« ちょっとかいだしへ。 | トップページ | なぞのくまさん。 »

2007年1月 6日 (土)

おさかないただきますよ。

金曜まではいいお天気、という噂ですが、ちゃこはとっても寒かったらしく、朝私が起きてもまだ起きようとせず、腕枕をしている私は腕だけをちゃこに預け、片手でストーブをつけました。

しばらくするとやっとひなたぼっこへ。「まぶちぃ~。」

Nimg0115

この間あるお店でごはんを食べていたら、本棚に珍しい本がありました。私がずっと探していた「暮らしの手帖」の「おそうざい12ヶ月」です。

Nimg_02301

私も生まれていない昭和44年に発行されています。以前、この本のことを友人に聞き、是非読んでみたい、と思ったら、これと同じものは売っていませんでした。著者・小島信平さんは「吉兆」出身の板前さんです。一月一日に発行され、三月十五日にはもう第三刷です。

Nimg_02311

写真は全て白黒で、おしゃれな演出も皆無です。

Nimg_02321

おそらくは、私の母くらいの年代の女性が嫁入り道具にするような本だったのでしょう。

そして高度経済成長期だからでしょうか、てんこ盛りです。

Nimg_02351

鯨肉の料理などもあり、時代を感じます。意外な下処理方法もあり驚きました。全部作ってみたいです。

さて夜、ブリの照り焼きを食べていたら「ズドンっ」という音が・・・・ちゃこでした。高めのイスに飛び乗り、テーブルに上がってきました。あまりの元気さに一同唖然です。

そして私のよこにテケテケとやってきて、ガブっと奪いました。

Nimg_02451

いいカメラもちゃこの首フリには勝てませんでした。ぶれぶれです。

「ちゃこちゃんもう少しお行儀よく食べてみましょう。」

Nimg_02461

「あ~ん。」

Nimg_02471

「もっともっと~。」

Nimg_02481

元気に私のブリを3分の一くらい食べてしまいました。これで今夜も私になついて離れないであろうちゃこです。

「ゆうおねいさん、お魚ありがとさんでした。ちゃこは今夜もゆうおねいさんの右腕でねんこしますよ。」

Nimg_0201

↓ランキングに参加中!ちゃこがかわいかったらちょんっと押してください。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

Banner2_3

|

« ちょっとかいだしへ。 | トップページ | なぞのくまさん。 »

コメント

ゆうさんおはよう!!ちゃこちゃん年末のあの食欲の無さはどうしたの??あれはなんだったのかな??
ほんと凄く元気だし凄い食欲だねー。
元気なちゃこちゃんを見るとこっちまで嬉しいよ。
ブリの照り焼きおいしいよねー。ちゃこちゃんたら机に乗っちゃって(笑)待ちきれなかったんだね。
どんないいカメラでもちゃこちゃんの元気のいい食べっぷりには勝てなかったんだね。
昔のお料理本って時代を感じるね~。でもそういうのって凄く懐かしく美味しかったりするんだよね。

投稿: ちか | 2007年1月 6日 (土) 09時37分

>ちかさん
ほんとに年末のあれはなんだったんだろう?!本当に具合悪そうだったんだよ!でもモンプチにミオ(繊維質)を入れるようになってからお腹の調子がすごく良くなってご機嫌さんなのかも!食べ物って大切だね!!
いくら元気になったといっても私のお魚をもらいに来ることはないだろうとのんきにテレビ見てたら…ほんとびっくり(笑)すごい奪い方だったし!デジカメでもピントが合わないとなるとあとは動画にするとか?!
白黒のお料理本なんて今じゃ考えられないけど、手順とかコツとか丁寧に書いてあってすごく愛情を感じる本でした。この通りにやったらおいしいんだろうなぁっていうのが沢山ありました。

