« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

さむさむでした。

昨日はぐっと寒くなって秋を通り越して冬になってしまったかと思いました。
ちゃこもホットカーペットの上から動こうとしませんでした。

Img_71161

「ここ、ここ、ここがかわいい…。」とひたすらおててを激写です。

Img_71151

「ゆうおねいさん、ここですか?」

Img_72781

「そうです、ここです、ここ。」

Img_72761

「ここです、ここ、ここ。」

Img_72751

「ゆうおねいさんこれはいかがですか?」とねんこしたまま見つめてくれています。この甘えん坊な目線がたまりません。

Img_70841

そして熟睡してしまいました。喉はごろごろと鳴っています。

Img_69861

こんなかわいいちゃこに気を取られて遅刻しそうになりました。

Img_69841

ちょっと遠出でお仕事です。家から車で40分ほどかけてのお仕事です。そして無事お仕事が終わって、ふと18歳くらいの頃によく行っていたレストランがこの辺りということを思い出し、久しぶりに行ってみようという事になりました。何しろ16年ほど前なので場所はうろ覚え、確か、アトラクションらしきものをやっていてディズニーランドのレストランといった感じで味の方はそこそこでコーヒーは苦すぎたような記憶ですが、まぁケーキでも食べていこう、と入り口に向かうと相変わらず楽しげでかわいい雰囲気です。

Img_05211

店内も相変わらずディズニーランドっぽくてかわいいです。

Img_05251

メニューはパスタが中心で、一番最初にエビとアスパラのパスタの写真が目に入ってしまい、お茶の時間なのに「エビとアスパラのパスタ、取り皿2枚もお願いします。」と口走っていました。

Img_05271

そしておかわり自由というコーヒー、なんと、とてもおいしくなっていました。久しぶりに行ったら味が落ちていたお店の話しはよく聞きますが、味がよくなった!というお店はありそうでなかなかないので驚きました。また近くに来たら寄りたいと思います。

Img_05261

家に帰るとちゃこのまわりには様々なグッズがあり、ちゃこはここで全部用を済ませていたようにも見えました。ブラシして、トトロンと語り合って、ごはんを食べて、体重をはかって、ゴロゴロとねんこです。出かける前に色々と気を回していたらこうなった、との父(ブラシ係)の発言ですが体重計は意味不明です。

Img_04731

「ゆうおねいさん、今日は寒かったのです。ホットカーペットから離れるのがちゃこは嫌だったのですよ。」・・・本当に寒くて私がフリースをふわっとかけて腕枕をしてあげたら地鳴りのように喉がゴロゴロと鳴りはじめました…。

Img_74251

| | コメント (19)

2007年9月29日 (土)

ししゃもVSほっけ。

朝晩はすっかり肌寒くなってきました。ちゃこは一晩中毛布の上で寝ていましたが、私が起き出す頃にはダイニングテーブルの上で熟睡していました。

Img_00581

ちゃこの寝顔を見ながら朝ごはんをいただきました。

Img_00571

気配に気付いてやっと起きましたが寝ぼけ顔です。
「ゆうおねいさん、ごはんとおみそ汁とぶどうの朝ごはん?」

Img_00551

白いごはんをちまちまといただきつつ、ぶどう。ぶどうをつまみつつ白いごはん。

「ぶどうねぇ・・・。」

Img_00561

週に1回のバイオリンレッスンの日、私はいつもよりちょっとだけ多めに練習をしますが、最近はどうにもこうにも時間が取れません。練習不足のまま曲の仕上げに入ってしまいました。先生も「今日で仕上げなんだけど…」とあまり弾けていない私にOKを出そうかどうか迷っています。私は「プロになろうってんじゃないし、ま、いいではないですか、OKしてくださいな、ポンポン(肩を叩く)」と心の中だけで呟きました。先生にも伝わったのか「ま、いいですよね、また先にすすめば同じような練習も出てきますから。」とOKを出してくれました。仕事をしながら習い事って結構大変、と今更気付く三十路半ばの秋でした。

さてレッスンから帰って急いで夕ごはん作りです。ダイニングテーブルで散歩しはじめてしまう子がおりますので少々焦ります。

Img_98111

おかずは肉じゃがとほうれん草の和え物ともずくと、ししゃもとホッケです。

ちゃこにとって天国と…地獄まではいかないけど地上?くらいの差があるししゃもとホッケ、両方を焼くことになったのはホッケ大好きな父(ブラシ係)とししゃも大好きなちゃこのため、と母が買ってきたからです。それを私が焼くという見事な愛の連携プレイです。

ところでちょっと実験。ちゃこは「ししゃもの香りをかぎながらホッケを与えられたら気付くのかな?」の巻。

Img_98131

「ちゃこちゃん、ごはんですよ~。」とまずはししゃもをあーん、です。

「ししゃも。」

Img_03351

そしてすかさずホッケを出すと。
「ホッケ。」

Img_03291

母も参加して・・・。

「ししゃも。」

Img_04341

すかさず私が…。

「ホッケ。」

Img_00861

ホッケのときだけ明らかにまずそうに食べている!でもどっちも食べる…楽しい…。

「ちゃこちゃんなぜにホッケをそんなに嫌がるの?」と、ししゃもの番なのにホッケを与えたら。

Img_00671

「ししゃも?ホッケ?」と、疑いのちゃこ、舌だけ出しました。

「ご、ごめんね、疲れちゃうよね。興奮と落胆のデットヒートだったね、ごめんごめん。」と平謝りな私でした。…でも楽しい…。

「ゆうおねいさん、ホッケだってちゃこは食べて見せますよ!」・・・・ホッケだと無理してる感が出るちゃこ、今後もししゃもやカレイをなるべく選びたいと思います。

Img_99011

| | コメント (16)

2007年9月27日 (木)

