2017年6月24日 (土)

しゃんぐり~ら。

大変お久しぶりの更新です。
梅雨に突入し、この大自然の小さなおうちではちらほらと色々な虫が登場してはふうちゃんみいちゃんを色めき立たせています…
Dsc_6988

ふうちゃんが獲物を私に自慢しに来ては私に悲鳴を上げられ、取り上げられるのが嫌で押入れにしまう、という現象なども発生し、今押し入れは開かずの間となっています。
Dsc_6976

そういえばちゃこもバッタやとんぼを捕る名人で、それを私の靴の中にぎゅうぎゅうにつめる、というのを毎朝やっておりました。ぎゅうぎゅうにつめている姿を想像するとかわいいのですが、詰められた靴をはく私にとって恐怖でした。
ふうちゃんはちゃこと違って捕獲率は低いのです。あまり男気を発揮しない日などもあり、虫をじーっと見つめている姿を、私もじーっと見つめては…殺虫剤は無理だしなぁ…と途方にくれることもしばしばあります。
Dsc_6935

さて、先月シャングリラ東京ホテルにアフタヌーンティーをしに行きました!
ダウントンアビーにはまっている私としては、イギリスっぽいホテルを味わいたいぞ、ということで、香港を経由してイギリスっぽい、ダウントンアビーっぽい、を満喫しました。
Dsc_7056_2

優之介(♀)とのアフタヌーンティー、花火付きで大変盛り上がるわたしたち。
Hanabi
優之介のお誕生日祝いということで、ネームプレートを付けてもらいました。漢字でお願いします、と言ってみたところ、アマン東京に続き、大変綺麗な出来です。
Dsc_7086

一番下のセイボリーの美味しさで、これはケーキも間違いない美味しさであることを確信しました。
とてもかわいらしいケーキに思わず見とれてしまいます。
Dsc_7104

小ぶりなのでお腹も苦しくならずいい感じで最後までいただけます。
Dsc_7118
スコーンもあたたかく、しっとりしてとても優しいお味でした。
Dsc_7110

優雅、と腹いっぱいで苦しい、はちょっと相容れないというか、腹いっぱいで苦しいって優雅じゃない…と同じようなことを2回言ってみましたが、今回は量が素晴らしくちょうどよかったです。
紅茶はスリランカのディルマがメインのようです。
Dsc_7067

ダウントンアビーのバイオレットおばあ様のお茶の時間っぽいです。知らない人にはなんのこっちゃ、という感じでしょうが…。
Dsc_7069

チェロとピアノの演奏も始まって非日常感が高まります。
Dsc_7078
夕陽がさしてとてもゆったりとした時間が流れていました。
Dsc_7130
アート作品なども豊富にあり、これららは毎回恒例、優之介カメラマンが素敵に撮影してくれました。
1497022331732

恒例のホテル探検、あちこちに素敵なアート作品がありますが、ロビーのイスなどもちょっと見たことのないデザインでしかもとゅるとゅる…つるつるではなく、とゅるとゅるしてます。
Dsc_7150

なんとなくアジアっぽいのにちゃんとヨーロピアンの雰囲気もあります。
1497022331904

ディナーのあとにグランサム家の女性のみなさんが集まるサロンのよう…。
1497022331793
グランサム家の寝室のような一角もありました。
Dsc_7163

ダウントンアビーの世界は一旦置いて、ロビーの花やシャンデリアを見ながら腹ごなしです。
Dsc_7181
ホテル内のあちこちにシャンデリアがあります。
1497022323575

エレベーターの中にまであります。
Dsc_7164
高速エレベーターの中での撮影は酔ったりするので要注意です。
1497022324170

そして、スパもあるので、見学させてもらいたい旨を伝えると、快くどうぞどうぞと招き入れてくれました。好感度高し!見学なのにここまでウェルカムだったホテルはあまりありません。
薄いカーテンで仕切られたカウンセリングルーム。
Dsc_7200
そして、トリートメントの前に足を洗っていただくスペースが贅沢にもうけられています。
Dsc_7193

お風呂とシャワールーム付きのトリートメントルームは…&’%$’))…っていうお名前がついていました…お名前、忘れました…。
Dsc_7194

シャングリラホテルの名前の由来となった小説に出てくる村の名前だそうです。
シャワールームもあるのでこの部屋ひとつで全部が済ませられます。
Dsc_7197
隣にあるフィットネスも覗かせてもらいましたが、吸い込まれるようにプールへ!天空のプールへ!
Dsc_7211

泳げなくても、このプールは浸っているだけでも気持ちよさそうです。
Dsc_7206

泳いでもいないのにここで休みたいです。
Dsc_7207

ここのスパ最高。日帰りでもいいから来たい。もちろん泊まりで来たい。
スパを満喫して(見学を満喫?)再びラウンジへ戻る私たち。
Dsc_7050

トイレ探検も忘れずに。
Dsc_7052

そして夜景を楽しむべく、続いてはバーへ。バーもアフタヌーンティーをしたラウンジにあるので、さっき出て行ったばかりの人たちまた戻ってきた、という状況です。
Dsc_7245

毎回恒例の赤いカクテルお願いします、のお時間です。
Dsc_7231

今回はローズの香りのするカクテルです。ちゃんとバラも浮かんでいて気分も上がります。
Dsc_7240

バーテンダーさんの動きや他のお客さんを観察しながらのカクテルタイムです。
ホテルはなんと言っても夜の雰囲気が最高です。
Dsc_7270
ほぼ全ての席から夜景が観られるのもこのラウンジの良さかも知れません。

Dsc_7258

「早く帰ってくれば?」
Dsc_7030

意味もなく私の後ろをびっくり顔で見るふうちゃんです。
Dsc_7034

頭頂部ってかわいい…唐突にかわいい頭頂部に見とれたりして、
Dsc_6446
突然の癒しがふりそそぐ日常もまた素敵です。
Dsc_6368

「梅雨の晴れ間のお布団干し日和は気持ちいいですね~♪」
Dsc_6380

| | コメント (6)

«かげぼしあきな。