投稿: ゆう | 2007年1月 6日 (土) 10時23分

ホントにちゃこちゃんに元気が戻ってよかった~
今日のおカオも全部キレイ! 病気の時にみんなにシンパイされて1.5倍くらい元気をもらったみたいですね よかったよかった
この本、うわさに聞いたことありましたが見たことありませんでした 「とりうどん」に興味津々です 「暮らしの手帖」らしい手書きチックが効いてますね! 今みたいに雑誌があふれていないこの時代、「暮らしの手帖」はきっと主婦のバイブルだったんでしょうね 商品比較とかためになるし… ちなみにワタクシこの翌年には生を受けておりましたが^^
ハハは買い物籠をもって買い物に行き、ブラザーの編み機でせっせと家族のセーターを編んでいた世代です のどかでいい時代だったなぁ しみじみ…
おさかなちゃこちゃん、ぜひとも動画でお願いしますね~
お仕事大好きサラリーマンに「今日は時間がない」とJA行きを明日にされたので、七草がゆセットは明日狙います!

投稿: ジジハハ | 2007年1月 6日 (土) 13時56分

なんともステキな本が出てきましたね。
高度経済成長期のせいでしょうか、てんこ盛り、に笑いました(笑)
1500円?当時にすると割とお高めなお値段ではないでしょうか?
確かに嫁入り道具のタンスの中に入っていても
おかしくなさげですね。割烹着を着ながら、
今日はこれを作ってダーリンを虜に♪なんて
思惑が秘められていそうな匂いがぷんぷんしますよ。

関係ありませんが、学生の頃に調理実習で一番前の席で
見ていた私の教科書に、先生が魚をぶったぎった時に飛んで
きた血のシミがついちゃった事件を思い出しました。
「うぎゃぁぁぁぁ~~!!!」と叫んだのは言うまでもありません(笑)
そして、メインではなく、デザート担当にまわってしまったのも
言うまでもありません。

ちゃこちゃん ブリの首振り食い。。。
新年にふさわしい鮮やかな技ですね。

そんなちゃこちゃんに、とらちんから伝言です。
「右腕ばかりだとゆうおねいさんが筋肉痛になるかもしれないので、
たまには左腕で寝てあげてくだちゃい。
とらちんはね、ぴーちくりんの左腿で寝てますよ。
腿は安定しています。」

投稿: ぴー | 2007年1月 6日 (土) 15時10分

ちゃこさんブリが大好きにゃのね~。
オメメキラキラさせて首をフリフリ食べたのね。
かわいいにゃあ♪
たまりませんにゃ。

投稿: harry | 2007年1月 6日 (土) 17時04分

こんばんわ★
こちらはアラレがいきなり降ったり荒れ荒れです。
寒かった~。会社は風邪の人がわんさかいてうつったかも。
喉がイガイガしていたくて、咳がとまらん。
にゃはははは。チャコたんお魚たらふく食べて満足気~♪♪
上から撮影してるから、あんよが小さく写っててかわいいねぇ~!!!
最後の写真もめっちゃかわいこちゃんだわ★
いいね~腕枕!
私も、ポポのお腹を枕にしてねよぉ~っと!!

投稿: モッチ | 2007年1月 6日 (土) 22時32分

>ジジハハさん
年末のあの騒動で自分がどれだけ家族に愛されているか身に染みたにちがいないちゃこですよ!!今でも毎日食べると褒められ、トイレで褒められ、お水を飲んだって褒められていい気分♪ってお顔です(笑)

「おそうざい12ヶ月」、私も人づてに聞いて欲しくて探してたのですが、忘れた頃にごはん食べながら見つけちゃいました!遠くからみてもこの柄が見えたのです!初版のこの柄、かわいいですよね。読めば読むほどその時代の違いにほほ~!と驚きます。手順とかも今常識、とされているものと違うときもあって噂ではこの本のやり方の方がおいしくなるそうです!母もこれを持って嫁入りすればよかったのですが、残念ながら買いはぐったようです。とりうどん、色気はないですが、なぜかがつがつ食べたくなります!ちなみわたしはこの3年後に生を受けております^^来年わたしの干支でございます!そういえば母はいつから買い物籠をもたなくなったのだろう!って不思議に思いました!確かに私が5歳くらいの時には持っていて、その籠がかわいくて大好きだったのも覚えてます!こんなに劇的に変わっちゃうと淋しい気もしますよね…。

おさかなちゃこ、今度はカレイの煮付けで挑戦してみようと思います!!
JAでの七草がゆセット、楽しみにしています!私七草がゆ大好きなのです!!

>ぴーさん
そうなのですよ!この時代の1500円はかなり高いと思います!今だと3000円くらいの価値がありそう!そうなると写真集ですよね。白い割烹着!!それ私欲しいのですよ!意外と売ってないのです!私も昔にもどって白い割烹着でこのおそうざいを全部作ってみたいです!

調理実習で悲鳴あげちゃった気持ちわかるわ~!魚料理はこわいよ~!!私は友達がお手拭燃やしてしまった炎を見て悲鳴あげちゃいました!調理実習室と悲鳴は付き物なのかもしれません(笑)デザート係ならまだいいほうです!お手拭燃やしたお友達はその後洗い物係りさんでした(笑)

今度は是非カレイの首振り食いを動画に納めたいと思います!テーブルへたどり着くまでのジャンプもめでたいくらいにお見事でしたよ!

あ!横からちゃこが!「とらちんさんとらちんさん、ゆうおねいさんはやっぱり筋肉痛なのですね?!毎朝ちゃこはゆうおねいさんが「あぁ痛い~腕がぁ腕がぁ~」と叫ぶのを「腕がどうしちゃったのですか?!」と聞くのですが答えようとしないのです!前に
お股で寝ていたらなかなかの安定感でしたがゆうおねいさんが「腰がぁ腰がぁ~」と叫びました!何をしても叫ぶ、根性のないゆうおねいさんなんですよ。ぴーさんはえらいですね!左太腿をかしてくださるなんて!ビバ!ぴーちくりんさま!でございますよ!」

>harryさん
ブリもカレイもさんまもあじも大好きです!
焼き魚の香りはたまらにゃいのですよ~♪
ついガツガツしちゃうのでちょっと恥ずかしいにゃよ~!!

>モッチさん
アラレが降ったの?!こっちも降りそうな予報でしたが全然今は月夜なのです!ちょっとあったかくなったような…。
結局この冬はまだ雪をみてません!!
首は沢山振っても足はしっかりと踏ん張っているちゃこの画像はマンガみたいでしょ(笑)
今度は動画で撮りたいです!
最後のこの甘えん坊なお顔で寝ている私を覗き込むのです!たまらないよ~!そして腕枕してるとたまに夢見て「あぁ~」と寝言を言ってるちゃこです!一晩いっしょに寝ると朝はもう「ありがとさんです~。」とお顔をずっとなめています。

投稿: ゆう | 2007年1月 6日 (土) 23時40分

『暮らしの手帖』。。。懐かしいです。同じ本は持っていませんが、そんなのもありましたね。
ちゃこちゃんは何でも食べてくれていいな。
ねこを飼ったら、お魚やまぐろのさしみ等食べてくれると思ったのに、ミリンは何も食べてくれないので残念です。カリカリだけじゃつまらないと思うけど、いいのでしょうね。
美味しそうに食べるちゃこちゃん、食欲が戻ってよかったね(^^)

投稿: mamachy | 2007年1月 7日 (日) 00時32分

>mamachyさん
この暮らしの手帖、すごく素朴なのにためになって、とても好きです!おそうざい12ヶ月、は一時期すごく話題になったらしく、私も探してたのですがやっと巡り会えて嬉しかったです!!
ミリンちゃん刺身もお魚も興味ないのですか?!このお魚争奪戦はとても楽しいのですよ!残念ですね…逆にちゃこはカリカリを一度も食べたことないです!
ちゃこがガツガツと食べたり飲んだりしてるだけで嬉しくてニヤニヤしてしまいます!心配が大きかっただけに余計に!毎日おいしくごはん食べて欲しいです!

投稿: ゆう | 2007年1月 7日 (日) 01時31分

暮らしの手帖。私も好きで、時々、図書館などで借りて読んでいます。旧仮名遣い的なレシピになんだか心躍ります。文字だけのちょっとした料理メモのようなコーナーがあったと思いますが、季節感が感じられ、文字だけなのにとても美味しそうでワクワクしてしまいます。
「吉兆」って私もその本で知って、東京に行ったときに一度だけ、思い切って食事をしたことがあります。スバラシイお料理でした。

投稿: ぐしとも | 2007年1月 7日 (日) 21時43分

>ぐしともさん
この本の文章もまるで親が子に教えるような目線なんですよ!食材も分かりやすくひきで撮って全く飾り気はないのですが、分かりやすくて、もしかしたらおいしくできるかも、と思わせるものがあります!「吉兆」に行かれたのですか?!私も行ってみたいです!あぁこれも100の願いにいれればよかった~。やりたいこと観たい物はちゃんと考えると沢山あるのですね…吉兆に行く、なんてことになったら私なんか「何着て行こう?」とまず悩みそうです(笑)

投稿: ゆう | 2007年1月 7日 (日) 21時59分

ゆうさんが紹介していた本、きっと手元にあるといいでしょうね。伝統のお料理の本はたくさんありますが、料理の基本や家庭料理となると意外と変わっていってしまっていて、素朴な味わいのお料理の味がなかなか味わえないし、自分でもできなくなっているのかもしれないなぁと改めて思いました。

「吉兆」は、東京の帝国ホテル店に一度だけ、先輩と一緒に行ったことがあるのですが、もう、思い切って!という感じでした。着る物は、少しだけ質のいい、ワンピースやブラウス、スーツ、スカートくらいで十分な感じでしたよ。私は、最後にでてきた「さといもご飯」(お釜で炊いて、三つ葉の茎をぱらぱらっと散らした物)にノックアウトしました。高級なお料理は多分、今だとあちらこちらにあるのだと思いますが、素朴な味こそ、難しいのだと感じました。確か京都が本店でしたっけ?行ってみたいです。

投稿: ぐしとも | 2007年1月 8日 (月) 11時48分

>ぐしともさん
今度機会があったらこの本、改版のでもいいから手に入れたいと思います!辰巳芳子さんの本とか読んで「まぁ!知らなかった!」という事が結構あり、それが、下ごしらえの理由とか、本当は大切なことなのに!っていう内容だったりするとビックリします。吉兆の板前さんはきっと家庭においても料理のイロハをきちんと伝えたいと思ったのでしょうね。
帝国ホテルの中の吉兆、覗いたことだけはあります!(笑)やっぱり本店は京都ですか~。「さといもご飯」いただいてみたいです…この本でも変わった創作料理はあんまりなくて本当におばあちゃんが作ってくれそうなものも多いのですがだからこそ、下ごしらえとかが丁寧に書いてあるのかもしれないですね!

投稿: ゆう | 2007年1月 8日 (月) 11時59分

独身の頃も好きで料理はしていましたが、毎日作るとなると、こったおしゃれなお料理もいいのですが、やはり、基本的な和食のお総菜がきちんと作れたらいいなぁと憧れます。やっていくうちに、下ごしらえとか、切り方なんていうのが大事なのことには気がつくのですが。。。まだまだ修行が足りていません。

投稿: ぐしとも | 2007年1月 8日 (月) 22時47分

>ぐしともさん
私も学生のときから料理好きでしたが、毎日するようになったのはここ10年くらいで、しみじみ、毎日ちゃんと料理するっていう事のしんどさとか又は大切さが分かりました。料理人修行の人の話とかすごく好きなんです!基本のお惣菜をこれでもかってくらい毎日作って、段々手が、料理する人の手になっていくんだなぁって思います。いつも「脳よ、手の使い方を覚えてくれ~!」と祈るような気持ちで(笑)料理してます。楽器も絵もそうですが…。

投稿: ゆう | 2007年1月 8日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとかいだしへ。 | トップページ | なぞのくまさん。 »