わんこかふぇふたたび。

朝起きてカーテンを開けたらちゃこがニョキっと出てきました。

Img_03381

「うわぁ~びっくりしたぁ~!」と朝から大声を出したらなんだか頭がスッキリしました。

「ゆうおねいさん、カフェで買ってきたパンにはバターをつけたりミルクを添えたりしませんか?」

Img_03391

カフェで買ってきたパンを朝にいただいたらとてもおいしくてフランスパンを一本まるごと食べそうなくらいでした。

Img_03401

連休中に、わんこカフェに行きました。二度目のわんこカフェです。

Img_03471

オーダーしたものは以前と同じキャベツとアンチョビのパスタのセットです。

Img_03511

席も以前と同じゴンタジェスト(←うさこさん命名)の隣です。

Img_03681

本日のケーキ、レアチーズだと思われますがとてもおいしかったです。コーヒーを飲みつつゆっくり読書です。

Img_03541

本屋さんに寄ったら浅見帆帆子ちゃんの日記が出ていたので喜んで購入、昔より顔つきもよくなってますますいい感じになっていた帆帆子ちゃんでした。

Img_03481

そして今さらですが小栗左多里さんの「英語ができない私をせめないで」。ずいぶん前に出版された本ですが、英語ができないとは言っていますが、彼女の旦那様は外国人だし、そこそこ出来るんだろう、と思って読んでいましたがしかし「アルク」でやっているレベル診断テスト・イディオム編で初級をたたき出していました。私もやってみましたが、リスニング編、全問正解で上級、続いて単語編・・・3問間違えましたが上級、そしてイディオム、2問間違い上級・・・旦那様が外国人でも初級・・・うんうんあるよあるよ、そんなことも!とにかく彼女の文章のおもしろさに脱帽、「いいよ、もうそんだけ日本語でおもしろい事いえたら英語なんて」と思う私です・・・。

↓初級ってどれくらい?と思った方のみ参考。
http://www.alc.co.jp/eng/lvl/index.html

「うんうん、あるよね、そんなことも、ハハハハ。」

Img_01141

ちゃこお気楽にホットカーペットの上でくつろぎ中。まだそんなに寒くないのですが・・・暑くてお鼻に汗かいてます。

Img_01161

「さてさて夕ごはんでも食べますか。」まだそんな時間ではないのですが・・・。

Img_01172

「ゆうおねいさん、早く夕ごはんの支度をなさればよいのに。」・・・全然夕ごはんの時間ではないのですがちょっとでもダイニングに足を踏み入れるとランチョンマットの上に座っておねだりポーズになるちゃこです。

Img_92411

| | コメント (16)

2007年9月26日 (水)

たべられないのにねぇ!

昨日は見事な秋晴れでした。ちゃこも出窓であちちあちち、となりながらも気持ち良さそうにねんこしていました。

Img_04171

うさこさんのコメントに触発されてドクターペッパーを久しぶりに購入、新しいデザインのエロさにびっくりしつつ、コンビニで「NANA」も購入です。「NANA」そろそろ結末の見当もついているのになかなか本題に入らず、今度こそは何か進展が!と思いつつ買いますがまたしても本題にあまり触れずに終了、そろそろ力尽きそうな私です。

「ゆうおねいさんこれは・・・一体・・・どちらなのですか?」

Img_03911

ちゃこが何やらお悩みのご様子です。

視線の先には・・・。

Img_03861

月曜日は自宅での英会話授業でした。

Img_03781

生徒さんでもあるお友達のあやちゃんが嬉しいお土産を持って来てくれました。

「お好み鯛焼き」です。

Img_03851

「ゆうおねいさん、ちゃこ、鯛焼きのあんこには興味津々ですが、これお好み焼きの香りがしますよ?お好み焼き?鯛焼き?」

Img_03921

このお好み鯛焼き、そのままずばり鯛焼き型のお好み焼きです。言われてみればなぜ今まで作らなかったんだろう!と思うくらいシンプルなアイデア作品です。
食べやすいうえに生地がふわふわでとてもおいしいのです。普通のお好み焼きよりもおいしいくらいでしたが、どうやら作っている人により生地の感じは違ってしまうそうです。このお店はとてもおいしい生地を作り上げています。

お好み焼きなら夕ごはんのおかずにもなるのではないかと食卓に並べてみたりしました。

ちゃこ、鯛焼きめがけてテーブル散歩です。

Img_03971

しかしその先に餃子を発見!

Img_03991_2

「ちゃこちゃん、そんなにズンズン行っちゃダメ!」と大きめの声を出したらびっくりして引き返し、なんだか恥ずかしい格好になってしまいました。

Img_04011

「ゆうおねいさん、ちゃこ餃子食べられないのにねぇ!なぜか吸い込まれるように餃子に向かってしまいました!餃子食べられないのにねぇ!」・・・ちゃこが餃子に興味を示したのは初めてです。ちゃこも自分でちょっとびっくりしたようです。全然食べられないのにねぇ。

Img_03791

| | コメント (14)

2007年9月24日 (月)

じょしのつどい。

この連休、昨日日曜日はとても過ごしやすい涼しさでしたが、土曜日は真夏のような暑さで、ちゃこはまたダイニングテーブルで一夜を過ごしてしまいました。

「ゆうおねいさん、お出かけぇ?」

Img_98531

久しぶりに学生時代の友達とその娘さんとであのおフランスなカフェにてランチです。

Img_02811

開店と同時に入ったのでお客さんもまばら、私たちはゆっくりと前菜から楽しみました。

サーモンとポーチドエッグを芸術的に、尚且つ涼やかにもりつけて大変素敵な一皿です。

Img_02921

私はキッシュのプレートにしました。

Img_02941

ちょっとした付け合わせの野菜のマリネなどがとてもおいしかったです。

Img_02991

お友達はアスパラとツナのクリームパスタです。

Img_02971

3才とはいえ立派な女子であるお友達の娘さんは、料理が来る間コーラで一服して、折り紙持参でかわいらしく遊んでいましたが、会話にも的確に相槌を打ったり突っ込んだりと、もう普通の女子と変りません・・・女の子の成長はとても早い気がします。

Img_02931

食後のデザートのりんごのケーキはクッキーのような生地にあったかりんごが入っていてアイスととてもよく合います。

Img_03051

ここのコーヒーカップはファイヤーキング。このあたりのカフェでちょっと思い入れが強そうだ、と思われるところはたいていファイヤーキングのカップでコーヒーを出してくれます。もうこの頃にはお店は満席、外には待っているお客さんもいました。

Img_03081

そして家に戻ってドラえもんのDVDを流しながらママであるお友達とお喋りです。DVDが終わるとウノなどをして、大人のさじ加減で延々終わらせないままお喋りを楽しむ私たち、お子様のいる友達と過ごす時間がお気楽で心地いい近頃の私です。この子のお兄ちゃんは以前アスパラをくれたお兄ちゃんなのですが、お兄ちゃんはパパと二人で幕張のゲームショーへGO、お友達と娘さんとで遊びに来てくれた次第です。

Img_03151

「ゆうおねいさん、あのこ帰っちゃったの?ちゃこまだお守りしてませんよ?」

Img_02781

お子様の声が聞こえてくると警戒モードになるちゃこですが実際にお子様が近づくと「全然へっちゃらだし!」と強がってしまう癖があります。

「ゆうおねいさん、ちゃこ何も怖くはないのですよ。お守りだって立派にできちゃいますよ。」・・・態度だけは一人前ですが肉球にしっとり、汗をかいておりました・・・。

Img_02791

| | コメント (17)

2007年9月22日 (土)

あきのむしさん。

「ゆうおねいさん、質問があるのですが…。」

Img_93911

「なんですか?なんでもお答えしますよ!」

「おてては握らなくても良いのですが…。」

Img_93951_2

「ちゃこ、出窓でねんこしてたのですが、どうにも暑くてちゃこ燃えそうなのですが、秋はどこに行っちゃったのですか?」

Img_01541

熟睡しているちゃこのバックは夏真っ盛りな青空です。気温も30℃を越えています。

でも確実に季節は秋なのです。初秋なのです。なぜならバイオリン教室に向かう車での出来事です。

「ふむふむ。何があったのですか?」

Img_01861

ハンドルを握って、カーステから大音量で流れているスパイスガールズを高らかに歌っていた恥ずかしい私の目の端に、あるものが写りました。

スイッチョです。「あらあらバッタさんったらフロントガラスに張り付いて。風で飛ばされちゃうから!」なんて笑いながら再び熱唱、しかしよく見ると風になびいていません。

なんとスイッチョがいるのはガラスのこっち側…。一瞬でハンドルを持つ手に緊張が走りました。バッタにいきなりピョン!と飛ばれたら絶叫間違いなしです。しかもスイッチョ、バッタのくせにのん気にテケテケと歩いてハンドルの前のあたりに近づいてきました。この時点でかなりの恐怖です。「そうだ!ここは殺気だ!殺気を出して逃がすのだ!」と「来たら殺す!お願い逃げて!」と殺気を出したり、「人間だー!人間がいるぞー!」と大声でスイッチョに呼びかけてみたりしましたが、どうやらスイッチョには殺気を感じる装置も聴覚もないようです。

あまりの恐怖に路肩に車を止め、助手席のドアを開けて、スイッチョを追い出しにかかりました。しかしどのようにして追い出したらよいものか、交番に行っておまわりさんにお願いしようか、とまで悩みましたが、いやいや自力で…。と、スイッチョに「るーるるるるる~♪」と北の国から風にキタキツネ大作戦でお外に誘導です。「お外は気持ちいいなぁ~!」と一人芝居も忘れずに…しかしスイッチョ、車のクーラーで涼んでいます。もう打つ手なし、としばし呆然としていると、少しだけ私に有利そうな角度まで下りて来たので、すかさずバイオリンの教本でパーンッ!と弾き飛ばしてやりました。スイッチョは無事着地、ピョンピョンと林の方へ飛んでいきました。みんな幸せ、ハッピーエンドです。と、初秋ならではのスイッチョとの戦いで秋を感じた私です。教本はかなりいい感じでスイッチョを遠くへ飛ばしてくれました…教本があってよかった…感謝です。(本来教本に感謝すべきところはそこではない。)

さて、夜は焼き魚です。大きめのアジを焼いてちゃこと共に楽しく夕ごはんです。

Img_02001

「今夜はアジでございますか。」

Img_02111

「あ~ん。」

Img_02331

「んべべべっ。」おいしくて箸まで食べちゃう勢いです。

Img_02351

「ゆうおねいさん、ちゃこ、アジを丸ごと1匹食べられますが?」・・・たまに白いごはんも食べさせつつアジを3分の一くらい食べてしまいました。白いごはんと焼き魚、限りなく人間のごはんに近いちゃこの夕ごはんです。

Img_94171

| | コメント (19)

2007年9月20日 (木)

あきのけはい。

暑い日が続いていますが、それでも秋の気配があるのか、朝起きるとちゃこが私の横のあったか毛布のはじっこでねんこしていました。

Img_01241

そ~っと起きて、カーテンをざざっと開け、「ちゃこちゃん、おはようさんです~!朝なのです~!」と声をかけると。

「まぶちぃ~。」全然目を開けられなくなったちゃこです。

Img_01261

朝ごはんを用意して再び部屋に戻ると、さっきの光がよほどまぶしかったのかおめめをおててで隠して再び熟睡です。

Img_01291

「あらあらごめんなさいね、まぶしかったのねぇ…。」まるくなるとマンガに出てくるようなおいしそうな焼きたてのパンみたいなちゃこです。

Img_01301

夜はたまご丼だったのでちゃこには全くおすそ分けがありませんでした。テーブルの上であっちのすみっこ、こっちのすみっこ、と楽しげにウロウロしていたちゃこですが、なかなかお魚やお肉を焼く香りがしてこないので、業を煮やして私のプラスチックのランチョンマットやかわいい布のコースターを蹴散らしてアピールしはじめました。

Img_01671

「ちゃこちゃん、おねいさんのものをそんな風に蹴飛ばすなんて!ひど~い!!」

Img_01681

「なんのことでございますか?」

Img_01701

おとぼけ大作戦ですか?!

「なんのことでございますか?」

Img_01711

さらなるおとぼけ大作戦ですか?!

仕事から帰ってこんなちゃこのしらばっくれた様子に癒されつつごはんをいただき、部屋でパソコンを見ていたら、妙に暑くなっていく私です…。

ちゃこが寄り添っていました。

Img_01731

やはり秋なのだなぁ、とちゃこの寄り添い具合でしみじみ季節の移り変わりを感じる嬉しい瞬間です。しかしまだ寄り添うと暑いのですが…。

「ゆうおねいさん、ちゃこのちょっとしたいたずら、お気になさらないでくださいませね。」・・・ちょっと優雅に寄り添っているちゃこでした。

Img_01771

| | コメント (22)

2007年9月18日 (火)

おにぎりほしいな。

連休最後の日、休みとはいえ月曜なのでなんとなく早起きしてしまいました。ちゃこは真夏の日々に逆戻り、ダイニングテーブルでみんなのお目覚めを待っています。

Img_02361

タヌさん鼻も復活、なんとなくチョビひげっぽいです。

「チョビひげ?」

Img_02391

「チョビひげちゃこ、バターいただきます。」

Img_02411

よく晴れていてもあまりの暑さに外に出る気にもなれず、でも休みも今日で終わりだし、と家で過ごすだけというのももったいないなぁ、と本屋さんに行くことにしました。

いつもは通らない裏道は見渡す限り田んぼです。5分ほど走っても一台の車ともすれ違いません。ふと、「あら?ここ左に曲がったらリコリコの家かな?」と思ったら「いや!まっすぐに見えるあそこがリコリコの家だ!」ともう30年以上住んでいる地元の道すら危うい私は本屋に行くはずだったのになぜかリコリコの家の前に。

一応携帯でリコリコママに「今、庭の前にいるんだけど寄っていい?用事全くないんだけど。」と連絡、笑って窓を開けてくれました。リコリコの家にはリコリコのいとこたちもいて相変わらずの保育園ムードです。

Img_02521 

リコリコはさっそく「ゆう、ゆう。」と言いながら這い登ってきてくれました。リコリコはハーフなのでファーストネームで呼び合う感じがいいかしら?と「ゆう」と呼ばせています。最近は子供たち全員が「ゆう」と呼んでくれます。
絵本を読んだり麦茶を飲んだりして「さて、ゆうは本屋に行かないとだからバイバイね。」と言うとみんなでわぁわぁとお見送りです。誰かが引き止めたらもうちょっといようかな、と思いましたが誰にも引き止められなかったので大人しく本屋へGOです。

そして東野圭吾の「秘密」を買いました。新刊の方も一応チェックするとなんと大好きな小林聡美さんのエッセイが出ていました。素早く手に取り、レジへ直行、今日は2冊までと決めていたので10分ほどで本屋を後にしました。

Img_02651

帰りにマクドナルドに寄ってドライブスルー、おうちで遅めのランチをとりながら小林聡美さんのエッセイを読破してしまいました。

Img_02611

彼女の家の老猫「おとっつぁん」が食べ物をあさってか、冷蔵庫から程よく冷えて出てきたくだりなどでは笑いがこみ上げてきてコーヒーを噴出しそうになりました。

そして「ちゃこもそうだった…」としみじみ。子猫だった頃、冷蔵庫探険はちゃこの日課で、親に内緒でちゃこを冷蔵庫へ誘導していたのは15歳の私です。ちゃこがちょっとした隙にあまりに勢いよく冷蔵庫に入るので「入れてるでしょ!!」と母にバレて怒られたものです。ちゃこは「親がいるときはやっちゃダメでしょ!」と変な説教を私にされていました。今でもししゃもが入ってる冷蔵庫は開けるたびに小走りでやってくる事があるちゃこですが、食欲に振り回されているちゃこほどかわいいものはありません。

つい先日もおにぎりを食す私を羨ましそうに見ていました。

Img_00661

「じゃぁ、ちょっとだけね。」と、あげてみましたが「ふんがふんが」とすごい勢いなので思わず手を引っ込めてしまいました。

Img_00621

「ダ、ダメだわ…ちょっとだけ、とかないんだわ…知らんぷりしなくちゃ。」

再び羨ましそうに見るちゃこ。

Img_00661_2

「いーこ、いーこ。」

Img_00651

「ちゃこが欲しいのはそれではないです。」私の愛情は後でいいそうです。

Img_00661_3

「ゆうおねさん、おにぎり一人で食べておいしかったですか?一人で食べたおかかおにぎりはおいしかったですか?」・・・・おかかおにぎりは今後ちゃこに隠れていただきたいと思います。

Img_00441

| | コメント (17)

2007年9月16日 (日)

おまぬけ、たぬさんちゃこ。

ちゃこのタヌさん度が再び上がっているこのごろです。

Img_00271

このお顔でキョトンとまんまるおめめをされるとなんだかおまぬけでかわいらしいいのです。

「ゆうおねいさん、お部屋で何してるのですか?」とまんまるおめめでテケテケと私の様子を見に来たり。

Img_00471

「それ何ですか?」と私の飲んでるカフェオレなどに興味津々だったり。

Img_00461

まるで落書きみたいになっています。

Img_00511 

「タヌさん鼻の時は横からのショットでお願いいたします。」

Img_00491_3

よく晴れた土曜日、ざぶざぶとお洗濯をして、

Img_01371

テキパキとお掃除、床もピカピカにしました。

Img_01331

きれいになったお部屋でぽちょんとくつろぐちゃこの小ささのおかげでお部屋がとっても広く見えました。

Img_01341

そして午後は本を持っていつものカフェへおいしいコーヒーを飲みに行きました。

Img_01551

「パピルス」に載っていた東野圭吾の小説を読んでいたのですが、半ページも読み進もうかと言う頃すでに「水上さんが浅間さんを紹介し、富山さんのいる部屋で蓼科さんについて聞いており、志賀さんが名前だけ登場」しているといった具合になっています。神楽さんをはさみつつ、高原の名前はさらに穂高さんと那須さんと続き、避暑地ムードたっぷりです。「まさか高原と関係ない名前の人に何かある、とかなぞなぞみたいな話しじゃないよね?」なんて思いはじめた頃、次回に続く、のマークです・・・やはり本屋にて立ち読みしつつ1冊選んで東野圭吾に挑戦です。

我が家にはお水のサーバがあるのですが、最近ちゃこも冷たい水のおいしさを覚えてしまって、うっかりテーブルに飲みかけの水など置いてしまうとすごいはやさで横取りされてしまいます。

Img_92441

「ゆうおねいさん、おいしいお水、ありがとさんです。お口からでもいいのですが、ちゃこはコップからも上手に飲めますよ。」・・・コップで飲んだ後はちゃこの舌がひんやり冷えていて、舐められると「ひゃっ!」となります。

Img_92471

| | コメント (27)

2007年9月15日 (土)

ねこむすめちゃこ。

今週はとても忙しくて寝不足、ちゃことの触れ合いも不足気味だったので、やっと土曜日が来てほっとひと安心です。

「触れ合い不足?それはないと思います。」

Img_97421

とちゃこが言うそのわけは。

普段は私が夕ごはんを作るのですが、今週はほとんど母にバトンタッチ、毎晩焼き魚とみそ汁と漬物、という感じでした。ちゃこには嬉しいおかずです。

「これはちゃこの分です。」・・・私のお魚だけを欲しがるちゃこです。一日留守にすると私にべったりと甘えて離れないちゃこです。

Img_97571

普段はきちんとお座りして目線だけが私の魚を狙ってますが、甘えん坊しているときはこうして積極的に奪いに来ます。私が「だめだめっ!」とか言いながらきゃっきゃと騒ぐのが嬉しいのかもしれません。

Img_88861

このちゃことのお魚の奪い合いは最高に楽しいのです。

Img_97641

仕事帰りの疲れた体には最高の癒しです。触れ合い過ぎなくらいです。

Img_97671

先週アマゾンにて購入した本もなかなか読む時間が取れず、週末が待ち遠しくてたまりませんでした。最近は雑誌も色んなものが出ていてネットでチェックすると意外なところからおもしろそうな雑誌が見つかったりします。

