (27)

2008年9月 4日 (木)

ふくらむおふとん。

「もうそろそろ朝ごはんがテーブルに並ぶ時間ではないのですか?」

Img_0072

…と私の部屋のテーブルの下にて待機です。

Img_0073

私は急いでキッチンでパンを焼き、バターをあたため、コーヒーを淹れて、果物などを切ります。この間10分ほどです。

「はぁ…はぁ…ちゃこちゃん、もの凄いはやさで朝ごはんのしたくをしてきました。」

「ふむふむ、よろしい。」

Img_0029

夕ごはんの時間にくわえ、最近は朝ごはんの時間にも厳しいちゃこです。

さて、先日自然食のカフェで、夏らしいランチを食べました。

Img_9526

テラス席に座り、外の景色を楽しみながらランチです。

Img_9517

お店の庭には無農薬栽培の野菜たちが元気よく育っています。

Img_9524

とくにおいしかったのはトマトです。

Img_9527

ナスもトマトも甘くて山盛り食べたいくらいでした。

そしてうるち米から作ったというこのお店のオリジナルのうどん、そばのような風貌ですが、すごいコシです。

Img_9528

これをナスの入ったおいしい汁につけていただきます。

Img_9529

私は暑い夏でもあたたかいうどんを食べたい、と、あたたかい方のうどんにしたのですが、これもとてもおいしかったです。

Img_9532

ところで、こんなに暑いのに、ちゃこにゃんこさんは相変わらず布団乾燥機をかけると小走りでやってきます。

Img_0108

下の方で寝ると盛り上がりが激しくてちゃこの軽い体重では持ち上がってしまいます。

Img_0103

「ちょっとちょっと盛り上がり過ぎではないですか?!」

Img_0106

「いやーん、こんなに高くなったら寝にくいでございますよー!」と、左手でお布団をおさえますが、なおも盛り上がっていくお布団です。

Img_0111

しかし、しばらく盛り上がるお布団と格闘するも、心地よかったのかそのまま寝てしまいました。

Img_0115

「なんて呑気な寝顔でしょう…。」

Img_0117

しばらく眺めていたらパッと目を開けたちゃこ、私の気配がうるさいのでしょうか。

Img_0118

「そんなに見ないでくださいませ。」と、かわいいおててでお顔を隠し、照れたようにねんこすることもあります。

Img_0092

「ゆうおねいさん、最近乾燥機が調子にのってちゃこを押し上げてとても寝にくいです。」…以前はもっと真ん中で寝ていたのに最近は一番ふくらむところで寝ているちゃこです。

Img_0123

↓もうすぐ映画公開、吉祥寺の街もずいぶん楽しめそうな映画になるようです。

グーグーだって猫である〈2〉 Book グーグーだって猫である〈2〉

著者:大島 弓子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (21)

2008年9月 1日 (月)

てーぶるねんこ。

「おはようさんでございます。バターをいただきにあがりました。」

Img_0032

いつの間にかぽちょんと座って私を見上げるちゃこを見下ろす私。

「今朝のバターもおいしいですねぇ~。」

Img_0009

最近朝ごはんに手作りのポテトサラダを食べているので、ちゃこも食べるかなぁ、とちょっとあげてみることにしました。

「お初のこれは何ですか?」

Img_0022

結構舌を大胆に伸ばしてますが…。

Img_0023

「ぺっ…これはあんまりおいしくないですよ…。」と大変失礼な態度です。

Img_0024

朝ごはんを食べながら火曜の夜にNHKで放送されている英会話の番組をみました。ニューヨーカーの英会話をテーマにしたこの番組、1回目から欠かさずみています。

Img_9620

この回は私の大好きな地区でのお散歩だったので観光気分でお勉強です。

Img_9624_2

英語の言い回しを教えてもらっているさちこさん、デリでポテトキニッシュなどを注文。

「あぶらっぽいかと思ったら結構パサパサしています。」褒める気なっしんぐ。おいしそうじゃなかったけど意外な方向でおいしくなかったってことでしょうか。

Img_9627

それにしてもクリスの日本語が気になる所です。「ボクのバアイはゼッタイblueberry bagleとイチゴのクリームチーズがタベタイ。あ、アトそのヤツはゼッタイやかないとネ」クリスの日本語の方が心配です。クリスの微妙な日本語の真似ばかり覚えるダメな私です…。

Img_9618_2

近頃、夕方になると天気が悪くなって暗くなるのもすっかり早くなってしまいました。ちょっと前までちゃこが夕ごはんの支度をテーブルの上で待っている時間はこんなに明るかったのです。

Img_9609

「そんなこといいから夕ごはん早く作ってー。」

Img_9606

涼しい日が増えてこうしてもう夏も終わるのかと、ちょっと淋しくておセンチになったりして。

「そんなことどーでもいいから夕ごはん早く作ってー!!」

Img_9611

…夕ごはんの時間に厳しいちゃこ、お魚だけを先に焼いてあげたりしてみんなより早めに夕ごはんを食べています。しかもみんなが夕ごはんを食べている時間に再びやってきてひとりひとりの所にまわって「ごはん食べてないのー。」攻撃をしてちょっとずつ追加のお魚をもらっています。

昨日はすっかり遅くなり、テーブルで待っていたちゃこもさすがに寝てしまいました。キッチンでごはんを作りながら大胆にテーブルで寝ているちゃこについ見入ってしまいます。

Img_0099

「かわいいねんこ姿だわ~。」と、撮影なんかしてるから、ますます夕ごはんの時間が遅れます。

Img_0095

「ゆうおねいさん、夕ごはん、時間厳守でお願いしますですよ!」…起きたとき一瞬自分がどこで寝てたんだかわからなくなって「?!」なお顔をします。

Img_0101

↓一度猫カフェに行ってみたいです。

TOKYOカフェEXTRA 猫カフェめぐり-あの猫に会いにでかけよう- (エンターブレインムック)

| | コメント (20)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »