2018年12月14日 (金)

ふうちゃんにもくりすますを。

近頃は起きたときにまだ暗いので、ふうちゃんが私を起こしに来る時間がおかしなことになっています。

Dsc_7510

なんと私が寝る前に起こしに来ます。

Dsc_7508

熟睡しているふうちゃんの横でスキンケアしたり本を読んだりして、さぁ、寝ましょう、とベッドに入ってしばらくしたら、熟睡から目覚めたふうちゃんが朝と間違って私を起こしに来てしまいます。

Dsc_7514

「まだ寝てもいないのに起きろとは!鬼コーチふうちゃんめ!」とか言いながらぎゅうぎゅう抱きしめたりちゅうしたりそれはそれは大騒ぎの私。

Dsc_7519

ふうちゃんは、というか猫は4回熟睡するらしいので4回朝が来てしまう計算らしいです。

朝=明るい、とは認識されていないこの時期、4回朝が来るふうちゃんに夜寝る前まで起こされてはたまらないのですが、かわいいので別にいいのです。

「ふうちゃんは起こしますよ。めっちゃ起こすから。」

Dsc_7520_2

一見強気そうなふうちゃんですが、布団の上を遠慮がちに歩いてみせたり、遠慮がちに鳴いてみせたり、遠慮がちに私の顔をぽよぽよの肉球でポンポンしてみたりしていますが、最後に頭を叩くときだけ超乱暴!バッチーン!と「ぶっ叩く」という言葉がぴったんこな起こし方です。これで起きちゃうとふうちゃんが学習しちゃうので、これをやったときは布団に引っ張り込みます。

Dsc_7516

「いやーん!」とか鳴きながら逃げるふうちゃん。なにがいやなんだろう…と思いながら眠りに落ちる私。ふうちゃんの私への愛とふうちゃん自身の自我が錯綜するこの時間の攻防戦はとても楽しいのです。

さて、先日行った丸の内のサンパカに美しいスティックケーキがあり、同僚さんにその話をしたらなんとさっそく買って来てくれました。

15447863726831

しかもクリスマスっぽい箱があった、と会社のクリスマスツリーの下に置く箱、としてピエールエルメまで!

Dsc_7470

たしかに素敵なお箱です。

Dsc_7483

美しい黒い箱はチョコレートケーキです。

Dsc_7487

美味しいチョコレートでコーティングされたオレンジ風味のケーキです。

緊張のケーキカットをみんなで見守ります。

Dsc_7490

「今まで食べた中で一番おいしい!」と毎回言ってるような気もしますが、

Dsc_75012

本当に大人の味で大変おいしかったです。

サンパカのスティックケーキもさすがチョコレート屋さんです、フランボワーズのソースが濃いカカオにマッチしてなんとも贅沢なお味でした。

Dsc_7492

箱はエントランスのクリスマスツリーの下へ。

Dsc_75042

サンパカのフィナンシェはもったいないもったいない、と一気に食べずに持ち帰って三時のおやつです。

Dsc_7476

クリスマスムードが高まりまくっているスイーツライフ、楽しいランチのおかげで午後の仕事も一層がんばれました。

「ふうちゃんのクリスマスがやってこない…」

Dsc_71802

ふうちゃんはツリーのオーナメントを根こそぎ取って家中にばらまいた前科があり、クリスマスツリー禁止令が出ているのです。

「遠い昔のことなのに…」

Dsc_7179

ツリーのてっぺんをくわえてひっくり返した前科も合わせて長い長い禁止令となっています。

«まかろんのしあわせ。