小林聡美主演の「めがね」がもうすぐ公開になるからか、「パピルス」という雑誌の表紙は小林聡美でした。チラリと見ると銀色夏生のエッセイや東野圭吾や島本理生の小説なども載っています。一見ロッキンオン系かと思いきや、幻冬舎から出ている雑誌でした。人脈をこれでもか、とばかりに使っている感じです。この分ならバックナンバーにはよしもとばななや山田詠美もいるに違いない、とバックナンバーを見てみると・・・いました。が、買いません。まずは目の前のこれを読んでしまわなくては・・・辰巳芳子さんの本もずいぶん前に買ったのに読めていません。時間が足りません。

Img_99191

夜、寝る前にちゃこの寝ているダイニングに行くとちゃこが凛々しいお顔でくつろいでいました。

Img_97861

「寝る気なっしんぐですね?」

Img_97871

「ゆういおねいさん、お口からお水下さい。」

Img_97891 

「早くお水下さいってば!」・・・かわいくて引き続き撮影、カメラを手放さない私です。

Img_97901

「早くしてにゃぁ!!」

Img_97881

猫娘みたいになったちゃこに笑いが止まらなかった私です。真夜中にちゃこと二人で騒ぎすぎてまた寝不足です・・・。

「ゆうおねいさん、ちゃことしたことがつい興奮して猫娘になってしまいました・・・妖怪の年表に書かれてしまいますね、ちゃこ恥ずかしいです。」・・・無事、お水をもらって満足げなちゃこでした。

Img_97851

| | コメント (13)

2007年9月13日 (木)

ちゃこのおなやみ。

ちゃこ、壁に向かってお悩み中・・・。

Img_93821

「ちゃこちゃん、こっち向いて!」

「はい?」

Img_93831

朝起きるとちゃこはごはんをハフハフと食べてテケテケとタワーの方に歩いていって軽くジャーンプとタワーの上に飛び乗って、壁に向かってお悩みモードに入ってしまいました。

「ゆうおねいさん、ちゃこは確かこのタワーにはもっと上があったと思ったんですよ。」

Img_93841

昨年までは天井までの大きなタワーだったのですが、興奮して遊ぶと高いところから若いつもりでいきなりジャンプしてケガをしたりするようになったので小さいタワーに変えました。それ以来このタワーに登ると天井を見上げたり壁に向かって悩んだり「何かが違う。」という表情になります。

「まぁ…いいや。ここで寝ましょう。」・・・やっと納得したようです。

Img_93871

さて、夜は母が適当に買ってきたもので適当にお料理です。母は料理のみならず買い物もいまいちうまくありません。エビがあるのにエビで何をするのかは決めてなかった、などと言っています。エビがあればなんとかなるだろう、という短絡的な考えですが、それなら、と、私もちょっと手抜きをすることにしました。

クックドゥのお世話になりつつ、エビのチリソースを作りました。

Img_93991

糸こんにゃくとピーマンと牛肉で甘辛煮です。

Img_93971

そしてねぎやきのこや豚肉を鶏がらスープで炒め煮した野菜炒めです。豚肉と牛肉両方を微妙な量で買ってこられるとこういうメニューになってしまいます。

Img_94011

「ゆうおねいさん、ちゃここのエビたべますよ。」

Img_94021

ちゃこはエビが大好きですがエビはあげない事にしています。チリソースなのでちゃこはお手上げな感じです。

ちゃこはまだ日がな一日ダイニングテーブルで熟睡です。隣に座ってもろみ酢炭酸ソーダ割りをちびちび飲みながら「銀座のクラブにもこんな熟睡にゃんこがいたら通うかなぁ…。」などと妄想世界へ。ちゃこ、寝ながらホステスさんです。

Img_95601

ちゃこはきっと私を「しゃちょーしゃん。」とかよぶのだろうなぁ…。

Img_95611

ちゃこはきっと私に「しゃちょーさん、ピンクのドンペリと、かつぶしとにぼし頼んでぇ~。」とか言うのだろうなぁ・・・。

Img_95631

「ゆうおねいさん、妄想はその辺にしてちゃこにかつぶしと煮干しを持って来てくださいませ。」・・・現実のちゃこはまだタヌさん鼻でかつぶしと煮干しばかりせがんでいます。

Img_72271

| | コメント (17)

2007年9月11日 (火)

あ~ん、します。

台風のあとまた急に暑くなって、ここのところずっとダイニングで寝ているちゃこです。

Img_85531

そんなちゃこの前にパパパっと朝ごはんを並べてみました。

Img_85581

ちゃこもその早業に驚いたようです。

出かける前にダイニングでくつろいでいるだろうちゃこにご挨拶をしに行くと、イスとイスの間でかわいく熟睡です。

Img_89331

出かけなくてはいけないのにデジカメを手にちゃこの寝顔を撮りまくりです。

Img_89251

ちょっとイスをひいて驚かせてみたい気もしますが・・・。

Img_89261

ちょっとだけ晴れ間が出たりする日は日向ぼっこがしたいらしいちゃこなのですが、この日はおひさまが出たり隠れたりでちゃこも大変悩んでいる様子です。畳の上でくつろぐか、陽の当たる廊下で寝ようか、行ったり来たりしています。

Img_93621

「行こか、戻ろか。」

Img_93641

廊下で日向ぼっこに決めたようです。

Img_93691

「ちゃこちゃん、廊下って暑くないの?」

Img_93671

「思ったより暑いし、まぶちぃ~。」

Img_93721

さて、夜はほっけ。ちゃこを微妙な表情にさせるほっけです。

「ほっけかぁ~。」

Img_92151

「ま、いいや。いただきま~す。」

Img_92081

ほっけだといちいち香りを確認して、そしてちょっとだけ妥協した感をかもし出しながらパクッと食べます。

「ほっけかぁ~。」

Img_92051

ししゃもだとこんな感じの「あ~ん。」です。ほっけの「あ~ん。」とはかなり違います。

Img_92281

食いつきがいいので嫌いではないようですが、さんまやししゃもほどは興奮しないようです。

「ゆうおねいさん、そうは言ってもほっけもなかなかおいしいですよ。」・・・ほっけのときは必ず最初に香りを楽しんでいるようにも見えます。

Img_94411

| | コメント (21)

2007年9月 9日 (日)

こうえんでぴくにっく。

ちゃこのタヌさん鼻は台風が去ったあとも復活してしまいました。湿度計を見ると70%を少し越えています。

Img_00131

この湿度ではちゃこの鼻からはなかなかタヌさんは去ってはくれません。

Img_00151

さて、土曜日の朝、私はいそいそとお弁当作りをしていました。お友達とそのお子様、カッツンとで公園にて待ち合わせ、ピクニックをすることになったのです。

Img_99601

噴水の前で待ち合わせ、ということで日比谷公園や高円寺駅前のような噴水をイメージして出かけると…びっくり。

噴水というよりミニプール。

Img_99641

ずぶ濡れのお子さまたちが「わーきゃー!」です。久しぶりに会うカッツンは真っ黒に日焼けしてちょっと照れている感じでした。

木陰にシートを敷いてお弁当を広げました。

Img_99711

暑いなか木陰に座ったりすると沖縄を思い出します。カッツンとママが時折噴水で遊んだりしている間に秋の沖縄へ妄想旅行、たまに吹いてくる風も大変心地よかったです。しかし途中で熱風に変り、真夏の沖縄の妄想になってきたので、遊具で少し遊んでからカッツン宅へお邪魔してお茶することにしました。それにしてもこんな広い公園が家からたった15分のところにあるとは知らず思わず一枚パチリ、夏らしい風景でした。

Img_99771

カッツンのママは新しく買ったオーブンでプリンを作ってくれていました。久しぶりに食べるオーブンで作ったプリン、たまごの香りがしてとてもおいしかったです。

Img_99791

ふとんの上でもの凄い高笑いと共にはしゃぎはじめてしまい、お昼寝をさせようと目論んでいた私とママはグッタリとふとんの上に突っ伏してしまいました…ギブアップ…「パパ…ドライブへ…。」とバトンタッチしました。あっという間に睡魔におそわれかわいい寝姿で戻ってきたカッツン、お気に入りのおもちゃと共にお昼寝です。

Img_00121

かわいいミケシュのぬいぐるみ、チェコのキャラクターの猫さんです。外国のキャラクターはなぜかどこか大人びていて子供の面倒を見てくれそうな雰囲気があります。

ところで、カッツンはプラハで生まれ、今年の春までプラハに住んでいました。私がプラハに訪ねたときはまだママのお腹の中にいました。

カッツンファミリーはプラハに住んでいる間に、スイス、ドイツ、オーストリア、スペイン、ポルトガル、ハンガリー、デンマーク、アイスランド、ギリシャ、イタリア、フランス、オランダなどなどを旅しました。もちろんそれらの写真にはカッツンが写っています。「写真を見せて~!」と頼むと出てくる出てくる、冗談かと思うようなカッツンの世界旅行写真…。

イタリア、ヴェネチアにいるカッツンの後ろにはマフィア風の外国人観光客がうようよいてちょっと笑えました。

Img_99911

カッツンママはカメラが趣味なのでフィレンツェの写真はポストカードのように素敵でした。

Img_99901

ギリシャなどはもう夢の世界。カッツンと一緒に写っているママの笑顔も格別です。

Img_99871

「ここは夜がきれいだった~。」と言っていたサントリーニ島、夜景の写真もありましたがまさに夢の国、ディズニーランドも土下座して降参しそうです。

Img_99881

そして日本に帰る前におばさんが住んでいるというパリにも行ったそうです。モンマルトルあたりがやはり一番良かったようです。

Img_99941

それにしてもカッツン、これだけ旅したことを覚えていないだろうと思われます。いつか写真をみたら「これ東武ワールドスクエアだよ。」と言ってみたい気がする私です。

さて、家に帰るとタヌ・・・いえ、ちゃこが「ゆうおねいさん、お口からお水~!」と長い間甘えん坊さんしてきました。

Img_98841

夜になるとタヌさん度が多少下がりますが明るいところで見るとまだまだタヌさんです。

Img_99151

世良くんのとこのみかさんが「醤油にお鼻を突っ込んだような…」と言っていた事を伝えると父(ブラシ係)も母も大変受けてしまい、何度も「ちゃこ!いつ醤油に鼻つっこんだんだ!?」とか「ちゃこちゃん、お醤油ついてるよ。」と何度もからかわれていました。

Img_99161

「ゆうおねいさん、ちゃこのお鼻のことは放っておいてくださいませ。」・・・・とうとうお鼻を隠してねんこしてしまいました。

Img_98391

| | コメント (18)

2007年9月 8日 (土)

たいふうのせいですか?

台風が来るかもしれないなぁ、なんてのん気にテレビを観ながらちゃこと二人で朝ごはんを食べていた木曜の朝は確かにちゃこのお鼻はとってもきれいでした。

「ミルクがわくわくわくわく湧いてくる・・・。」

Img_95471

今朝も美人さんね~、なんてお喋りしながらちゃこを眺めていた木曜の朝、確かにちゃこのお鼻はとってもきれいでした。

Img_95431

「ゆうおねいさん、朝ごはん食べるの遅いですよ、早く食べてちゃこをねんこさせて下さいませ。」

Img_95361

そして金曜の朝、台風が猛威を振るう中、私は朝からの出勤、ぬれねずみになっても大丈夫な服装で、朝ごはんをいただいていたら。

目の前にタヌさんハデに登場です。

Img_99211

「どどどどどどど、どうしちゃったのですか?!そのタヌキさんのようなお鼻は!」

Img_99241

梅雨のはじめの頃よりもタヌさん度がぐーんと上がっています。台風恐るべし!

「ゆうおねいさん、朝からマーボー豆腐でございますか?」タヌさんは鏡をみないので私の質問の意味がわからないようです。マーボー豆腐の匂いを嗅ぎながらたまに「こほっ、へっぷしょいっ!」とこしょうと格闘しています。

Img_99231

仕事から帰ってみると台風とともにタヌさんもご帰宅されたようでちゃこのお鼻のタヌさん度は少々下がっていました。

Img_99361

座る間もないまま夕食の準備や、次の日にいただく予定のタンドリーチキンの仕込みなどをしながらちゃこを観察していると、ちょっとだけタヌさん鼻のままなぜか興奮してあっちからこっちへ走ったり「冷蔵庫にししゃもがあるかも。」と冷蔵庫を見上げながら鳴いたり、楽しそうでした。

「ゆうおねいさん、ごはんまだ?」・・・いつの間に・・・。さっきまで廊下でエキサイトしてたのに・・・。そしてあっちのランチョンマットからこっちのランチョンマットをウロウロウロウロ、プラスチックのランチョンマットで滑ってコケたりして大変楽しそうです。

Img_99351

夕ごはんはひき肉とトマトがあったのでミートソースを作ってパスタをゆでて、ミートソーススパゲッティです。

Img_99571

ちゃこがっかり。

Img_99511

「ゆうおねいさん、ちゃこにお魚はないのですか?ちゃこ今日はなんだか楽しくってつい走っちゃいそうになります。」・・・ひき肉をちょっとだけ分けてあげたら大喜びでハフハフと食べてなぜかひとっ走りしていました。

Img_93571

| | コメント (14)

2007年9月 6日 (木)

あったかもうふでおねぼうさん。

ここ最近のちゃこ、朝晩涼しくてあったか毛布の上で熟睡です。

Img_96401

朝ごはんを久しぶりにお部屋でいただきました。ちょっと大げさに音をたてて準備していますが、まったく起きる気配なしです。

Img_96311

幸せそうなお顔でお寝坊さんしています。

Img_96291

先日、アクセス解析の検索キーワードで「ダイソン並み」の文字を発見。何がダイソン並みだったんだろう・・・何がダイソン並みだと思って検索をかけたんだろう、ダイソン並みだったのは何だったんだろう、ギャル曽根がラーメンを食べてる時の勢いのことだろうか、それともダイソン並みの掃除機が出たんだろうか・・・と妄想が広がる一方でしたが、最近、銀色夏生さんが「ミーレとダイソンで迷っている」と本の中で言ってたのを思い出し、これのことか?!と思い当たりました。最近私もこのドイツのミーレ社の掃除機が気になっています。そして銀色さんの「ばらとおむつ」を読むとミーレが勝利です。しかしダイソン同様値段がすごすぎです。私の中で今はダイソン並みにミーレの掃除機欲しいです。両方欲しいです。そしてミーレの掃除機本体のほこりをダイソンで吸ったりまたはその逆を、してみたいです。

夜は相変わらずダイニングにてお魚を待っているちゃこです。

Img_94451

最初は大人しくイスの上にいますが魚やお肉を焼く香りがただようとそわそわとしてしまいます。

Img_95801

結局テーブルの上にて待機です。

「YOU、早くお魚焼いちゃいなよ!」

Img_96761

ちゃこ専用イスを見せると大人しく移動、私と向かい合ってお魚をパクパクです。

Img_96011

「あ~ん。」

Img_95911

「ゆうおねいさん、今日のししゃも最高でございました。」・・・ちゃこ用に、と残りのししゃもを冷蔵庫にしまったのですが、冷蔵庫を開けるたびに小走りで冷蔵庫を見に来てまことにかわいいです・・・。

Img_89901 

| | コメント (19)

2007年9月 4日 (火)

ぶらしはどこ?

「ゆうおねいさん、おはようさんです。昨夜はあったかい毛布をありがとさんでした。」

Img_96451

最近、朝晩冷え込むので私の布団のとなりにあったかいちゃこのお気に入り毛布を敷いたり丸めたりして、ちゃこをダイニングから私の部屋へ連れ戻そう大作戦が繰り広げられています。昨晩は大成功、朝起きたらちゃこがモナリサのように毛布の上で座って微笑みながら(妄想少々…)私を見つめていました。そして、かわいいちゃこの丸顔がヌヌっと近づいてきてお顔をペロペロと舐めてくれました。

「ゆうおねいさん、結構早起きしてんですねぇ。」ちゃこに朝一番でご挨拶すると喉をゴロゴロと鳴らして顔中を痛いくらい舐めてくれるので張り切って早起きしています。

Img_96421

陽が高くなってくると父(ブラシ係)をお気に入りタオルの上まで誘導して、ブラッシングタイムです。このお気に入りタオル、大きなペンギンさんのイラスト付きでとっても涼やかですが母がわざわざちゃこに、とどこからともなく持って来て嬉しそうに敷いてあげていました。ちゃこもこれを敷くと急いでコロンと寝転がりに来ます。

Img_94851

たまには私もブラッシングしてあげようかなぁ、と父(ブラシ係)が出かけた後、寝ているちゃこのそばに行きましたが、ブラシが見当たりません。

まさか!私の密かな計画(ブラッシング)を阻もうと父(ブラシ係)がブラシを隠したのか!なんとせこい真似を!探さなくては!見つけ出さねば!

Img_94791

ちゃこの気持ち良さそうな寝顔に「ほぇ~かわいい~。」とうっかり見入ってしまいハッと我に返る、を2,3回繰り返しながらブラシを探しました。

Img_94811

しかし、全く見つかりません。今日は諦めよう、とちゃこの体をなでなでしているとお腹あたりに何かが。

Img_94901

「こ、これは…!」

Img_94891

「ちゃこちゃん、どこで寝てんですか。」

Img_94871

「はいはい、ころ~んして!」

Img_94911

ブラシ、ちゃこのお腹の下にて発見。

Img_94921

「さぁさ、ゆうおねいさん、張り切ってブラッシングしちゃってください!」

Img_94961

無事、ブラッシングでちゃこを喜ばせる事ができました。

「ゆうおねいさん、ブラッシングの腕が上がってきましたね。でも3分くらいで結構です。あとは父上さまにお任せください。」・・・私がブラッシングするとちょっとずつ遠ざかり、3分くらいで「お水~、お水~。」とか「おトイレ、おトイレ~。」とうまく逃げられてしまいます…何が違うのでしょう・・・。

Img_96441

| | コメント (20)

2007年9月 3日 (月)

わんこかふぇ。

土曜日、朝からずっと私の部屋のテーブルの下でくるりんと丸くなって寝ていたちゃこです。

Img_96651

土曜日は自宅で英会話の授業をしました。

生徒さんでもあるあやちゃんはペットやさんや動物病院で働いていたこともあるので、ちゃこの様子をお伝えがてら、私のなんちゃって手作りごはんにアドバイスをしてもらったりしました。色んなお話を交えながら楽しく授業が進んでいきました。ちゃこは普段あまりよその人にはなつかないのですが、お姉さんだと怖いということはないらしく、あやちゃんが来た時もなんだかちょっとかわいこぶっている感じでした。

Img_96681

「ちゃこちゃん、いいこいいこ。」こんな風に猫かわいがりされるのが大好きです。

Img_96691

ちゃこは授業には参加せず違う部屋に移動してしまったのですが、途中、鳴きながらやってきて、「女子たちお勉強?」といってるようなおめめであやちゃんを眺め、わざとあやちゃんをまたぎ、去っていきました。ちゃこってもしかしてすごく度胸がいいのかもしれない、と思う瞬間でした。

あやちゃんが色んなお味噌を手土産として持って来てくれました。母もわたしもすぐさま「明日はきゅうりだ!」と同じことを思ったようです。

Img_96721

お味噌大好き一家の我が家にはたまらないお土産でした。あやちゃんありがとうございました!

そして日曜日、ランチでも食べに行こうかと適当に母と二人で近所をドライブしていたら「ドッグカフェ」の看板がありました。バイオリン教室のまわりはカフェだらけです。ここもとても空いていたので思い切って入ってみることにしました。母と二人、「にゃんこ好きとしてはあまりわんこに興奮してはならない。」となんとなく結束して席につきました。

中に入ると外観よりもかなり素敵な内装になっていて、テーブルの両脇の床にはリードをつなぐフックも付いています。そして席に座った途端色んなかわいいわんこが目に入り、思わず「トイプードル!あ!ミニチュアダックス!あらパグも!あららチワワじゃない!あ!あれはラブラドール、こっちはコリーだわ!そしてこの子はゴールデンレトリーバー!」とかなり興奮してしまい、母に「思った以上に犬の名前に詳しいね!」と笑われてしまいました。

そして肝心の料理ですが本格的なイタリアンでとてもおいしかったです。アンチョビとキャベツのパスタはつるつるで、とてもいい塩加減でした。

Img_97181

生ハムのサラダも新鮮野菜でさすがまわりが畑だらけなだけのことはある、と感心です。

Img_97161

店内は広くて清潔感があり、居心地がよかったです。

Img_97171

そして二つ隣のテーブルにこのお店のわんこがいたので母が「ゴン太!」と呼んでみました。さっきまでダラリと寝ていたはずのゴン太は素早く立ち上がり「何か御用でしょうか!」と従順な瞳でこちらを見ました。

Img_97201

あとでお店の方に名前を聞いたらとっても素敵なカタカナの名前でした。ごめんなさい、ゴン太。

そしてここでもまた食後にコーヒーを注文したら、小さなデザートをサービスです、と持って来てくださいました。少なめにオーダーしていたのでちょうど良くて嬉しかったです。

Img_97221

そして店を出る頃にはほぼ満席。でも広い店内なうえ、目の前にはドッグランがあるので混んでいる感じはなく、とても爽やかな雰囲気でした。

ここ最近はにゃんこカフェも流行っているそうですが、わんことは違い、飼い猫を連れ出すのではなく、お店に触れ合いにゃんこが常駐しているカフェのことだそうです。「ねこたま」みたいな感じでしょうか。

ちゃこがカフェに常駐したら目の前でおねだりポーズをしてしまうので多分オーディションで落ちてしまうでしょう。

Img_92401

「オーディション?採用試験のことでございますか?ちゃこ、にゃんこカフェで立派に働くことだってできますよ。」とまるい顔をしたちゃこが反論です。

Img_96351

「こんな風にひっくり返って寝ている姿を見せ付けちゃったりするんです。」

Img_96321

「ゆうおねいさん、にゃんこ、それはいるだけで幸せな生き物。そうではないですか?」

Img_96391

「そうではないですか?」・・・そ、そうだと思います。

Img_96381

| | コメント (17)

2007年9月 1日 (土)

あきなのかしら?!

今朝もタヌさん鼻健在ですね、と、その湿度の高さをチェックしていたらなんともお間抜けさんなお顔になってしまったちゃこです。

Img_93941

つい先日もタヌさん鼻でお魚を頬張るちゃこを撮影していました。

Img_85481 

段々お腹がいっぱいになってくるとおちょぼ口になるので、私も箸を止めるのですが、ちゃこは止めて欲しくないらしくしつこくおねだりをしています。

Img_85461_2

お鼻にお魚をつけておねだりしまくりだったのでそのかわいいお姿を激写しようと思ったのですが思いっきりピンボケです。雰囲気重視主義を貫こうと思います。

Img_85491

久しぶりにお勉強カフェに行こうと思った火曜日、定休日だったことに気付き、お勉強カフェのすぐ近くにある和風カフェでお勉強することにしました。

Img_95191

ガトーショコラを頼んだら手作りパンをサービスに…と…。…ガトーショコラだけでも結構お腹いっぱいなのですが…パンの方が明らかに大きいのですが…実は小食な私…この手のサービスが苦手で紙ナプキンを持ち歩いています。ささっとナプキンに包んで母にお土産です。サービスされ度が非常に高い私の苦肉の策です。

この和風カフェのメニューにはパスタがあるのですが、お勉強カフェの方にも昔はパスタがありました。今はサンドイッチとお茶だけになってしまい、休日にヨーロッパ風のお勉強カフェでスープパスタを一人ゆっくり楽しむのが大好きだった私はかなり残念に思っていました。和風カフェのパスタメニューを眺めながらお勉強カフェにパスタが戻ってくればいいのに、とつくづく思いました。

そして木曜、バイオリン教室の帰りにお勉強カフェにてお勉強です。お昼を抜いたのでボリュームのあるパンプキンプディングにしました。と、何気なくメニューを覗いていると・・・パスタメニューが復活していました!地味なお願い事が叶いました。神様、お願い事の審査基準って何ですか?切実じゃないお願い事の方が叶うのはなぜなのでしょう。

Img_95731

夜、食卓にニョキっとかわいいお顔が登場、急にニョキっと出てきて「ひゃっ!」とびっくりすると、何か違和感。あれ?としばしちゃこを見つめると・・・。

Img_95221

「タヌさんが消えている!」

Img_95211_2

「ちゃこちゃんタヌさんいなくなりましたね!秋の気配ですか?!湿気が少ないのですか?!」

「そうです、もう秋の気配なのです。」・・・・おひさしぶりの益子のにゃんこさんです。

Img_96201

「早いものですねぇ、みなさんで夕涼みしたあの暑い日がついこの間のように思われるのに。」・・・つい3日前です。

Img_95521

「ちゃこさんのお口からかつぶしの香りがぷんぷんしてたあの暑い日が過ぎ去ろうとしてるのですねぇ。」・・・暑さとかつぶしは無関係です。

Img_95581

「ちゃこさんはなんとホットカーペットの上にて真冬のようにくるりんとまるくなってわたくしのお歌を待っています。」・・・・お歌は待っていませんが、ちゃこだけ本当にもう冬のようです。

Img_96061

「ではちゃこさんにわたくしのララバイをプレゼントです。」・・・ちゃこは静かに寝かせてほしいようです。

Img_96131 

「タンタンタヌキの~♪」・・・・そのお歌は歌わなくて結構です!!

Img_96111_2

「ちゃこちょっとだけ寒いですがゆうおねいさんがあっためてくれるのでとっても嬉しいです。」・・・・タヌさんはどうやら朝復活、夕方逃亡、のようです。朝だけはまだタヌさんなちゃこです。

Img_96031

| | コメント (21)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »